遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜 さん プロフィール

  •  
遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜さん: 遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜
ハンドル名遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜 さん
ブログタイトル遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/lovepengel
サイト紹介文遊月のスピ的しあわせになるメッセージ♪(VOICE出版社のパワースポットニッポンにて北海道記事担当)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/10/15 09:24

遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜 さんのブログ記事

  • 平和への祈り
  • 昨日は終戦記念日でしたね。わたしは祖父がそれぞれ戦争経験者で、両親は小学生のころに終戦を迎えました。戦争中のお話は、当時小学生だった母の思い出を繰り返し聞かされて育ちました。ただ、戦争当事者の祖父と、小学生だった父は、思い出したくないという理由で、その話を聞くこともはばかれるような気がしていました。ご飯がおいしくて平和で今はほんとうにしあわせだ。これが祖父と父が共通して語っていたことです。ずっと平 [続きを読む]
  • 変化についての講義
  • 朝方不思議な夢を見た。朝方なのは確定している。なぜなら555に目が覚め、起きようと思って目を閉じて、627に目覚めるまでの30分で見たから。潜在意識と顕在意識が混ざった状態で見る夢はメッセージ性が強くなる。簡単にいうと、変化に対応する講義だった。目覚めて詳細は忘れてしまったけど、概要は、思っても見ない形で変化がもうすぐ起きる。迷わず乗れ。だった^_^実はその前に見ていた夢もメッセージは同じだった。なぜか狩野 [続きを読む]
  • スピリチュアルジャーニーがはじまった
  • ここ数ヶ月で、突然興味の持ったある街と時代。ことしのはじめくらいに、魂のくせの元凶をさぐっだ時に出てきた。前世のわたしは幼かったので、周りの様子がわからないまま元凶を見つけただけで終わった。それは前世と気づかず、イメージ的なものだと思っていたのだけれど、その翌日成長した自分が見た景色が唐突に浮かんだ。京都だった。いや、絶対前世あるって思っていたけど。ああ、その時代のそんな感じなんだぁ。てっきり別の [続きを読む]
  • 潜在意識の本質をつかんだ
  • 潜在意識の100日修行の間は心の整理をしていた気がする。最近はすごく新しい情報が入ってくる。当然と言えば当然。何かを整理してきれいに片付けるとそのスペースに新しいものが入ってくる。これはスピリチュアルの世界では常識だ。だが知ってることとできてることが違う。そんな中私は、実際に潜在意識の中を掃除させられ続けていた。そしてここにきて潜在意識を使うことの本質がやっとかかった。これからそれを実践していく。今 [続きを読む]
  • カモワンはすごい
  • 久しぶりにカモワンタロットを引きました。わたしのベースはメディスンカードなのですが、人生の大きな転換期とおもう時だけカモワンを引きます。カモワンを引いて外れたことがありません。ただ、かなり強めのメッセージなので、大きな決断をする時の確認として引く感じです。カモワンで引いたところ、メディスンと全く同じ結果になりました。面白いのはふわっとではなく、全く同じメッセージがでることです。だったらメディスンで [続きを読む]
  • 新月に伏見稲荷神社に行きました(^-^)
  • 今日の18時46分に新月になります。たまたまなのですが、近くに行ったので伏見稲荷神社に行きました。京都から分祀していただいた由緒ある神社です。かなり前に行った時は少し荒れていてちょっとだけダークな気があったのですが、あれから10年以上たち、パワースポットブーム以降は気が上がったみたいであちこちが明るかったです。お願いごとを聞いてくださる神様ですが、これはどこでも同じですけどお願いごとをしたら何度も通い、 [続きを読む]
  • パラレルワールド
  • この世界はひとつじゃない。無数に存在する。これは感覚的に感じることで、最近は物理学の世界でも実証されつつある。すくなくとも物理学的な理論ではそうじゃなきゃ説明できないらしい。先日、子どもが見ていた映画を一緒に見た。少女まんがでパラレルワールドを扱っていた。パラレルワールドについては、鶴見辰吾さん演じる物理の教師が説明していたけど、そうなのよ!と思った。わたしが潜在意識のセミナーなどで説明するのもこ [続きを読む]
