アキコ さん プロフィール

  •  
アキコさん: FLORIST CATS〜世界のお花〜
ハンドル名アキコ さん
ブログタイトルFLORIST CATS〜世界のお花〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/hako-hana/
サイト紹介文花屋のハナコちゃんとそのお友達。 日本や世界の花文化の魅力を考え、発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/10/13 19:27

アキコ さんのブログ記事

  • 意外にもあっさりと
  • 意外にもあっさりと仕事が決まりました 無期雇用派遣という雇用形態です。派遣会社とは正社員の雇用形態だけど、職場は配属先に駐在という感じです。 一時期あまりに仕事が決まらないので、「若者就職センター」という国が主催している相談窓口に行きました。 東京しごとセンター:http://www.tokyoshigoto.jp/index.phpかながわ若者就職支援センター:http://www.kanagawa-wakamono.jp 正直、ここで相 [続きを読む]
  • 自分の老後を考えてみる
  • 50年後の人口というものが、4月に厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が公表しました。 50年後というと、私は80歳代。 人口は8800万人、65歳以上の高齢者の割合は38パーセント。人口が減って、高齢者の割合が増えることは避けられないことと思います。 そこで、自分が老人になったときまでに変わってほしいこと、変わっていれば少子高齢化社会が少しは楽になっているのではないかと思うことを [続きを読む]
  • 実家の片付け
  • 最近、実家の片付けに励んでいます 実家と言えど、基本的には私と猫の二人暮らし。 実家で何かがあったら私の責任になってしまうと気づいたのと、家に存在している価値あるものをきちんと保管するためにスペースが欲しいと思ったからです。 私の両親は海外赴任が多かったのと、祖母が海外旅行好きで、外国のお土産や工芸品が結構あるんです 日本もそうですが、今は使い捨てや作りの粗いの量産品が多いです。&n [続きを読む]
  • お花をやって良かったこと
  • 最近はすっかりとお花とはご無沙汰になっています8、9年続けて習っていたんだなぁと思います。 さて、今日はお花をやっていて良かったことと悪かったことを書こうと思います。 悪かったことまずは悪かったことから・・・それは、全くもってお花の道が開けなかったことです。 特にフラワーデザインの勉強を始めた時は、キャリアチェンジしたいという気持ちがあり、少しはお花の業界に行けるのかなぁと期待しました [続きを読む]
  • トルコ美術史のブログを始めました
  • このブログの更新が滞っているにもかかわらず、新しいブログを始めました ニャるほど、トルコ美術史http://turk-art.hatenablog.com あまりにも就職が決まらないので気晴らし(?)の意味と、2015年から学んだことをアウトプットしたいと思って始めました。 日本語の文献(特に書籍)が少ない分野なので、書くのに時間がかかります トルコ美術史のブログからトルコや美術の歴史を知るきっかけになっ [続きを読む]
  • いわゆる成長している企業
  • 年が明け、短期の派遣社員も面接で落ちるという惨敗更新中。 自分にとって合わない会社がはっきりクッキリしてきてある意味転職活動がしやすくなってきました さて、先日、いわゆる成長している企業の一次面接・筆記試験に行ってきました。 今までの自分の経験と違って感心したことがありました。 成長している企業の特徴だろうと思いました。 (1)筆記試験がオリジナルだった [続きを読む]
  • 惨敗中〜
  • 親の介護・看病が終わったから、ちゃんと就職しようと思いますが、なかなか決まりません。 この1〜2ヶ月で、公務員 1団体正社員 1社派遣社員 4社と応募しましたが、惨敗。 公務員は筆記試験がイマイチだったという自分の実力と準備不足です。 他の会社は概ね以下の理由だと分析してます。 ・異業種、異職種からの応募・女性のわりに高学歴・大企業に勤めたことがある・離職期間がある上に、長い・1年 [続きを読む]
  • 自分で選ぶという人生
