tk さん プロフィール

  •  
tkさん: 大人の E 小説
ハンドル名tk さん
ブログタイトル大人の E 小説
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/obitwo-111/
サイト紹介文「異星にて」「迫り来る性欲」「お〇〇こ ぱんつ」などありますが、恥ずかしいので読まないで下さい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2014/10/18 07:34

tk さんのブログ記事

  • 迫り来る性欲 33  あなたのニュルニュルを全身に浴びたいの
  • 時岡は腰を振っていた腰を振り、香奈の魅惑的な部分に己の巨根を出し入れしていた出し入れする度に彼の巨根は悦んだ、その甘美な感触に酔いしれた23時の迫り来る性欲で目が覚めた彼の前に、裸の香奈がいたまだ催淫剤の効果が残っている香奈は、彼のモノが欲しくてたまらなかった彼女はベッドの上で脚を開き、とっても甘い声で挿入をせがんだ自分のトロトロになったメスの部分を見せつけながら、彼を誘った彼は躊躇なく挿入した思 [続きを読む]
  • 異星にて 6  「地球人のち〇ぽ・・・おそるべし・・・」
  • 「さぁ、逆回転を始めなさい」女所長が騎乗位で膣内を回転させている女ふたりに命じた「ぁ・・ああ・・気持ちイイ・・・気持ちがイイ・・・」「はぁん・・・ぁあん・・・ぁあ・・ぁあん」俺達の上でお〇〇こを回転させているアンとタキはあえぎ、悶えているとっても気持ち良さそうだ「こら、おまえたち、私の言うことが聞こえないのか?男たちをさらに痛がらせて、拷問するためにお〇〇こを逆回転させろと言ってるんだ」所長が俺た [続きを読む]
  • 僕の彼女は痴女 18  
  • 僕は見られていた・・どうにも恥ずかしい・・・SEXされてるところをジッと見られてるって・・・ぁあ・・・恥ずかしい僕はいつものようにベッドのポールに手足を縛られて騎乗位で麻里さんに痴女彼女である麻里さんにSEXされていたそれを・・・カワイイ女性・・奈々さんが・・見てる・・・それも僕だけをジッと・・・麻里さんはいつものように激しく腰をグラインドして騎乗位を楽しんでいるぁあ・・・はぁあ・・ぁあん・・とあえぎ声 [続きを読む]
  • こうすると・・とっても気持ちイイのよ
  • 「皆さん、5時間目は保健体育ですよ」私は教室の皆に笑顔で言った・・・全員、全く表情を変えない私はさらに言った「保健体育、つまり性教育です・・・セックスについて学びますよ」シーン・・・20人、全員無反応だ・・・異様な雰囲気「セックス・・・みんな知ってますよね?もう・・体験してるはずですよ」読んでる方はこの女は何を言ってるんだと思ってるでしょう?いえ、でも私は正しいのです私の前にいるのは30,40代の [続きを読む]
  • 私は「いやらしい夫」ではありません
  • 皆さん、どうも美紀に「いやらしい夫」として書かれている夫です哲也と言います妻にはさんざん私のことを「いやらしい夫」だと書かれまくっているようですが私は・・実際はそんなにいやらしくありませんまぁ・・いやらしいことはいやらしいですが普通です・・普通にエッチです私がそれほどいやらしくない証拠に美紀が書いた文の題名を並べて検証していきたいと思います白目になりながら 膣内射精を味わういやらしい夫↑ これ・・ [続きを読む]
  • 私は男に飢えていた 32  
  • 私は自分でクリトリスを夢中になって刺激していた私は彼とSEX中だった「ほぉら・・・今夜はナマち〇ぽを出し入れされながら・・触りまくりなさい」そんな彼のいやらしい言葉をきっかけに私は・・アレを・・・ぁあ・・・ああ・・・彼は徐々に腰の動きが激しくなっていくエラの張ったカリ高を私の中に素早く埋め込んでは引き抜く私はまるで男と性行為をしながら・・オ〇ニーをしているみたい・・・SEXしながらオ〇ニー・・・ぁあ・・ [続きを読む]
  • 夜 精子を出すのを楽しみにしている いやらしい夫
  • 「じゃあ、美紀行ってくるからな・・・今夜もな・・・」そう行って今朝も夫は勤めに出かけました最後の「・・・今夜もな・・・」というのは・・皆さんおわかりでしょうもちろん「夜、性行為をしょうな」という夫のいやらしい誘いですああ‥・朝からそんな事を言って出かける夫朝8時の時点で、彼の頭には夜、私との性交で精子を出すことを楽しみにしているのです毎夜、毎夜、2発も出しまくっているというのに、夫の股間には無尽蔵 [続きを読む]
  • 殿方はあまりの気持ち良さに声を漏らしながら・・・
  • 今宵も大人の姫君学校に大勢の姫君が集まっていますね私が講師として皆さんに教えるのは今宵が最後です毎夜殿方について学んできましたが、最後は殿方の性についてです今宵は殿方の性について・・ですと予告したせいか・・今宵はいつもの倍に近い姫君が集まっているようですね・・・皆さん殿方の性について興味津々なのですね、良いことですではさっそくですが、殿方には私たち姫君には無いものが付いていますそこのあなた・・・そ [続きを読む]
  • その夜は、ひどく気持ちが良かった
  • 私は終電に乗ったその車両には誰も乗っていなかった私は疲れていたが、流れ行く夜の風景を見るのが好きなのでポールに捕まって立っていた車窓から見える夜の街・・・今日一日の勤めを終えて、安堵しながら見るその灯りは私の疲れをほんの少し癒やしてくれた帰ったら誰がいるわけでもない、いい年をして独り者の私を迎えてくれる人などいない私は思わずため息をついたこれで終電に乗る日は何日目だろう?忙しさに追われ残業の日々が [続きを読む]
  • あの人は夜になると私をイジメる
  • 私・・わからないんです全然わからないんです・・私が暮らしてる部屋に・・男の人がいますよくわからないんですが、その人と一緒に暮らしてるんです年は33歳だって言ってました、私は・・彼が言うには27歳らしいですなんで一緒に暮らしてるのか?教えてくれたけど、忘れちゃいました・・・わかんないですでも悪い人じゃないみたいです親切だし、色々教えてくれて優しいし・・・笑顔がカワイイです昼間はそれでいいんですけど・ [続きを読む]
  • 僕の彼女はレズ?
