Non さん プロフィール

  •  
Nonさん: バックパッカーじゃない人のインド暮らし/タイ生活
ハンドル名Non さん
ブログタイトルバックパッカーじゃない人のインド暮らし/タイ生活
ブログURLhttp://moodforaday.in
サイト紹介文バックパッカーじゃない人が、インド〜タイを移り住んでいます。インドやタイの情報の情報をお届けます。
自由文インドは特に南インドでの生活や、タイはバンコクでの生活など、たまに気になったweb情報やマンガ本などを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 63日(平均1.9回/週) - 参加 2014/10/12 03:43

Non さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • サイトのデザインをリニューアルしました
  • タイトル通りですが、サイトのデザインをリニューアルしました。以前までは、こちら様の個人利用可能なフリーのテーマを使用させていただいておりました。しかし、私もWEBデザイナーだと言うことなので、いつか自分のテーマを作らなければいけない!という思いにかられてはいましたが、なかなか時間をとることができずに、制作する機会を延ばし延ばしにしていました。最近、少々のまとまった時間ができたことも有りまして、ようや [続きを読む]
  • タイに旅行に来たら、買うべきお土産オススメ3選
  • タイはバカンスを楽しむための外国人観光客に人気の国のひとつです。タイの南部のプーケットやサムイ島に行けば、日本ではまずお目にかけることができないマリンブルーとも言うべき美しい海が広がっています。眺めてよし、泳いでよし、はしゃいでよしです!首都のバンコクからもホアヒンやパタヤなどは乗合バスで3時間から4時間でアクセスできるビーチとして人気です。中でも日本人にとっては、タイが親日なのはなぜなのか?の大き [続きを読む]
  • タイと日本の文化の違いを面白イラストで
  • タイのメディアサイトBAABINに日本人のOnan Hiroshiという方が、イラストで表現したタイと日本の文化や社会の違いが取り上げられていました。たしかに、今までインドからタイに来たら天国だった話やタイは住みやすい!それでもタイの嫌いなところ。など多くのタイに関する記事を取り上げてきましたが、イラストで表現することは百万言を記すよりもタイと日本の文化や社会の違いが直感的に感じ取れます。また、こちらのイラストを制 [続きを読む]
  • タイが親日なのはなぜなのか?の大きな理由3つ
  • タイは日本人にとって住み心地が非常に良い国です。様々な理由がありますが、中でも一番の理由は、多くのタイ人が親日であり日本に親しみを持ってくれており、とても好意的であるからです。日本のアニメや漫画などのサブカルチャーは世界中で人気を博していますが、それだけではないタイにはタイならでは事情があり、日本を好意的に捉えてくれていると言えると思います。では、なぜタイはこれほどまでに親日国家なのか?その理由を [続きを読む]
  • スリル満点の生き残る戦い!オススメのリアルサバイバル漫画9選
  • 今回紹介したい漫画ジャンルはリアルサバイバル漫画です。以前、オススメのSF漫画やオススメの歴史漫画を紹介しました。歴史や未来を題材にしたフィクション漫画は僕は好きですが、リアリストの読者はオススメの裏社会系漫画のようなリアリティがある漫画を好まれるかもしれません。今回紹介したいのは、オススメの裏社会系漫画よりも、ある意味ではさらにリアルでスリリングな世界を表現するサバイバル漫画です。サバイバルと一口 [続きを読む]
  • タイは美女多いが、騙されないで欲しいタイ美女5パターン
  • インドもタイも美人が多い国として知られています。インドは目鼻立ちがしっかりとした、アーリア系の美人が日本人的な美人定義にスッポリハマっており、世界的にも美人大国として有名です。それに比べてタイ人女性は、日本人と比べてスタイルが良く足が長いモデル体型のタイ人女性ですが、日本人と同じで顔の個性は人それぞれ異なりますし、アジア人ですので目鼻立ちが欧米人のようにくっきりしているというわけでもありません。そ [続きを読む]
  • 度肝を抜かれる衝撃シーン!デスゲーム系のサバイバル漫画9選
  • (※一部過激な表現を控えるために、☆を間にいれてアルファベットに変換しています。)今回紹介したいのは、デスゲーム系のサバイバル作品です。このジャンルの漫画は『人間の性悪説』というのを訴えているのではないか?と思えるほどに、極限に追い詰められた人間たちの狂気の感情や阿鼻叫喚の様子がふんだんに描かれているケースが多いです。我々が日常生活でまず見ることがない景色です、また決して見たくもない景色だったりし [続きを読む]
  • 東南アジアで生活・就職することの6つのデメリット
  • 東南アジアで生活・就職することの6つのメリットという記事を書きました。この記事を見てもらい東南アジアや海外で働いたり暮らす事を魅力的に思われたかもしれませんが、けして魅力だけが沢山あるというわけではありません。むしろ、無計画に東南アジアで就職したり生活することデメリットも上げてしまえば、枚挙に暇がありません。私も自分の立場を押し上げて、東南アジアや海外で生活することをオススメしたいわけではなく、個 [続きを読む]
  • 絶対関わりたくない!オススメのアウトロー漫画11選
  • (※一部過激な表現を控えるために、言葉を変換しています。)ファンタジー系の漫画や冒険漫画を読むと感動できたり、ワクワクしたりすることができますね。それは、非現実的な物語の中に入り込めるから”ファンタジー”です。一方、ラブコメ漫画や日常系ほのぼの漫画を読めば、ホッとするような、ほっこりするような気持ちになれるものです。それらと全く違った趣として、読んでいるとしばしば表現し難い感情を植え付けられるのが [続きを読む]
  • インド人が見聞きした日本人の印象とは?
