恩方に住んでる理奈。 さん プロフィール

  •  
恩方に住んでる理奈。さん: 個人的備忘録
ハンドル名恩方に住んでる理奈。 さん
ブログタイトル個人的備忘録
ブログURLhttp://ameblo.jp/rina-kizuna2014/
サイト紹介文アスペルガー症候群と双極性障害の当事者がPSWの資格取得に目下奮闘中!
自由文皆さんごきげんよう。ワタシは高校卒業後公務員に就労しました。その後、精神症状発症。18年間の闘病の末、退職しました。現在、精神障害者として作業所に入所、後に精神保健福祉支援団体に所属。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/10/12 21:51

恩方に住んでる理奈。 さんのブログ記事

  • さてと検査。
  • 昨年秋に予約しておいた、発達障害の心理検査を3/29と30、2日間行うことになりました。そもそも、私の通っている心療内科は週2日しか検査を行ってない上に、検査に要する日程は丸2日。臨床心理士さんの人手不足だそうで、半年も待たされてしまったのもそんな訳で。とは言え、発達障害とドクターから言われストラテラを飲んでいるのにもかかわらず、製薬会社のパンフに付いている簡易検査だけでは心許ないと思いまして、今回検査を [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(32)
  • 今日から初めての外泊です。まずは自宅の片付け、と。病院から出て久しぶりに外の空気を吸った。5月も半ばになって、もう長袖シャツも暑いくらいの外気温になっていた。ちょっと汗ばむ初夏の陽気。まずは銀行でお金を降ろし、次はクリーニング屋。セーターとコートを出してきた。後はスーパーで今晩と明日の朝、昼食の買い物。今晩はお惣菜のお寿司と茶碗蒸しにしちゃえ!朝はパン、昼はカップ焼きそばとして。と、サッサと外の用 [続きを読む]
  • オーバードーズを克服する。
  • かつてオーバードーズ常習犯でした。救急搬送も3回はやらかしましたが。いつの間にかそんなことがなくなりました。なぜだろう?とふと考えていたところです。確か私が20代半ばのころ。薬を貯めては衝動が起きるとすぐオーバードーズ(以外OD)。33歳のときはこれで生死を彷徨う事態を起こし。最後に大きなことをやらかしたのが、再婚していた35歳。その後、徐々になくなりました。今は一人暮らししていますが、衝動的にODすることは [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(31)
  • 5月6日金曜日夕方5時頃。病棟にタナケン先生が帰ってきた。入り口からナースステーションまで「出待ち」の列をなしてる。診察申込書を差し出して「早く診てもらえますか」とか、外出届を出す人、ただ話を聞いてもらいたい人など…一箇所に集まっていて騒がしくなってきた。タナケン先生はとりあえず書類を受けとって「時間がないから今度ね」と断る。相手はがっくりと食堂や病室へ引っ込む。あたしも用事がある。「田中先生!お忙 [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(30)
  • 午後はSST(入院時社会機能訓練)。病棟内の小さな会議室、カンファレンスルームの中に10人以上の人が集まっている。わざわざ戸を開けて、部屋に入りきれない人たちは廊下で聴くように外にも椅子が並べてあるし。今日のお題は疾病管理。病気が酷くなって入院してしまわないように、日頃から気をつけることは?「注意サイン」少しの体調の変化を見逃さないこと、と教わった。症状はみんなから挙げてもらったが、人それぞれ。でも、あ [続きを読む]
  • ストラテラとエビリファイとレクサプロと
  • ストラテラを飲み始めて1年が過ぎました。一時期はこんなことがありましたが。今は「あって当たり前」のような感じになっております。これまではストラテラ一本で来たものの。。。しかし、私の場合…二次障害が酷いこと。参考文献 宮尾益知監修『女性のADHD』講談社 2015そもそも双極性障害を発症したのも、発達障害の二次障害から始まったと診断されまして。それで他の薬を組み合わせて処方されています。・アリピプラゾール(エ [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(29)
