岡野俳句 さん プロフィール

  •  
岡野俳句さん: 岡野直樹の俳句ブログ
ハンドル名岡野俳句 さん
ブログタイトル岡野直樹の俳句ブログ
ブログURLhttp://okanohaiku.exblog.jp/
サイト紹介文自作の俳句を紹介しています。俳句にまつわる一文を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/10/14 17:22

岡野俳句 さんのブログ記事

  • 489 麦秋のICOCAで行けない甲賀駅
  • 2017年5月27日 用事でJRの草津線に乗って甲賀駅まで行きました。何の気なしに大津駅ではICOCAで改札を入りました。そして甲賀駅で改札まで行くと、ちょっとした行列。ICOCAが使えないので、窓口で現金精算と出札証明書の発行をしてもらいました。そういえば何年か前までは、ICOCA利用駅拡大中とか書いてあったものでした。ほんの2年前まではICOCAも持っていなくて、不思議なカードくらい... [続きを読む]
  • 488 低音部重視の学校山笑う
  • 2017年5月20日 狂犬病の注射をしたら、2,3日アユの元気が無くなって心配しました。餌は食べないし、とぼとぼ歩くし。でも、昨日から元通りになったので安心しました。16歳という老齢には、注射はしんどいようです。 鷲田清一著『哲学の使い方』(岩波新書)を読みました。入門書なので易しいかと思ったら、5ページで眠くなるという強者でした。 その175ページに、「『デジャ・ヴュ』というフラン... [続きを読む]
  • 487 高齢化いや子だくさんタンポポの絮
  • 2017年5月14日 今、「わた」を入力して変換キーを押したら、「絮」が一番に出てきました。「タンポポ」の次の言葉だから、コンピュータがそう判断したのでしょうか?私にとっては「読めない漢字の部」に分類されているのですが。 行く春を何と惜しもうか、と考えているうちに、もう夏のど真ん中感が。今日の予想最高気温も26度だとか。ビール(に似たような飲み物)がおいしくはなるのですが。高齢化い... [続きを読む]
  • 486 おだてればタワシにもなるヒヤシンス
  • 2017年5月7日 5月5日は地元の長等神社のお祭りでした。腰がダメになってから神輿は担げないので、台車のついた触れ太鼓を、息子と二人で押しながら叩きながら、街なかを練り歩きました。太鼓を叩くと、たくさんの方が家から出てきて挨拶をしてくれました。暑い一日でしたが、楽しい一日でした。おだてればタワシにもなるヒヤシンス(17.4.21作)(おだてればたわしにもなるひやしんす)季語「ヒ... [続きを読む]
  • 485 普通って誰が決めるの桜散る
  • 2017年5月3日 ゴールデンウィークに突入してしまいました。家にいる分には感じなかったのですが、ちょっと車で出かけたら、そのことを実感してしまいました。渋滞に次ぐ渋滞。(都会に比べればたいした渋滞でもないのだろうけれど。)子どもと一緒に、湖岸道路沿いにある佐川美術館へ、「仮面ライダー展」を見に出かけたのでした。琵琶湖の南湖の西側を北上して琵琶湖大橋を渡り、帰りは東側を湖岸道路で帰ってき... [続きを読む]
  • 484 長持ちの失恋桜蘂の降る
  • 2017年4月29日 花粉症になりました。何年かに一度、くしゃみが出て鼻水が止まらなくなる日があります。それが不思議と一日だけで治ってしまいます。今年は4月4日に一度なって、薬はもらったものの飲まないでいたら、またなってしまいました。頭痛・発熱・倦怠感を伴って。今回は真面目に薬を飲んでいますが、電車を降りそこなうくらい眠いです。寝てはいけないとさっきまで思っていたはずなのに寝ている。あと... [続きを読む]
  • 483 タンポポポタンポポポポポタンポポポ
  • 2017年4月21日 こんな句はもう誰かが既に作ったのではないか。いや、単純すぎて俳句にもならないので、誰も作っていないのではないか。なんて考えながら、できたものはしょうがない、ブログに載せよう。こんな奴ですみません。 桜蕊(さくらしべ)が散り始めました。タンポポポタンポポポポポタンポポポ(17.4.21作)(たんぽぽぽたんぽぽぽぽぽたんぽぽぽ)季語「たんぽぽ(春)」4月19... [続きを読む]
  • 482 春の雲琵琶湖もちゃっかり浮かんでる
