YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所 さん プロフィール

  •  
YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所さん: YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所
ハンドル名YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所 さん
ブログタイトルYYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所
ブログURLhttp://yyaa.exblog.jp/
サイト紹介文奈良・大阪の設計事務所です。新しいプロジェクトや物件の進捗、気になる建築や町並みの事を書いています
自由文大阪・奈良を拠点に新築注文住宅やマンションリノベーション、戸建てリフォーム、カフェの設計や古ビルの再生を行っている一級建築士事務所です。シンプルで寿命の長いデザインを心がけています。

ホームページはこちらです⇒http://yyaa.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/10/14 17:54

YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所 さんのブログ記事

  • 矢田寺へあじさいを観に行ってきました。
  • 梅雨真っ最中。久々に大和郡山の矢田寺へあじさいを観に行ってきました。まだ若干早いかな、という感じですが、多くの人で賑わっています。境内には休憩できる塔頭がいくつかあります。今年は念佛院でお抹茶を頂きました。大和平野が見渡せる座敷で一服。開け放した窓から清々しい風が抜けていきます。ああ贅沢。 [続きを読む]
  • 町屋リノベ。内部解体が完了しました。
  • 奈良町屋のリノベーション。内部解体が完了しました。今まで分からなかった部分も全て見えるようになったので、再度構造部材の調査を行っていきます。町屋では、2階の床板は厚み15〜20mm程度の荒板になっていることが一般的です。梁も太いので、このまま使っても格好良い雰囲気になりそうです。(ただし荒板は隙間があるので、そのまま2階の床仕上げ材としては使えません)一方、1階の床を支える支柱は... [続きを読む]
  • 風呂リモコン位置はどこが良いでしょう。
  • よくある洗面室+ユニットバスの間取りです。通常、お風呂の追い炊きやお湯の温度調節のために、浴室内の壁面に「風呂リモコン」を設置しますが、最も適切な位置はどこでしょうか。施工業者さんに何も指定しなければ、上図の①か②の位置になります。風呂の中だけの操作であればそれほど問題はありません。強いて言えば、②は入浴しながらリモコンを見つめ続けなければいけないので、①のほうが優れているかもしれま... [続きを読む]
  • 建物調査の力強い味方。赤外線測定器
  • 芦屋のリノベ計画。プラン作成にあたり内部の実測を行いました。夏場、エアコンが効かない室内での作業はなかなか骨が折れますが、最近では強力な助っ人のおかげでかなり楽になりました。画面右に写っているヤツです。赤外線測定器。ピッと押せばレーザーでたちどころに向かいの壁面までの距離を測定してくれます。精度もミリ単位。壁の微妙な不陸まで出ます。測定器から出る光はそれほど強くないので、太陽光の下ではかき消... [続きを読む]
  • 大阪の建築めぐり:住吉の長屋
  • 近くに行ったので久々に立ち寄りました。風化していた打放しコンクリートが綺麗になっていてびっくり。最近は打放しコンクリートをリフレッシュする技術もずいぶん向上していますね。住吉大社界隈。建設当時の写真とは随分風景が変わってますが、下町風情を残す町並み。チンチン電車に住之江競艇。良いところです。 [続きを読む]
  • 敷地の大きさの確認
  • 敷地の大きさと、建物が敷地に対してどの位置にあるのか確認に来ました。…が、境界杭が見当たりません。昔ながらの町なので、明確な境界を出していないのかもしれません。お隣の塀が境界の目安となりそうです。ふと見上げたら、屋根に鶴と鯉がいました。どちらも縁起物なので再利用できればよいなぁと思います(み) [続きを読む]
  • お庭が完成しました
  • お庭が完成しました!建物の外壁が杉板なので、ランドスケープデザイナーの松下さんに可愛らしいお花と存在感のある樹木で生垣をデザインしていただきました。これから1〜2年経つと、倍以上のサイズに成長するとのことで、とても楽しみです。庭から見える道路際の桜の木も手伝って、とても広がりのあるお庭になりました。(み) [続きを読む]
  • 瓦屋根のリノベは非常に難解です。
  • 六原の長屋リノベ。実施設計が出来上がったので工務店に見積を依頼しています。作業開始に先立って現地調査に来て頂きました。古い建物のリノベでは現在の状況を図面や写真で説明しきれないため、どうしても見積を行う前に現地調査が必要です。特に今回は屋根の工事が曲者。瓦屋根は、部材の名称や葺き方、瓦の種類など、職人の間で昔から使われてきた専門用語がたくさんあり、曲がった部材が3次元的に組み合わさるた... [続きを読む]
  • 滋賀の建築めぐり:ラコリーナ近江八幡
