旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた! さん プロフィール

  •  
旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた!さん: 旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた!
ハンドル名旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた! さん
ブログタイトル旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kitashimizu
サイト紹介文昔ズート昔、旅をした。何も知らない私が、若かった,若いだけだった! 40年以上前の事....
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/10/18 07:32

旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた! さんのブログ記事

  • 533 テレビ(毎週土曜日に更改しています)
  • 新聞に72才で自分は死ぬと決めていた人。その理由が、父親、兄が72才で死んだから自分もその年に死を迎えると言う、かなりくだらない理由でした。何故気になってかと、偶々、私も72才で死を迎えられたらと思っています。それまでに死ねば葬式費用等、つまり保険金の支払い期日が72才の誕生日迄となって、迷惑かけず死ねるからだけの話です。それもくだらない。それまであと少し、頑張らなくてはと思っています。  「 [続きを読む]
  • 532 高齢 (毎週土曜日に更改しています)
  •  高齢者とは何歳から? 他人事だと思っていると思います。私もです。年月、それより1日が早すぎます。幾つになればそう呼ばれるのか、なんにしても高齢者が増え続けている現状、その渦中にいる団塊世代が問題になっています。 そもそも団塊とは、かたまりと言う事で、第二次世界大戦直後の日本において1947年から1949年にかけての第一次ベビーブームで生まれた世代であります。 作家の堺屋太一が1976年に発表した [続きを読む]
  • 531 好きで...(毎週土曜日に更改しています)
  •  生涯続けている事、残念ながら、ずーと続けるようなことが見つからな無かったです。テニスは思う程、右手に力が出なくなり止めました。最近、引きこもり状態の人の気持ちが分かってきて、卓球は夕方になると行くのが面倒になり、これではダメだと奮起しています。一つの事を一生続ければ良いのですが中々そうはいかないです。 物心ついた頃から、将棋を続けている藤井4段は凄いです。将棋は強いのは分かりますが、メディアの応 [続きを読む]
  • 530 輪ゴム(毎週土曜日に更改しています)
  •  お金さえあれば何でも手に入る世の中になっていますが、残念ながら私はその流れに乗れていないです。そして益々便利になり、全くついていけない程、進歩は凄く早い、何処まで社会が進歩するか分からない世の中です。 地球の終末を逃れて、他の惑星に住むことになるのかも知れません。そんな時に生きているとはとても思えないですが、そうなっても、どう考えても地球に残る事になるのですが、そんな世の中にならない事を願ってい [続きを読む]
  • 529 一日の始まり(毎週土曜日に更改しています)
  •  アラサー、アラホー、そしてAGF、つまりAround age Forty、いやfiftyと先輩に言っていたか、マダマダだと思っていましたが、自分の年を忘れています。それらの言葉は早くも死語になったのかメディアにもあまり出てこないようになりました。 知り合いと言っても若い人ですが、お母さんが脳梗塞で倒れて、直ぐに救急車で運ばれ処置が良かったので、丈夫だったという事です。その後、「お母さんは70才になりました。」「いい年さ [続きを読む]
  • 528 京都嫌い(毎週土曜日に更改しています)
  •  「京都嫌い」は井上章一さんが書いた、ベストセラーだったそうです。何時もの如く遅れて読みました。嵯峨生まれの京都日本文化センター教授の井上さんは、建築学の演習を兼ね烏丸通り西、新町通り角を過ぎた所にある「杉本家」に訪問しました。そこで井上さんが嵯峨出身と知ると、「昔、あのあたりにいるお百姓さんがよう肥えをくみにきてくれたんや」と言われたそうです。この事があって、右京区花園そして宇治市在住の井上さん [続きを読む]
  • 527 日野原重明さん(毎週土曜日に更改しています)
  •  1年前に「103歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い」篠田 桃紅さんの事を取り上げました。ついこの前書いたのに、もう一年経ったかと時の経つのを早く感じます。この1年に何をできたかな...、考えます。 同じ100歳を越えて元気で健康な日野原重明さん、この方を書くのは躊躇(!(^^)!何度も済みません。次は変換に頼らず、書けるように頑張ります)していました。というのも日野原重明さんはかなりお年で、1 [続きを読む]
