クラキン さん プロフィール

  •  
クラキンさん: 自己満足日記~Kurakinのささやかな道楽三昧~
ハンドル名クラキン さん
ブログタイトル自己満足日記~Kurakinのささやかな道楽三昧~
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kurakin1220
サイト紹介文クラキンのささやかな道楽三昧、自己満足の世界の気儘な日記です。 プラモデル、釣り、旅行、グルメ・・
自由文これまでOCNで作成していたブログをGooブログへ引っ越しました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/10/12 18:06

クラキン さんのブログ記事

  • 2017年上期の道楽 総括
  • 今年も半分が終りました。恒例の2017年上期の道楽の総括です。ますは「プラモデル」からです。最初は購入分からです。(写真を すると大きな画像が見られます。)【1月】バンダイ1/12 スター・ウォーズ ローグ・ワン K−2SOタミヤ1/48 疾風&くろがね 情景セットエアフィックス1/72 ボーイング B−17G フライングフォートレスエアフィックス1/72 ハンドレページ ヴィクター B2【2月 [続きを読む]
  • バウンティ号 製作記 その8
  • 今日も猛暑日で35度越え・・・うだりますねぇ。でもまだ梅雨明けじゃないそうです。こんな日は涼しい家の中でプラモデル作り・・・(笑)バウンティ号の製作続きです。リギングなどの作業に備えて安定した状態にしたかったので、展示台を先に作りました。いつもの要領で半日で展示台完成し、残り半日で電飾の配線と展示台へのキットの固定が完了です。展示台の裏側はこんな感じです。い一番左の丸印の所から船体からのリード線が [続きを読む]
  • バウンティ号 製作記 その7
  • 連日の猛暑や大雨で大変な日が続いていますが、皆様お変わりないでしょうか。熱中症や夏風邪などのお気を付けて、ご自愛下さい。(もう梅雨明けしたみたいな感じですね(*_*;)ヴィジランティが無事完成しましたので、約1ケ月振りにバウンティ号の製作に戻ります。前回は船体の組み立てが終り、マストの仮組みまででした。マストを船体に取り付けるタイミングについて、リギングとの関係でいつが良いのか悩みましたが、帆船プラモ [続きを読む]
  • RA−5Cヴィジランティ 製作再開 その8完成
  • トランペッター1/72 RA−5Cヴィジランティ完成しました。今年5個目の完成です。デカールを全て貼り終えて、墨入れに取り掛かっている写真です。この後、余分なところを前から後ろ方向に一方通行で拭き取ります。そして完成です。パイロットを搭乗させた以外は完全素組みです。マーキングは空母ニミッツに搭載された第9大型攻撃偵察隊(RVAH−9)のものです。ヴィジランティのスマートさを強調するために増槽タンク [続きを読む]
  • 時差Biz開始 1週間
  • テレビなどで一部報道されているのでご存知の方も居られるかも知れませんが、東京都の小池知事が選挙公約のひとつにしていた「時差Biz」が7月10日からスタートしました。都心に努めるサラリーマンの出退勤時間をズラすことによって、通勤ラッシュを緩和して、肉体的・精神的な負担を減らそうというのが狙いのようです。10日時点で都心に事業所を置く企業のうち260社がこれに参加したそうです。東京都のHP↓https://ji [続きを読む]
  • RA−5Cヴィジランティ 製作再開 その7
  • ヴィジランティ製作の続きです。機体の細かい塗り分けが終りました。主翼前縁の黒鉄色と翼端の白などです。(写真ではあまりよく判りません・・・)主翼の動翼部分(フラップなど)はまだ取り付けていません。続けてデカール貼り開始です。デカールは結構上質で直ぐに台紙から離れて、曲面にも良く馴染みますし、マークソフターへの耐性も充分です。このままデカール貼りを毎日少しづつ続行します。この調子だと今週末には完成でき [続きを読む]
  • RA−5Cヴィジランティ 製作再開 その5