  • 僕は28歳の草食系男子もちろん童貞です恋愛・・・正直こわい・・・女の人と深く付き合って、ずっと2人っきりでいるなんて間が持たない・・・口下手だし、人見知りだし・・・きっとすぐ嫌われる男としての自信なんてない妹の同級生から「かわいいお兄さんだね」などと言われる僕に男の自信があるはずないそんな僕は・・最近ある欲求が抑えられなくなってきたそれは・・・その・・・アレです・・・性的欲求・・・つまり・・・セ・ [続きを読む]
  • ハーレム S 40  ゆっくりと引き抜き一気に打ち込む
  • 友哉はもはや獣だった3ヶ月分の精が瞬時に溜まるSP3を何本も飲まされ、1年以上射精をしていないかのようになった友哉は、自分で自分が制御できなかったヤリたい、ブチ込みたい、膣内射精したいそんな欲求が彼のカラダ全体を支配していた「友哉君を連れて行くつもりなら、誰のお〇〇こが1番気持ちイイかで勝負よ1番気持ちイイお〇〇こに膣内射精してもらうの・・私が勝つに決まってるけど・・ふふふ」ヤリマという女はそんな大 [続きを読む]
  • 突然の絶頂 3  「ちょっと絶頂してきます」
  • 「いいか、みんなこいつら3人にさわるなよ!絶頂トリオに決してさわるなさわってしまうと突然絶頂する、とっても恥ずかしいヘンな症状が伝染るからな!」課長の声が社内に響き渡った社員たちはざわめき始めた「突然絶頂するって?」「なにそれ?」「絶頂ってことは・・・気持ち良くなるってこと?」「絶頂だから気持ち良さの最高潮よね?」「なんでそんな症状が始まったの?誰が最初?」「井川らしいぞ」「井川?海外出張から戻っ [続きを読む]
  • 突然の絶頂 2  「絶頂トリオ」
  • 井川が突然の絶頂状態から戻り、田中と智恵がひと安心?したところ智恵に異変が生じ始めた(え?・・・・な・・・なに・・これ?・・・・ぁ・・・あ・・・・あ!ああっ)智恵はよろけた(ちょっと待ってよ・・・これって・・・アノ時みたい・・・イク寸前みたいだわ・・)ヨロヨロしながら自分のデスクに戻ろうとしたが、あまりの気持ち良さにまっすぐ歩けなかった思わず近くにあったコピー機に寄りかかった(ああ・・・自分が自分 [続きを読む]
  • 突然の絶頂 1
  • その男は海外出張から帰って来たばかりだったなんだか体がおかしい・・・・・最初は時差ボケのせいかと思ったが、どうも違う気がするなにかムラムラするのだ「いやぁ・・どうも体がヘンだな・・」「寝ないで現地のオンナと遊びまくってたからじゃないのか井川」「いやぁ・・それはないよ・・本当にない」本当だった、真面目な彼は女遊びなどしなかった「井川さん、なんだか顔が赤いわね、熱があるんじゃないの?」そう言って冴島智 [続きを読む]
  • 迫り来る性欲 32 
  • 「じゃあな白井」「ええ、先輩・・また明日」夜8時の性欲を居酒屋のトイレで処理してしまった時岡は白井と別れドラッグストアに向かった「あいつといると先にトイレの個室を占領されて困るな・・なんで俺が人から見られる小便器に向かってしなきゃならないんだ・・あいつの排泄音を聞きながらするのもイヤだよああ・・もうあいつと一緒にいないほうがいいな・・」彼はドラッグストアでビールとティッシュを買った3時間おきに大量 [続きを読む]
  • 毎晩 あの液を出す いやらしい夫
  • 皆さんは毎晩、欠かさず出しますか?この女、いきなり何を聞くんだ とお思いのことでしょう?失礼をお許し下さいね出すって何を?とも思っているでしょうかでも男の人が出すって言ったら・・・アレしかないでしょ?それも「毎晩」と言ったら・・・さらにアレしかなくなりますよね?うふふ・・もう分かってますよね・・・そう・・・ア・レ・・夜・・男の人が出したくなる液・・・男の白い液体・・・男のエキス男が欲望の果てに快感 [続きを読む]
  • 夜・・あの人は何をしてるの? 2
  • 「す、澄川さん・・コピーできました・・」麻美は赤面しながら優一にコピーを差し出した片想いの彼に「これ、コピーしてくれます?」と言われた時点でドキドキしていたそして今、彼の指示通りにコピーをして、それを渡すために近づき、話す・・・ああ、うれしい彼と話すんだわ・・・もう彼女は舞い上がっていた昨夜、彼のことを何度考え、彼の顔を何度思い浮かべただろう・・・もう寝るまで離れなかった彼の愛おしい横顔今、それが [続きを読む]
  • 夜・・あの人は何をしてるの?
