旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた! さん プロフィール

  •  
旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた!さん: 旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた!
ハンドル名旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた! さん
ブログタイトル旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kitashimizu
サイト紹介文昔ズート昔、旅をした。何も知らない私が、若かった,若いだけだった! 40年以上前の事....
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/10/18 07:32

旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた! さんのブログ記事

  • 512 人生色々(毎週土曜日に更改しています)
  •  豊中もすっかり全国的になりました。関東の皆さんは豊中が何処にあるのか分からないと思います。大阪市の北側、その北が箕面、私が住んでいる所です。今一つハッキリしないですが、毎日毎日豊中の森友、私も何処に学校があるのか知らなくても有名になりました。一人でも入れる組合の責任者である豊中市議・木村真さんが訴訟を起こし頑張っています。私も組合員です。 森友学園に孫の為に寄付金を、私の感覚で、2万か3万かな多 [続きを読む]
  • 511 英語力(毎週土曜日に更改しています)
  •  旅行業界はすごく変わったと実感しました。インターネットから申し込み、担当者が誰だか分からないのに料金を振り込み、そのまま旅行に出かける。それは国内旅行のように簡単に海外旅行もなって来たのかと思いました。業界を離れて現状を知らないですから、多少は実情と違うかも知れないですが、随分変わったものです。 そんな簡単に海外に行けるのかと思ったら、4世代の女性4人がハワイに行って来ました。帰って來るまで凄く [続きを読む]
  • 510 交通事故 (毎週土曜日に更改しています)
  •  交通事故事故死が67年ぶりに4,000人を切ったとニュースになっていました。少なくなったなー、いえいえ大違いです、昔は車が少なくて、現在の車の数からいえば4千人どころか現在4万人位、それ以上だと思います。道路状況が素晴らしく良くなったのでしょう。新聞記事を見ていると、昔と同じで少なくなったのだと勘違いしています。67年前(こだわります?)と比べて、その当時の車の数を書くべきだと思います。 大阪は坂 [続きを読む]
  • 509 映画(毎週土曜日に更改しています)
  •  小学生の頃が、映画のピーク時であって、テレビの無い時代、ラジオの周りに集まって家族みんなで聞いた思い出があります。ダイマル、ラッケットが、テレビ時代になって、兵隊もので、ミンミンと柱に登り、セミを強要されていたのを面白く演じていたのを思い出します。確か蝶々さんの漫才学校を見に京都南座に何度も行きました。正月、ゴールデンウイークは映画館は人人人で、あふれて画面の前、舞台に上がって見る人もいたほどで [続きを読む]
  • 508 時間 (毎週土曜日に更改しています)
  •  人生、褒めて褒めて褒め抜くことが人間を伸ばすと思います。そして、それが自分を伸ばさしてくれました。でもあんまり伸びていない、褒められる事が少ない事が原因でした。反論無しです。生まれてこのかた、悪い面ばかり出て、考えると悲しいかな褒められる事が少ない事も事実です。でも、そうです、「つき」と、それを許してくれた周りの人でした。   先日朝、私の後に来る同僚のバイトの人に「仕事が早いですね、時間にキッ [続きを読む]
  • 507 施設(毎週土曜日に更改しています)
  •  認知症になっても生きていかなくては、楽しい嬉しい、辛い事、悲しい事が分からないかも?若年性認知症は18-19歳で20人、年々上がり55-59歳で1万2010人、60-64歳で1万6040人だそうです。私の場合、悲しいかな若年性でなく、年齢的に、もろ認知症と認定される事なります。 その認知症ですが、13年前までは「痴呆症」や「呆け」だとか言われていましたが、その呼び方を役所が変えたそうです。良い事です。それよりも前、今 [続きを読む]
  • 506 沈黙(毎週土曜日に更改しています)
  •  小説を書く仕事は効率が悪いと村上春樹さん、非効率中にこそ真実・心理が潜んでいる。効率の良いもの、悪いものどちらが欠けても、世界はいびつになるとも述べています。とは言うものの、村上さんの様に本が沢山売れれば問題が無いけれど、最近の様に長い文章を書かない、そして読まない。ブログの文章が1,000語でも長すぎると言う人がいます。済みません。直ぐ謝りますが、これはチョット違って私の文章力が弱いのでした。 [続きを読む]
