チキン さん プロフィール

  •  
チキンさん: 群馬県ひとり旅日記
ハンドル名チキン さん
ブログタイトル群馬県ひとり旅日記
ブログURLhttp://chikintravel.seesaa.net/
サイト紹介文一人旅で訪れた群馬県の観光地・名所の紹介をしています。
自由文群馬県のあらゆる観光名所を網羅することを目標に頑張っています。
地域・カテゴリ検索もできるので、群馬観光の参考にしてみてください。

定番の神社・仏閣はもちろん、あまり大手が取り上げない小さな公園なども紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/10/18 20:12

チキン さんのブログ記事

  • 渋川八幡宮
  • 渋川市渋川にある神社。鎌倉にある鶴岡八幡宮から勧請して創建されたそうです。場所は渋川工業高校すぐ南にあり、正面の通り(上毛三山パノラマ街道)をまっすぐ西へ向かえば伊香保温泉へと至ります。小野池あじさい公園にもほど近く、渋川市街地の中心的観光地のひとつと言えるでしょう。私は事前情報無しに訪れたので驚いたのですが、神社は意外と言ったら失礼ですが立派で、神職の方も常駐している模様。もちろん境内に授与所も [続きを読む]
  • 綿貫観音山古墳
  • 高崎市綿貫町にある前方後円墳。6世紀後半に作られたとされ、墳丘長は約97mにも及びます。古墳周りは群馬県初の史跡公園として整備されており、芝と小石の敷き詰められた小綺麗な空間となっています。もっとも施設としてはベンチと東屋くらいしかなく、あちこち見て回るような場所ではありませんね。古墳は綺麗に手入れされており、階段も設置されているので実際に登ってみるとよいでしょう。石室は群馬県最大規模らしいのです [続きを読む]
  • 観音山(高崎市)
  • 高崎市役所から南西方向に進んだ先にそびえる山が、観音山です。「ぐんま百名山」のひとつであり、山中には高崎白衣大観音や清水寺などがあります。観光名所である白衣観音があることもあり、純粋な登山目的で訪れる人はあまり多くないかもしれませんね。ちなみにこの山の三角点は白衣観音の裏手を更に進んだ先にあるので、山頂を目指す人は見落とさないよう注意してください。慈眼院の参道付近は土産物屋が軒を連ねて賑やかですが [続きを読む]
  • 万徳寺(石山観音)
  • 伊勢崎市下触町にある真言宗のお寺。こちらは一般に「石山観音」として知られ、北関東随一とされる馬頭観音が有名なようです。場所は伊勢崎市と前橋市の境近くにあり、少し小高い丘となっています。山門は仁王門となっており、その直線上に大鰐口と観音堂が並んでいる感じ。観音様は外からは観れませんでしたが、お堂は小さいながらもしっかりとした佇まい。その裏手には巨石群が見られ、なかなかに神秘的な空間。恐らく「石山」と [続きを読む]
  • 清水寺(高崎市)
  • 高崎市石原町にある真言宗の寺院。かの坂上田村麻呂が京都の清水寺から勧請、開基したと伝えられる由緒あるお寺です。場所は観音山の中腹にあり、すぐ近くに白衣観音で有名な慈眼院や洞窟観音などがあり、この辺りは高崎市でも随一の霊場となっています。また、アジサイの名所としても知られ、長い石段の両脇には約300株のアジサイの花が見られるそうです。残念ながら私が訪れたときはほとんど咲いていませんでしたが。境内はか [続きを読む]
  • 【コラム】雨の日でも旅行は楽しめる
  • 全国的に梅雨真っただ中ですね。群馬県は全国平均に比べると、やや年間降水量は少ない方だといわれています。それでもやはりこの時期はぐずついた天気が多いですよ。旅行が趣味の人間にとって、この梅雨時はかなり憂鬱な時期じゃないでしょうか?私も雨の日は基本的に出かけるのが嫌になり、家に引きこもることが多かったです。でも、雨の日に出かけるのも意外と楽しいものだと最近気づきました。確かに雨の日は服や髪が濡れるし、 [続きを読む]
  • 小野池あじさい公園
  • [小野池あじさい公園] ブログ村キーワード渋川市渋川にある公園。県内有数のアジサイ園として知られ、シーズン中に催される「あじさいまつり」期間中には大勢の観光客が訪れるそうです。園内に植えられているアジサイは約8,000株。散策路周辺や川沿い、丘陵部斜面に色とりどりのアジサイの花が見られ、開花期にはとても見ごたえがあります。特に私が訪れた日は雨が降っていたのですが、雨露に濡れる花々にかなり風情を感じました。 [続きを読む]
  • 八王子山公園墓地
