偏平足 さん プロフィール

  •  
偏平足さん: 偏平足
ハンドル名偏平足 さん
ブログタイトル偏平足
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bosatu2014
サイト紹介文OCNから引っ越してきました、山の石仏を案内するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2014/10/20 20:29

偏平足 さんのブログ記事

  • 石仏751高旗山(福島)宇奈巳呂和氣神
  • 高旗山(たかはたやま) 宇奈巳呂和気氣社(うなころわけじんじゃ)【データ】高旗山 967メートル▼最寄駅 JR東北本線・郡山駅▼登山口 福島県郡山市逢世町多田野の源田温泉▼石仏 高旗山山頂、地図の赤丸印。黒丸は登山口▼地図は国土地理ホームページより【独り言】三森峠への道から分かれて、源田温泉からさらに続く林道途中の高旗山登山口に古い案内が立つ。下半分は風化して読めないが、上部には「宝亀庚申 按察使と [続きを読む]
  • 石仏番外 コッツウォルズ紀行⑨セントメアリーチャーチ
  • イギリス・オックスフォードシャー州のオックスフォード【独り言】セントメアリーチャーチは、オックスフォードでもカレッジが集まる街の中心にあります。ここの時計台に登りました。街を見渡せるのが人気で順番待ちです。というのは階段や塔の展望部分が狭いため登りも下りも同じ階段の一方通行、前のグループが降りてくるまでまたなければなりません。それも長い階段ですから順番待ちも長くなります。 上から見て気付いたのは、 [続きを読む]
  • 石仏番外 コッツウォルズ紀行⑦オックスフォード
  • イギリス・オックスフォードシャー州のオックスフォード 【独り言】オックスフォード観光の1日目は、建物の壁などに組み込まれた装飾物を探しながら、終日上を向いて歩きました。それは教会では良く見かけ、普通の建物にもたくさん見つけられました。そのいくつかを紹介します。 街中では工事現場にも出くわしました。驚いたのは古い建物を改装する工事。取り壊すことなく、リフォームして再生しようとする工事が多かったことで [続きを読む]
  • 石仏番外 コッツウォルズ紀行⑥ブロードウェータワー
  • イギリズ・ウスターシャー州のブロードウェー【独り言】ブロードウェーのタワーがある丘は標高312メートル。丘陵が続くコッツウォルズでは二番目に高い場所になりますが、広い丘なので高いという感じはありません。塔に登ってみると高いという実感がわくそうです。しかし塔に着いたのは午後5時。ちょうど営業終了の時間でした。 このタワーは見張り台として建築された塔なので、宗教的な彫刻や装飾はありません。何かないかと見 [続きを読む]
  • 石仏番外 コッツウォルズ紀行⑤バイブリー
  • イギリス・グロスタシャー州のバイブリー【独り言】コッツウォルズの家はどこも石造り。家ばかりでなく塀も橋も牧草地の境界も石を積んで造られていました。道路脇の石積みはどこまでも延々と続きます。その石は蜂蜜色といわれている薄明るくかつ落ち着いたブラウン系。そんな石の家がならぶ美しい集落はコッツウォルズのどこにでもありますが、そのなかで一番美しいといわれているのがバイブリー。 バイブリーを訪ねて感じたのは [続きを読む]
  • 石仏番外 コッツウォルズ紀行④バース寺院
  • イギリス・サマセット州のバース【独り言】バースの街の中心部に建つバース寺院は修道院。寺院に用意されていた日本語パンフレットにはBath Abbeyとありました。Abbey(修道院)もChurch(教会)も区別がつかない私ですから、修道院の建物に組み込まれた人物彫刻などまったくわかりません。ただこの寺の名物であるヤコブの梯子を登る天使を見たいと訪ねました。ヤコブはイスラエルの祖とされる人(ヤコブは他にキリストが福音を伝 [続きを読む]
  • 石仏番外 コッツウォルズ紀行②ストーンヘンジ
  • イギリス・ウィルトシャー州のストーンヘンジ【独り言】5000年前から造り出されたとされるストーンヘンジは、中央の巨石群を大きく囲む穴・オリーブホールやその外側の土塁などから始まったといわれています。中央の巨石群を構成する5つのトリリトン(門型の組石)と、それを囲むリンテル(まぐさ石)でつながれたサーセンサークル(環状の柵)から出来た巨大でかつ精密な組石遺跡は、4000年前のものとされています。 その巨石群 [続きを読む]
  • 石仏番外 コッツウォルズ紀行①エイブベリー
  • イギリス・ウィルトシャー州のエイブベリー【独り言】エイブベリーは4500年前に造られたとされているイギリス最大のサークルストーン。 それは車が走る道路脇の牧草地に突然見え出した大きな石の集まりでした。しかし巨石の間に家もありヒツジもいるので、これが世界遺産のエイブベリーと気付くにはちょっと時間がかかりました。さらに早朝のため駐車場に車も人影もなく、案内板を見てここがエイブベリーであることがわかったぐら [続きを読む]
  • 石仏番外 コッツウォルズ紀行(イギリス)序
  • コッツウォルズ紀行・序【独り言】娘とその家族が住むオックスフォードを中心に、娘婿の案内でイギリス南部の丘陵地帯・コッツウォルズを旅してきました。ヒツジが草を食む牧草地と小麦畑がどこまでも広がるこの地方に山はありません。一番高いところで標高330メートルのクリーブヒルです。今回は二番目に高いブロードウェーの塔が立つ丘と、ちょっとした山登り気分が楽しめるグランストンべリーに登りました。 そこでしばらく山 [続きを読む]