  • 505 団塊世代 (毎週土曜日に更改しています)
  •  「元気だけが取り柄です」と体温を計ると決まって言うおばさん(多分世間的にはいい年しているおばあさんですが、そう見えない人)がいます。その返事に「元気だけではダメです、健康でなくてはダメです。」毎回そう言わなければいけないのはボケているのかな、いえいえ本人明るい人で、ご主人は同じホームにいますが、とても愛しあう二人です。元気が取り柄という人、毎回言いますが年を取ったら元気だけでは迷惑です、痴呆症に [続きを読む]
  • 504 年寄りの向こう側!(毎週土曜日に更改しています)
  •  年寄りの話は飽きた方もいるのでは、その通り殆ど最近はその話ばかりです、済みません。もういい加減にしろ、でも若い時は考えもしない1秒ごと日々1日1日を早く感じるようになりました。1月が嘘のように早く過ぎてもう2月、みんな生きている限り公平に年取っていくのです。 TⅤで丁度、丁度いいと。人生振り返って自分の生きた道、失敗、成功どちらかと言うと、失敗が殆どです。成功したことが稀、それが丁度自分の人生、 [続きを読む]
  • 503 子供は宝 (毎週土曜日に更改しています)
  • 103歳の、このブログで再々紹介した聖路加国際病院名誉医院長の「日野原重明」さん。新幹線への何十段の階段を使い、エスカレーターに乗った人と競争をして、自然に1段跳びになって、追い越すと快哉を叫びたくなると100才を過ぎて言っています。講演の予定は5年先まで決まっていると言う人で、まさに鉄人です。 近頃、年寄りの話題が多いですが、どうしても周りにすごく影響されます。その反対子供ですが、維新の頃に我が国を訪れ [続きを読む]
  • 502 スキー 今昔(毎週土曜日に更改しています)
  •  夢の2日間でした。三浦雄一郎氏が80才でエベレスト登頂から思えば何を大層なと言われそうですが、スキーに20年ぶりに行って来ました。そもそも高校時代、京都の花背スキー場に行ったことが、不確かですが人生、初めてだったと思います。岩倉の友人の家に泊まり、初めて見る棒状のガスストーブで瞬時に暖まり、今思うと寒々するウィンドブレーカーにGパンでトラックに乗って行きました。そこで毎回、山登り、そして滑ると言 [続きを読む]
  • 501 本年も宜しくお願い致します。(毎週土曜日に更改しています)
  •  初めて海外に出た頃は、単純に海外に出るにはどうすれば一番安い方法で出られるかとその方法を1番に考えていたと思います。現在の3倍以上の1ドルが360円、海外持ち出しの総額は500ドルの時にプランしました。それだけで海外出るのは諦めた方がましだと思うのですが、若いときは何でもやれるものです。大体それが普通の当然と、今の様になるとは思いも考えもしなかったです。 新聞広告等を見ると、今や海外旅行は信じら [続きを読む]
  • 500 灯籠流し(毎週土曜日に更改しています)
  • このブログも区切りの良い年末に丁度500回、これも読んで下さる皆さんのお陰と感謝しています。単純計算で1回あたり1,000語であれば少なくみて50万字以上あります。実際はもっと多く、ちょっと疲れたかな、良く書いたな、良くここまできたなと思いました。久々にアクセス数を確認すると1週間になんと1113。末尾を端数でいうと本物らしいと友人の詐欺師に近い人が言ってましたが本当の数字です。 丁度、番組で「長崎はお盆 [続きを読む]
  • 499 元気ですかー!(毎週土曜日に更改しています)
  •  私が社会人になった頃、印刷の紙の色がまるっきり変わってしまって茶色になって皆さんがまず読まない松本清張の文庫本を読みました。その中で、死体を見た人が「年齢60に近い老人に見えた」「こないな年寄りが、なんで死ななあかんのやろう」現在の感覚で言えば、御免なさい、私の感覚で言えば、なんで60歳が老人に近い?こないな年寄りがと時代の違いを感じます。本自体は時代を超えて面白いですが、60歳が年寄りだったの [続きを読む]
  • 498 時(毎週土曜日に更改しています)
  •  人間すべてに公平に与えられているものに時があります。時間が過ぎるのが、すっごく早すぎるからといっても、時は富んでる人にも貧困な人(私も入るかな、しかし、心が貧困な人は別です(=_=))にも同じようにどの人にも1秒は1秒であるはずなのです。 公平というと何か違いを感じます。時は残酷にも、人によっては早く感じ、遅く感じる事になるのが不思議です。100?を10秒を切って走ろうと頑張っている人がいますが、100分 [続きを読む]
  • 497 記憶(毎週土曜日に更改しています)
  • 死なない人間はいない。それどころか生きるもの全て確実に死を迎えると言えます。お金で取り戻すことができないものを奪われてしまう程悲しい事はないです。 一年前に親の年金を受け取る為、その死を隠して親の年金を騙し取っていた人の事を書きました。それが可愛く見える程の事件が多発しています。余りに次から次へと、上村遼太くん(13)が深夜多摩川河川敷で殺害・遺棄された事件を忘れれないで下さい。ただ記憶に残ってい [続きを読む]
