1日の終わりに さん プロフィール

  •  
1日の終わりにさん: 1日の終わりに
ハンドル名1日の終わりに さん
ブログタイトル1日の終わりに
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/silvesmori
サイト紹介文マンドリンと共に暮らす日常のあれこれを、ほぼ毎日綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供286回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2014/10/14 12:26

1日の終わりに さんのブログ記事

  • プレソ演奏会は4月30日(日)です
  • なんだかまた肌寒いような1日でした。今日の練習会場はルネ小平。私の自宅からは、下永谷→戸塚→品川→高田馬場→小平というルートです。山手線が混んでいてずっと立っていたんですが、新宿で空いたので座りました。やれやれ、とのんびりしていたら、気付けば「目白」。一駅乗り過ごしてしまったんです。幸い、目白駅は内回り外回りがひとつのホームの両側なので、タイミングよく戻ることができました。新宿から高田馬場って2駅 [続きを読む]
  • いまをたいせつに
  • 昨日は、どうも体調が悪く風邪薬を飲んで早々にベッドに入りました。本番を控えているので、悪化させるのは避けなければ。なんだかよくわからない不調は、寝て直すしかないですね。病は気からとも言いますので、今朝はなるべく気にしないようにして仕事に行きました。仕事のあとは、姉の家に行き心づくしのランチをごちそうになりました。作ってもらうゴハンはおいしいなぁ。その後、姉に紹介された美容室に行き、丁寧にマッサージ [続きを読む]
  • 楽器ケースに注意
  • 仕事と用事が重なる日は重なるもので。今日は 8時〜9時      自宅レッスン9時半        移動!10時〜12時    カルチャー(別所)でレッスン12時半       移動!13時〜14時    自宅レッスン15時        移動!16時〜18時    カルチャー(川崎)でレッスン18時15分     移動!19時        病院20時        移動!20時半        [続きを読む]
  • 手術、終わりました
  • 手術室に入ってから、待つこと4時間半。痛い、痛い、と言いながら主人が運ばれてきました。手術室前の重症治療室にすぐ移動。私は主治医からの説明を受けました。取った骨を見せられるかと思ったらそれは無しで、レントゲンを使っての説明。両足に人工股関節がシャキーンと。ボルトも生々しい。サイボーグ、という言葉が浮かぶほどでした。やはり、筋肉があるから手術が大変だった、とのこと。昨日の麻酔医の説明ではわりと明るい [続きを読む]
  • プレソ練習&結婚記念日、そして入院
  • いよいよ本番が近付いてきました。プログラムの校正や、ホールとの打ち合わせ、チケットの売れ行き予想、あれこれあれこれ。気持ちも引き締まってきます。意外にも練習は早く終了。例年より半月ほど本番が遅いので、なんとなく調子が狂うというか、「あれ、まだ本番じゃないのか」という感じです。そのくらいいい感じで仕上がっているともいえます。ゴールデンウィークのお忙しいときですが、ぜひぜひお出かけくださいませ。Plectr [続きを読む]
  • 向き不向きではなく、前向きに
  • 金曜日、出勤するときにいつも車中で聴いているのがTOKYO FMのBlue Oceanです。金曜日は『なんでも相談室』。今日は、「仕事が自分に向いていないんじゃないか」という新入社員からのお悩み相談でした。リスナーからは「まだ働き始めて2週間で向いているかどうかはわからない」など、もっともなご意見が。印象に残ったのが「向き不向きではなく、前向きに」という言葉でした。まさに所さんの名言「なったものが自分!」にも通じる [続きを読む]
  • 案山子のキモチ
