みゆ さん プロフィール

  •  
みゆさん: 自然派薬剤師のゆるノンケミライフ
ハンドル名みゆ さん
ブログタイトル自然派薬剤師のゆるノンケミライフ
ブログURLhttp://ameblo.jp/jasminoides8/
サイト紹介文ノンケミカルな薬剤師が、漢方、薬膳、東洋医学の知恵と、ムリのないオーガニックな生活を書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/10/11 22:24

みゆ さんのブログ記事

  • 漢方的な気温差対策
  • 気温差対策について質問をうけましたので、記事にしました。 ただいま、LINE@で私に聞きたいことへの質問を受けています。 LINE@はこちらからよろしくおねがいします。 (お顔が見えないので「どの漢方薬がよいですかー?」はちょっと難しいですし、「なに食べたらいいですかー?」というのも、ズバッと言えないかもしれませんが。) 気温差が激しい時期は、カゼを引きやすくなるのはもちろんの [続きを読む]
  • つべこべ言わずに動きましょうね?
  • 立春が過ぎ、次の二十四節気は清明です。 立春から次の二十四節気の清明(せいめい)の前後は、草木の生長や芽生えが盛んな時期です。 カラダの中にも陽気が充満し、血気盛んな時をむかえます。 頭がのぼせたり、カッカしたりしていませんか? フラストレーションがたまってイライラしていませんか? もしくは、 なんか気分が乗らなく、うつうつしているとか?(気の滞り [続きを読む]
  • 春の味覚
  • 春分がすぎ、春真っ盛りです! 春分の翌日、私の住む街は雪が積もってましたが、 それでも、春は春です。 春は、季節の陽気が増してくると同時に、 体内の気血(きけつ)も高ぶってきます。 昔から「春には苦みを盛れ」と言われたりするのですが、 苦みにはそういった高ぶりや、熱を冷ますような働きがあります。 また、春の臓器、肝臓の解毒作用もたすけてく [続きを読む]
  • 季節の流れは、人生とおなじ
  • 春分の日をむかえました。暖かくて、春の陽気で、長い冬も終わったかなーとおもいきや、翌日の今日は、雪混じりの雨です。この寒と暖の繰り返して、気は流れていく。人生もおなじだね〜としみじみ。春夏秋冬繰り返すけれど、二度と同じ季節はなくて、夏があれば冬もある。この三連休は、夫の実家に帰省しました。お墓まいりも無事済みました。長野はまだ梅は咲いていなかったけれど、大阪はもう満開で散りそうな感じでした。とこ [続きを読む]
  • 彼岸と、此岸での気の流れのこと
  • 今日から彼岸入りです。23日まで。彼岸(ひがん)は仏教用語から来ています。仏教用語といっても、日本特有の浄土思想に根強いのですが。春分の日、秋分の日は太陽が真東から出て真西に沈みますよね。西に極楽浄土があるといわれ(西方浄土)、太陽が真西に近くなる、お彼岸のタイミングでご先祖さまの霊が彼岸から帰ってくると考えられています。彼岸(ひがん)とは悟りの境地、あの世の世界。逆に此岸(しがん)はこの世のこと [続きを読む]
  • 真実は思いこみで作られる
  • 断捨離や、じぶんの感情をノートに書いたりしていたことがキッカケで、 「親からの依存のエネルギーを断ち切る」「親からの依存のエネルギーを断ち切るードロドロ編」 親との関係に対する怒りが露わになり、 私がギックリ腰になったり、 私の不注意で息子の小指をドアに挟んでしまったり、 物理現象として現れました。 ぎっくり腰は怒りの顕われです カ [続きを読む]
  • 感情にケリがついたら熱が出た!
  • 親への感情がね、いったん区切りがつきました。 で、結構、赤裸々にブログにも書いてオープンにしました。↓ 親への感情の寛解ー他者からの共感から得られる自由 そしたらアップした日に、悪寒、肩こり、無汗、カラダの節々痛い、のどの痛み、頭痛、カラダに力が入らない・・という症状に陥りまして、、、 葛根湯証っぽい。 体温をはかったら、37.7度 [続きを読む]
  • 親への感情の寛解ー他者の共感から得られる自由
  • わたしの出身地は、神奈川県横浜市です。 生まれてから33年間は横浜市内を転々と住んでいました。 その後の30代は、静岡県掛川市や長野県塩尻市にも縁がありました。 その引っ越しは100%だんなな都合です。(私の引っ越し履歴は「家には家のエネルギーがある」) しかし、 わたしの無意識がだんなに働きかけてそこに移動させたのかもしれない! と思うほど、掛川や塩尻、 [続きを読む]
  • 東洋的花粉症対策
  • 花粉症状対策について書いています。 啓蟄がすぎ、花粉症はピークにの続きです。 カラダに冷えがあるか、熱を持っているかを考えます。 冷えがある場合 鼻水が透明でさらさらとしている、涙が出る、くしゃみを連発するタイプ。冷えると悪化し、お風呂などで温まると良くなる。 熱があるタイプ 目や鼻、皮膚、喉の粘膜など花粉 [続きを読む]
  • イルプルの天然色素マカロン
  • ホワイトデーには少し早いですが、イルプルーシュルラセーヌのマカロンをもらいました!パティシエの弓田亨さんのこだわる?健康によい?マカロン。マカロンといえは、赤、青、黄色の色素をつけた〜♪がきななるところですが、イルプルーのマカロンは着色料なし!素材の味を大切にしているマカロンです。成分表示↓だから、フレーズ(いちご)がこんな茶色なの(*´-`)シナモンと紅茶が美味しかった。イルプルーシュルラセーヌhttp [続きを読む]
  • 啓蟄がすぎ、花粉症もピークに