  • またしてもブログの更新が滞っていました。スミマセン その間に何があったのかというと、母が亡くなりました。享年66歳。 母はがんだったのですが、それが見つかったのは2014年12月でした。 本人の強すぎる希望で、手術と抗がん剤は行いませんでした。 なぜ、強すぎる希望を持って積極的な治療をしなかったのかは未だ不明です。 ただ、随分昔から決めていたように感じました。 そこにたまた [続きを読む]
  • 少子高齢化を身近に感じる今日この頃
  • 我が家は海外在住もあったせいか、あまりちゃんとお墓参りに行きません。 今年のお盆は久しぶりに、母方のお寺のお墓に行きました。 行ってみたら、お墓が減っていると感じました。 なにやら、お墓を維持するための子供がいないのでお墓を閉じてしまったのではないかという話のようです。 最近、トルコ関係の本を読んでいるため民族などのことを知る機会がありました。 そのため、少子高齢化 [続きを読む]
  • 人が変わったのだろうか
  • 今日、派遣会社Mに電話をしてみたけれど、随分そっけなかったです。 新入社員だったのだろうか 以前働いていた時、同じ派遣会社に登録しているお姉様方は「しっかりフォローもあって 面倒見が良い派遣会社だ」ととても褒めていました。 その話を聞いた時、「? そうなの? 私フォローされたっけ? 今の仕事は派遣先の人事のお姉さまに 直接頼まれて、派遣会社の営業は 『わかりました、仰せの通りに致 [続きを読む]
  • 退会について(3)
  • NFDを退会しても、戻ること(再入会)は可能です。  (1)5年未満であれば、年間費を全額納入すれば良い要はお金を払えば再入会できます。  (2)5年を越した場合は、技術確認研修に参加もう一度試験を受けて、お花の技術があることを認めてもらう必要があります。 受験料と、昇級料を払います。(このとき年間費を払うのかな?)  (3)講師資格は別途講師登録講習会に出る必要がある&nb [続きを読む]
  • 退会について(2)
  • 退会しようと考えたとき、正会員と準会員で一体何が違うのだろうかと思いました。  (1)入会の仕方と金額が違う正会員は必ず試験に合格する必要があります。準会員は誰でもOKです。     正会員   準会員入会金 10,800円 1,080円年間費 15,000円 4,500円  (2)送られてくる郵便物は同じ季刊誌フラワーデザイナーと花fashion誌は正会員・準会員ともに送られます。  (3)支部の [続きを読む]
  • 退会について(1)
  • ここ2年くらい悩んでいましたが、やっとNFD(公益社団法人日本フラワーデザイナー協会)を退会しました。  退会しようと思った理由は、大きく2点あります。  (1)習っていた先生が引退したから 先生自体は活動しているのですが、私の通っているお教室では諸事情により引退しました。 次の先生に不満があったわけではないけれど、もともと習っていた先生が偉大なだけに、その差が大きく感じまし [続きを読む]
  • 「渡る世間に鬼はなし」
  • 尾形幸弘さんの『斎藤一人 無から有を生み出す成功法則』という本のまえがきに、 よく、「渡る世間に鬼はなし」といいますよね。でも、私が渡っている世間は、そんな中途半端なものではなく、天使しかいません。あるときから、そうなってしまったのです。 という記述があります。  斎藤一人さんのお弟子さんの本を読んでいても似たような記述があります。  要するに、斎藤一人さんの教えを実践して [続きを読む]
  • さらばリアル社会復帰
  • 社会復帰したと思いきや、新しい職場を1ヶ月で辞めました。(正確には、1ヶ月の試用期間の契約を、 こちらから終了のお願いをしました)  仕事の内容が、すんごい嫌だったわけでも職場の人間が、すんごい嫌だったわけでもありません。 それらは、正直、耐えられるものでした。 でも、辞めようと思ったのは魔がさしたからです。  サボって仕事をしようこの程度でいいだろう(本当はよくない)どう [続きを読む]
  • リアル社会復帰へ
  • 2月から始まったホンカク社会復帰も今日で終わりました。 3.5ヶ月いた部署は思ったより親切でした。 もはや、人間というのは親切なのがデフォルトではないかと思ってしまうほど。  20代の働いていた時は、困っていても助けてもらえないし仕事をよく知らないことをいいことに  面倒なことを押し付けられたり終いには見下されたりと、今となってはよくわからない経験ばかりでした。  この時の [続きを読む]
  • ホンカク社会復帰から本当の社会復帰へ