  • 526 生まれたら(毎週土曜日に更改しています)
  •  今され何ですが、生まれたら、その日から死に向かって一直線。ある本で、「小さい頃、自分もいつか死ぬんだとひどくおびえ夜中に目を覚まして死とはどういう事なんだろうと考えた。」こんな事、本当に子供が考えるのか?勿論、そんな事、真面に考える事は無い幼年期を送ったのですが、事実に違いないのです。 人間、何時かは確実、100%間違いなく死ぬという事を考えたら、もう少し人生を大事に生きなくては、今ある自分に感謝 [続きを読む]
  • 525 団塊の世代から (毎週土曜日に更改しています)
  • 「結局、団塊が目立つのは数が多いのと、時代との巡りあわせだと、世界一の経済大国を目指せと言われ、質より数字とばかりに働いた世代。バブルがはじけた時には元凶だと言われたけれど、その後、少しづつ混乱を納めていったのも、各企業でそれなりの地位にいた団塊です。」北方謙三氏が言った事です。「年を取ってもいいことあるかい」「細かい事を気にしなくなる」「じゃあ最悪なことは?」「若い頃のことを覚えていることだ」映 [続きを読む]
  • 524 小説(毎週土曜日に更改しています) 
  •  500回を越えて長くブログを続けていると以前書いたかもしれないと、書くことを躊躇(漢字変換だから書ける(^^♪)することが多くあります。今後はどうすればと言うと、読んで下さる方達に辛抱をお願いするより仕方がありません。でも分かって書く場合もありますのでご理解下さい。 一週間に1話書くだけですが、このぐらいで疲れたなどと言っていては長い小説を書いている人はどうなるんだと鞭をうっています。鞭を打つこと [続きを読む]
  • 523 幸せって...(毎週土曜日に更改しています)
  • 死が迫ると人は不安や恐怖に悩まされるのでなく、愛や幸福を感じる人が多い事をアメリカの研究で分かったという事です。何でも研究するのですね。 「幸せって何だっけ、しあわせって何だっけポン酢醤油 ...」 明石家さんまさんが歌ったCMソングで覚えている方も多いと思います。本当、幸せって何なんでしょう。今になってそんな事を思います。人生短いのに、思いださないと幸せな時を覚いださない。まだ、思い出せる幸せがある [続きを読む]
  • 522 今昔色々(毎週土曜日に更改しています)
  •  「最初からブログを読んで下さい!」そんな面倒な事!多分いないと思います。私はと言うとサイトから丁寧に1年前のを知らせて來るのでもう一度読んでいますが、1年前も懐かしくなりました。  西部劇で、クリント・イーストウッドがTVで、ローレンローレン、ローハーイドは人気がありました。「バユーン」ピストルの音を出して言っていたのを、亡くなった兄がからかっていました。古い話で確かでは無いですが、「ルーシーショ [続きを読む]
  • 521 認知症から(毎週土曜日に更改しています)
  • 「痴呆」「ボケ」は厚生労働省が2004年に「認知症」改めたそうです。ボケと言っていたのを改めなくてはと思いながら、昭和の人間つい「ボケ」と言ってしまいます。昭和と言うと思い出すのが、学生の頃、ザルツブルクでアメリカ人に何年生まれと聞かれた時に、直ぐに答えられず、笑われました。その時、天皇のageがあるのでの直ぐには言えないと言った事を思い出します。最近は年号は日本人である事を感じる、今日この頃です。平 [続きを読む]
  • 520 ダイエット(毎週土曜日に更改しています)
  • 30代の頃、67キロあった体重ですが、一時50キロを切りそうになりました。当時を知っている人は癌と思っているでしょう。そもそも、その時、健康診断に引っかかって減量にトライする事になりました。 外で揚げ物を止めたらいいと言われ、とりあえず、お昼に煮魚や焼き魚をメインにしました。意外に大阪でも魚を売っている店が少ないのに気付きました。試しましたが、煮物を作ると良く分かりますが、手間と時間が非常にかかります。 [続きを読む]
  • 519 時代に残されて(毎週土曜日に更改しています)
  •  前回イタリア人夫婦を京都を案内した時、八坂庚申堂(やさかこうしんどう)の3猿を説明して3猿の「ざる」をさるを(無い)を説明していないかも、当然知っていると思い勘違いして、又、来ていただくより仕方ありません。外国の人と関わり無い生活を送っていると思いもつかない簡単な事を忘れてしまっています。 そして若者たちの感覚に多少ついていくのが難しくなりました。AKB48のそれぞれの名前を覚えようと思わない。覚え [続きを読む]
  • 518 憲法記念日で考えること(毎週土曜日に更改しています)
  • 「民主主義の本質は大衆迎合」と元大阪市長の橋下さんが言っていました。大衆とは、現状に風に流されやすい。戦前、戦争でも最終的には大衆が認めたような事になった事になった様な形を作り出しました。本当は戦前は一般庶民は言論統制等もあって、言いたい事も言えなかった聞けなかったのでした。  私の父親は左足が細く兵役を免除されました。でなければこのブログも無かったかも、醬油を1升飲んで兵役を免れるよな人もいたと聞 [続きを読む]
