BlueGreen(サテライト)Y さん プロフィール

  •  
BlueGreen(サテライト)Yさん: 湧泉と深緑の日本 保守ニュース Y
ハンドル名BlueGreen(サテライト)Y さん
ブログタイトル湧泉と深緑の日本 保守ニュース Y
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/bluegreenizajapan
サイト紹介文保守的な立場からニュースや政治時事を観ます
自由文原発再稼動賛成 パチンコパチスロ廃止
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/10/17 23:07

BlueGreen(サテライト)Y さんのブログ記事

  • ニチモ1/500瑞鶴製作記1 航空母艦瑞鶴之碑
  • ツイッターアカウント@moriezokikorro管理者いち生物個体につき初登録かつ副アカウント等未作成現時点で各種コメント機能及びフェースブック等未利用ニチモ1/500瑞鶴製作記1 航空母艦瑞鶴之碑どうなった!?1/350隼鷹全く進んでいません。色塗るとか書いてしまったんですが、なかなか大変そう。1/350ともなるとデコボコが大きく、そういう隙間にスプレーが届くのか?とかすら判らない。艦船模型スペシャル63で隼鷹特集があった [続きを読む]
  • 奇跡 右京さんと中国共産党の発想が一致
  • ツイッターアカウント@moriezokikorro管理者いち生物個体につき初登録かつ副アカウント等未作成フェースブック等未利用奇跡 右京さんと中国共産党の発想が一致                劇場版相棒Ⅲnnn24 中国王毅外相右京さん(左京さん?)北朝鮮拉致、シナ共産党の民族浄化等から、適切な国防安保を考える事→流行り病シナ共産党いびつな経済政策、為替操作、歴史捏造、歴史戦を批判したら→心の病 [続きを読む]
  • 再 ヘイトストーリー「ドラマ相棒」問題点(旧版)
  • 天皇皇后両陛下がベトナムに到着され、両国の親善をはかられる。常々書いているように、陛下の平和に対する想いに頭を垂れて感謝したい。が、こうした時に常に水を差すのがNHKやテレビ朝日、報道ステーション等の陛下の政治利用としか感じれない報道姿勢を貫くマスコミの存在である。天皇皇后両陛下の平和に対する想いとはとりもなおさず結果としてのほぼ人類全てが願う想いではあるが、それは政治的手法や政治的過程は含まれな [続きを読む]
  • 再 ヘイトストーリー「ドラマ相棒」問題点(旧版)
  • ツイッターアカウント@moriezokikorro管理者いち生物個体につき初登録かつ副アカウント等未作成フェースブック等未利用※以前の投稿内容と全く同じ物です。捏造南京、捏造慰安婦で日本イメージを悪化させた、反日極左テレビ朝日で放映、過去の2時間サスペンスで頻出、「民自党悪徳議員」に代表される戦後日本の保守派蔑視表現の系譜、反町隆史、水谷豊等出演、ドラマ&映画版「相棒」問題点「『危ないときは守って』はムシがいい [続きを読む]
  • 所謂、日ユ同祖論本を見る「月刊ムー単行本」
  • ツイッターアカウント@moriezokikorro管理者いち生物個体につき初登録かつ副アカウント等未作成フェースブック等未利用所謂、日ユ同祖論本を見る「月刊ムー単行本」失われたイエス・キリスト「天照大神」の謎 飛鳥昭雄・三神たける著1998年どうやら朝鮮半島、任那から崇神天皇(応神天皇?)が日本に侵入してきたというような騎馬民族征服説が紹介されていますね。関連→wikipedia倭・倭人関連の朝鮮文献 wikipedia好太王碑 [続きを読む]
  • BS−TBSにっぽん!歴史鑑定 出雲神話回
  • ツイッターアカウント@moriezokikorro管理者いち生物個体につき初登録かつ副アカウント等未作成フェースブック等未利用BS−TBSにっぽん!歴史鑑定 出雲神話回スサノヲノミコトが八岐大蛇を倒し、その尾から飛び出た剣は、鉄器文化渡来の象徴等と解説。スサノヲノミコトが天照大神に草薙の剣を献上するシーンBS−TBSにっぽん!歴史鑑定が三種の神器登場時に使いまわす画像↑両者は全く形状が異なっており、不可解極まり [続きを読む]
  • 再 BS-TBSにっぽん!歴史鑑定「草薙剣」イラスト偏向報道
  • ちょっと自信が無いので欄外に書くが、最近BS−TBSのにっぽん!歴史鑑定で、出雲神話?を扱った時に草薙剣が太極拳の太極剣、響剣(演武剣)を改造した物を、再現VTRで使用したのではないか?と思ったのですが、神楽舞等演武剣でそうした類似物が使用される事等あるのか不明の為留保する。太極拳自体は非常に新しい物である。(元代)不可解な「草薙剣」イラスト BS−TBSにっぽん!歴史鑑定(偏向報道)※以下以前の投 [続きを読む]