ESTATE BOOKS さん プロフィール

  •  
ESTATE BOOKSさん: 現役マネージャーが綴る不動産投資話 ESTATE BOOKS
ハンドル名ESTATE BOOKS さん
ブログタイトル現役マネージャーが綴る不動産投資話 ESTATE BOOKS
ブログURLhttp://estatebooks.jp
サイト紹介文現役の不動産投資コンサルティングマネージャーが現場の生の声をお届け。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/10/16 16:53

ESTATE BOOKS さんのブログ記事

  • 日本で働く外国人が初めて100万人超え 不動産投資家には追い風
  • 日本で働く外国人が、100万人を超えたということです。供給過多による空室拡大で悩んでいる賃貸住宅のオーナーさんにとっては、興味のある記事だと思います。賃貸住宅オーナーだけではなく、商業ビルのオーナーにとっても、海外企業の日本支社が増えていくことは追い風になるでしょう。 実習・バイトが主流?外国人材100万人の素顔日本で働く外国人が初めて100万人を超えた。この5年間で6割近く増え、工場で、オフィスで [続きを読む]
  • アパホテル社長「実は今が投資のチャンス」
  • アパホテルの社長さんの記事に、「実は今が投資のチャンス」であり、購入する不動産をどの景気で買うか、誰から買うかが大事ですと記載されています。 アパホテルの元谷芙美子社長「実は今が投資のチャンス」異常とも言える超低金利時代を迎えていますが、実は今が投資のチャンスです。大底は脱したものの、まさにこれから上がろうとしています。不動産はタイミング。素人の方は結婚や退職時など必要なときに買いますが、それ [続きを読む]
  • 民泊新法案。年間上限180泊。罰則規定の厳格化
  • 「住宅宿泊事業法案(民泊新法案)」が閣議決定されました。無許可営業が横行する民泊が全国で解禁されるという法案です。この法案により「民泊解禁」と歓迎するする一方、民泊ビジネスの終焉と述べる人もいます。 民泊、全国で解禁 新法案を閣議決定年間上限180泊政府は10日の閣議で、住宅の空き部屋に旅行者を有料で泊める民泊を全国で解禁する住宅宿泊事業法案(民泊新法案)を決定した。住宅所有者に都道府県への届け [続きを読む]
  • 海外投資家はJリート離れ 
  • マイナス金利導入直後と異なり、海外投資家によるJリートの売り姿勢が継続しているという記事が公開されています。米国の国債等、他の投資対象に投資マネーが流出しているのでしょう。資金調達をして投資用不動産を購入し続けないと成長すできないJリートにとってはピンチです。 JリートIPO公募割れ続出、「安易上場」にツケ安倍政権下の超金融緩和を背景に堅調が続いていたJリート相場もこのところ、伸び悩んでいる。ア [続きを読む]
  • 高級カプセルホテル続々開業
  • 観光客の増加により、ホテルが不足したり、宿泊費が高騰しています。京都では、内装や快適性にこだわることで、女性や外国人観光客に人気が出るような高級カプセルホテルが相次いで開業しているようです。一方、宿泊施設の建設が相次ぎお客の争奪戦が激化する中、経営に違いを出せない中小ホテルは経営面で厳しさが増す可能性があります。 高級カプセルホテル、京都に続々 寝具・内装こだわり商業ビルの最上階から4フロア分 [続きを読む]
  • 融資締め付けで資金ショートしたら出てくる投売り物件
  • 「働き方改革法案」の動向如何では副業推奨の社会になりつつあります。副業の代表的なものの一つは不動産投資。そして、そんなに簡単でないのも不動産投資。今回は金融機関による融資締め付け記事と、そういった時代背景における物件の購入方法について考えてみます。 「バブル崩壊」よぎる融資締め付け実際、1年前はユルユルだった融資審査がかなり厳しくなっている。銀行の姿勢の潮目が変わっているのだ。その昔、あの平成 [続きを読む]
  • 訪日客22%増、宿泊客9%増 この差は? 