  • 517 心配性 (毎週土曜日に更改しています)
  •  候補地と決まった時に、今更声を上げてもどうしようも無いですが、大阪で万博、大反対です。盛り上がりが無いから止めろ、そうでは無いです。 目標入場者数は3,000万人はいくと思います。70年万博でも6月位迄、殆どの館は凄く空いていて盛り上がりに欠けていたのでした。その万博でガーナ館でバイトしていたのをご存知と思います。その時に悪い感情を得たからでは、勿論ありません。楽しい事を思い出す間も無く、ただ毎日忙し [続きを読む]
  • 516 あれやこれや(毎週土曜日に更改しています)
  •  昼間、あれやこれやと書きたい事を考えるのですが、メモしていないと殆ど忘れています。それは物忘れであって、私は痴呆症ではありませんので念の為に一応言っておきます。情けないですが、このように言わないと心配される方がいる年になりました。 現役時代に会議に出た時、頭真っ白と言う状態になった事を思い出しました。アメリカ人の役職者も会議の為に来ていて、発言しようと思ったのですが、一瞬、頭真っ白で言葉が何も出 [続きを読む]
  • 515 桜(毎週土曜日に更改しています)
  •  日本人の愛する桜は、春を毎年、我らに知らせてくれます。しかし、その桜は城山三郎さんによれば、戦争を思い出すものであると言っていたと知りました。ご自身が海軍特攻隊の隊員であって、毎日死と隣り合わせ、戦友が次々亡くなった為だとも知りました。満開の桜は軍国主義の象徴であって、人を人とも思わず桜の花が散る様に人を死に追いやった。桜をそのように感じる人もいたんです。 その気持ちを詩に表しました「旗振るな  [続きを読む]
  • 514 今昔(毎週土曜日に更改しています)
  •  「日本人が当たり前と思っている、トイレに紙が中国人にはあり得ない事である」とニュース。と言っても我々日本人と変わらないと気づかないのはおごりです。 高校時代、かれこれ50年前です。今思うと凄く前、親善野球試合でアメリカ人が西京極球場に来ていました。その時公衆トイレに紙が無いのが普通で、試合前のアメリカ人が球場で次から次へとドアを開けまくり、右往左往して苦労していた事を思い出しました。勿論、和式で [続きを読む]
  • 513 兄弟姉妹(毎週土曜日に更改しています)
  •  三男、或いはと三女と言うのも、大変珍しくなり、四男、四女とかは、言葉としてあってもほぼ死語になりつつあります。今や、七郎や八郎と言う名を持っているのは小説以外、忘れてはいけない介護施設に居られました。でも、戦前生まれの一人がいるだけです。 昔は、自分の子が何人か死ぬ事を前提としていたのか、或いは後先考えずに貧乏人の子沢山となっていたに違いないと思います。そうは言いながらその傾向が未だあると思いま [続きを読む]
  • 512 人生色々(毎週土曜日に更改しています)
  •  豊中もすっかり全国的になりました。関東の皆さんは豊中が何処にあるのか分からないと思います。大阪市の北側、その北が箕面、私が住んでいる所です。今一つハッキリしないですが、毎日毎日豊中の森友、私も何処に学校があるのか知らなくても有名になりました。一人でも入れる組合の責任者である豊中市議・木村真さんが訴訟を起こし頑張っています。私も組合員です。 森友学園に孫の為に寄付金を、私の感覚で、2万か3万かな多 [続きを読む]
  • 511 英語力(毎週土曜日に更改しています)
  •  旅行業界はすごく変わったと実感しました。インターネットから申し込み、担当者が誰だか分からないのに料金を振り込み、そのまま旅行に出かける。それは国内旅行のように簡単に海外旅行もなって来たのかと思いました。業界を離れて現状を知らないですから、多少は実情と違うかも知れないですが、随分変わったものです。 そんな簡単に海外に行けるのかと思ったら、4世代の女性4人がハワイに行って来ました。帰って來るまで凄く [続きを読む]
  • 510 交通事故 (毎週土曜日に更改しています)
  •  交通事故事故死が67年ぶりに4,000人を切ったとニュースになっていました。少なくなったなー、いえいえ大違いです、昔は車が少なくて、現在の車の数からいえば4千人どころか現在4万人位、それ以上だと思います。道路状況が素晴らしく良くなったのでしょう。新聞記事を見ていると、昔と同じで少なくなったのだと勘違いしています。67年前(こだわります?)と比べて、その当時の車の数を書くべきだと思います。 大阪は坂 [続きを読む]
  • 509 映画(毎週土曜日に更改しています)
  •  小学生の頃が、映画のピーク時であって、テレビの無い時代、ラジオの周りに集まって家族みんなで聞いた思い出があります。ダイマル、ラッケットが、テレビ時代になって、兵隊もので、ミンミンと柱に登り、セミを強要されていたのを面白く演じていたのを思い出します。確か蝶々さんの漫才学校を見に京都南座に何度も行きました。正月、ゴールデンウイークは映画館は人人人で、あふれて画面の前、舞台に上がって見る人もいたほどで [続きを読む]