fu-taro さん プロフィール

  •  
fu-taroさん: yabanjin-soulのTシャツ魂
ハンドル名fu-taro さん
ブログタイトルyabanjin-soulのTシャツ魂
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yabanjin-soul
サイト紹介文ロック魂を手描きで表現するyabanjin-soulのたわごと・ひとりごと
自由文日々、思ったり感じたりしたことを特にテーマも決めずに書き込んでおります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2014/10/17 15:15

fu-taro さんのブログ記事

  • バラとクモ。
  • 鉢植えのバラに花がついてすぐに切って一輪挿しに差し込んでるんだけど一気に花がつくもんだからてんこ盛りになっちゃった。しかも花に集まる虫を目当てにクモちゃんも陰に隠れて見張ってた。部屋置きにしちゃったからあんまりエサが取れないかも〜。何か悪いことしちゃったかな〜。 [続きを読む]
  • ナメクジ
  • ゲゲゲッ!雨が降ったせいかナメクジがめしべをモグモグしていた。受粉した花粉を食べてたのかな?子どもの頃、気がつかずにこの生き物(体長10?程)を、ふとした拍子に握ってしまったことがあり、その感触の気持ち悪さから、以来ずっとトラウマになってナメクジを見るたびにギョッとして後ずさりしたものだったが最近、ようやく平気になってきた。「時間が心の傷を癒やす」というのは間違いないようだね〜。もちろん、傷の度合い [続きを読む]
  • エターナル・サンシャイン
  • エターナル・サンシャイン今週レンタルしたのは「エターナルサンシャイン」。あまり恋愛映画を観ないのだけれど、映画感想ブログをいろいろとサーフィンしてたら面白そうな感想があったので観てみることにした。実はジムキャリーという俳優さん、そんなに好きな俳優じゃないんだよね。なんか演技が鼻につくというか、わざとらしいというか、彼が良い人を演じていてもあまり良い人に感じれないんだよね〜、というか・・・。とにかく [続きを読む]
  • 希望
  • 雲の中からもう少しで太陽が現れそうなんだけどなんだかなかなか出てこない。でも、焦りは禁物。ゆったりとした心で必ず太陽が顔を出すんだと信じる気持ちが大切。それを人は「希望」と呼んでいる。「希望」さえあれば、人はどんな状況でも頑張れるもんなんだよね。 [続きを読む]
  • スーパー銭湯。
  • 昨日、今日と二日連続で近所のスーパー銭湯に出かけた。近所とはいっても、車で行かないといけない距離だからそうそう行けるわけじゃない。実際、今回行ったのは本当に久しぶりのことだった。昨日は3時間ほどずっといろんなお湯につかりっぱなし。ジャグジー、リラクゼーション風呂、天然温泉、絹風呂、窯風呂、寝ころび湯・・・。相当疲れが取れたような気がして、息子にお勧めすると、部活で体が相当へばっているせいか「行く! [続きを読む]
  • 映画『ヘイル、シーザー!』
  • 映画『ヘイル、シーザー!』予告編正直に言うと、コーエン兄弟監督作品の完成度の高さは認めるんだけど、どうしてなのか、いつもイマイチ感がぬぐえない。いつも見終わるたびに、「何でイマイチに感じてる自分がいるんだろう?」と思ってるもんだから、そこを知りたくてコーエン兄弟作品は期待はしてなくても手を伸ばすことになる。そして、いつもその肝心な理由にはたどり着けないでいるんだよね〜。んで、今回の「ヘイル、シーザ [続きを読む]
  • 壁面画「こいのぼり」
  • 今朝まで降り続いた雨のせいで午後の学習は運動することができなかった。と、いうわけで体を動かすことに飢えている子どもたちにはあまり喜ばれない壁面画を作成することにした。今回はこういう時期なので、「こいのぼり」をモチーフにした作品をやってみた。去年と同じように鱗は折り紙を切り貼りして、他はマッキーやポスカで色を塗るという作業で大体90分ほどの作業時間。大きさは横4m、縦1mほど。いつものように子どもたちか [続きを読む]