  • ホンカク社会復帰を始めて、3ヶ月が経ちました。 有休はないので、1日も休まずここまで来ました  自分の中で、大きな経験となったのが、夜寝るときに、「あぁ〜、明日仕事行くのが嫌だなぁ」という重い気持ちがなかったことです。 「あぁ、明日も仕事だ」という軽い気持ちで寝ることが出来ました。  じつは、1月に短期で働いたとき、最初の2、3日は寝ているときに憂鬱な気持ちになりました。&n [続きを読む]
  • 商人の最終目標は「卒業」させること
  • 1年ぶりに手作り市に出店します 4月下旬なので、もう少ししたら情報をアップしますね。  さて、1年ぶりなので作るものを変えようと思っています 私は作ることより考えることが好きなので、一人事業にもかかわらず、企画書を書いています。 企画書を書かないと、ただ漠然と焦りが出てきます あれもやらなきゃこれもやらなきゃといった感じに。  1年ぶりの手作り市は、ちゃんと企画書を作 [続きを読む]
  • 働かないおじさんと、働けない若者
  • 何となくブログのタイトルをすごくしてみました  新卒で入った会社は、あまり正社員が働いていないというイメージがありました。 せっせと請負社員・派遣社員が仕事をしている気がしました。 なので、「働かないおじさん」というのが沢山いた気がします。  「働かないおじさん」というと少し語弊があるのですが、働いているけれど給料のわりに働いていないように思える人です。 そんな人が多か [続きを読む]
  • そうだ、トルコに行こう
  • 今の派遣が、5月下旬に終わるので、しばらく休業してトルコに行こうかなぁと考えています。  行きたいのは、アンタルヤで開催される花博です。 花博の期間は、4月から10月とのこと。 今の派遣が終わった6月に行こうかなぁ・・・と、思っていたら、今年のラマダンが6月上旬から7月下旬なんですね。 ラマダンの期間は、トルコに行きたくないと思っています。  そうすると、8月以降・・・ [続きを読む]
  • ホンカク社会復帰の前の、のんびりと怒涛の日々
  • ホンカク社会復帰から早1ヶ月が過ぎ去りました  おかげさまで、たくさんの業務を経験させてもらっています。 そのわりには、ほとんど残業せずにこなせているから、会社にも自分にも良い働きが出来ているように思います   たまに思い出すのが、ホンカク社会復帰する前はのんびりと過ごしていたなあ、と。 この時間(15時くらい)は、散歩に行っていたなぁと思い出すときがあります。 た [続きを読む]
  • 人の記憶と感情は当てにならない
  • 今の仕事は、いつも人の記憶と感情は当てにならないという姿勢で取り組んでいます。  要するに、人は忘れやすいから忘れないように、日付とメモを残すようにしています そして、感情に流されやすいから流されないように、チェックリストを作ってやることの抜けが出ないようにしています  別にこれは、自分だけではなく他人もそうだと思っています。    突っ込んだ話をしてしまうと、 [続きを読む]
  • 複数のお財布
  • 以前、本(自己啓発系)をたくさん読んでいたとき、 収入源は複数あった方が良い と書かれていました。  書いてあることは「確かに」と思うけど、「どうやるの?」と常に疑問に思っていました。  ひとり事業をやっているときに、気づいたことがあります。 それは、仕事には創造的なものと作業的なものの二つがあるということです。  創造的なものは、将来を意識して補助線を作ってい [続きを読む]
  • 社会復帰1ヶ月に・・・
  • なぜか日に日に仕事を任されてきています 社会復帰1ヶ月にしては多いような・・・と自分で思ってしまいます。  でも、正直、ああいう仕事でお金がもらえるとはありがたい、ありがたい・・・ 現在の自分では、LINEスタンプや手作り市に出店しても今の仕事ほど稼げていません  事業のようなことをやっていると面倒な作業がどうしても発生します。 一人でやっていると、それは自分でやらなければ [続きを読む]
  • バレバレの経歴
  • ホンカク社会復帰中の私です さて、私はなぜか、今の上司であるグループマネージャーに警戒心を持っています。 顔合わせのときから、一目見て、警戒心が生まれました。 その後働いてて、1対1で話すときにも警戒心が無意識レベルで現れました。  とても評判の良い上司で、そんな聖人君子な感じが私の警戒心が生まれているのかと思いました。  でも、違いました。  同じ部署の方の送 [続きを読む]