  • 休日を利用して近江八幡までお出かけしました。近江八幡は新旧いろいろな建築が楽しめる稀有な町ですが、今回のお目当ては数年前に出来た「たねや」「クラブ・ハリエ」の旗艦店、ラコリーナ近江八幡。平日にも関わらず行列の出来る人気です。客層も若い人から年配層まで様々。みんなお菓子大好きですね。独特な建築と広大な敷地に圧倒されましたが、まだまだ奥のほ... [続きを読む]
  • 奈良の町屋。古家は解体すればするほど問題が見えてきます。
  • 奈良市U邸。工務店さんに所々解体して頂いたので、今まで見えなかった部分を調べやすくなりました。床下。トタン板一枚で外部と通々です。さすがにこのまま放置する訳にはいきません。また、古い日本家屋は石の上に柱が乗っかっているだけの簡素な造りなので、基礎周りの耐震補強が非常に大きな課題です。今回も軟弱な基礎周りをどう補強していくか、悩みどころです。土壁も長年の雨漏りで湿気を吸って大きく膨... [続きを読む]
  • 堺市の住宅。外構と植栽の工事が始まりました。
  • 堺市N邸。建物が完成し、外構工事が始まりました。ランドスケープデザイナーの松下さんから、建物の意匠に合わせて正方形型のコンクリート舗装でつくったアプローチを提案して頂きました。お施主様からのご要望で、子どもたちが遊んでいるスペースには、サッカーが出来るように芝生を敷きます。梅雨入りを前に植栽工事に取り掛かります。(み) [続きを読む]
  • 古ビル改修の参考にゲストハウスを見学しました。
  • 奈良市京終の古ビルコンバージョン。設計の本格化に伴い、細かな設備の仕様や運営のオペレーションが気がかりです。ちょうど良い機会があり、奈良市内のゲストハウス見学させて頂くことが出来ました。ゲストハウスの居室は限られた空間ですが、それでも狭さを感じさせない工夫が必要とのこと。夜やってきて朝には出かけてしまう素泊まりでも、ゆっくり寛げる空間のクオリティは必要ですね。ありがとうございました。... [続きを読む]
  • 戸建リノベの外壁サンプル調査。劣化具合を調べます。
  • 奈良市の戸建リノベ。秋の工事に向けて着々と準備が進んでいます。外壁の劣化具合を調べるため、工務店さんにサンプルを採取して頂きました。(こんなにうまく取れるとは・・)"井"箇所がサンプルを取ったところ。調査の結果、まだ塗料が健全な状態なので塗り替えは不要とのことでした。過去に一回全面塗り替えを行っていることが功を奏したようです。全体を高圧洗浄して降り積もった汚れを落とします。 [続きを読む]
  • 某商店街のアーケード調査
  • 打ち合わせの帰り、老朽化した某商店街(バレバレですが)のアーケード調査に。見上げると、実に色々な処理が施されていることが分かります。建物と接している部分も非常に複雑です。でも何だかこのままではマズい感じです。雨に濡れないという機能以外、この場所に求められるデザインとはどんなものでしょうか。とても難しい問いかけです。 [続きを読む]
  • 生駒で新築の敷地調査。
  • 奈良県生駒市。新築住宅のご相談を頂き、敷地調査に伺いました。敷地がどこかというと・・・この全部です。丘に登ると市内一望。大きな敷地の場合はついつい建築も大きく計画してしまいがちですが、平地に建てる場合より割高になることを考えると、あまり大風呂敷は広げられません。擁壁で固めた要塞のような建物も問題です。斜面なりに、既存の丘と共存できるような設計が必要になりそうです。 [続きを読む]
  • 掲載:LiVES 2017年5月号
  • 『閑かな家』が2017年5月15日発売の雑誌「LiVES」に掲載されています。割とコンパクトな住宅の特集号です。私達の事務所ではLiVES初掲載。ありがとうございます。皆様よろしければお買い求め下さいませ。⇒Amazon http://amzn.asia/dhMdpVI [続きを読む]
  • ツタビル再調査
  • 奈良市ツタビル現場。設計を進める中で出てきた疑問点を再調査。相変わらず、やりたい放題にツタが繁茂しております。(ちなみにこれは3Fです)4Fテラス。ここはまだ完全にはツタに占領されていません。設計では共用リビングから一体利用できるデッキになる予定です。若草山もよく見えるので、花火・山焼きが楽しめそうです。 [続きを読む]
  • 町屋の痕跡調査
  • 市役所の文化財課の方々が現地調査に来られました。事前に工務店さんに天井を解体して頂いたので、スムーズに屋根裏の状態を見て頂くことが出来ました。長い年月の間に、新築時から色々変更された部分があります。梁に残る痕跡から当初はどんな建物だったのかを類推できるそうです。こちらの窓際の凹みは、その昔木製窓が取り付けられていた際の枠の跡らしいです。全然気付きませんでしたが、確かに言われてみれ... [続きを読む]
  • 雑誌の取材
  • 昨年竣工の「閑かな家」。雑誌の取材で久々にお邪魔しました。簡潔で無駄のない生活スタイルにライターさん・カメラマンさんも感心しきりでした(もちろん私たちも)。住み手にフォーカスした写真は建築の竣工写真とはまた違った魅力があり、出来上がりが楽しみです。ご協力ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 製作キッチン
  • 堺市N邸キッチン。バックセットを含め家具製作品です。お施主様のご希望でなかなか収納充実なプランとなりました。天板・側板はバイブレーション仕上げ。若干コストはかかりますが、使用後の傷が目立ちにくいメリットが大きいのでYYAAの基本仕様となりつつあります。扉面材はタモ。フローリングより明るめの色味です。作業スペースの床は磁器タイルを四半敷。給排水配管周りまで余白を使い尽くす収納設計。... [続きを読む]