急行野沢 さん プロフィール

  •  
急行野沢さん: 信州しみじみ山旅
ハンドル名急行野沢 さん
ブログタイトル信州しみじみ山旅
ブログURLhttp://rapid-service.seesaa.net/
サイト紹介文信州とその周辺を中心とした登山・温泉・スキーなどの記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/10/12 18:57

急行野沢 さんのブログ記事

  • 鹿教湯富士[富士山](上田市)
  • 高梨集落最上部(駐車)1003−1043市峠−1108鹿教湯富士1123−1142市峠−1208「1009ピーク」1223−1251梅の木峠1256−1330穴沢集落−1405高梨集落最上部鹿教湯温泉の後ろにそびえる変哲もない里山。山ガイドなどでは「富士山」の呼称が多いが、日本一の山と区別するためここでは「鹿教湯富士」としておきたい。里山としての魅力は期待以下でも以上でもなかった感じ。一帯は松茸山なので、その季節の入山は控えたい。道標はないもの [続きを読む]
  • 鹿教湯温泉[町・高梨共同浴場](上田市)
  •  鹿教湯富士からの下山後は、やはり鹿教湯の温泉に入ってから帰りたい。いろいろな温泉ブログなどで紹介されている「町・高梨共同浴場」へ。わかりにくい場所にある。丸子方面から国道を鹿教湯温泉街に右折し、右手に火の見櫓があるところを左手の路地に入る。駐車場はない。基本的には地元のための共同浴場でシンプルな造り。地元民以外は入浴料200円を料金箱に入れる。新鮮な湯がライオン型の湯口から掛け流し。源泉5本の混合 [続きを読む]
  • 岩殿山(筑北村)
  • 岩殿寺900−940林道終点−1000九頭龍社−1030岩殿山奥の院(三社権現)1042−1107別所分岐−1140岩殿山(三角点)1220−1247分岐−1300遥拝所1305-1330菖蒲沢分岐−1358別所登山口−1423岩殿寺「信州ふるさと120山」にも名を連ねる筑北の信仰の山。ガイドブックの記載からは修行の場らしい岩場が多いとの印象を持っていた。しかし、道はしっかりして岩場で進退に窮することはなかった。北アルプスの展望もところどころ。全体的に赤 [続きを読む]
  • 富士嶽山[平井寺トンネルから](上田市)
  • 平井寺トンネル上907−954稜線(平井寺峠東)1000−1035富士嶽山(三角点)1045−1105富士嶽神社奥社のピーク1147−1230富士嶽神社裏の登山口−(車道:奈良尾・平井寺集落経由)−1335平井寺トンネル上(車を回収)塩田平の南東に位置する里山。春めいてきて里山に登るにはよい季節。少々変化をつけて平井寺トンネルから平井寺峠付近を経由して、南西側の尾根から登ってみた。上田市街方面から南下し、平井寺トンネル料金所の直前 [続きを読む]
  • 三水城跡・摺鉢山・三ツ頭山・半過城山(坂城町/上田市)
  • 十六夜観月殿下841−920狐落城跡−939三水城跡−1037摺鉢山1045−1124林道−1143三ツ頭山1215−1244北尾根−1307半過城山1312−1350半過城山登山口(半過林道)−(車道:県道77号他経由)1503十六夜観月殿下以前、摺鉢山は室賀峠から、三ツ頭山は直下の林道から最短距離で登った。しかし坂城の網掛集落から三水城跡を経て登るルートは、急登ながら気持ちのよい尾根道ではないかと興味をそそられた。下山ルートは、これも以前登っ [続きを読む]
  • 岡谷高尾山(岡谷市)
  • 東雲閣(登山口)1003−1020高尾山(女高尾山)1034−1119展望公園(塩嶺王城パークライン)1130−1151三郡の辻−1157しだれ栗・展望台1232−1256男高尾山1304−1318鈴ヶ入−1333東雲閣高尾山といっても有名な東京西郊のそれではなく、岡谷市街地の西に位置する里山。調べていたら、数か月前の山岳雑誌の掲載に気づいた。地図上の高尾山は女高尾山とも呼ばれ、その西側隣に男高尾山もある。両方をつないで塩嶺王城パークラインの稜 [続きを読む]
  • 矢本温泉(下諏訪町)
  •  岡谷高尾山から下山後は、やはり諏訪周辺の温泉に入りたい。下諏訪の矢本温泉に向かう。国道20号沿いに看板が出ている。10台ほどの駐車場があるので訪れやすい。下諏訪町内の温泉銭湯的な施設のひとつ。タイル張りの浴室に、こうした施設としては広めの湯舟。カランは8箇所。周辺には激熱の湯も多いけれど、ここは適温。無色無臭の湯が掛け流されている。湯にはややぬめり感を感じた。入浴しているのは地元の顔見知りばかりとい [続きを読む]
