昼のガスパール・オカブ日記 さん プロフィール

  •  
昼のガスパール・オカブ日記さん: 昼のガスパール・オカブ日記
ハンドル名昼のガスパール・オカブ日記 さん
ブログタイトル昼のガスパール・オカブ日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sarastro1957
サイト紹介文閑人、オカブの日常、つらつら思ったことなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2014/10/15 07:42

昼のガスパール・オカブ日記 さんのブログ記事

  • 朝ビール
  • 徹夜明けである。7時過ぎまで頑張った。これから床に入るのだが、眠れそうにない。アルコールがほしい。ただ、それほど強いものは駄目である。ビールにした。麒麟一番搾りスタウトである。要は黒ビール。これは、麦芽の焙煎味が薄くて、黒ビールを飲んでいるような気がしない。黒ビールではドイツのデュンケル『ケーニッヒ・ルードヴィッヒ』というのが、一番好きだ。朝ビールを一気に飲み干し、これから寝ます。お休みなさい。急 [続きを読む]
  • 三茶『きゃんどる』で、かーたんと語り合った。
  • 日曜日、当然のことのように教会へ行く。会計処理を済ませて、教会学校の教師会に出ていたかーたんと、三茶のすずらん通りの『きゃんどる』にランチに行く。オーダーはいつものAランチ、サラダ・珈琲セット。オカブは生ビールをジョッキで。メインはチキンの小悪魔風と、スズキのポワレ。このAランチセットがなんと1,000円!ほんとにいい店です。食後の珈琲を飲んでいると、ママさんからサーヴィスのプチフールをもらった。ますま [続きを読む]
  • 初鮎。
  • かーたんが、晩のおかずのことを考えると憂鬱になるという。オカブにしてみれば、今日の晩は何を作って食おうか、などと考えるだけでワクワクしてくると思うのだが不思議だ。午後、かーたんは西友に買い物に行って、初物の鮎を買ってきた。安かったからとのことだった。オカブとしては、鮎はまだ早いのではないかと思ったが、どうせ養殖ものである。オカブが仕事をしている間に、鮎は焼き上がり食卓に。鮎は、養殖ものにしては美味 [続きを読む]
  • 饂飩供養
  • 毎回、食い物ネタで済みません。昼食に何を食うかで思案した。昨日の晩はダイエットの目的で軽いものしか食べていない。そもそも、昼食はダイエットのために食わないのが、オカブのポリシーだった。しかし、そのダイエットの果ての小食ゆえに腹が減って腹が減って仕方がない。特に、炭水化物に飢えている。そこで、饂飩でも茹でて食おうということになった。饂飩も、この腹の減り具合では半端な量では、腹が収まらない。そこで、今 [続きを読む]
  • 今日の晩御飯
  • 人間美味しいものは食いたいものである。しかし、美味しいものは金がかかる。でも美味しいものは食いたい。そうしたせめぎ合いの中で、人間は妥協し、あるいは背伸びし、少しでも美味しいものの食卓にあずかっているのである。今日のご飯は、刺身ブツ(西友で1パック480円)、がんもどきと厚揚げを煮たの、ほうれん草を茹でたの・・・以上である。まあ、我が家の普段の晩餐としては、かなりなご馳走の部類に入る。従って、非常に美 [続きを読む]
  • 乗っ取りカルトが教会に侵入してきたら?
  • 今日は日曜日。教会に行く。礼拝司会と役員会を終え、会計の処理に奮闘する。ところで本ブログで、オカブの行く教会が、乗っ取りカルトに侵入されて、その対応に四苦八苦している様を以前、何度も本ブログで紹介した。その経緯の詳細はここでは書けないが、そのカルトの問題は思わぬ結末を迎えて終息した。それを当事者として見ていたオカブは、万万が一こうした事態に直面したクリスチャンのために若干の経験談を語りたい。教会の [続きを読む]
  • 還暦の祝いをシェ松尾青山サロンで
  • 今日で60になった。誕生日である。還暦である。なにか、キツネにつままれたような感じだ。まだ、おつむの中は、小学生くらいにつもりでいる。精神が発達しないまま、肉体だけが老いて、馬齢を重ねたというところか?まあ、そうは言っても、世間的にはめでたいのだろう。かーたんと娘も祝いをしてくれるという。そこで、オカブの希望として、『シェ松尾青山サロン』にて、ということになった。よくも、飽きもせずだが、手近で手頃な [続きを読む]
  • 等々力渓谷にかーたんと行ってきた。
  • 連休も終盤だ。端午の節句、こどもの日に、かーたんと等々力渓谷に行ってきた。今日は暑そうであるが、冷房で冷えるといけないので、長袖のシャツを着る。三茶からバスで等々力へ。等々力のバス停から等々力渓谷は歩いてすぐである。ゴルフ橋のたもとから、渓谷に降りる。なぜ「ゴルフ橋」なる名前がついたかは分からない。渓谷は凄い人賑わいである。5月の連休、新緑の季節に、都会の人にとって、等々力渓谷は絶好の行楽地なのだ [続きを読む]