  • 太田市西長岡町にある市営の公園墓地。八王子丘陵の中にあり、公園部分には芝生エリアや日本庭園があります。こちらはその名が示す通り、多くが一般の方の墓地となっています。なので、観光地として紹介すべきか大いに迷ったのですが、「八王子丘陵ハイキングコース」に含まれていることなどから掲載することにしました。皆さんもこちらを訪れる際は、くれぐれもむやみに霊園エリアに立ち入らないようお願いしますね。まずここの見 [続きを読む]
  • 赤堀せせらぎ公園
  • 伊勢崎市堀下町にある公園。粕川岸の緑地帯に造営されており、その名の通り川や水路のせせらぎを楽しめる親水公園です。園内は割とシンプルな遊具公園ですが、緑地が多いのが特徴的。そして何より、粕川を眺めたり実際に川に入って水遊びもできるようになっています。夏場はかなり心地よく、子供だけでなく大人も楽しめる場所ですね。園内にはキャンプ場もあり、手軽にアウトドア体験もできます。ここなら里の中だし、山中でキャン [続きを読む]
  • 荻窪南公園(荻窪城址)
  • 前橋市荻窪町にある公園。荻窪公園のすぐ南にあるので、混同しないよう注意が必要です。ぶっちゃけ私は、荻窪公園に行くつもりで間違えてここを訪れてしまったんですね。この公園は南北に細長く、木道の敷設された池がメインとなっています。もっとも池自体はそれほど大きくなく、あまり魚とかもいそうにないですね。また、花菖蒲や蓮も見られなかったし、いわゆる水生植物園という風情はありませんでした。この場所には元々、大胡 [続きを読む]
  • 二宮赤城神社
  • 前橋市二之宮町にある神社。全国に赤城神社はたくさんありますが、その中でも中心に位置づけられるうちの一社です。この神社がひと際存在感を放つのは、やはりその社名ですよね。「二宮(にのみや)」。これは文字通り、二番目の宮という意味に類推されます。赤城神社の本宮を巡っては、同じ前橋市内の「三夜沢」、「大洞」が候補として挙げられます。しかし、どれが一宮かは分からないが、少なくとも二宮はうちだとする潔さは個人 [続きを読む]
  • 荻窪公園
  • 前橋市荻窪町にある公園。道の駅「赤城の恵」内にあり、「あいのやまの湯」という日帰り温泉や農産物直売所も併設されています。こちらの見どころといえば、やはり約16,000株にも及ぶ紫陽花(あじさい)でしょう。私が訪れた6月上旬にはほとんど咲いていませんでしたが、シーズンには散策路周辺が青や紫の綺麗な花びらで彩られるそうです。また、蛍(ホタル)が見られる公園としても有名で、ちょうどアジサイとほぼ同じ時期に蛍が [続きを読む]
  • ラブリバー親水公園うぬきの桜(お花見)
  • 伊勢崎市にある「ラブリバー親水公園うぬき」。こちらは、桜の開花シーズンには見事なお花見スポットとなります。伊勢崎市で最も有名なお花見スポットは恐らく華蔵寺公園ですが、そこからすぐ近くの場所にもこれだけ多くの桜が見られる公園があるのですね。特にここは舗道沿いに連なる桜並木が特徴的で、かなり広範囲でお花見を楽しむことが可能。川沿いの菜の花との競演も春らしくて素敵ですね。ベンチもたくさんあり、芝生エリア [続きを読む]
  • 箕郷梅林
  • 高崎市箕郷町にある梅林。箕郷は「みさと」と読みます。こちらは「榛名梅林」、「秋間梅林」とともに群馬三大梅林の一つです。梅の本数は約10万本とされ、三大梅林の中では2番目みたいですね。ただ、私は訪れた時期が早かったためか、他の2か所と比べてそこまで迫力は感じませんでした。単に梅林に見慣れてしまったせいかもしれませんが。こちらの特徴として、遊歩道沿いに河津桜も多く植えられていることでしょうか。あと、や [続きを読む]
  • 東武トレジャーガーデン
  • [東武トレジャーガーデン] ブログ村キーワード館林市堀工町にある庭園施設。こちらはいわゆる西洋式ガーデンで、特に春の芝桜やネモフィラ、バラが有名なようですね。園内はかなり広く、季節によって様々な花を楽しめるようよく計算されている印象。やはり基本は西洋庭園だけあって、ほとんどが西洋品種であることにもこだわりを感じられます。入場料は時期や開花状況によって変動する模様。私が訪れたときは大人1,000円でしたが、 [続きを読む]
  • 【コラム】2016年に訪れた群馬の観光名所トップ10
  • 今年も去年と同様、今年訪れたおすすめ観光名所トップ10を発表したいと思います。2016年は旅行回数自体は減りましたが、ずっと行きたいと思っていた場所をいくつも訪れることができたので概ね満足できました。よかったら参考にしてみてください。※去年(2015)年の結果はこちら。【1位】鬼押し出し園(嬬恋村)神秘的で雄大な景色にとにかく圧倒されました。有名観光地にも関わらず、職員の方の接客がとても丁寧だったのも好印 [続きを読む]
  • 碓氷関所跡