  • 和合城跡・虚空蔵山(上田市/坂城町)
  • 座摩神社下の駐車場912−935下塩尻登山口940−1010稜線−1015和合城跡−1043菖蒲平−1128高津屋山(924m)−1145鳥小屋山(958m)−1223虚空蔵山1300−1405座摩神社−1420座摩神社下駐車場太郎山から虚空蔵山を経て西へと落ちていく稜線。その最西端の和合城跡から菖蒲平間を歩いていないことに気づき、さらに虚空蔵山までつないで歩いてみようと出かけた。南麓から見上げると、山腹にはほとんど雪はないように見える。 (左)下 [続きを読む]
  • 鳥屋城跡・丸子城跡(上田市)
  • 丸子公園駐車場910−920丸子駅バス停935=(千曲バス築地原行(土日のみ))945鳥屋口バス停−1034鳥屋峠1040−1113鳥屋城跡(851m)1123−小屋坂トンネル西側・林道1151−1205根羽城跡(695m)1230−1310丸子城跡(本郭・685m)1323−1332二ノ郭跡1342−1400丸子公園冬の晴れ間の里山歩き。丸子の街の南側、内村川と依田川に挟まれた尾根を南西の鳥屋城跡(851ピーク)から歩く。天候に恵まれ、この季節なら木の間越しの展望もあ [続きを読む]
  • 霊泉寺温泉・共同浴場(上田市)
  •   山から下りた後は、鹿教湯温泉への途中にある霊泉寺温泉を久しぶりに訪れる。霊泉寺の脇の無料駐車場に車をとめ、ひっそりとした温泉街を進み共同浴場へ。まるで時間が止まったかのような佇まい。素っ気ない建物の前には、昔ながらの赤い郵便ポスト。無色透明の湯が掛け流し。タイル張りの浴室は温泉銭湯のような雰囲気。200円という入浴料は嬉しい。露天風呂などないし、石鹸なども備え付けられていないけれど、これで十分と [続きを読む]
  • [県外編]ほおのき平スキー場(岐阜県高山市)
  •  安房峠を越え平湯トンネルを過ぎたすぐ先のスキー場。場所は長野県から少々外れたに過ぎないが安房峠がその間に立ちはだかっている。770円という通行料金が問題。国道158号からは立派なアクセス道路でゲレンデ前まで導かれる。ゲレンデは小学校のスキー教室で賑わっていた。その他にもそれなりの一般客も。スキーヤーの割合が高い。ゲレンデ構成は思っていたよりも奥行きが深かった。クワッドを降りた先に窪地があり、そこに左右 [続きを読む]
  • [県外編]飛騨高山スキー場(岐阜県高山市)
  •  地図上でそのロケーションを見るにつけて、ちょっと興味を持っていた飛騨高山スキー場へ。飛騨高山での所用のついでに。長野県側から行くとなると安房峠を越えていったん高山市街近くまで下ってから、山中に上り返すようなかたちとなってアクセスがなかなか厄介である。高山市街からの山中の道もかなりの距離がある。ロコな雰囲気は悪くはないと思ったが。ゲレンデ上部に「青少年交流の家」があって、そこに宿泊の中学生の団体で [続きを読む]
  • 志賀高原スキー場(山ノ内町)
  •  (左)西館山頂から高天ヶ原。(右)高天ヶ原から北信五岳。雪が降り続いた後の快晴を狙って、志賀高原にスキーに出かける。早割の平日リフト券を購入してあったので、いつか使わなければならない。それを口実にしながら、雑事を調整して日程をひねり出す。一番入口のサンバレーの駐車場に車をとめて滑りはじめる。サンバレーから丸池・蓮池・ジャイアント・発哺・東館山・西館山・高天ヶ原・一の瀬・ダイヤモンド・山の神・焼額 [続きを読む]
  • 飯綱高原スキー場(長野市)
  •  長野市街でも雪が降り続いている。あまり遠出して面倒なことになりたくないので、長野市街から最も近い飯綱高原にスキーに出かける。長野市民のスキー場といっていい。ずっと雪が少なくて年末年始も営業できず、数日前にオープンしたばかり。今日は全リフトが稼働していた。ゲレンデも間断なく雪が降り続いていたが、視界はさほど悪くなかった。ファミリーやボーダーのグループなどでそれなりに賑わっていた。リフトの椅子は空い [続きを読む]
  • 五里ヶ峰・葛尾城跡(千曲市/坂城町)