  • 2017年4月19日 長等公園の桜も、ほぼ全部散ってしまいました。ところがどっこい、その寂しさを埋める様に、八重桜が咲き始めました。線香花火の球が落ちなかった後の、ささやかな火花のように。春の雲琵琶湖もちゃっかり浮かんでる(17.4.13作)(はるのくもびわこもちゃっかりうかんでる)季語「春の雲(春)」4月17日 長等公園にて。4月19日 [続きを読む]
  • 481 シッポ振ることさえできず卒業す
  • 2017年4月14日 日々変化する桜の様子を載せるためだけに、ブログを更新している感じです。タイムリーに載せないと、せっかく撮った写真がお蔵入りになってしまうのがもったいなくて。長等公園の桜、今朝はまだ満開をキープしていました。シッポ振ることさえできず卒業す(17.3.25作)(しっぽふることさえできずそつぎょうす)季語「卒業(春)」4月14日 長等公園にて。「花は葉に(夏の... [続きを読む]
  • 480 桜咲くおいスマホから目を離せ
  • 2017年4月12日 長等公園の桜が、少し散り始めたものの、ほぼ満開の状態を保っていました。しかし、いつも写真に撮っている桜の木は、早めに散り始めていました。桜咲くおいスマホから目を離せ(17.4.10作)(さくらさくおいすまほからめをはなせ)季語「桜(春)」4月12日 長等公園にて。3月30日の答え。楓の芽でした。2年目の葉が出てきたところです。 [続きを読む]
  • 479 春の宵ウルトラマンと居る三分
  • 2017年4月9日 今日は美山に行って、日吉ダムのあたりを散歩しました。桜は大津よりは遅めで、3分咲きくらいでしょうか。生憎の雨模様で、曇り空をバックにした桜はあまり心に迫ってきませんでした。 大津に帰ってきてから、琵琶湖疏水沿いに車で行ったのですが、桜時限定の大渋滞でした。毎年の事なので、ちょっと考えていれば避けられたのに、1分のところを20分くらいかかってしまいました。春の宵ウ... [続きを読む]
  • 478 出演者半分死んでる春の夢
  • 2017年4月6日 桜がやっと本格的に咲き始めました。開きたいのをぐっと我慢しているような蕾でしたが、ほころび始めると速いものです。朝と夕方でも、ずいぶん開きが違っていました。出演者半分死んでる春の夢(17.3.31作)(しゅつえんしゃはんぶんしんでるはるのゆめ)季語「春の夢(春)」4月6日 朝4月6日 夕方 [続きを読む]
  • 477 つくしんぼ今年の副会長は君
  • 2017年4月3日 長等公園の桜、きのう3つだけ咲いていました。どこにもおっちょこちょいはいるようで。 何日か前、つくしをやっと見つけました。長等公園でつくしを持っている方を見かけたので、そのありかを尋ね、公園の近くだったので行ってみました。街の中なのだけれど、少しだけ畑があって、畑と道路の間の溝の所にありました。 そしてきのう、美山に行く途中に寄ったスーパーマーケットの、駐車場の近... [続きを読む]
  • 476 春疾風一番乗りの彦根城
  • 2017年4月1日 今日は思ったよりも気温が低くて、散歩に出たものの、風が冷たかったです。 桜の蕾がしきりに気になります。蕾の先の方の赤みが、きのうより増してきたのではないか?膨らみが大きくなってきたのではないか?犬に引っ張られながらも写真を撮りました。春疾風一番乗りの彦根城(17.3.25作)(はるはやていちばんのりのひこねじょう)季語「春疾風(春)」4月1日 長等公園にて... [続きを読む]
  • 475 ものの芽のチョキ出す奴とグーの奴
  • 2017年3月31日 実は「船団賞」に応募しようと思って、3月はいっぱい俳句を作りました。目指せ100句だったのですが、最終日の今日で86句でした。 俳句を始めて10年。いつまで経っても、「五七五に季語があれば最低限俳句と言っていい。」という感覚でやってます。だから数はたくさん作れます。ただ、この頃心掛けているのは、あるイメージを言葉で説明するのではなく、説明の言葉もまたイメージに置き... [続きを読む]
  • 474 神様が紙を千切って梅の咲く
  • 2017年3月30日 今日は朝から暖かくて、ダウンジャンバーの前を開けたままでも、何だか布団を被っているような感じでした。 今日の句も梅ですが、現実社会の方ではそろそろ桜が開きそうになってきました。蕾が膨らんできただけでなく、ピンク色が覗く様になってきました。今日のような暖かさが続くと、あっという間に咲き始めそうです。ちなみに、4月1日から三井寺のライトアップが始まります。神様が紙... [続きを読む]