  • 小さい引き寄せ(^-^)
  • 最近、小さい引き寄せがよくあります。そのひとつ。会社で眠気覚ましにフリスク的なものを口にするのですが、それがなくなりかけていて、買って帰ろうと思ったのが2日前。すっかり忘れて翌朝会社に向かっていると、いつもの交差点で、毎朝何か配っているのですが、ふと見るとフリスク(笑)あまりもらわないのですが、フリスク買うの忘れてた、と思い出したので、もらって行きました。てっきりパンフレットと、ちょっとだけ試供品と [続きを読む]
  • 巨人族の女の子が世界を救う夢
  • 不思議な夢を見ました。いきなり私は東京にいました。思いもかけずに東京にいたため、ホテルの予約をするのを忘れていたと思っていると、知り合いが3人近くにいることがわかりました。それぞれにどこに泊まるのか聞いたところ、1人は青森に行くと言って1人はなんとか温泉に行く、もう1人は新大久保に行くと言いました。その街は東京の地名だったので、その人のホテルのそばに泊まろうとその街が何区なのかを探そうと地図を見たら、 [続きを読む]
  • 猛暑と変化の夏
  • 北海道は記録的な猛暑です。私が子供の頃は夏でも25度を過ぎると暑くて、30度を超えた記憶はほとんどありませんでした。23年ぶりの猛暑とあるのを見て、次男を妊娠していた夏がひどく暑くて、つわりと猛暑でぐったりしていたのを思い出しました。次男が生まれた年は神の戸が開かれたあの大震災があった年。色々なことをたくさん考えた年でした。震災は辛くて起きてほしいものではありません。ですが自然は私たちの力ではどうするこ [続きを読む]
  • 龍エネルギーの神事〜豊平公園
  • 土曜日に豊平公園に行きました。札幌にはドニチカ切符があり、土日祝日は、540円で地下鉄乗り放題になります(*´?`*)なので用事がある日はこれを書い、地下鉄でいける神社を探してフラフラするのですが、今回その流れでたまたま豊平公園に行ったのです。真夏日なのに森の中は涼しくて別世界でした。公園をくまなく探索していると、ある場所で不意に神事をするよう指示がありました。ここで?不思議に思いながらやってみると、なる [続きを読む]
  • 争いのない世界
  • 今日は毎年恒例の縄文夏まつりに行ってきました。私が一番大好きなパワースポット、小樽のストーンサークルも、縄文時代の遺跡です。北海道は弥生時代が存在せず、ずっと縄文時代が続きました。アイヌの方たちは縄文人の子孫という説もあります。これは北海道唯一の国宝カックウくんです。レプリカですが。今の技術では作れないような特殊な製法で出来ているそうです。縄文時代のことを学ぶと、とにかくその長さに驚きます。一万年 [続きを読む]
  • 100日の修行
  • 今日は一般的な七夕ですね。北海道は1カ月遅いので来月ですが。そんなお願い事をする日、潜在意識100日の修行の結果をお伝えします(*´?`*)100日は6月24日でした。どんな感じなのだろう?と思っていたのですが、毎日一個課題が来るのではなく、課題が出来たら次というスタンスでした。課題も、食生活や生活習慣、考え方の癖に関して。ほぼ日常。だけどたとえばテレビは見ないゲームはしない朝ごはんはフルーツと飲み物毎朝散歩と [続きを読む]
  • 龍を巡る旅〜夏至の神事その9
  • 龍宮神社をあとにして、向かったのは小樽のストーンサークル。結構久しぶりです。雨が降り出したので、じっくり見る時間はなく、西崎山へ。そこでシリパ岬を見ることが目的でしたが、龍のエネルギーの最終仕上げがありました。そのことは不特定多数には伝えてはいけないようなので割愛。このストーンサークルは小さな左官屋の事業所を経営していた、職人気質だった父が実際に工事に関わっていた場所。父が作った階段を上るといつも [続きを読む]
  • エネルギークリーニング★ドラゴンパワー
  • エネルギークリーニング★ドラゴンパワー、略してドラエネ(そうなんだ笑)昨日久しぶりにセッションさせていただきました。光のメッセージの方が問い合わせが多くて、ドラエネはあまり問い合わせがないため、こんなに簡単で誰でもできるのに、強力な浄化とパワーチャージできるすごいセッションで、それが説明下手だから伝わってないのかなと思ってたんです。ところが、受けてくださった方は、これはすごく簡単なのにとても強いエネ [続きを読む]
  • 茅の輪くぐり
  • 昨日は夏の大祓でした。いわゆる晦日。半年の穢れを祓い、後半の繁栄を願う日。私は月末が締め切りの仕事に追われ、夜の1時までお仕事しておりました(笑)でも朝は7時に家出ました(・∀・)今日時間があったら大祓をまだやっている神社にお参りに行きたいな^_^いよいよ2017年も後半です。12年に一度の幸運期の天秤座さんはこれからめちゃめちゃ良くなるみたいです。毎年メディスンカードで一年を占うのですが、それもやはり9月から信 [続きを読む]