  • 磯部登山口921−953桜清水石柱−1013稜線鉄塔−1047五里ヶ峰1120−1138稜線鉄塔−1152葛尾城跡1210−1230稜線鉄塔−1255磯部登山口今冬も雪が少ないので里山歩きに出かける。手近な五里ヶ峰へ、今回は未踏の旧戸倉町磯部からの道を選ぶ。国道18号を長野方面から南下し、踏切を渡って磯部集落の中を上って行く。簡易舗装の途切れる箇所の左側に5台ほどの駐車スペースがある。 (左)「米入口」の案内板を見て右の橋を渡る。そのま [続きを読む]
  • [県外編]ナスパスキーガーデン(新潟県湯沢町)
  •  越後湯沢に出かける用件があり、せっかくだから午後、どこかで滑りたいと考えてナスパに出かけた。ナスパにした理由は、コンパクトなゲレンデ(滑りはじめるまで時間がかからない)の割には全リフト稼働で比較的積雪がありそうだったこと。スキーヤーズオンリーであること。周辺も積雪が少なくて、とくに石打・塩沢方面では斜面にほとんど雪がないところも見受けられた。リゾートホテルに併設のゲレンデなので、規模は知れている [続きを読む]
  • 金戸山(生坂村)
  • 諏訪神明社(生坂村・会)1005−1041西国八番観音分岐−1100金戸山山頂1138−1202さぎの平登山口(さぎの平バス停)−1215秩父コース入口−1230山清路バス停−1237諏訪神明社1時間程度で登れる里山なので軽く見ていたきらいもあるが、歩いてみると意外と楽しい山だった。山全体に観音様や奇岩があり、晩秋初冬なら落葉の木の間からの日差しも明るい。案内板や四阿・ベンチなども整備され、山頂下で展望の開ける場所があったのも嬉 [続きを読む]
  • 兎峰・虚空蔵山・太郎山(上田市/坂城町)
  • 座摩神社下駐車場835−852座摩神社857−1000兎峰1008−1033虚空蔵山1050−1125最低鞍部(魚ノ沢コース分岐)−1200西峠−1215太郎山1251−1257西峠−1346緑ヶ丘登山口−(緑ヶ丘・上田バイパス側道経由)−1435座摩神社下駐車場 (左)座摩神社への登り口。駐車場はここから少し西に行ったところにある。前方右手に兎峰が見える。(右)木の間越しに兎峰を見て、赤松林の登りに。虚空蔵山や太郎山には何回も登ったけれど、いつも [続きを読む]
  • 穴倉山(辰野町)
  • 小横川登山口918−928鳥居−1013ぬた場−1035穴倉山山頂1102−1115ぬた場−1137鳥居−1143登山口 (左)前方に穴倉山を見て右折。(右)穴倉山登山口。案内板が整備されている。松本平では雪雲が垂れ込めていたが、善知鳥峠を過ぎると晴れ間が広がった。国道153号「小横川入口」交差点を西に折れる。穴倉山は小横川からの登山道が地元の手で整備されているようであった。か細い舗装道に車を入れ、数台の駐車スペースと案内板があ [続きを読む]
  • 物見や城(伊那市)
  • 林道終点登山口1313−1318物見や城山頂1335−1350林道終点 (左)途中にあった藤沢山自然休養園の地図に一部補筆。(右)林道終点。ここから山頂へは5分ほど。穴倉山から下山してもまだお昼前だったので、もう一座をと考えて、物見や城を目指した。西側から伊那谷に大きくせり出したような山であり、のろし台があったという。伊那谷の西側を走る広域農道のかんてんぱぱガーデンを過ぎて南下し、「休み平キャンプ場」「野田山あや [続きを読む]
  • 児野山(城山)(木曽町)
  • 木曽福島・大手町駐車場940−1020権現滝1025−1120児野山1155−1242福島城址1252−1305紅葉ヶ丘1310−1335大手町駐車場 (左)案内板のある登山口。(右)四阿の前から権現滝を見上げる。木曽福島中心部の町営大手町駐車場に車をとめ、木曽川右岸を下流へ歩く。すぐ右手に「城山自然遊歩道」の案内板。少し登ると道は沢沿いになり、緩急を繰り返しながら進む。落葉樹と杉林。大きく左から回り込んで権現滝を見上げる広場に出る。 [続きを読む]
  • 釜沼温泉[大喜泉](木曽町)
  •  児野山から下山後は、王滝村方面に向かい釜沼温泉・大喜泉で日帰り入浴。山間部にぽつんとある宿。受付で小母さんに初訪の旨を伝えると、「長く入ると湯あたりする」と注意をされる。また、入浴前の飲泉を勧められる。容器に入っていて、自由にコップに注いで飲めるのは有難い。少しエグミのあるサイダーのような味。浴室には洗い場が4つと、その向こうに透明な屋根を掛けた浴槽。半室外のような雰囲気。加温源泉の浴槽(4人ほ [続きを読む]