ふかぶん さん プロフィール

  •  
ふかぶんさん: 季節心地配達人のブログ
ハンドル名ふかぶん さん
ブログタイトル季節心地配達人のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/cbun5202
サイト紹介文季節心地配達人が気になった事を気ままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/10/20 19:20

ふかぶん さんのブログ記事

  • 「泡がブクブク都久夫須麻 湖の底から龍神が」
  • 「泡がブクブク都久夫須麻湖の底から龍神が」Tさん、お疲れ様ご苦労様でございました。また大変お世話になりました。先月のある深夜、霊夢をみました。お寺かお城か解りませんが日本間の大広間に座っていました。正面に大きな襖が六面あります。そこには不思議な文字、今から思い直すと水茎文字のようでした。が墨で六面共一杯に文章が書かれています。読みことは出来ません。意味もわかりません。その右端の襖の前に一人のご婦人 [続きを読む]
  • 余談の余談?
  • 月も変わったので先月UPした○○神社に行きました。で参拝した神社のお名前を出そうとgoogleのタイムラインを確認したところ参拝した神社は「御上神社」「小汐井神社」の2箇所だけになっていました。なんでしょうね??(^^)とりあえず御上神社の写真を1枚あげておきます。なんにもなしの             ふかぶん。m(__)m [続きを読む]
  • 清祓いの祝詞
  • さぬき市寒川町大蓑彦神社。大水彦神(大水上神)と同義らしい。寒川比古、寒川比女の親神でもあるようだ。拝殿の前で清祓いの祝詞を上げる。清祓いの祝詞イー・エー・オー・ウー・アー          三回 ト・ホ・カ・ミ・エ・ヒ・タ・メ高天原に神留り坐す皇御親の神イザナギノミコト諸神禊の大水の時に成り坐せる神、ヤソマガツヒノカミ、オオマガツヒノカミ、カムナオヒノカミ、オオナオヒノカミ、イズノメノカミ、ソコ [続きを読む]
  • 一部訂正?
  • 最後の◇◇◇神社でお見送りをしていただいた神様について、Yさんが確かに気品もあり高貴な感じはしていたけどお衣装からしてお姫様という感じではなかった?というお話がありました。お歳は30歳後半から40歳くらい?でお子様がおられるような、落ち着いた感じで姫様というよりお付きの方?お世話をされている乳母のようだったと言われました。意識を飛ばしてみると確かに姿形は?そう能に出てくるオミナのような髪形をされている [続きを読む]
  • 余談かな?
  • p { margin-bottom: 0.25cm; line-height: 120%; }余談かな?Googlemapで今回の移動経路を確認したところ、なんと最初にいった神社が抜けていました。1時間30分程ドライブして次の神社に行ったことになっていました。そういえばそこの神社の駐車場からでてYさんの携帯に私のもう一つの番号でコールしようとしましたが誤作動でコールできませんでした。Yさんもここの神社では私の携帯もおかしくなるんですと言われてました。恐るべ [続きを読む]
  • ◯◯神社に行くことにしました。
  • 先月の25日の朝方の夢の中に白衣、白髭の杖を持った老人が出てきました。手には古い文書のようなものを持ちそれを開いています。今までに何度も何度も夢の中で見てきた光景です。それまでは私がその文書を覗きこもうとするといつもその瞬間に消えていました。確かに何か文字のようなものが書かれておりました。しかし良く見ようとすると消えて見えませんでした。先日の夢の中ではある頁にかかれている文字?模様?が見えました。そ [続きを読む]
  • 一ヶ月ぶり?にW氏に会いました。
  • 一ヶ月ぶり?にW氏に会いました。「お疲れ様、ご苦労様でした。」「ご無沙汰です。終わりました・。ありがとうございます。 あのう、やはり無理でした。」「うん、私は無理だと言ったんだが、あなたの望みもあったし私の後ろの人がなんとかするからというので」「そうでしたね。言われてましたね。その場ではそのことを忘れていました。ありがとうございました。」「私もあなたも経験したことだが、耐えきれなかったんだね。一人 [続きを読む]
  • ん?この香りは
  • 頓証寺本日のノルマも終わり頓証寺の天狗さんにご挨拶。駐車場に着き車から降りると、甘い?酸っぱい?フルーツのような香りが?「何だ?良い香りがするな。良い匂いが香りで、それ以外は匂いって言ってたかな・」「でも少し楽しいぞ、なんかリラックスできそう」と独り言正体はこれでした。杉脂でした。太陽の光を受けてキラキラ琥珀のように輝いていました。あれっ、確か杉の脂が琥珀になるんじゃなかったかな?当然か。また周り [続きを読む]
  • 散策中の事
  • 近くの森林公園を散策しています。新緑とヤマツツジの赤色が鮮やかに目に映ります。木々の中を歩いていると一閃の風が吹きます。帽子の上に木の葉が舞ってきます。木の葉を右手で払い除けます。手に木の葉の感触はありません。「あれっ、落ちてこなかったのか」百会を真ん中にして10センチくらい円形に何かで撫でられた気がします。歩きます。ふと気がつくと頭の上が涼しい。「帽子は被ってるな。なんでだ?」先程の撫でられた辺り [続きを読む]
  • 霊衣の修復
  • この度のご神業の報告とお礼に西照神社へ参拝に行きました。拝殿の前でご挨拶、報告熊野神社の前で再度、ご報告をしているとき、イザナギ、イザナミの大神がイザナミオオカミ「この度の神業ご苦労様でした。あなたにとってはつらいお役目になりましたね。本当に感謝しています。」心の中に聞こえました。その時、雨が降り出しました。イザナミオオカミ様の涙のようでした。続けて「大窪寺のいつもの場所に用意してあります。傷つい [続きを読む]
  • 昇墜は
  • 自心迷うがゆえに六道の波鼓動し心原を悟るがゆえに一大の水澄静なり近うして見難きは我が心細にして空に遍ずるは我が仏なり我が仏は思議し難し、我が心は広にして亦大なり昇墜は他の意に非ず、衰栄は我が是非なり              秘密曼荼羅十住心論より                     ありがとうございます。なんにのなしのふかぶん。m(__)m         [続きを読む]
  • 再掲 創造、本々元々
  • 前回の転生の記憶が蘇ったあと、もっと以前のことも思い出しました。今回新たに以前の体験とは少し異なる体験をしました。以前はその風景状況を3D映画のように見せられた。見ていた。のですが今の記憶では間違いなく龍と共に飛翔していました。どの時点のどの龍体かはわかりませんが。下に以前のブログを再掲しておきます。はじまりは、混沌も光も、闇も、時間も、何も無い。永遠の様な時間?がたち、ある空間?としかいえない空間 [続きを読む]
  • 転生の記憶
  •  運転中、不意に頭の中にギリシャ風神殿の階段の最上部に一人の白い衣装の女性が立ち、両掌を下に向け階下を見下ろしている姿が浮かんだ。よく見るとその女性の衣装は上下に別れ緑にも赤にも見える縁取りがされていた。階下には白い貫頭衣や様々な格好の多くの人々が女性を見上げている。涙を流しながらその女性の名を口々に叫んでいる。彼女は「さあ、行きなさい。そして生きるのです。」と多くの人々に告げた。そして少し離れた [続きを読む]