  • 龍を巡る旅〜夏至の神事その8
  • もともとは冬至の小樽から始まったこの旅。小樽へと向かいます。冬至の小樽を巡る旅ここに載せている写真の一部は、パワースポットニッポンにも掲載されています(*^^*)写真が掲載されています(*^^*)手稲神社奥宮に龍神様が祀られていましたが、この日は小樽の龍宮神社のお祭りでした。なので指令の場所ではないのですが、ご挨拶に寄らせていただきました。面白いことに、冬至に巡ったときもちゃんと龍宮神社に行ってるんです。冬至 [続きを読む]
  • 小休止〜根本と向き合うについて
  • 登山のお話は一旦休憩。今回の夏至のテーマは根本と向き合うと決めた。それから1週間経っていたので、当日は忘れていました(笑)だけど夏至は登山することにしていたので、登ることで自分と向き合う、とあらかじめ設定して起きました。今回の登山で、二つの花の名前を知りました。どちらもよく見ていましたが、特に名前を知らなかった花。左がミヤマオダマキ、右がハクサンチドリ名前の由来は、オダマキという絹や麻糸などを紡ぐ道 [続きを読む]
  • 龍を巡る旅〜夏至の神事その7
  • 山頂に咲いていた浜茄子(ハマナス)深山苧環(ミヤマオダマキ)儀式も終え、写真も撮り終えてほっと一息ついた頃、見知らぬおじさまに連れられて姉と姪が到着。登山の間、面白いくらい人に助けられました。①登り口がわからず探そうとしていると、登山の格好をして車から下りて来たおじさんがいたので登山口を教わる②登山口から数メートル、早速分かれ道があり迷うと上からおじさん登場。まっすぐだから迷わないの名言いただく。③急 [続きを読む]
  • 龍を巡る旅〜夏至の神事その6
  • せっかくなので頂上から見た景色を(*^^*)羊蹄山が見えます。まだ雪が残っている。緑の山々がだんだん薄くなって行きます。リアル遠近法(*^^*)定山渓天狗岳烏帽子岳小樽の海が見えます。龍の伝説が残る赤岩山も。かなり遠い世界まで見渡せました。手稲山は金山でもあったし、パワーストーンがたくさん取れた山。世界はなるように形作られる。もともとそこに『そういうエネルギー』があったから山は山としてそびえる。手稲山の後ろに [続きを読む]
  • 龍を巡る旅〜夏至の神事その5
  • いよいよ山頂。ここが来たかった手稲神社奥宮。10年前に手稲山に登ったときは、ここには来ませんでした。あの頃、マイナスパワーを出している場所を仲間と浄化してあるいていて、ちょっと酷かった平和の滝を浄化しに来て元凶を探してとうとう手稲山の山頂に登ってしまったのです。あの時の話はまた別の機会で(*^^*)そのときは、浄化してすぐに降りたのでここには来なかったため、2度目の登山で初めての参拝。祀っているのはこの神 [続きを読む]
  • 龍を巡る旅〜夏至の神事その4
  • 山頂には夢で見た風景がありました。中腹から鉄塔のある頂上がやっと見えました(*^^*)てっぺんが見えると急いで行きたくなるのが人情。急ぎ足で登るけど、散々急斜面を登って来た疲労が蓄積していて、すぐに息が切れてしまう。メディスンカードのエルクを思い出す。『本人のペースを守るのがスタミナの源』どんな長距離でもスタミナとペースを考えて行動せよ。私っていつもゴール直前で力尽きて、最後は気力でなんとかしてゴールし [続きを読む]
  • 龍を巡る旅〜夏至の神事その3
  • あと1時間ほどで正午を迎える夏至の太陽なんとなく太陽が衣を後輪のように纏う菊理姫のように見えた気がして、群生しているのは白山千鳥である不思議。急勾配が一時終わり、ちょっとだけなだらかな場所に出る。振り返ると連れの二人が懸命に登って来ていて、その後ろに広がる札幌の街と小樽に続く石狩の海。ちなみに有名な石狩鍋の石狩です(*^^*)ちょっとだけなだらかになったその場所には、まるで女神たちの宴のように、おばさま [続きを読む]
  • 龍を巡る旅〜夏至の神事その2
  • 時々道が交差して、ゆるやかなほうに行けば楽なのかもしれないとつい思ってしまう。その度にさっき聞いたまっすぐだから迷わないという言葉が蘇る。振り返るとこんなにも登ってきたけど、まだ半分も来ていない。迷っても頂上は見えているんだからいつかはたどり着けるのはわかっていいる。でもきっと、『一番きついけど』という言葉が、修行大好きゴコロをくすぐっちゃうのだ。きつい、辛い、ここにとどまっていたい。だけど先に進 [続きを読む]
  • 龍を巡る旅〜夏至の神事その1
  • 夏至なので龍がお住まいになると感じる手稲山に登りました。パワースポットニッポンにも写真を載せたのですが、数年前に冬至に小樽の縄文時代の聖地に行ったら、正午の太陽が、この手稲山の真上にありました。冬至の正午の太陽の写真はこの本に掲載されています(*^^*)それ以来いつか夏至の正午に手稲山に登りたいと願いそれが叶いました(*^^*)朝一で、手稲神社に行ってご挨拶。ここで売っている叶い石を、手稲山山頂の手稲神社奥宮 [続きを読む]