  • 映画『ホドロフスキーのDUNE』
  • 映画『ホドロフスキーのDUNE』予告編今週もドキュメンタリ―映画を。最近、ドキュメンタリー物がマイブームになってるんだよね〜。というわけでタイトルは「ホドロフスキーのDUNE」。同じ原作で結局ハリウッドはデヴィッドリンチ監督を選んだらしい。それがショックでそれ以降ホドロフスキーは映画を撮っていないとのこと。でもこの映画をきっかけに同じプロデューサーで新しく映画を撮ったらしいけどね。80歳代にもかかわらず若々 [続きを読む]
  • 映画『アンナプルナ南壁 7,400mの男たち』
  • 映画『アンナプルナ南壁 7,400mの男たち』予告編今週は登山家のドキュメンタリーをレンタルした。タイトルは「アンナプルナ南壁 7400mの男たち」あらすじはこんな感じ。↓「世界的にも登頂が困難を極めるとして有名なヒマラヤ山脈のアンナプルナ南壁における救出活動を描いた山岳ドキュメンタリー。2008年5月、尾根を横断中に高山病に倒れたスペイン人登山家を救うため同地へ向かった12人の登山家を訪ね、当時の貴重な映像を交え [続きを読む]
  • 最近また寝不足に・・・。
  • 最近、また慢性的な寝不足が続いてる。おかげで昼過ぎの時間が猛烈に眠い。イタリアやスペインなんかは昼寝の時間があると聞いたけど昔は「昼寝なんて言われてもなかなか眠れないよね〜。」なんて思ってたけど最近は、ぜひとも「昼寝の時間を導入してほしい」と切実に願ってる。(笑)それくらい眠い。仕事にならないくらい眠い。夜更かししなければいいんだろうけどいろいろ用意を澄ましてたら一気に夜中になっちゃうしね。仕事か [続きを読む]
  • 東京芸大study of babel
  • 今日は、元同僚だった人たちで散策好きなグループに誘われ東京散策に参加した。こういう散策自体にあまり興味がなかったんだけど、誘われて断っていると誰も誘ってくれなくなるし、やる前から「つまらなそう・・・」と決めつけるのもアレだし、もしやってみて面白ければラッキーじゃんぐらいの感覚で参加してみた。東京散策と言っても、日暮里あたりから駒込あたりまでほぼ神社、仏閣を回る感じになった。そういうモノにそれほど興 [続きを読む]
  • 花、はな、ハナ・・・。
  • 日を追うごとにどんどん暖かくなる今日この頃、花を開く植物もどんどん増えている。毎日通ってる道でも、昨日までは全く気がつかなかったのに藤の花が満開になっているし、足元の雑草たちもグングン成長している。たった1cmにも満たない花たちが道ばたで一斉に花開くのはまさに壮観だ。たいがい、人間は大きな花に目が行きがちだけどこうやって小さい花に着目するとそれはそれで面白い。小さな雑草たちにも命があって彼らは懸命 [続きを読む]
  • 花の季節がやってきた。
  • ようやくというべきか、とうとうというべきか、とにかく、本格的な春がやってきた。桜は一気に咲いて一気に散ってしまったけど他の植物の花々はどんどん開いている。今年は結構遅かったんじゃないかな。桜も4月中盤近くにならないと咲かなかったしね。この時期の花の季節の後は新緑の季節。それはそれで独特な匂いが漂う季節。この新緑の匂いを嗅ぐとなんだかブルーな気分になることがよくあった。匂いのせいなのか、単なる5月病だ [続きを読む]
  • 春めいてきた。
  • ここのところ寒くなったり暖かくしていて身体がついていけない時もあるんだけどようやく春が来たと実感できるようになってきた。桜がどんどん花を咲かせているからね。こうなると一気にテンションが上がる。でもその後にまたその反動で少し落ち込むんだけど。春はそういう意味でも揺れが激しい季節だと思う。そういう揺れを楽しいと感じるか、ツラいと感じるか・・・。そこらへんで別れちゃうよね〜。昔からブルーになったりするの [続きを読む]
  • 映画『夜は短し歩けよ乙女』