  • インドと日本は同じアジア圏に属した国ですが、そのお国柄や文化や国のスケールなんかは、何から何まで違います。私はインドに住んでいた経験から、インドのことを「あらゆる面において、日本と対局にある国だ」と感じています。インドを訪れる日本人からすれば、そんな全く違った国だからこそ、日本と全くかけ離れた文化を体験し、インド魅力にハマっていく人が多いのかもしれません。 日本人の持つインド人の印象は?日本に [続きを読む]
  • 東南アジア人は日本人よりも英語が上手だという話
  • 旅行で東南アジアに来る人や、これから東南アジアで就労や留学のために住もうとしている人の中では、「東南アジアの人々は英語が話せないのではないか?英語が話せないとコミュニケーションがまともに取れなくて生活が不便なのではないか?」と心配している方が多いと思います。私はタイやインドに住んでいましたが、その他も東南アジアは全域を旅行しました。そんな私の経験から言わせてもらえば、よほど大学でしっかり勉強しまし [続きを読む]
  • 東南アジアで生活・就職することの6つのメリット
  • インターネットの文化が隆盛してきた事をきっかけとしてか、最近では日本国外から海外での生活や就職を目標にしている人も多いのではないかと思います。新卒で海外に就職したという例も珍しくなくなってきているように感じます。また、日本の経済力は世界でもトップクラスですが、日本で社会生活を経て老後に確たる保障を受けれるか否かを心配している人は、多いと思います。逞しいシニア世代は、退職金や貯金を資産として運用し、 [続きを読む]
  • SF系の漫画入門はここから -オススメ仮想科学近未来マンガ10選
  • 私は主にSF漫画を好んで読んでいるタイプではなく、最近流行りの漫画や、作者が好きなマンガ、タイトルから想像してなんとなく面白ろそうなマンガなどを選んで見ている派です。歴史漫画やSF漫画というのは人によっては好き嫌いの好みが偏るところではないかと思います。私は漫画を絵柄や出版社などでは選り好みしませんが、好みの系統で言うと..カテゴリー購読頻度社会派漫画よく読む歴史漫画よく読む格闘アクション漫画読むSF漫画 [続きを読む]
  • 意外と知られていないタイ人と日本人の5つの共通点とは?
  • 日本では古くはタイをシャムと呼び、タイと日本はその歴史的な交友関係はなんと江戸時代を遡るとされています。そんな仲のいい日本とタイですが、実際に文化として異なる点が多くあるため、長い友好関係にありながらもお互いのお国柄に共通する点があるとは思われていないかもしれません。 しかしながら、在タイ日本国大使館が正式に確認している様々な理由で長期滞在する在タイ邦人数は約4万人を突破しており、この数は東南 [続きを読む]
  • インドの性犯罪の危険について注意しておく点
  • インドは性犯罪が多い国だという認識は、多くの方が持っていることと思います。実際にインドに行ったことがない友人が、僕よりも達者にインドの性犯罪について語っていました。(笑)「あんな危ない国行けないよ!」とか行ってましたが、君は男だからと…しかしながら、男だから安心というわけでもない現状もあります。同性愛者にレイプされたというケースも諸外国では少なからずありますので、彼が行きたくないと言ったこともあなが [続きを読む]
  • 海外就職or生活する前に意外な必需品はコレ
  • タイのことや、インドのことをよく書いていますが、基本的に私が海外で生活できるのは、雇用してくれる会社があるからです。なんでも、会社ありきで海外といえども私のように日系企業に勤めれば、普通のサラリーマンのような雇用体系もあるわけで、あらゆる面において日本にいるかのように生きていかなければならない部分がもちろんあります。そこで、インド・タイと海外で生活してきて、これは日本出国前に用意しておいたほうがい [続きを読む]
  • 過去の記事 …