創世看匠(そよみしょう) さん プロフィール

  •  
創世看匠(そよみしょう)さん: 看護職を支援する変な保健師〜創世看匠
ハンドル名創世看匠(そよみしょう) さん
ブログタイトル看護職を支援する変な保健師〜創世看匠
ブログURLhttp://ameblo.jp/information-literacy/
サイト紹介文看護職(看護学生・受験生を含みます)のナレッジマネジメントを支える創世看匠のブログです。
自由文看護職のナレッジマネジメントを支援することと、一般の方向けの健康支援の活動を進めています。

○看護職のナレッジマネジメントを支援(個人向け)
 〜看護職・大学教員向けの論文執筆および学会発表支援
 〜看護職向けのレポート作成支援
 など
○看護職のナレッジマネジメントを支援(組織向け)
 ※特に、継続的な研修とフォローアップを入れています。
○一般の方向け健康支援
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/10/14 19:04

創世看匠(そよみしょう) さんのブログ記事

  • 医療現場ルポ〜医師のおしごと
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、一般向けの健康支援を中心に活動している変わり者な保健師です ただいま、看護師の仕事の現状を、サービス利用者としてリアルタイムで体験中です。看護の現場ルポを書いておりますが、今日は、医療現場に焦点を当ててみたいと思います。 先日、無事に私のドレーン(管)が抜けました。ドレーンを抜く時は、何も感じないんですよ。50センチ [続きを読む]
  • 看護の現場ルポ〜安眠妨害となる慣習
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、一般向けの健康支援を中心に活動している変わり者な保健師です ただいま、看護師の仕事の現状を、サービス利用者としてリアルタイムで体験中です。看護の現場ルポを書いてみたいと思います。 ただ今、私はドレーン(管)が入っておりますが、看護師は、その排液量や性状の観察をするのも、大事な仕事のひとつです。ですが、その排液量を24 [続きを読む]
  • 看護の現場ルポ〜仕事を早く終わらせる!!
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、一般向けの健康支援を中心に活動している変わり者な保健師です ただいま、看護師の仕事の現状を、サービス利用者としてリアルタイムで体験中です。看護の現場ルポを書いてみたいと思います。 前にも書きましたが、私に無言で薬を手渡しした看護師は、飲んだことの確認と、薬の空パッケージが欲しかった、ためだけに、凝視し、飲み終わった [続きを読む]
  • 看護師の仕事・・・患者に片づけさせる?
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、一般向けの健康支援を中心に活動している変わり者な保健師です ただいま、看護師の仕事の現状を、サービス利用者としてリアルタイムで体験中です。 最近の看護師が行う清拭(体を拭く)では、お湯に入れたベースンを単体で持ってきて、患者用椅子に置き、終わったら、そのまま片付け、椅子がびしょびしょでも、知らん顔・・・なんでしょう [続きを読む]
  • 看護師の仕事・・・患者を黙らせる?
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、一般向けの健康支援を中心に活動している変わり者な保健師です ただいま、看護師の仕事の現状を、サービス利用者としてリアルタイムで体験中です。 もう21世紀になって、ずいぶんたつというように、疼痛コントロールという言葉はどこへやら・・・ここまでの私の辛さは、原疾患であることはほとんどなく、1.動けない時の腰痛地獄2.テー [続きを読む]
  • 看護師の仕事・・・あれ?
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、一般向けの健康支援を中心に活動している変わり者な保健師です まずは、お久しぶりでございます。ブログが投稿できなくなってしまってから、1年と少し経ってしまいました。ごめんなさいね〜そして、その間も、読んでくださっていた方々、ありがとうございます。 本当に、この1年と少しいろいろとあったんですよぉ。多分、私の人生の激変 [続きを読む]
  • 失敗力カンファレンス参加記その5
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です今回も、前回からの続きで、新経済連盟の失敗力カンファレンス(2015年12月15日)の参加記を書いていきます。これで最後になります。今回は、セクション4「失敗を通して学んだこと」でした。モデレーターは、楽天株式会社代表取締役会長兼社長の三木谷氏です。実は、私にとって、セクション4は、 [続きを読む]
  • 失敗力カンファレンス参加記その4
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です今回も、前回からの続きで、新経済連盟の失敗力カンファレンス(2015年12月15日)の参加記を書いていきます。今回も、セッション3「失敗力対決一本勝負!スペシャル対談 堀江貴文×藤田晋」についてです。堀江氏は、完成していそうに見えて、つけ入るスキはたくさんあるということをおっしゃって [続きを読む]
  • 失敗力カンファレンス参加記その3
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です。新経済連盟の失敗力カンファレンス(2015年12月15日)に参加してきましたので、その参加記を書いています。今回もその続きです。今回は、セッション3「失敗力対決一本勝負!スペシャル対談 堀江貴文×藤田晋」についてです。このカンファレンスのメインセッションかもしれません。このセッショ [続きを読む]
  • 失敗力カンファレンス参加記その2
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です。2015年12月15日に、新経済連盟の失敗力カンファレンスに参加してきましたので、その参加記を書いています。今回もその続きです。今回は、セッション2「失敗を克服する特効薬」についてです。スピーカーは、3名の女性社長さんたちでした。彼女たちが言っていたのは、おかしいと思った時、自分に [続きを読む]
  • 失敗力カンファレンス参加記その1
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です。2015年12月15日に、新経済連盟の失敗力カンファレンスが開かれました。とても興味があり、参加してきましたので、今日はその参加記を書いてみたいと思います。私がなぜこのカンファレンスに興味を持ったかといいますと、何せ登壇される方々が、起業家のリーダーの方々だからです。そんなリーダ [続きを読む]