  • 増加する訪日客を目当てに、ホテルの新築や、ビルのホテルへのコンバージョンを新規に行った企業は多いです。ところが、訪日客の増加率と宿泊客の増加率には結構な差があるようです。 統計で「消えた」外国人宿泊客 ここにいた!統計と実体経済に乖離(かいり)がある――。日銀と内閣府で国内総生産(GDP)統計を巡る論争が熱を帯びたのは昨年のこと。それと同じことが、観光でも起きている。国の訪日外国人数と宿泊の統 [続きを読む]
  • 2016年新規不動産融資 過去最高の14兆7千億円
  • 日本銀行は、全国の銀行による2016年の不動産業向け新規貸出額が前年比15.2%増の12兆2806億円になったと発表しました。信用金庫の融資額も合わせると14兆7千億円超えとなります。年間としては過去最高になりました。 不動産融資、3年連続最高=マイナス金利で14%増−16年日銀は9日、2016年の銀行や信用金庫の不動産業向け新規融資額が、前年比14.0%増の14兆7163億円に達したと発表した。バブル期の1 [続きを読む]
  • 持ち家は下流老人への近道?
  • 「家を持つことに明るい材料は何もない」「長年、日本人が常識だと思ってきた持ち家信仰は、今やまったく的外れな考え方」と指摘している記事が公開されています。一方では、「自宅購入は不動産投資より儲かる」という記事も公開されています。双方の記事を見てみることにしましょう。 持ち家は下流老人への近道!不動産=資産という幻想を手放せ日本人の約8割が欲しいと思っている持ち家。アベノミクスによる地価上昇や住宅 [続きを読む]
  • 売れない新築マンション
  • 新築マンションが売れずに在庫が積み上がっているという記事が公開されています。実態は、メディアを通じて公表されるマンションの販売状況よりも悪化している可能性があります。 積み上がる新築マンションの在庫に悲鳴 年度末に向けて値引きのチャンス (1/2ページ)実際の販売現場では、売り出し戸数の半分以上が初月に契約できないなんてことは日常茶飯事である。現在、新築マンションは首都圏、関西圏ともに販売不調で、在 [続きを読む]
  • 本当は怖い不動産投資
  • 学校の先生は「夢を追う」ことを推奨しても、具体的な手段やコスト等まで教えてくれません。不動産投資セミナーで一時の成功者から刺激を受けたポジティブ思考だけでは、かえって夢が遠のいてしまうばかりではなく、自己破壊的な投資の道を歩む場合も多いように思います。 本当は怖い!?不動産投資!手遅れにならないため不動産投資は、他の金融商品と比較して流動性・換金性が低い商品です。「失敗したかも」と思う前に、定 [続きを読む]
  • 投資用ビル・マンション一棟の価格がますます下落
  • 不動産投資が専門の私たちの情報によると、ビル・賃貸マンション一棟の価格下落が続いています。決して不動産投資を煽るわけではありませんが現実です。 昨今、瞬く間に千万単位で値下げされる物件を目にしています。「また値下げされたのですか・・・」という物件も存在しています。一般的に元々の値付けが高いですから、下落相場については想定はしていました。物件によってはかなりの急ピッチで価格が下落していますので、 [続きを読む]
  • 大幅ディスカウントで一棟物不動産投資
  • 既にビル・賃貸マンション一棟の価格は下落傾向です。「数千万円から数億円値下げのディスカウント価格でも良いので売却して欲しい」という声まで聞こえています。 不動産バブル崩壊か “の”描く価格上昇に逆回転のサイン 不動産バブル崩壊の足音が強まってきた。指標がみるみる悪化しているのだ。 不動産経済研究所が発表した11月の首都圏(1都3県)のマンション発売戸数は、前年同月比22.7%減の2701戸。4 [続きを読む]
  • セミナー行くのやめませんか? お金持ちが不動産投資で続々と破綻
  • 不動産投資で一度は成功した人がいつの間にか退場することはよくあります。ご聡明な医者や外資系企業勤務者などの高所得者の破綻が増加している記事も見てみましょう。 豪邸を購入したために大変なことになった事例についての記事です。豪邸のせいで家族崩壊私の失敗は、こんな大きな家に住ませ、家族に贅沢をさせてしまったことです。特に子供たちが、贅沢な生活に慣れすぎて感覚がおかしくなってしまった。実は最近、40代に [続きを読む]