  • 473 売家に主なくても梅の咲く
  • 2017年3月25日 お菓子屋さんに「今が一番苺がおいしい時」とかなんとか、幟が立っていたので、苺クリーム入りシュークリームを買ってしまいました。 近所で朝から槌の音が聞こえると思ったら、木造住宅の棟上げが行われていました。空き地だったところに基礎工事がしてあったので、新しい家が建つのを楽しみにしていました。という私は、ここに越してきてこの春で15年になるのでした。売家に主なくても... [続きを読む]
  • 472 風神の春の縦笛京都タワー
  • 2017年3月19日 春らしい暖かさのいい休日になりました。 今日は息子と京都に出かけ、駅ビルで昼食をとろうと思ったのですが、正午より早めであればすいているかなと期待していたら、11時半くらいでもどこも空き待ちの人の列ができていました。30分ほど待って、焼き鳥でご飯が食べられるお店に入りました。息子は焼き鳥入りの親子丼、私は焼き筍の串の付いた春の特別御膳を食べました。地上10階から春の... [続きを読む]
  • 471 空欄の勤務先欄春の雲
  • 2017年3月15日 またしても、大阪句会に出した句です。0点でした。「春の雲」が安易過ぎると言う評をいただき、「チューリップ」とかにしてはどうか、と言うことでした。確かに何か花の名を持ってきた方が良いかもと、思ったのでした。 今日は朝から、晴れているにもかかわらず冷たい雨が降って、冬と春をごちゃまぜにしたような感じです。雨が止んだ隙を突いてアユの散歩に出たものの、途中で降られてしまい... [続きを読む]
  • 470 下萌の台所付きトイレ付き
  • 2017年3月11日 きのうに引き続いて、大阪句会に出した句です。「下萌て」か、「下萌や」にして、切った方が良いのではと言う評価をいただきました。老人ホームへの入居か、神田川の世界かという話になりました。 今日は「原発のない社会へ 2017びわこ集会」に参加しました。頭の中で原発再稼働反対と考えているだけでは、何も伝わらないと思い、個人参加で行ってきました。避難指示解除の基準が、やはり... [続きを読む]
  • 469 切り傷が大河になって春夕焼
  • 2017年3月10日 船団の会、大阪句会に行ってきました。夕方に大阪に用事があったので、14時からの大阪句会に寄ってみました。句会に参加するのは2年ぶりの事でした。京都で顔なじみの方がいらっしゃったので、初めての大阪句会でしたが、緊張が緩みました。 会場が大阪市中央公会堂で、中之島にあり、ちょっとした観光気分でした。今日の句は、1点入れてもらった句です。切り傷が大河になって春夕焼(... [続きを読む]
  • 468 オリオンの隣にあるよ父の席
  • 2017年3月4日 春の句をと思いつつ、また冬の句です。 たまに夜遅く帰ってくると、星空を見上げますが、如何せん、眼鏡を掛けていてもよく見えなくて、かろうじてオリオン座くらいだけがわかります。 また、3月11日がやってきます。あれだけの被害を出して、いまも放射能汚染水を生み出し続けているというのに、原発を再稼働させる国。信じられません。何より許しがたいのは、年間20ミリシーベルト以下... [続きを読む]
  • 467 冬の虹無くしたシッポ取り戻す
  • 2017年2月25日 気分はまだ冬ですね。でも、水仙が咲いてたり、チューリップの芽が伸びてきていたり。もう春の句を作らなくては。 昨日はとあるテストを受けたのですが、ここで問題です、豪華ケンラン、シツヨウに催促する、エンザイを晴らす、のカタカナを漢字に直せ。私は書けませんでした。困ったもんだ。冬の虹無くしたシッポ取り戻す(17.2.25作)(ふゆのにじなくしたしっぽとりもどす)... [続きを読む]
  • 466 手袋はいつも片方だけ落ちてる
  • 2017年2月17日 今日は仕事が午前中で終わったので、京都駅の伊勢丹に寄ってみました。朝の連続ドラマ「べっぴんさん」の、モデルになった子供服の店が「ファミリア」と言って、それが伊勢丹にあると聞いて、覗いてみました。今現在は子どもも大きいので、何だか場違いな所へ来た感じになりました。創業者の4人の女性の写真がそっと飾ってありました。手袋はいつも片方だけ落ちてる(17.2.1作)(て... [続きを読む]