purewater さん プロフィール

  •  
purewaterさん: purewaterのブログ
ハンドル名purewater さん
ブログタイトルpurewaterのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/purely-hf/
サイト紹介文オカリナ好きだけど、ソプラノを響かせまくるのが大好き。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2014/10/12 16:19

purewater さんのブログ記事

  • ソネット
  • 久々にアケタを吹く。弱息のソネットS-5CはT-5Cより好きなんだけど、黄色=アケタ ソネットR白=ニューマキシマール赤プリマソネット(昭和59.10以降)(プリマを名乗る末期=プリマアケタになる前)プリマ末期のものは低音から高音までさほど息の落差を与えてないのかな。貰い物のプリママエストロT-5Cもそうだった。音色は高音で息の要らない赤ソネットがきれいなことはきれいだが、歌うという意味ではやはり息の落差を与えられた [続きを読む]
  • ピッコロはうるさいのでやりたくないです
  • とある場所で親しくしている先生からこう言い話を知らされた。生徒さん「ピッコロはどうしてもキンキンするから吹きたくないんです。」と言っていたのがピッコロを始めたらしい。それは2年前か3年前、私がソプラノ系を用いた曲をいくつか披露していて、ある狙いあって超微弱ピッコロに取り組んでいた頃だと思う。しかもかなりの裏息性質のオカリナを用いた。あの時に聴いた音と同じ音が出したい。そう言ってピッコロを始められた [続きを読む]
  • 生暖かく手を温めるように吹く≠裏息
  • そういや、生暖かく手を温めるように吹く、、、というアクションをオカリナに対して取り組むことを言われている事例がありますが。(一般的には正解)それが裏息だという方もいますけど、ちょっと違うかもしれない。確かにその息で吹くのは正解。でも、息の軸で言えば裏息になりきれてない。でも裏息はさらにまだ喉を意識して追い込む。やはりオカリナに与える息の「軸」を思えば、裏息を言うにはやはりその息でも「浅い」んです [続きを読む]
  • 関わり
  • あまり言ったことはないかもですが、私が各地の演奏イベント(祭)に足を運ぶようになった本質。それは自分の中にある「意地」みたいなものでした。皆さんにとって、人との関わりは何なのか、私はちょっと他の人とは意味合いが違うかもしれません。本来ならイベント会場には足を運ばない、素性を知られたくない、というタイプ。めんどくさいの嫌いだし。私はどちらかというと本来はこっちのタイプ。なのに何故真逆なことをしてる [続きを読む]
  • 個体毎の適性の秘密
  • http://www.france-jp.net/01cours/04-2hatsuon/より引用だが、オカリナ吹くとき個体毎に対応する息が変わるため意識としては例えとしてこれが私の中に存在するが、去年の森の国のゲストの作家さんが軽やかに速く演奏するのは楽なんだけど、宗次郎みたいにしっとり演奏するのはものすごく難しいんだよね、と言うのを覚えてるが、また別の作者は真逆の発言。宗次郎っぽく演奏するのを得意としてるが、チャルダッシュが吹けるように [続きを読む]
  • 喉の練習
  • 車の排気音のモノマネが流行ってるから、可能かどうかやってみたです。https://cacaca.jp/omoshiro/36071/初挑戦^^;http://www.youtube.com/watch?v=cAIEH__w95gあー 喉痛い(笑)オカリナ握れないけど今日は騒々しい環境にいます。歌う暇(声出す)はあるから歌の練習。喉の様子をみています。遊びから発展してますけど、オカリナと喉の関係を探求するうちに、歌い方もそれなりに学んだみたい。でも、これはたぶん関係ない [続きを読む]
  • 捨てようと思いました。