  • 投資用不動産の価格は引き続き下落傾向に
  • 「楽待」を運営しているファーストロジックが12月5日付で発表した調査レポートによると、投資用不動産の全物件種別で価格が下落しました。前月公開のデータと合わせて上昇傾向のピークは過ぎ、投資用不動産価格は下落傾向に転じているとのことです。 投資用不動産の価格は引き続き下落トレンドに 全物件種別で価格が下落(PDF)投資用不動産の全物件種別で価格が下落しました。中でも一棟アパート、マンションの価格は前月と [続きを読む]
  • 不動産ファンド低迷の先に不動産価格の下落
  • J-REIT(日本版不動産投資信託)が「トランプ相場」の蚊帳の外に置かれていて、東証REIT指数の下落傾向が継続しているという記事が公開されています。 株が上がっても、不動産投信はダメな理由REITは基本的に、保有物件の賃料の上昇や、増資による調達資金を使った物件購入で保有資産を拡大していくことで成長を目指す。賃料上昇が見込めず、投資口価格の低迷で増資もできなければ、成長の道は閉ざされる。アイビー総研の関大 [続きを読む]
  • トランプ相場で日本の投資不動産価格が下落か!
  • 「トランプ相場」でアメリカの長期金利が上昇し、米国国債の利回りが米国REITと遜色がなくなり、投資マネーがREITから米国国債へ流出する可能性があります。世界最大級の投資マネーは、日本の不動産価格の下落を見越して利益確定売りに走っている模様です。 コラム:ドル円急騰の背景に「2つの損切り」の影=佐々木融氏このドル急上昇を支えているのは、米長期金利の上昇である。米10年国債金利とドル名目実効レートの相関 [続きを読む]
  • 出世を争うように不動産投資して失敗続出
  • 銀行や不動産屋の甘い言葉に乗せられ、不動産投資で多額の損失を被る方が続出しているという記事が公開されています。残念ですが、そういった方々が存在するのも事実です。 大損する人続出中!マンション投資と優雅な「大家ライフ」の落とし穴優雅な「大家ライフ」と真逆の、不動産投資の落とし穴について説明している銀行や不動産屋の甘い言葉に乗せられ、大きな損を出す人が続出地方の医者などで、首が回らなくなったという [続きを読む]
  • ルイヴィトンもアメリカ大統領も不動産屋さん
  • 大方の予想に反して「不動産王」と呼ばれるトランプ氏が米国大統領に選ばれました。ルイヴィトンなどブランド帝国と呼ばれるLVMHのオーナーに続き、米国大統領も不動産屋さんですね。 かつて、以下の記事を書きました。不動産で成功し、米大統領を目指す人、ブランド帝国を築いた人不動産投資家ドナルド・トランプ氏は、来年の大統領選の共和党指名候補争いへの出馬を表明したとのことです。トランプ氏の出馬表明は、ニューヨ [続きを読む]
  • 投資用不動産の価格が下落傾向か
  • 不動産投資サイト「楽待」を運営しているファーストロジックが11月7日付で発表した調査レポートによると、投資用不動産の全物件種別で表面利回りが上昇したとのことです。 投資用不動産の物件価格が下落トレンドに 全物件種別で利回りが上昇株式会社ファーストロジック(東京都千代田区、代表取締役:坂口 直大)は、不動産投資サイト『楽待』を運営しており、この度、同サイトの「投資用 市場動向データ 最新版2016年10月期 [続きを読む]
  • アパホテルも被害に、不動産詐欺
  • 不動産を購入するために大金を振り込んだものの、その大金が闇に消えてしまい所有権を得ることができなくなったという事件が頻繁に発生していて、有名なアパホテルも被害にあったという記事が公開されています。 ご用心! 不動産のプロまでダマされる「地面師」たちの手口土地を買うために大金を振り込んだら、売り主は真っ赤な偽者でカネは闇に消えた……。にわかには信じられないほど奇怪な事件が、現代の東京で頻発してい [続きを読む]