  • あたしは冷たいな、と思う時がある。最近入院したてのイシダさんから、給食献立表を写して欲しいと頼まれたが、無下に断わってしまった。昨日も献立表を書き写したけれど、時間がかかって大変だった。そんなのだったら自分でやれ!とあたしは思った。結局、イシダさんは他の人に献立表を写してもらった。書き写した本人は「別に大変じゃなかったよ」と言っていた。他の患者に親切でやることはいいことだけど、面倒なことを引き受 [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(28)
  • You play with the cards you're dealt…私は犬に生まれた。悲しい、悔しい。でも配られたトランプで勝負するしかない。それがどういう意味であれ。======あたしにストラテラを処方されて、もう自分は発達障害と認めざるを得なくなった。悲しくなった、悔しい!でも、それは配られたトランプ。自分ではコントロールできないことだ。運命をありのまま受け入れるしかない。そして自分で現実において、現在のこの瞬間に集中して勝負 [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(27)
  • 4月27日いい加減、大食堂で昼間を過ごすのは嫌になった。今は談話室で過ごしている。若いが足が不自由で車椅子に乗っている孝子さんと一緒にいた方が落ち着くと言うのか?少し言葉がたどたどしいが、優しい雰囲気を醸し出している。ねぇ、どうよ。女性のおしもの世話を男性ナースがすると言うのは。うちの病院では当たり前なんですけど、何か。と言うより、排泄が自力でできない患者が多い割には対応できる女性スタッフが少ない。 [続きを読む]
  • 決断。
  • たまには吹奏楽の話を。他のみんなはどう思うか知らないが、一昨年から某自由参加型吹奏楽イベントは正直距離を置きたかったわたしであった。たまに昔の吹奏楽仲間に会おうと参加するが、どんどん違和感を感じる。その大昔流行った関東での「吹奏族」。媒体だった某吹奏楽雑誌がなくなり、開催する所も減り衰退した。今はいちプロの指導者がプレゼンツする某自由参加型吹奏型イベントが関東系吹奏族の役割を引き継いでいる、とわ [続きを読む]
  • 忘れなれない気持ちも…すっきり!
  • 失恋は、時とともに忘れるもの。謝りたい、でも謝れない。ほんとごめんなさい、言いたかったっす!でこんな気持ちを引きずって、気がつけば早ン年!とある所でばったり会いました。謝ろう。としましたが、怖くて言えませんでした。その人がすっと消えた時、現実を見せつけられ愕然。悲しかったけど。だめりゃこりゃ(苦笑)。やっぱ現実に戻ろう。今の生活を大切にしなきゃ、と。あることをキッカケにサバサバするものですね。 [続きを読む]
  • あなたに想いをよせて2017
  • まずは1/28、11回目のお誕生日おめでとうございます。遠くからですが、我が誇れる息子として、ささやかにお祝いさせていただきます。とは言え、我が息子も来年度は小学校6年生。もうすぐ中学生。離婚したのは息子が2歳の時ですから、月日が過ぎるのは本当に早いと実感しております。私も元夫(あなたのお父さん)に親権を渡し、東京に帰ってからは実家の両親始め周りの人々に「なんであなたが息子を引き取らなかったのか?!」さん [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(26)
  • 金銭管理とか家事とかうまくいかなくて生活が破綻しそう。それについ自分に無理をしてしまって、しょっちゅう体をこわしてしまう。それが発達障害、ADHDとかによるものだったら…もう自力では現状を変えられるのは難しい。だから身近に助けが欲しかった。このまま一人暮らしをしていたら生活が破綻する。親元に帰り、同居した方が身のためなのかも知れない。しかし不幸なことに、両親は、あたしが障害を持っていることに理解を示 [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(25)
  • 今日はSST、ソーシャルスキルズトレーニング。本日のお題はアサーション。相手の意見を尊重しながら、自分の意見を正直に、その場に相応しい表現で相手に伝えること。実践を交えながらの座学であった。例えば仕事するとかに使う、相手が忙しい時に話しかける練習、遅刻する時の謝罪について。人間関係の中で起こりがちな、相手が自分の悪口を言っていたと勘違いしてしまった時。言い返すとケンカを起こしてしまうので、ここはアサ [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(24)