  • 496 厚切りジェイソンから(毎週土曜日に更改しています)
  •  漢字を読み言葉の核とする仮名もじり文がどれほど日本語を情報量の豊かな言語に言語にしてくれたか、受け売りになりますが、読書で脳の老化を防ぐことができるきる、読むという行為は言語能力を高めるトレーニングとしても圧倒的に大事なことです。 日本字の看板、のれん等は縦に書いても横に書いても、左から右からでも普通に読めるという変わった文字です。素晴らし文字といつも感じています。  日本も少しづつ変わって来て [続きを読む]
  • 495 高齢者(毎週土曜日に更改しています)
  •  他人事では無くなった高齢化社会、このブログを読んでいている方達も人も順次その社会に入っていく人が多くなって来ます。これは1年前にこのブログで書いたこと事です。間違いなくもうそのなかにどっぷり入っている方、そうです、なろうと頑張らなくても生きているだけで誰でも達成、高齢者になれます。 95歳で現役の美容師がニュースで元気良く、姿勢良くやっていました。そのTVの番組を所々をバイト先で体温を計りながら [続きを読む]
  • 494 代行!(毎週土曜日に更改しています)
  •  人間は代わりは利くんだ!本当に代わりは本当にあるんでしょうか、やっぱり寂しいけれどあるものです。アップルでもスティーブ・ジョブズ氏が辞めて亡くなって心配??したけれど、結果的に会社自体は上手くやってます。 10年以上親より長く生きていると、今までどんな立場の人の代わりはあるものと知りました。その人しかできないと思ったら、とんでも無い、あるものです。会社組織が大きくなれば成る程そういうものだと思いま [続きを読む]
  • 493 末弟(毎週土曜日に更改しています)
  •  30年以上前に、今ではどのような訓練をしたか受けたか忘れましたが、事故現場に行って活動することを習いました。殆ど忘れていますが、ただ一つ覚えているのが、その時に被災者に対して目線合わせる事でした。 以前に言ったことですが、淡路大震災の時に、陛下が神戸にお見舞いに行かれた時も体育館で座っている人に、その方迄腰を落として目線を合わせられた事に感動しました。私は、習ったように、現在、お年寄り相手にベッ [続きを読む]
  • 492 ボローニャから (毎週土曜日に更改しています)
  •  東本願寺近くに外国からの人が殆どだという旅館「京らく」に、ボローニャから約四半期も前の友がやって来ました。イタリアの人がビックリすると言うパスタ等をゆでる場合、鍋底に入れれば湯こぼれがないと言うものをお土産に会いに行きました。それと外国の人の靴下を海外にはないと勝手に思い、5本指の靴下が面白く珍しいと思い100均で買ったものを渡しました。 広島へ行って来た所だったので心配したけれど、今日一日歩き廻 [続きを読む]
  • 491 色々な人 (毎週土曜日に更改しています)
  •  村上 春樹さんが私と同年輩とは知らなかったです。1月12日生まれなので実際は早生まれなので1学年上、生まれも偶然、京都、同じ空気を吸って生きていたのでした。しかし育ちが芦屋市とここらが違ってくるのでしょうか、御免なさい生まれた時からでした。 毎年ノーベル賞候補、ここまでくれば毎年騒がれている方が本の売り上げに幸いするかも..貧乏人の考えでした。村上さんの本だと思うのですが、長い間、数週間睡眠を取らな [続きを読む]
  • 490 花埋め=著 渡辺淳一(毎週土曜日に更改しています)
  •  最近はたまたま読みやすい時代小説ばかりを読んでいますが、基本的にはジャンルにこだわり無く本を読んでいます。色も変わった題名の読み方も分からない「花埋み」、こんな人がいたのですね。面白くなかったら自分で買った訳でもないので最初の2-3ページで止めますが、読んでいくと今まで考えもしなかった女性がいました。というより今まで何も知らなかった自分が恥ずかしいと思いました。多分皆さんが読むことがないと思いま [続きを読む]
  • 489 分からない未来(毎週土曜日に更改しています)
  •  現在地球の総人口は約70億人を超えたそうで、21世紀以内に100億に達するだろうと言われています。第二次世界大戦の頃の総人口は、30億人だった事からいうと倍以上になったのです。世界征服を試みた、チンギス・ハーンの世界人口は4億位、日露戦争の頃の日本は5千万人を切っています。 安部首相は人口増やす事に躍起になっていますが、少ない人口で皆が生きていく方法を真剣に考えなければいけないと感じます。年金問題も片 [続きを読む]
  • 488 やっぱり..(毎週土曜日に更改しています)
  •  死を考えずにはおかれないというのは、人類普遍の悩みです。と、ただ考えても仕方が無い事なので、通常、人は考え無いようにしています。人は誰しも、明日とは言わず、今死んでしまうかもしれない有限な生をかかえて生きているという事を忘れていると思います。典型的な人、私自身がだったのです。 でも最近良く考え「103歳で分かった事」の著者のように、最近はなかなか死を考え無い訳にいかない、いけないのです。誰でも自 [続きを読む]