  • 『夜は短し歩けよ乙女』 90秒予告アニメ『夜は短し歩けよ乙女』を劇場に観に行った。なんでこれを見に行ったかというとですね〜、同じスタッフが作ったTVシリーズ「四畳半神話大系」がものすごく面白かったからなんだよね。その「四畳半神話大系」というアニメはアニメ映像も、実写をコラージュしてたり、デザインなんかもやけにアーティスティックな雰囲気がして画面を見てるだけでも楽しめたし、何より、「どう生きるべきか」と [続きを読む]
  • 映画『心が叫びたがってるんだ。』
  • 映画『心が叫びたがってるんだ。』本予告父親の浮気をそれと気づかず母親に伝えてしまい、それがきっかけで両親が離婚してしまう。それをすべて自分のおしゃべりが原因だと思い込んで失語症になってしまった女の子が言葉を取り戻す物語。ときどき必死に言葉をひねり出そうとする主人公の姿にいちいち感動してウルウルしてしまうんだよね〜。涙腺が緩くなったのかな〜。自分自身いろんな経験をして、この世の中にはいろんな事情があ [続きを読む]
  • 映画『おみおくりの作法』
  • 身寄りのいない人の葬儀を取り仕切る公務員のドラマ!映画『おみおくりの作法』予告編いやホント、実際にこの映画のストーリーを説明しようとすると、ほんの数行で終了するけれど、この映画の奥深さを表そうと思ったら相当長く書かなくちゃいけなくなりそうだ。それぐらいストーリーと伝えたいメッセージの深さにギャップのある映画はほとんどお目にかかったことはない。身寄りのない遺体の遺族を探し、遺品を渡したり葬儀に出席し [続きを読む]
  • エヴァンゲリオン劇場版 CM
  • エヴァンゲリオン劇場版 CM今さらながらエヴァンゲリヲンのTVシリーズとその劇場版を観た。その当時はこのアニメのことを一切知らなかったからね。それぐらい現実社会と隔離されたような生活を送ってた(笑)。新劇場版の方はまだ完結してないのでここでは触れないでおくね。TVシリーズ版と劇場版「まごころをキミに」とでは庵野さんが伝えたいテーマは少し違いがあるように感じたかな〜。TVシリーズ版のメッセージはというと、「 [続きを読む]
  • いよいよ。
  • いよいよ春が近づいて、桜がとうとう一輪咲いているのを見つけた。他はまだ蕾もしくは葉っぱだけだけどね。でも、今週末はまた寒くなるという予報。この季節は別れの季節でもある。職場で一緒に頑張ってきた職員も異動や退職でお別れした。一生懸命やっている人に限って別れが訪れる。淋しいことこの上ないが、でもまあ、こればっかりはしょうがない。縁があればいつかまた再会できるでしょう。別れがあればまた新しい出会いもある [続きを読む]
  • ようやく一段落。
  • 年度末の忙しさから、ようやく解き放たれて一息つくことができる。いや、ホント。なんでこう忙しくなるんだろうね。実際の話、年度末だからどうのこうのという仕事じゃないのにも関わらず、なぜか、普段よりも雑用が増えてくるから不思議だ。やっぱり区切りをつけるって大事なんだろうな。ダラダラと引き延ばしてみたってどうせ事態は変わんないわけだからスパッとね、割り切ることも結構大事だったりするんだと思う。それが仕事で [続きを読む]
  • 暖かくなってきたと思ったら・・・。
  • いやあ、これじゃホントに体が参っちゃうね。こんなに気温差があるとホントに身体がつかれる。今朝はすごくのどが痛かったな。数時間もすれば痛くは無くなったけどやっぱりこんなのが続くと風邪ひいちゃうよ。そろそろ4月。桜が咲くころは暖かくなってるかな。そう願ってるよ。みなさまもお身体をご自愛くださいまし。 [続きを読む]
  • やっぱり元気が一番。
  • 健康を害するたんびにいつも思う。「やっぱり健康が一番大事だ」と。お金も大事だし、他にも大事なことはたくさんあるけどやっぱり健康にはかえられない。ホントにつらいしね。健康だったらお金だって稼げるし、何をしてたって楽しく過ごせるし。お金がいくらあったって健康は手に入らない、自分の身体が健康を取り戻すまで我慢するしかない。いくら高価な薬やいくら有能な医者に診てもらっても治すのは結局自分自身なんだからね。 [続きを読む]