  • 長引いていた夏風邪もようやく完治したので、中断していたヴィジランティの塗装開始です。機体の組み立ては全部終わっていたので、全体にサフ(ミスターカラーのグレーサフ1500番)を吹きました。その後、シャドウ吹きが終わりました。久し振りのシャドウ吹きなのであまり上手く細吹きできません。(トホホ・・・)機体上面のガルグレー部分はブラックです。下面の白部分はグレーでシャドウを入れます。今日はここまでです。次 [続きを読む]
  • ロンドンバス 製作記 その2
  • レベル1/24 ロンドンバスの製作続きです。いつもの通り、パーツを全てランナーから切り離し、部位別に仕分けしながら、ゲート処理・バリ取りなどの整形処理をします。パーツ数が滅茶苦茶多いので、この作業だけで正味丸一日掛かりました。但し、これでも客席パーツだけは入れる箱が無いので、まだランナーに付いたままです。ボディーの主要パーツです。各部のパーツ群です。上の写真には入っていないシャシーとエンジンを仮組 [続きを読む]
  • ロンドンバス 製作開始
  • 夏風邪が治りきっておらず、有機溶剤を使う塗装作業ができないので、次のキットに取り掛かります。私の所属クラブの今年のテーマは「英国」です。英国連邦でもなんでも、英国に繋がりのある物なら何でもOKってことです。別に強制ではないので無視しても良いのですが、せっかくの機会なので何かテーマに沿ったものを作ろうと思い、ストックの中から物色してみました。英国って言えばRAFの飛行機やスポーツカーなどを真っ先に思 [続きを読む]
  • RA−5Cヴィジランティ 製作再開 その4
  • 東京は思いっ切り蒸し暑い1日です。外で活動する気にはなれないので、涼しい家の中でプラモデル作りです。ヴィジランティの続きです。胴体左右パーツを貼り合わせる前にエンジン排気口を取り付けるようになっています。双発なので左右のパーツに1個づつ取り付けます。(写真がピンボケですみませーーん!)胴体左右パーツを貼り合わせてから、マスキングしたキャノピーパーツを取り付けます。総体とキャノピーの合いは完璧です。 [続きを読む]
  • RA−5Cヴィジランティ 製作再開 その3 
  • まるまる1週間振りの更新です。梅雨本番になってきましたね。 皆様、体調を崩されませんようご自愛ください。私は今夏二度目の夏風邪を引いてしまいましたが、今回は熱が出ていないので楽です。ヴィジランティはコックピットが完成いたしました。1/72とは言え、コックピットだけで33個のパーツで構成され、ディテールは十分です。計器盤はモールドされたパーツを塗り分け、裏からメーターを印刷したフィルムを貼るという凝 [続きを読む]
  • RA−5Cヴィジランティ 製作再開 その2
  • 1/72飛行姿勢でビジランティを作る・・・ハセガワからトランペッターにチェンジして2回目の製作記です。いつもの通り、パーツをランナーから切り離して分別し、ゲート処理などの整形を行います。飛行姿勢で最もポイントになる脚カバーの閉状態での組み立てです。主脚1個につき3枚のカバーに分割されていますが、何も調整しなくても写真の通りピタリと嵌ります。抜群のパーツ精度です。その他のパーツも塗装前に組み立てられ [続きを読む]
  • RA−5Cヴィジランテrィ 製作仕切り直し
  • 月刊ウェブモデラーズに連載させて頂いていた「1/72を飛行姿勢で作ろう」の中の「ガルグレー&ホワイトハイビジシリーズ」(要するに米国海軍の艦載機シリーズ)が昨年の10月号を最後に中断していました。RA−5Cビジランティを完成させれば「ガルグレー&ホワイトハイビジシリーズ」が完結するという段になって、ハセガワの難物キットで詰まってしまったのです。何が難物かと言いますと、飛行姿勢にするために脚カバーを [続きを読む]
  • バウンティ号 製作記 その6
  • 基本塗装が完了したので、甲板上の艤装の組み立てを進めます。艦首周りの飾りの取付け、アンカーの取付けです。アンカーロープは0.3mmの麻縄を使用しています。艦首ウィンチにも麻縄を巻き付けてランチボートも取り付けました。艦尾の艦長室の飾り窓の塗り分けも完了です。甲板後部の40ポンド砲を取り付けました。砲口を開口した効果が出ています。舵回りの墨入れを行いました。別に組み立てておいたマストを仮組みして全体 [続きを読む]