  • 安中市松井田町にある関所跡。中山道に置かれ、江戸時代には関東入国の関門として特に重要視されたそうです。とはいえ、実際に訪れてみるとなんとも寂しい印象。関所は明治時代に廃止され、当時の建築物は現存していません。現在見られるのは昭和34年に復元された東門と柱などであり、それも当時の場所ではないのだとか。ただし、群馬県民なら誰もが知る「碓氷峠の関所跡」。実際に大規模な関所や宿場がこの地にあったことを確認 [続きを読む]
  • 麻苧の滝
  • 安中市松井田町にある滝。読み方は「あさおのたき」です。JR横川駅の南西方向にあり、駅からも徒歩圏内なので訪れるのは比較的容易ですね。ただし、当然ながら滝自体は山中にあります。もちろん道中は散策路が整備されてはいるのですが、やや傾斜がきつかったりほとんど舗装されていません。足の悪い人は行くのを控えたほうがいいでしょう。麻苧の滝は古くから山岳信仰の場とされ、「麻苧七滝」という七つの滝が見られるそうです。 [続きを読む]
  • 碓氷湖(坂本ダム)
  • 安中市松井田町にある人口湖。碓氷川に建設された坂本ダムによって形成されています。私は同じく安中市内にある「めがね橋(碓氷第三橋梁)」に行く途中にたまたま立ち寄ったのですが、思ったよりも素晴らしい場所でした。湖周りにはカエデの樹が植えられ、周辺の山々にも紅葉が見られます。むしろ純粋な紅葉狩りなら、めがね橋よりも楽しめるんじゃないでしょうか。湖自体はそれほど大きくありませんが、湖を一周する形で散策路が [続きを読む]
  • 群馬県立歴史博物館
  • 高崎市綿貫町、群馬の森公園内にある歴史博物館。県立近代美術館に隣接し、外に出ずとも双方行き来できます。(別料金)やはり県立施設だけあって、こちらは歴史博物館・資料館としては県内随一の充実度。展示内容は群馬県地域を中心とした歴史資料を中心としており、ジオラマや映像を多用しているのが特徴的。時代も古代から近現代と多岐に亘っており、順路をたどれば自ずと群馬の歴史を追体験できるようになっています。特に古代 [続きを読む]
  • めがね橋(碓氷第三橋梁)
  • 安中市松井田町にある煉瓦アーチ橋。長さ91m、高さ31mにも及ぶ、我が国最大の煉瓦アーチ橋です。とても壮観な姿ですよね。こちらは明治25年に完成し、長く鉄道が通っていましたが、新幹線開通に伴って現在は廃線となっています。まさに在りし日の一時代を象徴する建造物と言えるでしょう。現在、こちらを含めた廃線跡は「アプトの道」として整備されています。実際に橋の上に登ることができ、かつて汽車が走っていた道を歩 [続きを読む]
  • 群馬県立近代美術館
  • 高崎市綿貫町、「群馬の森公園」内にある美術館。群馬県初の県立美術館として開館し、隣には「群馬県立歴史博物館」が設置されています。館前の広場には様々な彫刻が展示されており、外観を眺めるだけでもなかなか楽しめます。もちろん内部の展示作品も素晴しいですよ。群馬出身の作家や現代美術作品が多いですが、モネやムンクやルノワールなど、超ビッグネームの作品も展示されています。これでコレクション展示は300円で見ら [続きを読む]
  • 群馬の森公園
  • 高崎市綿貫町にある県立公園。こちらは「明治百年記念事業」として整備された、緑豊かで広大な複合公園です。この場所はかつて陸軍の火薬製造所があった場所だそうで、終戦後に閉鎖されたその跡地を利用しているのだとか。明治38年には日本初のダイナマイト生産が開始され、いわば日本におけるダイナマイト発祥の地と言えます。公園内にはその史実を記念し、「ダイナマイトの碑」なるものが建立されていますね。とにかく敷地面積 [続きを読む]
  • 【コラム】群馬はかつて東国文化の中心地だった
  • 今でこそグンマーとか言って、僻地の代表格のようにいじられる群馬県。ところが歴史上、長く群馬(上州)はかなり文化的に進んだ地域だったことをご存知でしょうか?例えば古代日本を象徴する、古墳。これは群馬県に、明らかになっているだけでも8,400基以上の存在が確認されています。この数と質は東国では圧倒的です。奈良時代に造られたとされる群馬の国分寺には、全国最大規模の七重塔があったそうです。また、平安時代には、 [続きを読む]
  • 竹久夢二アトリエ
  • 高崎市、榛名湖畔の宿記念公園内にあるミニ資料館。こちらは大正ロマン画家として知られる竹久夢二が、かつて榛名湖畔に設けたアトリエを復元したものです。建物は2階建てで、実際のアトリエは1階部分となります。アトリエには竹久夢二の作品の複製品3点ほどと、彼と建物に関する簡単な資料が展示されていました。2階は和室となっており、何かのコンテスト入賞者と思しき女性の写真などが飾られていました。建物自体はごくごく [続きを読む]