ジョー さん プロフィール

  •  
ジョーさん: 不思議なジョーの独り言
ハンドル名ジョー さん
ブログタイトル不思議なジョーの独り言
ブログURLhttp://ameblo.jp/cap1fuji/
サイト紹介文練馬で整体院をしています。日頃、経験した事、不思議な事、スピリチュアルな事などを気ままに書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/10/15 17:23

ジョー さんのブログ記事

  • オルゴン療法に魅せられた家族
  • 私のサロンは東京の西東京市にある。 池袋から西武池袋線で「保谷」という駅を出て徒歩3分である。 ここに移って、まだ5カ月経っていない。 しかし、お陰様で都内や首都圏から、いろいろな方が来られる。 先日も埼玉県から、立派な会社の社長さんが腰痛で苦しいので相談に来られた。  病院や整形外科に行くも、一向にはかばかしくないと言われて、人の紹介で来院された。 私よりいくつか年長の方である。 1回の施療で著効が [続きを読む]
  • オルゴン療法とセッション
  • かねて体調が悪く、通ってこられているOさん 50代の女性  先日もオルゴンによる施術が終わり、ふっと、そうだセッションしてみようと思いOさんの手を握り、瞑目をしてもらった。 私も呼吸を整えて瞑目。 創造主に「Oさんの病気の原因」を聞いたのである。 すると私の目の前に真っ赤な炎が燃え上っている映像が見えた。 ははあ、これは怒りが原因であることを表しているなと感じた。 今度は、「どうやったらよくなるか?」を聞 [続きを読む]
  • オルゴン療法の謎
  • 越野 稔先生が開発されたオルゴン療法は確かに凄い! 私のような未熟者でも一たびリングを持って、クライアントに施術すると必ず結果が出る。 人によっては1回で腰痛が改善したり、肩こりもとれる。これは一体どういうことか? いつも考えるのである。 リングが持つエネルギーとしか言いようがない。その証拠に初めて研修会に参加して手の末梢、足の末梢を初日に教わった方が、家に帰って早速試したら、それなりに効果が出るこ [続きを読む]
  • オルゴン療法師の灯台元暗し!
  • 私はクライアントの施術に入る前には必ず、エネルギーチェックをする。 身体から15〜20cmくらい離して手を探知機のようにして頭から足先までをサーチする。 大体、1回くらいでどこがエネルギーが落ちているか?わかる。 そしてその原因がどこにあるか?見当をつける。 それをクライアントに告げるのである。 いわば、手を触れないうちに予告するのである。 クライアントは不思議そうにしている。 あとで実際に体に触れて、 [続きを読む]
  • 微妙な変化
  • 昨日は以前から見えているクライアントさんのSさんが来られた。 乳がんを患っておられる。 仕事が深夜に及ぶことがあるということで、かねて過労を避けるように アドバイスをしていた。 やはり、全体にあまり思わしくない。 ようやく8月末で今の仕事と縁を切ることができたと言われる。 身体は正直である。 免疫力が下がりきったところで、何とかオルゴンリングでセルフケアすることで最低ラインをキープしていたのに、徹夜に近 [続きを読む]
  • 有難いクライアントさん
  • 先日、私より年配の男性Kさんがホームページを見られて来院された。 電話で初めて挨拶された時から、ずいぶん折り目正しい方だなと好印象を持っていた。 案の定、来られてもきちんとした方である。 こういう方には、こちらもすがすがしい気持ちで対応させていただくことができる。 主訴は腰痛とのこと。 何でも若い頃からゴルフを盛んにされていたが、30年くらい前から腰が痛く辛いと言われた。 あちこち整体を受けたがはかばか [続きを読む]
  • 船瀬 俊介氏のセミナー
  • かつて建築や医療、環境問題などに多くの著作を出し、世間に警鐘を鳴らしている船瀬 俊介氏の講演に昨日行ってきた。 板橋の愛工房であった。 何と、木造在来工法による4階建のビルである。低温乾燥(45度C)させた窯の中で杉材は約2日間で水分が抜ける。 今までの乾燥の常識を覆した世界初の発明である。これによって、樹が持つエネルギー、パワー、色、栄養分等をしっかり残したまま建築材料として使用されるのである。 従 [続きを読む]
  • 病気の原因
  • 人は生まれてから成人になるまでは免疫力が強い。 大体、20歳くらいまでがピークで中高年になると、ピークの1/3から1/4にまで落ちる。 そこに更に追い打ちをかえるようにストレスが加わる。 例えば家庭内問題、金銭問題、近しい人の死、あるいは過度の疲労などなど。 すると免疫力はカラカラになる。 そこで病原体が活躍を始めるのである。 そもそも病原体はどこから来るのか? 母親から感染するケースが圧倒的に多い。たまに [続きを読む]
  • 久しぶりのショールーム
  • 今、関わっている新築住宅のキッチンを選びに施工主さんと工務店の監督さんと皆で、埼玉県川越市の某システムキッチンメーカーさんのショールームに行ってきた。 懐かしい。 現役の頃はここのキッチンを随分採用した。 概ね変わらないが、細かいところで大変使いよくなっている。 最近の乗用車はAIを搭載して驚くほど便利になっているが、キッチンもユニットバスも「へー?へー!」と驚くばかりである。 21帖の広いLDKの床に無 [続きを読む]
  • 住宅アドバイザー!