  • メッセージの返答も兼ねてこちらから玄人好みに作ればユーザーから苦情が出る。本当に難しい問題。より深い音色を求めて設計すれば、「鳴りません、ダメなオカリナでした」になる例はある。それを先日目の前で見てしまいました。現行カ◯◯ー◯がその特性を捨てたのはやむを得ないこと。スタンダードならばそうでありたい。それがいい。でもEXにまでそれをやってるのは正直私としては納得いかんのです。でも、それがベストと判断 [続きを読む]
  • 息質の私なりの見解
  • http://ameblo.jp/purely-hf/entry-12254853172.htmlこれの続編です。裏息が使えなくなった私なりの見解。https://youtu.be/QXI9B-6OHysこの動画を見ながら感じたのは、今のカ◯◯ー◯は息が二段階に意識が変わってるんだなってこと。2分17秒の指の一本つーーーってとこの意識がおそらく昔とは息の扱い方が違うのかなぁと。旧式カ◯◯ー◯を私が扱う時、この説明の低音息のイメージには近いことやっています。実はこのイメージの [続きを読む]
  • もやもや
  • オカリナに取り組む時、個体毎にどの息を使うかっていうのは身体が勝手に喉が判断する、と言ってもわからないんだろうけど、最高音のとき、どっちを使いたくなるかが個体毎に顕著に現れる。喉奥からの低速の息は押しが弱いのだけど太い息がある。(響かせの息)低速故に、息の速度は弱いから歌口は縦長には対応し辛い。面積もそのぶん通常息のオカリナよりは弱い。(宗次郎はカマボコ型)そういう息は風道が狭いオカリナにはほと [続きを読む]
  • 世にも不思議な体験談
  • 私と同じ人がいた^^;四年前にもどっかで書いたが改めて。(十年後)「36か7でお前は死ぬことになる。」26の時私の中にいたある存在が残した言葉。いま、48歳。まだ生きてるよ(笑)しかも干支一周(笑)若い時から算命占星術好き。でも確かに36の時、「心の死」を体験した。インフルエンザのタミフルでの副作用で心が弾け飛び自己を見失った。それを26の時の存在は先読みしていたというわけか。阪神淡路大震災のあとです。もっと [続きを読む]
  • 裏息気質を無くしたカ◯◯ー◯
  • 早計かなぁ、と思ったが、去年大阪で見たカラーズEXと同傾向なのがわかった。喉の引きが反応しない。即ち、繊細な透明感を引きだせる感覚がない。先代のと喉の反応が違う。ES2000は猛烈な透明度。普及型はESよりやや劣るが、基本的に同じ息を要求してきた。しかし、二回めとなるこのEXカラーズは、いずれも裏息かかりがない。鳴らしやすさを優先してるのか、もしわかっててあえて透明感引き出す裏息気質を封じたとしたならば、「 [続きを読む]
  • 亜音エルオーダー(旧)のこと
  • 亜音オカリナのAC管としては2本めのこれは何年前のモデルかはわからない。亜音を知り10年めになるが、それ以降か以前かはわからない。わかるのは自分で購入した1本め(旧エルの基本型)と同じ形ながら、その1本めよりも趣きが深い。(実はピエタと寸法と形状がほぼ同じということもあってビックリしたことがある。現行は違うが、現行よりもふっくらした形状にも感じる。)亜音に出会ったときは工房に出向き、特性毎に分けられ [続きを読む]
  • カンターレのピッコロ
  • 以前知人から譲っていただいたカンターレのピッコロ1Cの一種。(と言っておく)とある曲に使いたいのだが、手持ちのSCでは指を速く回転させる時に音色が空振りするリスクが多く悩んでたが、これをチェックしている。これは指の回転リスクが少なく良好。ただ、同型の2Gも手元にあるがいずれも結露がしやすい。古いからなのかはわからないが、奥の手あるので、結露は対策出来る。メガネ曇り止め、どこに転げて行ったかなぁ。ちなみ [続きを読む]
  • 左手負傷