  • 4月22日実家に電話をかけた。珍しく父が出た。私はとにかく父に申し訳ない気持ちになり、涙でいっぱいだった。「とにかく、本当に…迷惑をかけてしまいました。ごめん、なさい」「あとは…自分で舵を、切ることですね」「そう、今泣きながら言ったことを忘れずに。思いやりを持って生きなさい」「ものごとは良い方に見よう」「近く田中先生からお父さんのところに電話が来るのでよろしく」 =======電話が切れた時、ちょうど [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(23)
  • 朝5時半に目が覚める。起きて、隣に寝ている人を起こさないようにしずしずと着替えて支度をする。朝一番に洗濯物。洗濯機は使わずに手洗いでする。量はそんなに多くないし、コインランドリーはお金がかかるし。脱水は乾いたバスタオルに洗濯物を包み、絞って水を切る。そしてテラスに物を干す。洗濯物が終わったら朝食が待っていた。=====4月21日の日記病院、病棟は、友達を作る場所ではない。あくまでも自分のため、自分の病を治 [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(22)
  • 4月17日対人疲れMAX。今朝から昼まで、疲れ、眠気が強くずっと寝ていた。直美さんが退院して行ってからは、新たなグループの人に声がかけらない。自分はひとりで過ごす分には楽だけど、病棟でひとりぼっちになるのはやはりつらい。で、やたらと愚痴をこぼすお富おばさんに声をかけられてしつこく話しされるんだよね。まるでつけこまれているんじゃないか?困る。買い物に行った。今日もスポーツ新聞を買った。これしか野球の情報 [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(21)
  • 4月14日午前9時半ごろ。工事現場の作業服を着た男性が病棟に入ってきた。直美の旦那さんだ。すでに入院していた時の荷物を持っている。旦那さんはナースさんに挨拶していた。まもなく直美が退院。お互い連絡先を交換してある。「次は八王子まつりで会おうね」と。握手をして、旦那さんとともに病棟を後にした。病棟出口付近でナースさんやケアワーカーさんが集まって彼女を見送っていた。======この昼から、あたしはひとりでごは [続きを読む]
  • なんとなくタイトル変更。
  • 2017年。このブログも足掛け4年に入りますが。今までのブログタイトルが上から目線と言う感じになってないか?と思い、年の初めに変更しました。何と言われようと、それでも私は発達障害なのですから。そのまんまです。ま、迷惑かけない程にあっけらかん、開けっぴろげでやっていけたらと思います。これからもよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 2017年、ヒヨコのようにヨチヨチと。
  • 1日遅れました。新年明けましておめでとうございます。2017年は酉年??です。トリのように「飛翔」して行きたいところですが、今年は敢えてヒヨコ??のようにヨチヨチと小さな一歩を積み重ねて行きたいと思います。大きな目標を達成するにも、大きな幸せを掴むにも、いずれも小さな行動や喜びの積み重ね。病気にかかったとしても「今日一日生き延びることができた」「メシが食えた」とかができた事や喜びに変えることができたら [続きを読む]
  • 夕焼け病院なでしこ病棟へようこそ!(20)
  • 閉鎖病棟、なでしこ病棟の日中活動は作業療法(OT)がメインである。入院して、保護室から出た時。あたしに作業療法士が面談に訪れた。軽くお話ししたあと、OTスケジュールと案内を手渡された。案内にはこんなことが書かれている。OTの目的1生活のリズムを整える(昼寝の時間が多くありませんか?夜は眠れてますか?)2ストレス発散(嫌なことを忘れる時間をつくりませんか?)3気分転換(慢性化させないようにしませんか?)4体力低下の [続きを読む]
  • ”受動型の人は、「どうしたらいいかわからない」”
  • なるほど。私もよく当たっている。自分で何話そうか、何話掛けようか、自分自身が何困っているかわからないこと、よくある。自分が息子を持った時がいちばんしんどかった。相手が何も話しかけない存在に、何を話しかければいいのだろうか?何も思い出せずに、ただ呆然と黙って息子を抱いていたのを覚えている。こんな自閉的な母親に2歳まで育てられた息子。当時ことばはあまり出てなかった。お互い目をあまり合わせてなかったし。 [続きを読む]
  • 今日はSST。
  • おはようございます。デイケア通いの電車の中で更新です。今日はSST。ソーシャルスキルズトレーニングです。先日の「休み時間の過ごし方」「雑談ができるようになるには?」について悩みを聞いてもらおうか?と思います。ところで電車の広告で見た「雑談力」の本ってどうなんだろう?本屋でチェックしてみよう。買うかどうかは後で考えるけれど。 [続きを読む]