  • 組織の発展か?衰退か?(後編)
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です前回からの続きです。医療業界は、何だか保守的・・・組織にいて、いろいろなことに疑問を持ったり、不満を持ったりしますが、そのことを口に出そうものなら、一掃されかねません前回から引き続き、CIAのスパイマニュアルに学ぶ「会社をダメにする11の行動様式」をみながら、組織をダメにする行動 [続きを読む]
  • 組織の発展か?衰退か?(前編)
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です私が思うに、どうも医療系の組織は保守的な気がします。医療に限らず、日本の業界はそうだよ、と言われたこともあります。そこで、今日は、おもしろい記事を見つけましたので、ここから看護業界のことを考えてみたいと思います。CIAのスパイマニュアルに学ぶ「会社をダメにする11の行動様式」この [続きを読む]
  • 工夫すること
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です今日は、久しぶりに親戚の家の小学生の男の子、ケンちゃんのお話です。気付いてみれば、しばらくケンちゃんが登場していませんでしたね。ケンちゃんは、小学生なので、いろいろな宿題が毎日出ます。最近は、宿題の答え合わせは親の役割なんですね〜。なので、ケンちゃんのところも、お母さんが仕 [続きを読む]
  • 「だと」と「かも」の違い
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です。私は個人事業主になったので、青色申告をするとになってますが、多分、開業しての私にとっての一番の障壁が、これです。青色申告の説明会に行ってきました。何せ医療業界・教育業界という、「売上」という点を最も追求しない世界にいた私からは、青色申告なんて、さっぱりな世界です。予測通り [続きを読む]
  • 「勝手」の使い方
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です臨床現場を見ていると、不思議なことはたくさんあります。今日は、そんな中から、看護師が使う「勝手」という言葉について書いていきたいと思います。勝手という言葉の意味は、国語辞典を引きますと、以下のように出ています。1 他人のことはかまわないで、自分だけに都合がよいように振る舞うこ [続きを読む]
  • 新たな始動
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です昨日は鳥肌のたつような顔合わせがありました。SNSが発達し、コワイ一面もありますが、一方で、今まででは考えられなかったコラボができる時もあります。ある人をきっかけに、そこから別の活躍しているナースを知り、はたまた、そこから別のナースを知り、その人たちが実はバックグラウンドが同じ [続きを読む]
  • 新たな表現
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です今日は、私の初のラジオ出演なんです収録はもう終わっているのですが、こうやってやるのかぁ・・・と、企画から収録までご一緒させていただいて、とっても勉強になりました。アウトラインを組み立てて、どこで何をインタビューされるか、打ち合わせて、Start!!DJさん、すばらしいです大学関係者や [続きを読む]
  • 社会人の受験〜面接編
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です最近は、社会人の受験への門戸も広がってきています。前回、社会人入試の英語について書きましたので、今回は面接について、書いてみたいと思います。面接なんて簡単って思ってます???これが、そうでもないんですね〜社会人は、いろいろな修羅場(?)を潜り抜けているせいか、面接での切り抜 [続きを読む]
  • 社会人の受験
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師ですただ今、受験シーズン真っ只中ですが、受験は高校生だけのものではありません。社会人入学というのも大事な受験のチャンスの1つです。今日は、社会人の受験について書いてみたいと思います。社会人にも、大学・大学院への門戸がかなり広がってきています。少し前の大学教育法の改正で規制緩和され [続きを読む]
  • 客引きを見極める!
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です。ただ今、受験シーズン真っ盛りです。今や、大学業界はもちろんのこと、医療機関も、少子化の影響で、新入生、新人を入れるのに、必死です。受験生や就活生からすると、ホクホクかもしれませんが、それは入る時だけのこと。入ってから、無下に扱われたら、どうしますか?ある大学では、受験の時 [続きを読む]
  • 既存の枠から出ないこと
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です。以前、変わった看護職のところへ訪問して、学生たちにインタビューなどをとおして、自分たちの進路に対する視野を広げてもらいたい、という大学教員Aさんがいらっしゃいました。その一人に、私はどうか、ということで、問い合わせがありました。いろいろとお話をうかがうと、私の現状と合って [続きを読む]
  • 入学する覚悟〜後編
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です。前回は、看護学生にありがちな受験をゴールにしていると、入学してから、納得いかない学生生活を送ることになるかも・・・ということについて、書いてみました。今回は、その続きです。看護系大学の受験生の選択基準で多いのは、理科の受験科目数が少ないということがとても多いです。確かに受 [続きを読む]
  • 入学する覚悟〜前編
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です。前回は、看護学生にありがちなNGな進路選択について、書いてみました。今回は、その続きでもありますが、入学に対する志について書いてみたいと思います。前回もご紹介しました記事です。「偏差値が高いだけの医師」はなぜ危険なのか〜天皇の執刀医Dr.天野篤の「危ぶめば道はなし」(PRESIDEN [続きを読む]
  • これだけは避けたいNGな進路選択その2〜受験生へ
  • こんにちは。創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、創造的な健康支援を中心に活動している変な保健師です。ただ今、受験シーズン真っ最中ということで、前回は、看護学生にみられる進路選択について、書いてみました。今回は、その続きを書きます。きっかけになったのは、こんな記事を紹介されたからです。「偏差値が高いだけの医師」はなぜ危険なのか〜天皇の執刀医Dr.天野篤の「危ぶめば道はなし」( [続きを読む]