  • 鹿肉の赤ワイン煮込みを作って食べました。
  • 今晩の夕食。なんと鹿肉の赤ワイン煮込み。この季節にジビエというなかれ。肉は但馬の山奥に棲む年来の友達「カワウソ少年」から2月に送ってもらったものを、今まで冷凍していたのだ。肉を、適当に切り、塩・胡椒をし前日から赤ワインに漬けておく。ワインから取り出し、水気を切って、圧力鍋で、玉ねぎ、ニンジン、ニンニクのみじん切り、ローリエその他香辛料と一緒に炒め、さらにセロリのみじん切りを加える。ワインを鍋に戻し [続きを読む]
  • フルートの練習
  • かーたん主宰の演奏会が6月にある。演奏会と言っても、「発表会」だが、オカブも出演し、オカブは発表者でなないので、力を入れて演奏の練習に取り組まなければならない。今年はデテュユーとサンカンにした。本当に疲れる曲である。この曲を演奏する練習のために、さらに、スケール、ソノリテ、タファネルを練習しなければならない。仕方がない。毎日、3時間ほどは練習したいのだが、とても、そんな時間は取れない。そこで、本番は [続きを読む]
  • 憲法記念日
  • 憲法記念日である。日本国憲法に関しては、毎年の憲法記念日のエントリーでさんざん持論を述べてきた。しかし、半島情勢の急変をきっかけに、ここへ来てにわかに改憲論議が現実味を帯びてきている。オカブは従来、改憲論者であったが、ここへ来て掌を返そうとしている。特に9条、安全保障に関する項目で、今までの通りでいいんではないかなあ?と思えるようになってきた。日本の繁栄の基をなしてきたのは、経済高度成長政策ととも [続きを読む]
  • 日曜日の午後『ムッティスクーヘン』でJause(ヤウゼ)
  • 日曜日。教会に行った。礼拝を済ませ、会計作業を済ませ、かーたんと三茶で晩御飯のおかずを買い出しに行って、ホコ天の茶沢通りを辿ってきた。すると、どうしても素通りができないのが、代沢十字路のドイツお菓子屋さん『ムッティスクーヘン』。一休みして、ケーキにお茶をしていこうということになった。店に入り、フラウと挨拶を交わすと、今日はかーたんが大好きなフランクフルター・クランツがあるという。このバタークリーム [続きを読む]
  • ロシア人って変ですね?
  • いま、北朝鮮が注目!アメリカとのチキンゲームで、どちらが先制攻撃をするか目が離せない。老い先短い身にとっては、東京に核ミサイルが降ってこようが、さして身の危機とは感じないが、まあ、世間一般の人々にとっては大事だろう?ここで、朝鮮半島を巡って、アメリカ・日本、そして緩衝役の中国、さらに第三者的な立場のロシアがあるわけだが、ロシアって日清戦争の時もこんな役回りを演じていなかったっけ?日本と清による朝鮮 [続きを読む]
  • やっと礼拝を休めた!
  • 今日は、日曜日。本来なら教会の礼拝なのだが、やっとサボれた。この一年というものカルト対策やら、期末の教会会計の決算の数字合わせに追われ、絶対休めなかったのだ。先週の金曜から土曜にかけては、夜中の3時まで、教会で教会会計の数字合わせをやっていた。今日くらいサボっちゃえと、礼拝に行かなかった。キリスト教会、特にプロテスタントは日曜日の礼拝出席にうるさい。近年になって、教会離れのトレンドが顕著になって [続きを読む]
  • 久しぶりに『フォルツァ・ドンナ Forza Donna』ご無沙汰!
  • 今日は、午後にリタの山野でのコンサートを聴きに行って、バタバタしていたので、晩御飯は外食にすることにした。若林の名イタリアン『フォルツァ・ドンナ Forza Donna』である。8時過ぎという、いつもに比べると遅いご入店。マスターのHIROさんの元気の良い声に迎えられる。いつもの奥の定席に着くなり、まずはキンキンに冷えたビール。実に美味い。寒がりのかーたんはホットウーロン茶。おつまみにトントロのサラダと鯖のスモー [続きを読む]
  • フルーティスト・・・リタ・ダルカンジェロ女史と新横浜で会う
  • 一昨年、フェイスブックで知り合い、コンサートを聴きに行ったのがご縁で知り合った、イタリア出身でベルリンを拠点に活躍しているリタ・ダルカンジェロ女史が再来日した。彼女は、かつて兵庫のオケで主席を務めていた日本通で「再」来日はちょっとおかしい。関西での公演活動を終え、東京に移動した彼女は新横浜のプリンス・ホテルを宿舎にするようだ。今日、正午にホテルで待ち合わせる。三茶から田園都市線で新横浜に向かう。今 [続きを読む]
  • 行者葫
  • 太子堂のO青果店で、行者葫が2月頃から店先に並んでいる。気にはなっていた。こんな時期に行者葫もないものだろうと思った。深田久弥の『瀟洒なる自然』によると、日高の山の尾根で昼飯に行者葫を摘んで食ったと出ている。こんな老登山家が日高の山に登れるのは、雪の消えた夏に決まっている。いくら寒冷地の北海道とはいえ、行者葫の旬はだいたいそんな時期である。だから2月に行者葫は奇異である。でも、これが無性に好きなオカ [続きを読む]
  • イースターおめでとう!Happy Easter!
