YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所 さん プロフィール

  •  
YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所さん: YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所
ハンドル名YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所 さん
ブログタイトルYYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所
ブログURLhttp://yyaa.exblog.jp/
サイト紹介文奈良・大阪の設計事務所です。新しいプロジェクトや物件の進捗、気になる建築や町並みの事を書いています
自由文大阪・奈良を拠点に新築注文住宅やマンションリノベーション、戸建てリフォーム、カフェの設計や古ビルの再生を行っている一級建築士事務所です。シンプルで寿命の長いデザインを心がけています。

ホームページはこちらです⇒http://yyaa.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/10/14 17:54

YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所 さんのブログ記事

  • 某商店街のアーケード調査
  • 打ち合わせの帰り、老朽化した某商店街(バレバレですが)のアーケード調査に。見上げると、実に色々な処理が施されていることが分かります。建物と接している部分も非常に複雑です。でも何だかこのままではマズい感じです。雨に濡れないという機能以外、この場所に求められるデザインとはどんなものでしょうか。とても難しい問いかけです。 [続きを読む]
  • 生駒で新築の敷地調査。
  • 奈良県生駒市。新築住宅のご相談を頂き、敷地調査に伺いました。敷地がどこかというと・・・この全部です。丘に登ると市内一望。大きな敷地の場合はついつい建築も大きく計画してしまいがちですが、平地に建てる場合より割高になることを考えると、あまり大風呂敷は広げられません。擁壁で固めた要塞のような建物も問題です。斜面なりに、既存の丘と共存できるような設計が必要になりそうです。 [続きを読む]
  • 掲載:LiVES 2017年5月号
  • 『閑かな家』が2017年5月15日発売の雑誌「LiVES」に掲載されています。割とコンパクトな住宅の特集号です。私達の事務所ではLiVES初掲載。ありがとうございます。皆様よろしければお買い求め下さいませ。⇒Amazon http://amzn.asia/dhMdpVI [続きを読む]
  • 鹿の舟
  • 少し前に奈良町の一番南の外れに出来た複合施設。観光案内所やカフェ、ギャラリー、畑などがあります。現場の合間に立ち寄りました。仕事の合間でしたが、もう今日は止めようかな・・と思えるぐらい、まったりのんびりできる空間でした。ありがとうございました。 [続きを読む]
  • ツタビル再調査
  • 奈良市ツタビル現場。設計を進める中で出てきた疑問点を再調査。相変わらず、やりたい放題にツタが繁茂しております。(ちなみにこれは3Fです)4Fテラス。ここはまだ完全にはツタに占領されていません。設計では共用リビングから一体利用できるデッキになる予定です。若草山もよく見えるので、花火・山焼きが楽しめそうです。 [続きを読む]
  • 町屋の痕跡調査
  • 市役所の文化財課の方々が現地調査に来られました。事前に工務店さんに天井を解体して頂いたので、スムーズに屋根裏の状態を見て頂くことが出来ました。長い年月の間に、新築時から色々変更された部分があります。梁に残る痕跡から当初はどんな建物だったのかを類推できるそうです。こちらの窓際の凹みは、その昔木製窓が取り付けられていた際の枠の跡らしいです。全然気付きませんでしたが、確かに言われてみれ... [続きを読む]
  • 雑誌の取材
  • 昨年竣工の「閑かな家」。雑誌の取材で久々にお邪魔しました。簡潔で無駄のない生活スタイルにライターさん・カメラマンさんも感心しきりでした(もちろん私たちも)。住み手にフォーカスした写真は建築の竣工写真とはまた違った魅力があり、出来上がりが楽しみです。ご協力ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 製作キッチン
  • 堺市N邸キッチン。バックセットを含め家具製作品です。お施主様のご希望でなかなか収納充実なプランとなりました。天板・側板はバイブレーション仕上げ。若干コストはかかりますが、使用後の傷が目立ちにくいメリットが大きいのでYYAAの基本仕様となりつつあります。扉面材はタモ。フローリングより明るめの色味です。作業スペースの床は磁器タイルを四半敷。給排水配管周りまで余白を使い尽くす収納設計。... [続きを読む]
  • 浅川商店平群駅前計画
  • 再開発真っ最中の近鉄平群駅前に出来たお店と住居のコンプレックス。まだまだ建築にはいろいろな可能性があるもんだなぁと思いました。カフェは開いてなくて残念(さいきんそういうの多いですね。。。下調べ不足)。 [続きを読む]
  • 「岡山ビル」の出来るまで
  • 工事前の様子。いかにもレトロな「岡山ビル」。長年の風雨に晒され劣化がかなり激しいですが、何とか再利用したいものです。修復方法や取付方法を試行錯誤することになりました。解体工事時に職人さんに頼んで保管してもらった「岡」。スクレイパーを使って既存の塗装を剥がしていきます。これが思いのほか重労働。ちょうど手伝いに来ていた学生くんの手も借りて、何とか綺麗な状態に戻せました。元の状態に並べ... [続きを読む]
  • 角レバーハンドル