  • 二十四節気の啓蟄がすぎ、地球は春分へと向かっています。 啓蟄のころが、花粉症のピークになると言われています。(個人差、地域差あります) 啓蟄は、冬ごもりの生きものたちが動き出す時期ですが、 植物だちも盛んになってくる時期です。 花粉症など、春の不調は冬の養生に影響されますが、 春の不調は冬の結果 過去を振り返って [続きを読む]
  • カラダの症状から読み解く潜在意識
  • 体と心と魂は繋がっています。 少なくとも私はそう思っています。 ですから、カラダに表れる症状は100%自分の潜在意識の顕れです。 私たちの潜在意識は、現実化100%! 潜在意識は必ず望みを叶えますよ! だからね、現実化されている(体に出ている)症状を感じれば、 自分の心がわかるはずです。 先日、友人と話していたら、&nb [続きを読む]
  • 理想なあり方
  • 知人から本を借りました。 不食という生き方 Amazon 2008年から「食べない」という生き方を実践している弁護士の秋山佳胤(あきやまよしたね)さん。 食べなくてもいい 否定しなくてもいい 争わなくてもいい 悩まなくてもいい こだわらなくてもいい (これ目次の項目) 以下のぶんは、先日、わたしが見つけた私 [続きを読む]
  • 罪悪感がわるいとだれが決めた!?
  • 罪悪感を持っていますか? 罪悪感はない方がよいですか? 罪悪感がない方が良い、と思うならなぜですか? 昨日、罪悪感を感じるもんは感じるんだよ! という記事を書きました。(罪悪感とともに生きる) で、わたしが決めたのは、 罪悪感とともに生きる ということ。 罪悪感手放しワークっていうんです [続きを読む]
  • 罪悪感とともに生きる
  • 罪悪感を持っていますか?罪悪感は悪いものですか?他の人のことはわかりませんが、わたしは罪悪感が強いほうかなーと思います。この1,2年は自分のことを大切にし、優先させようと決めてました。嫌なことはやらない!と決めて、結構、実行できていたと思っていました。が、些細な違和感をかんじきるようにしていると、全然自分のことを優先していなかったー。と気づきまして。気づきとともに、ものすごーーい怒りの感情がわいてき [続きを読む]
  • 太陽と月のリズムー啓蟄と上弦の月
  • 明日は、太陽のめぐりでは、二十四節気の啓蟄(けいちつ)であり、 月のめぐりでは、上弦の月です。 啓蟄は、陽気に誘われて、冬ごもりをしていた虫たちが、姿を表してきます。 虫たちだけでなく、いろんな生き物、植物が活動的になる時期です。 月は、新月が浄化ではじまりのときです。 満月で、いろいろなものを吸収し、達成となります。 その [続きを読む]
  • 節句と数秘で感じる季節
  • 本日3月3日、桃の節句。節句は、一年に5回あります。1月7日、人日(じんじつ 七草)の節句3月3日、上巳(じょうし 桃)の節句5月5日、端午(たんご 菖蒲 )の節句7月7日、七夕(たなばた 笹)の節句9月9日、重陽(ちょうよう 菊)の節句端午や七夕は菖蒲や笹の節句とは言わないけれど、なじみのある植物をあげました。節句のお祝いは、今の暦で行うところと、旧暦で行うところがありますね。今のグレゴリオ暦で、節句と二十四節 [続きを読む]
  • 自分に良いひとになる
  • 春は発陳(はっちん)。 陳とは古いもの。 古いものが表に現れてくる季節です。 冬のあいだにためこまれていた、エネルギーも毒素も外へ出てきます。 そして、春は怒りの季節でもあります。(五行論) 先日、わたしは親への怒りのエネルギーを記事に書きました。 関連記事親からの依存のエネルギーを断ち切る親からの依存のエネルギーを断ち切るードロドロ編!?&nb [続きを読む]
  • 春風がもたらすものー春の症状
  • 春の到来を告げるのは、春一番。 東洋医学的に、春は風の季節といわれています。 東洋医学での病気の原因には、外因、内因、不内外因(ふないがいいん)にわかれています。 外の気候変化が原因となる外因は、 風、寒、暑、湿、燥・火 の六邪(六淫)です。 春は、風邪がおこりやすいです。 このばあい、「かぜ」とは読まず「ふうじゃ』と読みます。  [続きを読む]
  • ぎっくり腰から考える、ケミカルとのつきあい方
  • 1週間前に、息子をおんぶしようとしたら、腰がギクッッとなりました。 ぎっくり腰です。 おんぶは出来ないけれど、日常生活は出来る程度でした。 〈関連記事〉 春の不調は冬の結果 健康になりたいなら、イメージ力をみがけ! さて、わたしがどう対処したか。 最初に、整骨院にいって腰回りの筋肉をほぐしてもらいました。 それから、 [続きを読む]
  • 魚座の新月のねがいごと×易占い
  • 2017年の睦月新月(1/28)から、ねがいごとを書くことにしました。 (必需品:ノート、メモリーオイル、易グッズ) 昔、やっていましたが、やめていたのです。 今年からまた再開。 この本を参考にしています。 今回はうお座新月。 なかなか今のわたしに必要なテーマ満載でした! 被害者意識解放宣言w 親からの依存のエ [続きを読む]
  • 春の睡眠の時刻表
  • 体調管理に睡眠の質は大切です。 東洋医学では、季節によって睡眠時間を変えろ!と言っています。 昼と夜の長さに合わせてね。 合理的ですね。 現存する中国最古の医学書とよばれる黄帝内径には、こう書いてあります。春は、夜更かししてもかまわないが、朝は早起きする。朝、庭をゆったり散歩し、髪の結びをといて、体をのびのびと動かす。夏は、夜は遅く寝、朝は早起きする。日の長さ [続きを読む]