  • 私は今は整体師で人様の健康に関わって生きている。 しかし、現役の頃は注文建築の営業で生計を立てていた。 住宅は主として在来工法を採用した。 なぜか? アメリカやカナダで使われているツーバイフォー建築は大工さんの技量、技術はあまり必要ではない。 その証拠にツーバイフォーは1年も修行すれば1人前になる。 しかし、在来工法は最低でも3〜5年、そして10年で1人前なのである。 それくらい技術に差がある。 私は伝 [続きを読む]
  • 不思議な杉!
  • 私は元々、建築屋である。 今も整体の仕事をしながら練馬区内で注文建築の総合アドバイザーとして関わっている。 明日はFさん邸のプラン打ち合わせの日である。 たまたま面白い本に出合った。 「奇跡の杉」という本でジャーナリストの船瀬俊介氏が紹介している。 読んでみて驚いた。 国産材の杉を完全にほどよく乾燥させて杉の良さを100パーセント発揮している。 通常は機械で板を乾燥させるのは100度の高温で約1週間かけ [続きを読む]
  • 不思議なソマチッド
  • 今の医学界では血液の中のソマチッドという存在は認知されていない。 カナダのガストン・ネサンという科学者がその存在を発見し、手作りの光学顕微鏡で3万倍にして初めて突き止めた。 彼はそれを使って難病の方を次々に治した結果、医学界から迫害を受けて、カナダに移住した。 そこでも何かといやがらせを受けたが、彼に命を助けてもらった方たちの支援で裁判に勝ち、無罪を勝ち取った。 今でも健在でソマチッドの研究をされて [続きを読む]
  • 血液の神秘
  • 先日、両国の友人のクリニックに行って意見交換をしてきました。 例によって私の血液を最高の性能の暗視野顕微鏡で見せてくれました。 きれいな赤血球は丸い形をしてばらばらに流れています。それが調子が悪いとやたらくっついて棒のように長くなって全く元の形と違っています。 末梢の毛細血管は約5/1000ミリ、5ミクロンで、赤血球の大きさは8/1000ミリ、8ミクロンです。 狭い血管を大きな赤血球がギューンとつぶれるように高速 [続きを読む]
  • 免許皆伝
  • 私たちはオルゴン療法の実習者である。もはや、本部研修が関東で始まって2年半になる。 オルゴン療法の本部研修会を終えた時に「これでスタートを切ったんです。これからが本番なんです」みたいな話を私たちはしてきました。 あれから、「では、どのタイミングが免許皆伝なんだろう?」とずっと考えてきました。 最近の出来事で、歌舞伎俳優の夫人が幼い子供さんを残したまま亡くなりました。 大きな反響を呼びました。 現代医 [続きを読む]
  • 楽しかった!
  • 先週の日曜日、板橋で勉強会があった。 総勢約30名 新人から卒業生まで多士済々である。 10時から夕方4時までびっしりと実践練習が続く。 私は主に卒業生をみた。 皆、もちろん顔見知りでよく知っている。 冗談をいいながら、細かな部分を指摘して練習してもらう。 そして勉強会の最後に1期生のYさんに当時の思い出を2分ばかり話してもらって最後にした。 Yさんは何も知らずに本部の初めての研修会に人に誘われて参加した [続きを読む]
  • 熱中!!
  • 知人のFさん宅の新築工事のアドバイザーとして第2回目のプランの打ち合わせが始まった。 今回は施工主に最初のプラン提示である。 果たして僚友のA氏はどんなプランを用意したのか? 施工主の両親、本人夫妻が見守る中、A氏はおもむろに図面を広げた。 1/100の平面図、立面図、パースが用意されていた。 なるほど、前回聞き取りしていた条件は見事にクリアされている。 そして無駄のない動線、さすがである。 また法規もぎりぎり [続きを読む]
  • お稲荷さん
  • 先日、両国あたりを用事で歩いていたら、最近安置したらしいお稲荷さんを見つけた。 小さいけど、周囲の護りについているに違いない。ご挨拶した。 ところで、私が住んでいる西東京市にも大きな稲荷神社がある。 今まで知ってはいたが、お詣りしたことがなかった。 これを機に行ってみよう!と思ったのである。 東伏見稲荷神社である。 茅の輪くぐりがあったので、作法通りにくぐって参拝した。&nb [続きを読む]
  • 愛車よ、こんにちは!