  • お施主さまからレバーハンドルのご希望を頂き、現物の確認のためWESTさんのショールームに行って来ました。引手やレバーハンドルはカタログで格好良く見えても、実物が小さすぎたり握りにくかったり、実用性が低い場合があります。少し変わった形状のものを使う場合は注意が必要です。ご希望を頂いたレバーハンドル。角カクで格好良いのですが、レバー根元の出っ張りは急いでいる時など、服の裾に引っ掛かるこ... [続きを読む]
  • 森の10居
  • 大阪府羽曳野市。現場の帰りに立ち寄りました。とてもかわいい佇まいです。曲面のエッジや窓周りなど、簡単にはつくれないものですが、さすが練熟の技、細部まで非常に精度高くつくられていました。一部はレストランになっているので、次は中も拝見してみたいです。 [続きを読む]
  • プレゼンテーション
  • 京都の長屋リノベーション計画。お施主さまにプレゼンテーションを行いました。今回は建物をスケルトンに戻すのではなく、古くてまだ使えるものを極力残しつつイメージの刷新を図るため、イメージ写真などを使いながらのプレゼンです。展開図。先日実測した内容をもとに現況図を起こし、残す箇所と替える箇所を細かく指定しています。手間がかかりますが、リノベーションではどうしてもこの作業は欠かせません。... [続きを読む]
  • すっきり樋
  • 堺市N邸。工務店さんのご好意でバンドレスの樋を採用することが出来ました。非常にすっきりして、樋があることが気になりません。ぱっと見、何が普通と違うのか分かりませんが・・・こういう違いです。縦樋の壁面側がレールになっているので、バンドがなくても壁面に支持できる仕組みです。一昔前まではステンレス製やアルミ製など高級縦樋のディテールだったのですが、汎用品も増えてきたので採用しやすくなりま... [続きを読む]
  • 奈良の木 助成制度など
  • 山本嘉寛建蓄設計事務所は平成29年度も引き続き、奈良県産材の利用を促進する「奈良の木」事業者として登録されております。・・・ということで、奈良の木を使用した住宅への助成制度の説明会に行って来ました。以前の物件で、助成金申請にあれこれ手を尽くしたものの僅かな条件の不整合で獲得できなかった経緯があり、この助成金についてはかなり慎重に構えております。吉野杉を使えば助成金がもらえる!!と一見簡単... [続きを読む]
  • 唐招提寺
  • 旧田中家と併せて、唐招提寺に立ち寄りました。奈良に生まれ育ってもなかなか訪れる機会がなく、なんと小学校の遠足以来です。今見ると控えめな装飾と均整の取れたプロポーションに圧倒されます。建築物単体での完成度の高さは現存する奈良の寺院の中でもやはり別格。校倉造の宝蔵・経蔵、塔頭の練り塀など、見所満載ですっかり長居してしまいました。・・・小学生以来と思っ... [続きを読む]
  • 旧田中家住宅
  • お施主さまのお父様から、奈良の古民家が移築復元されているとのお話を伺い、見学に行ってきました。古民家にも色々ありますが、これは法蓮造りという型式で、現存する最古のものということです。面白いのは、大和棟を持った奈良の農家スタイルと、格子を備えた町屋スタイルの折衷になっているところです。奈良市法蓮町(かつての法蓮村)は農村と市街地のちょうど境目だったので、建物もその両方の性格を備えています。正面... [続きを読む]
  • 無垢フローリングのショールーム
  • 梅田スカイビル。現在進行中のプロジェクトの木材検討に、無垢フローリング.COMさんのショールームに行って来ました。インターネット販売系では、ショールームを持っているメーカーさんは稀です。実際の貼見本を見ると、小さなサンプルでは分からない全体の印象も比較することが出来て大変参考になりました。国産自然塗料、U-oilの超カラフルな塗り見本。これだけ種類があると微妙な色味の調整もできますね。... [続きを読む]
  • ローテーブル脚
  • お施主様がお持ちのウォルナットの天板。脚を付け、ローテーブルとして使う予定なのですが、既製品ではどうもしっくりこないとのこと。せっかくなので鋼材を利用して製作することになりました。良い材なので、裏面にビス穴を開けずに成り立つシンプルなデザインがベスト。CGで完成予想図を確認しつつ、スタッフ一同でいろいろ案を練りました。チャンネル鋼を短くブツ切りした上に天板。どっしり感はあります。悪く言え... [続きを読む]
  • オープンハウス
  • 堺市N邸のオープンハウスには予想を上回るたくさんの方にご来場頂き、本当にありがとうございました。設計する側からは気付かない貴重なコメントをたくさん頂くことが出来、今後に活かしていきたいと思います。オープンハウスは準備に手間がかかったり、お施主さまや現場の負担になる部分もあったり、と毎回行える訳ではないのですが、皆様に喜んで頂いている様子をみると、出来るだけ行ったほうがよいなあと再認識し... [続きを読む]
  • 焼杉鎧張り
  • ここのところの天候不順で若干工程が遅れましたが、焼杉鎧張りの外壁工事が完成しました。少し段差をつけて貼ることで、平面的な杉板張りよりも外壁に立体感が出ています。コーナー部分やサッシ、吸排気ダクト廻りの処理に苦戦しつつ、工務店さんに非常に丁寧に貼って頂きました。ちなみに軒裏は木地色の杉板張り。建物外部のチェックを一通り終えてようやく足場の解体です。道路向こうは桜が満開。来年はバルコニーや... [続きを読む]
  • ロールスクリーン
  • いつもお世話になっているfabricscapeさんで素材や色味の打ち合わせ。今回はカーテンもブラインドも何となくしっくりこないなぁということで、ロールスクリーンを採用することになりました。ヨーロッパのメーカーの製品で、国内製より機構がシンプルで見た目すっきり収まります。床・壁との相性を見極めながら色を決定していきます。 [続きを読む]
  • 間接照明の模型
  • 堺市の住宅。屋根形状が独特なので照明が難題です。照明デザイナーさんと検討する中で、間接照明で大屋根の天井面全体を照らす案が一番良さそうということになりました。模型やCGではどうもイメージし辛いので実物大の模型をつくって照明の当たり方を検証しています。断面。小屋根を彫り込んで直管の間接照明を仕込みます。実際はこの上に大屋根が架かってくるので、やっぱりイメージし辛い。いろいろ試行錯誤した結果... [続きを読む]