  • 今日はイースター(復活祭)である。では、毎年、4月16日がイースターかというとそうではない。面倒くさいことだが、イースターとは春分の日から最初の満月の直後の日曜日がその日に当たる。だから、イースターは毎年日曜日である。キリストが金曜日に十字架にかかり、3日目の日曜日に甦ったことを記念する祭りである。しかし、春にこの祭りをやることに、なんらキリスト教側の歴史的根拠はない。クリスマスがそうであるように [続きを読む]
  • 『いきなりステーキ』でランチ
  • ちょっと今日、かーたんが落ち込んだことがあった。教会に関わることである。少し、キリスト教、教会とご縁のない方に、ご説明しておくと、キリスト教の「教会」へ行けば、心の平安が得られるだろうというのは甚だしい誤解である。教会へ行けば、そこは当然人の集団なので、様々な軋轢や憎悪や対立が渦巻いている。大半の教会はドロドロした人間環境の中にある。このことに関しては、カルトがオカブたちの教会を乗っ取りに来た時の [続きを読む]
  • 水曜日・三茶『きゃんどる』でランチをいただきました。
  • 一仕事終わって、もう一つの大仕事。なかなか楽にはなれない。眠る時間を削っての作業だ。そうした中にも忙中閑あり。昼にかーたんと三軒茶屋に行ってきた。日用品のお買物と、ランチをするためである。三茶のランチと言ったらここ!すずらん通りの『きゃんどる』である。メインに魚と肉のついた盛合わせのAランチが900円。これにサワーキャベツの前菜と珈琲をつけて1,000円。これは、お値打ちである。それが証拠に、この店のラン [続きを読む]
  • 日曜日ですよ〜。サイゼリヤで豪華ランチ。
  • 日曜日である。教会である。今日は早く終わった。そこで、また、かーたんと下北沢に出た。なにか、ランチを食おうということになった。今は、お金が唸る程、財布に、金庫に詰まっているので豪華なものを食おうということになった。そこで『サイゼリヤ』に行こうということになった。お金が有り余っているので、ビールはやめてハウスワインをカラフェで取った。しかも大きいサイズである。なぜかビールよりも安い。お金持ちとしては [続きを読む]
  • 土曜日の昼下がり・・・いつものカフェで・またビール。
  • 大仕事が終わって迎えた週末。ちょっとリラックスがしたくて、かーたんと下北沢に出てきた。高曇りの少し冷え冷えとした一日。いつもの『セガ・フレード・カフェ』で寛いで、かーたんとおしゃべりする。もちろんドリンクはビール。カフェで飲むものは洋の東西を問わず、どこにいてもビールだ。話題は決まってエルさんのこと。今年度、新たに一年生の担任になって、帰りは毎日午前様、土日も仕事漬けだが、前向きに頑張っている姿に [続きを読む]
  • 週末の午後エールを飲む。
  • 一仕事が一段落した。やはり、ほっとする。ほっとしたついでに昼酒。エールを飲むことにする。このビールに似たエールという酒は、いろいろブランドがあれど、サントリーで出している『香るプレミアム・エール』は、本場物の『バス・ペール・エール』などよりも淡色で、コクも癖味も少ないようだ。ちなみに『バス・ペール・エール』はアサヒが販売している。冷えたのをプシュッと開ける。多分、エールは上面発酵だから、そんなに冷 [続きを読む]
  • サイタサイタ サクラガサイタ
  • 今年も花の季節がやってきた。去年の今頃は、かーたんの大腸癌のケアで花見も有らばこそ、気もそぞろだった。今年は、やや落ち着いて花見ができる。そういうわけで、昼頃、かーたんと北澤川緑道に花見に出かけた。家でお握りとサンドイッチとサラダのご馳走を作って、サミットで更に、唐揚げとビールを仕入れた。代沢小学校からせせらぎ公園まで歩く。花見客がちらほら、というか思ったより大勢、繰り出している。せせらぎ公園は子 [続きを読む]