  • 上永谷駅のホーム(地下鉄の駅ですが、ホームは地上にあります)から桜が美しく見える、永谷天満宮。用事の帰りに散歩してきました。境内の近辺。山の上には上らず、下から撮影。ここは、遠くから眺めたほうがきれいなようです。用事とは、息子への仕送りで銀行に行ったんです。2月の終わりに1人暮らしを始め、3月は勤務先でバイト。4月になって入社式があり、今は社員として働いています。お給料はやっと今月の半ばに支給され [続きを読む]
  • 今年のおさらい会&その前のいろいろ(?)に向けて
  • 毎年秋に開催している、私のマンドリン教室のおさらい会。生徒さんが増え、独奏の難曲(以前と比べて)も増え、アンサンブルチームも増え・・・。ギター伴奏のtutti氏の負担は相当なものです。事前練習、事前リハーサル、当日リハーサル、そして本番。とにかく弾いて弾いて弾きまくるのです。本番中に指がつるのでは、という不安を抱えながら今までやってきてくれていたのです。そこで、tutti氏が新ギタリストを探してくれました。 [続きを読む]
  • スタートの季節
  • 4月といえば、やはりスタートの季節ですね。家庭環境が変わったり、暖かくなって気分が前向きになったり。というわけで、年間を通して新規入会の方が多い月です。新しい方がマンドリンを始めてくださるのはもちろんうれしいですが、事情があって休会していた方が復帰してくださるというのは、さらにうれしいものです。ブログには入会の話を書いていますが、やめる方もいます。引っ越しや病気、介護、資格取得など、理由はさまざま [続きを読む]
  • 大塚 弥-WATARU- 
  • 私のブログの中で、よく検索される記事が神宮前 弥-WATARU- 2017年3月追記ありです。神宮前から大塚にお引越しが完了したということで、先日新店舗にお邪魔しました。大塚は私の行動範囲(池袋まで)からひとつ先の駅。弥さんは大塚駅南口の商店街にあります。友人から送ってもらった画像を頼りに、無事到着しました。都電の線路を渡って、スーパーシマダヤの前をまっすぐ歩いて4分くらいです。商店街は単純な一本道ではないの [続きを読む]
  • 素敵なピアノ発表会
  • 昨日の追記です。縁あってこちらのピアノ発表会のアナウンスをさせていただくのは、今年が4回目。舞台袖ですべての演奏を聴かせていただいての感想を書こうと思ったら、以前書いたもの(1回目、3回目)とほぼ同じ内容でした。とにかく、・小さい方から大人までハイレベル・とても上品なんですよ。プログラム1番の就学前(だと思う)のお子さんが、やさしくアレンジされた「かっこう」を演奏したんですが、最初の「かっこう」と [続きを読む]
  • 花に囲まれて父の誕生日を祝う
  • 今日は父の誕生日。両親と姉と私で、ニューグランドに出かけました。来年が父85歳、母80歳、というキリがいい年なので、「お祝いは来年でいい」とお出かけを母が固辞していたんです。でも、車で行けば実家から15分程度の場所ですし、せっかくお天気もいい。来年のことは来年考えるとして、とにかく元気で行けるんだから行こう!と誘い出しました。行ってみたらやはり楽しかった。食事しながら父は「ゆったりしていていいねえ [続きを読む]
  • 今日から4月
  • でも寒い!来週からは春らしくなるそうですね。フィギュアスケート、素晴らしい演技に圧倒されました。羽生選手の大逆転すごかった。ショートではフェルナンデスが完璧だったのに、わからないものですねー。パトリック・チャン(ただ滑っているだけで素敵。とてもスムーズな感じ)やフェルナンデスのように、がっちりした体格の選手が安定感があっていいな。大人、って感じで。女子ではデールマンが好みです。筋肉質で大人っぽい。 [続きを読む]
  • 今年の確定申告その後&3月のまとめ
  • なかなか暖かくならないですねー。桜はまだまだ咲きそうにありません。入学式のあたりがちょうどいい頃合いかもしれませんね。今年の確定申告。私の分は、2月8日に投函して3月6日に還付金が振り込まれました。早く提出したわりに、ほぼ1ヶ月かかりましたね。来年はもっと早く出そう。医療費控除は2月24日に投函して3月24日に振込み。こちらも1ヶ月です。時期的に考えたらこちらは予想通りです。やり方がわかったので、 [続きを読む]
  • 計画的な演奏生活