  • 久々の大阪出張
  • 約7年振りくらいで、久々に仕事で大阪へ出張しました。2泊3日の出張でしたが、宿泊したのは天王寺です。私が関西に住んでいたころ(昭和30〜40年代)は神戸の三宮〜元町界隈や梅田周辺や御堂筋あたりにはよく遊びに行きましたが、なんばや天王寺など大阪の南の方は元々土地勘の無い所です。JR天王寺駅から徒歩10分足らずのところにある茶臼山のすぐ隣のビジネスホテルに宿泊しました。最近はビジネスホテルと言っても色 [続きを読む]
  • バウンティ号 製作記 その5
  • 今日は日曜日に発生した母親の転倒騒動のお陰で、釣り→中止→母親の見舞い後プラモデル作り、となりました。バウンティ号の製作続行です。電飾を組み込んで、甲板を挟んで船体左右を貼り合わせて、船体の塗装を済ませました。船体の色はどれが正解かはっきりとは判りませんが、アマティ社の木製大型模型の塗装を真似ました。有名な模型メーカーですから、大きく外れていることはないと思います。艦長室キャビンの電飾を点灯してみ [続きを読む]
  • 明日の釣行は断念
  • 明日は仕事が休みなので、、今が旬のイサキ釣りを楽しもうと思い、準備万端整えていましたが・・・。昨日、87歳になる実の母親が転倒し、入院は免れたもののかなりのダメージを負ったので、大事を取って釣行は断念しました。明日は母親の様子見と自宅待機です。何事もなければプラモデルでも作ってます。明日は絶好のコンディションなのでとっても残念ですが、仕方ありません。??次のチャンスを作りましょう。 [続きを読む]
  • U.A.M.C初参加
  • プラモデルの作品展示会にはクラブ単位で行われるものと、複数のクラブや個人が集まって行われるものの2種類がありますが、後者の展示会のひとつとして、3年毎に開催される航空機モデルの展示会「U.A.M.C」というのがあります。沿革等の詳細は下記のURLにて。http://uamc2018.web.fc2.com/1999年に大阪で開催された第1回から数えて、第7回目となる2018年の開催地は静岡ツインメッセ(西館2階)です。2018年( [続きを読む]
  • 梅雨入り、紫陽花と菖蒲
  • 私が住む関東地方も本日、梅雨入りが発表されました。雨が多くて鬱陶しい季節ではありますが、庭の水やりの手間が省けますし、雨で緑が映える季節でもあります。ものは考えようですから、ポジティブに行きましょう。そんなわけで、梅雨の花の代表格、紫陽花と菖蒲です。先ずは都心の紫陽花。 通勤途中にiphoneで撮りました。近所の紫陽花と菖蒲ついでにスッポンも・・・ [続きを読む]
  • バウンティ号 製作記 その4
  • バウンティ号の製作続行です。メイン甲板をタン+ウッドブラウンの調合色で塗装し、艤装を取り付けていきます。艦首部分にはアンカーウィンチやマスト基部、ボート台があります。アンカーウィンチは後程ロープ代わりの糸を巻き付けます。中央部分にはメインマスト基部とボート用ウィンチがあります。ここにも後程、糸を巻き付けます。艦尾部分には舵輪と舵があります。舵輪と舵は後程、糸で結びつけます。10ポンド砲が台座に乗り [続きを読む]
  • バウンティ号 製作記 その3
  • パーツの切り離しと整形が終りましたので、塗装と組み立てを始めます。まず、船尾の艦長室を電飾するために、舷側の窓の部分の船体に穴を開けます。この穴を蓋するような感じで飾り窓を付けます。(バリ取りが大変でした)船内側から見るとこうなります。キットには艦長室の床が無いので2mmのプラ板で床を作って船体に固定しました。船長室内部は後程ウッドブラウンで塗装します。メイン甲板の裏側にLED2個を取り付けて電飾 [続きを読む]
  • 丸1年振りの旅行 3日目
  • 2泊3日の旅行の最終日です。この日はシンプルに「姫路城見学」のみです。前夜宿泊した有馬温泉のホテルです。城崎温泉とは打って変わって近代的なホテルです。但し、夕食と朝食は共にパックツアー用の旅館メニューです。オプションで追加料金を払えば三田牛(神戸牛)のすき焼きなども注文できましたが、お値段を見てやめました。(笑)朝はちょっとゆっくり目の9時出発です。有馬から姫路へ向かう高速道路(山陽自動車道)です [続きを読む]