  • 西東京市に移転して、ほとんど車を乗る機会がなくなった。 そこで、リース契約で借りていた車を返して、少しスポーツタイプの 自転車を購入したのである。 3段階のギアチェンジができる。 電動自転車も考えたが、あまり楽をすると足が鍛えられない。 車で左右やルームミラーを見る癖がついていたので、右側だけに ミラーをとりつけてもらった。 近い場所ならこれで十分である。 3回く [続きを読む]
  • 大国魂神社
  • 先日、東京の府中市にある大国魂神社にお詣りしてきた。以前から気になっていた神社である。 大国主の命を祭ってあるようである。私の指導神の少名彦の命と一緒に全国を回って国造りをされた神様である。 境内は結構広く、結婚式も丁度行われていた。 久しぶりにゆったりと歩き、郊外の空気を吸った。 西門の近くに小じゃれたカフェに寄って帰った。 [続きを読む]
  • 即効オルゴン療法!
  • 今日は知人の家で住宅の打ち合わせをしていた。 知人の息子さんが、私が住んでいた練馬の家に建て替えて住むという事で私が新築工事のアドバイザー兼、監理をすることになったからである。 息子さんのJ君は30代半ば。 来るなり、頭が偏頭痛でという。 そこでリングを取り出して、手足の末梢をして、肘のポイントなど 効果の出る場所をささっと、やったのである。 どう?と聞くと、 「あれ?頭痛 [続きを読む]
  • 車を手放す
  • 私は結構、車が好きで近くのコンビニに行くのも車でスーパーにも郵便局もすべて車で行っていた。 それが3月に練馬から西東京市にサロンが移ってから、がらりと生活パターンが変わった。 近くの保谷駅から徒歩3分の場所に住むようになった。 お陰で駐車場までが徒歩5分かかる。 ほとんど車に乗らなくなった。お客様の送迎もなくなった。 思い切って車を手放した。 代わりに自転車を購入した。&nb [続きを読む]
  • オルゴン療法ーーー研修会の司会
  • 3カ月に1回、研修会がある。 その間の2カ月も勉強会が1回づつある。 以前は勉強会も研修会も私が司会の担当だった。 その日のスタートの口火を切るのが司会の仕事である。 参加者は初めての方は特に緊張されている。 その緊張をほぐしながら、やわらげながら、全体の説明や人の紹介などをしていく。 普通にさらっとしたのでは、新鮮味もインパクトもない。 そこで、笑いを誘ったり、強烈 [続きを読む]
  • オルゴン療法 研修会
  • 先週の土曜日は本部主催の研修会が板橋区で開催された。 開催に先立ち、前日の午後から開催関係者が集まり、入念な打ち合わせやそれぞれの分担の部分の確認をする。 その上で本番に臨むのである。 司会は私。 いつもながら、最初の口火を切る役割なので大変緊張する。 もともとあがり症である。 何回やっても100点満点だったことはない。 しかし、毎回同じような挨拶をしても面白くないと [続きを読む]
  • オルゴン療法ーーー免疫力
  • 私のサロンではオルゴン療法を主としてやっている。 クライアントには様々な疾患、症状で苦しむ方が来られる。 それらの方に共通するのは、お腹が固い事である。 平素、社会で仕事をしたり、家庭内でもストレスを溜め込むと、自律神経を乱し、お腹を直撃するようだ。 本人は気がつかなくても、体は正直である。 初診で話を聞いているだけで予想がつく。 そして、「あなたのお腹は必ずどこか、固い [続きを読む]
  • オルゴン療法ーーリングの力ーー結果!!
  • 5月4日から市販の胃腸薬を使って、オルゴンリングの力を試してみた。 約10日が経って、結果が出た。リングの上に薬を2分間乗せて、副作用成分をとばした。 次の写真は左側がオルゴン水(水用リングでオルゴン水を作成)に入れた状態 中は胃腸薬を1包入れた状態右は上記の写真のようにリングの上に2分間薬を乗せたもの 10日経過後は つまり、オルゴン水だけの花は大した変化なし胃腸薬を入れた [続きを読む]