  • 資格取得のために2ヶ月レッスンを休んでいた生徒さんが、一段落して戻ってきてくれました。多忙な中でも、1日1回は楽器を手にすることを続けていたそうです。自分に厳しい。私も見倣わなくては。MandolicksのライブのMCで、堀さんが「Mandolicksは年2回、児嶋さんとの二重奏は年4回」と言っていました。もちろんそれだけでなく、今年が3回目のIl Mandolino Giapponeseや、ご自分の教室の発表会、指導している大学の演奏会、 [続きを読む]
  • レッスンでうれしいことがあったので
  • 自宅レッスン後、よみうりカルチャーへ。生徒さんと会っていろいろ話をすると、なんだかほっとします。カルチャーのレッスンが終わったときに、ある生徒さんが「体調があまり良くなかったので休もうかと思ったけれど、来てよかった!」と言ってくれて、うれしかったです。具合の悪いときに無理は禁物ですが、それほどでなくても、少し気分が乗らない日ってありますよね。そんなときでも、今までできなかったことがスッとできるよう [続きを読む]
  • Mandolicksライブと大相撲千秋楽
  • 今日は素晴らしいもの(という言い方はヘンですが)をふたつ見ました。ひとつは、画像(堀さんTwitterより拝借)のライブ。文章で書くより写真のほうが雰囲気が伝わりますね。とても見やすく素敵な会場でした。演奏もMCも楽しかったです。カシオペアは、若かりし頃行ったことがあるんです。鳴瀬さんが加入したのが1990年ということなので、たぶんその前なのかなぁ・・・。ゲストとして、鳴瀬さんの息子さん(18歳!鳴瀬さんは1949年 [続きを読む]
  • 白バイ取り締まりに溜飲を下げる午後
  • 車で通勤している音楽院の帰り道。後ろから、かなり煽られました。環状2号の東戸塚と上永谷の間(平戸地区、というらしい)は、道が真っ直ぐでスピードが出やすいところです。でも!私は辛い過去をバネに、速度(をそれなりに)遵守しているのです。特にこのあたりでは気を付けているのです。というわけで、煽りに屈せず真面目に走行しました。業を煮やしたと思われる煽り野郎は左車線に移動して何台も追い抜き、あっという間に視 [続きを読む]
  • 弦界
  • 昨日はまた寒くなりましたね。雨の中、ギターのコンサートに行ってきました。藤元高輝の弦界 〜「武満徹 ギター作品集CD」リリース記念コンサート〜です。私は片岡マンドリン研究所のご縁で、ギターコンチェルトをご一緒させていただいたことがあります。2014年のユーロフェスティバルでも。ドイツに留学され、ますます研鑽を積んでいらっしゃる。ご立派です。この日、プレソの練習会場費を納めに芸術劇場へ。早めにコンサート会 [続きを読む]
  • 息子、旅立つ
  • 旅行に行ったわけではありません。やっとのこと(?)大学を卒業しまして、就職のために1人暮らしを始めました。引っ越したのは先月25日。まだ1ヶ月経ってないんですね。新居で別れたときから数日、自分でも驚くほどの喪失感でした。空の巣症候群とかまったく他人事と思っていたのに、まさかこれほどまでさみしいとは。すっかりきれいに片づけられた息子の部屋を見たり、買い物で息子の好物を手にしてしまったとき、「あ、もう [続きを読む]
  • プレソ月例会&こんなことあったらいいな、が現実に
  • 先週合宿から帰ってきて、また(?)練習でした。合宿の成果が感じられる楽しい演奏ができました。いよいよ本番が近付いてきます。これから1週間で、プログラムの原稿を書きます。さて。何かの間違いでもいいから、通帳に振込みがあったらいいな、と思ったことはありませんか?なんと、そんなことが現実になったんです。ある音楽教室の講師料が、通常の5倍ほど振り込まれていたんです。惜しいことには自分で記帳してびっくりしたの [続きを読む]
  • 「おかえり」を求めて
  • 読者登録をしているブログの、ある記事に心を動かされました。簡単にまとめると、「おかえり」というやさしいと声に、ほっとしたり慰められたり悩んでいる人がいたら、やさしい「おかえり」であたたかく迎えてあげたい帰ってひとりの人は、自分にやさしく「おかえり」と言ってみるやさしい母の声を聞きたい「おかえり」を中心に、たくさんの人のやりとりが広がっていました。仕事の帰りに実家に寄って、両親と昼食。何か特別なこと [続きを読む]