  • ああ・・あの人は今、何をしてるのかしら?・・・夜、麻美は窓の外を見ながら思った片想いの男性、澄川優一さんは今頃・・・何をしてるの?とっても優しい目をしていて、笑顔が素敵なあの人そして時折見せるあの寂しそうな横顔・・・あの人・・きっと1人なんだわ彼女はいないに決まってるああ・・優一さん・・・私・・あなたに恋してるの職場であなたと話せた日は私とても嬉しいのなにも話せなかった日はとてもがっかりしてしまう [続きを読む]
  • 女の桃に男のミルクをかける いやらしい夫
  • ああ・・私の夫・・もうご存知かと思いますが・・とってもいやらしいんです・・・前回夫が「み、見ろ・・・俺の射精する瞬間を見ろ・・・ぁあ・・・ああっ」と言って引き抜き、私のおっぱいにドックドクと気持ち良さそうに射精するということを書きましたが・・まだ続いているんですあれからも毎回のように「み、見ろ!俺の・・・俺の射精を見ろ!ううっ!」と言っておちんちんの先から男の白い液を発射する瞬間を、これでもかと見 [続きを読む]
  • 淫らな露茎(ろけい) 1
  • 「お先に失礼いたします」今週の勤めをしっかりと終えた彼は丁寧に挨拶をした「お疲れ様でした」挨拶を返してくれる女性社員に丁寧に会釈をして営業所を出た「ああ・・いい風だ・・」夕暮れの風が半袖姿の彼の肌を心地良く撫でた「宮地くんってマジメよね、あんなにしっかり挨拶するのもそうだけど普段も誰にでも敬語を使って、とっても丁寧に話すもんね」「そうね、いつ見ても優しい顔で見ると安心感がわくのよね」「・・・彼女い [続きを読む]
  • 守るために 2  「一刻も早く勃たせて!」
  • 彼は優秀なセールスマンだった今日も我が社自慢の製品を主婦層に売り込みに行くために一般家庭を訪問していた「いかがでしょう?このような機能がついている製品は我が社だけです」「なかなかいいわね・・・」「美恵子さん、何を見てるの?」「本当よ、お客さんの私たちを放っておいてセールスの人と話したりしてるのよ」奥さんに玄関で自慢の製品を説明していると、居間から近所の方と思われる女性2人が出てきた年は30代中頃か [続きを読む]
  • 守るために 1
  • 「緊急速報ですミサイルが発射されました、ただちに屋内に避難して下さい」某国のミサイルが発射されたただちに避難指示がラジオで流れた「来たぞ!」「ついに来たわね!」鮎川夫妻は家の中にいた今日は日曜だったので、午後3時でも夫妻は一緒にいることができた避難指示はさらに続いた「ミサイルは大人の女性だけを襲う有毒ガスを搭載しているようです、20歳未満の女性と全ての男性には被害がありません、大人の女性の方だけは [続きを読む]
  • 射精刑事 リターン 2  「オ〇ニー刑事登場」
  • 「極太、事件か!?」亀頭ボスはふくよかな極太刑事に聞いた「は?何がです?」「何がです?とは何事だ!おまえは前回の『射精刑事リターン』の最後で電話に出て、『ボス、事件です!』と言ってるじゃないか?前回の続きでいくと、おまえがどんな事件が起きたか言うのが普通だろう!」「前回?現実に前回も何もありませんよ」「バカもの!話が続いていないと読者が戸惑うだろうが!」「読者?何を言ってるんですボス」「小説と言う [続きを読む]
  • 射精する瞬間を私に見せる いやらしい夫
  • 「ああ・・美紀、出る・・・出るぅっ」射精寸前の夫があえいでいるいつもなら、私の中に気持ち良さそうに膣内射精する夫だが最近は違う射精寸前の最高潮に硬いペニスを抜き、そして「み・・見ろ・・・俺の射精する瞬間を見ろ・・・ぁあ・・・ああっ」そう言って私のおっぱいにドピュドピュと発射する今日もそうだ夫は私を3度イカせたおちんちんをズリュッと引き抜いた私の淫液でグチュグチュになっている勃起おちんちんは・・とっ [続きを読む]