  • 昨日の馬鹿当たり日記は先週土曜日の話。翌、日曜日はサーキットのコース警備のアルバイトでした。4時間耐久レースを担当しており、コース監視していたのですが、コース上に大きめの部品が落下。耐久レースにつき進行上止められないのと、そのままにするのも支障があるためコース脇で待機していた私は上からの指示で落下物除去のためコース上にヘルメット被り近付きました。バイクとバイクとの隙間の広い間隔を探し、拾いに行って [続きを読む]
  • 馬鹿当たり
  • 福岡へ行きました。とある奏者の演奏聴きに、、、不覚にも衝動買いしてしまったオカリナがある。それがどこか?って、意外なオカリナ。主力にしてしまう可能性が出てきた。所持してるオカリナを凌駕する一目惚れ。所持金ないよ。下ろしてこなきゃないよ。それでも下ろすお金ないよ。最近、目と耳が肥え過ぎてそうそう欲しいと思うオカリナはないんです。メーカー品なんかわかりきってる。いつもだいたい「あ〜〜ぁ(−_−;)」 [続きを読む]
  • ピッコロ無理、対象外
  • SC(ソプラノC).ピッコロとも言われますがオカリナ始めた初歩からSCばかり吹いてきました。比率として本腰入れてAC(アルトC)始め比率としてSCを越えたのはまだ3〜4年にもならないのかもしれない。 表現という意味でACはとても苦手としていた。音を出すという意味ではなく、奏するという意味でだ。ピッコロはうるさかったり、キンキンしたりで世間では敬遠されがちだったようだが、当時の私にはそう言われるのが意味不明 [続きを読む]
  • 音をことばにするのは難しい
  • 昨日は様々な楽器の方が演奏されるアマチュアの演奏会を知人の誘いで観に出掛けていました。最初にサックスの音大目指される方が立たれた際に音の強弱や大小、柔らかさや硬さの変化をずっと興味深く聴いていたんです。サックスをマジマジと上手い方を見るのは初めてでした。「音の強弱や大小、柔らかさや硬さの変化、痩せた音から豊かに膨らむ音色、、、」豊かに変化する楽器なんですね、、、それをヒントに、、、オカリナはどう [続きを読む]
  • 歌えなきゃ意味なくて
  • Nt製オカリナについて、あまり評判は芳しくない。そういう私は純Nt製は二本しか所持しておらず、(Ntに納品していた頃の古いPpならばいくつかある。)Ntが自社製に切り替えたきっかけが、委託していた作者の品質の劣悪性だったのはオカリナ専門雑誌のどの号かで見てたわけで、その劣悪個体は私が見る限り「Ntニュースタンダード」という製品に多く見られた。自分には許しがたいレベルに思えた。かれこれ10年近く前の話である。そ [続きを読む]
  • 「青春の日々に」練習開始
  • 「青春の日々に」村下孝蔵コンサート.ver「青春の日々に」村下孝蔵村下孝蔵は中学時代から大好きでした。オカリナでやりたいと思いつつ諦めてきた曲のひとつが目処が立ちピックアップ。「青春の日々に」をオカリナで吹いてみた。たまたまカラオケ見つけて合わせてみました。 吹き込み不足で、旋律追いで精一杯。シングルACオカリナでダブルオカリナ並み2オクターブ越え目指して練習開始です。(大サビ部、間奏部) [続きを読む]
  • 日本人の耳
  • なぜ日本人には虫の「声」が聞こえ、外国人には聞こえないのか?-まぐまぐニュース!FBに上げられていた「日本人がオカリナを吹く意味付け」について、なるほど、と思ったり、軽めの反論あったり、、、見てたら面白いなと思ったのは反論側のほう。オカリナは音楽を奏でる管楽器だからっていうこと。確かにそういう一面はあるのかもだが、オカリナにふたつの方向性が日本には存在する。それを差し置いて話せるほど事は単純ではない [続きを読む]
  • いじられちゃってる
  • 未使用、美品というきれいなプリママエストロを見てたのですが、歌口ばりばり割れてるし、、、、「加工品」じゃないですか。歌口の割れ方が個人作のオカリナ、レアハウスに流された方のと同じ。同じ人じゃないでしょうね?(あまりにひどい破壊ぶり)(行ったついでに検品頼まれたことあり。)いけませんね、、、、モラルなさすぎ。落札されちゃったのね、、、、、この事例は特に響き系の旧来の吹き方を要求されるオカリナに被害 [続きを読む]