  • 八千代新川千本桜17−09
  •  新川土手はすっかり秋模様。近くの田んぼでは稲刈りが始まりました。8月26日、今年も新川の花火大会が行われました。いつも楽しみにしている花火ですが、今年は石仏公開講座のため見られませんでした。残念! その花火に合わせて会場近くの土手の草刈りが行われます。このとき梅雨どきに植えたアジサイはさほど成長していないため、雑草と一緒に刈り取られます。しかし今年は残っていました。草刈りを担当している環境緑化公社 [続きを読む]
  • 屋上菜園 夏野菜終焉
  •  8月末からイギリス旅行で留守にするため、屋上野菜のトマトやモロヘイヤは切り詰めてしまい、ナス・インゲン・オクラはそのままにして出かけました。留守の間、ネットで八千代の天気を見ていると連日雨模様。 今日帰って屋上に上がってみると、野菜はへたれてすっかり秋・秋霖でした。今年の夏はどうしたんでしょう。結局なかったようです。元気だったのはゴミかごから芽を出したアサガオ。この青の原始的なアサガオは、あまり [続きを読む]
  • 地域史の再検討
  •                平成29年7月発刊村上昭彦氏から『地域史の再検討』をいただきました。千葉県八千代市の八千代郷土史研究会を立ち上げ、永年に渡って地域研究をけん引してこられた村田一男氏の喜寿記念論集です。村上氏はその編集委員長として、この本の編集に奔走されました。 【目次】〈喜寿記念論文〉  村田一男 「壱挺切念佛」考〈考古資料の諸様相〉 常松成人 新川流域の縄文時代遺跡 高花宏行 八千代 [続きを読む]
  • 石仏番外 大山(神奈川)不動尊道標
  • 大山(おおやま) 不動尊道標(ふどうそんみちしるべ)【データ】大山 1252メートル▼最寄駅 小田急小田原線・伊勢原駅▼登山口 神奈川伊勢原市日向▼石仏 日向から大山への道の途中、地図の赤丸印▼地図は国土地理ホームページより【独り言】 大山の東、伊勢原市日向からの大山道は阿夫利神社に直接出る道。日向川沿いに日向薬師、浄発願時、石雲寺などがある谷間の道です。この道を辿った大山信仰の人たちがどれほどいたの [続きを読む]
  • 石仏番外 大山(神奈川)町石
  • 大山(おおやま) 町石(ちょうせき)【データ】大山 1252メートル▼最寄駅 小田急小田原線・伊勢原駅▼登山口 神奈川伊勢原市大山▼石仏 大山参道女道、地図の赤丸印▼地図は国土地理ホームページより【独り言1】 女道の町石 丹沢の名峰・大山へは、街外れから阿夫利神社までケーブルカーが架かっています。これと並行してかつての登山道、尾根を登る男坂と谷を歩く女坂が登っています。女坂は石仏の道でもあり、地蔵が目 [続きを読む]
  • 石仏750関原峠(山梨)馬頭観音
  • 関原峠(せきはらとうげ) 馬頭観音菩薩(ばとうかんのんぼさつ)【データ】  關原峠 850メートル▼最寄駅 JR中央本線・甲府駅▼登山口 山梨県中央市關原▼石仏 登山口と峠の中間、地図の赤丸印▼地図は国土地理ホームページより▼この案内は拙著『里山の石仏巡礼』(平成18年、山と渓谷社)から転載したものです【里山石仏巡礼33】  甲府市の南にある豊富村は養蚕の村、かつては桑畑が山麓まで広がっていた。村の南に [続きを読む]
  • 石仏749花咲山(山梨)金精様
  • 花咲山(はなさきやま) 金精様(こんせいさま)【データ】  花咲山 761メートル(国土地理院の地図に山名無し。大月市花咲の北のピーク)▼最寄駅 JR中央本線・大月駅▼登山口 山梨県大月市浅利▼石仏 花咲山山頂、地図の赤丸印▼地図は国土地理ホームページより▼この案内は拙著『里山の石仏巡礼』(平成18年、山と渓谷社)から転載したものです【里山石仏巡礼32】  一月の中旬、大月市近郊で梵天飾りを、花咲山では [続きを読む]
  • 日本の石仏162
  • 2017年8月■発行・日本石仏協会  〒224-0037横浜市都筑区茅ヶ崎南1−3−10−409(前川) ℡045‐943‐4409■発売・青娥書房 〒101‐0051東京都千代田区神田神保町2−10−27 ℡03‐3264‐2023■2000円+税【表紙】越中立山極楽浄土・富山県立山の室堂(田中英雄)【写真】聖観音・京都市左京区修学院の赤山禅院(金子治夫)【’17日本石仏協会写真展より】▼道祖神−祝言1・群馬県神流町(青木安勝)▼道祖神−祝言2・群 [続きを読む]
  • 山小屋日記34
  • 【小屋仕舞い…か】 夏草が生い茂った山小屋前の牧草地跡に重機が入りました。前から聞いていた太陽光発電の設置工事が始まったようです。ここは南向きの緩斜面ですから、太陽光発電には最適な場所です。自然エネルギを活用しようとしているこの国ですから、里山や畑をつぶして太陽光発電装置を設置するのは何の問題もありません。まして東電の原発事故で放射能汚染された阿武隈山系ですから、申請すれば認可にそれほど手間はと [続きを読む]
  • 石仏748大菩薩峠(山梨)聖観音菩薩
  • 石仏748大菩薩峠(山梨)聖観音菩薩大菩薩峠(だいぼさつとうげ) 聖観音菩薩(しょうかんのぼさつ)【データ】  大菩薩峠 1900メートル▼最寄駅 JR中央本線・塩山駅▼登山口 山梨県甲州市上萩原の裂石▼石仏 上日川峠、地図の赤丸印▼地図は国土地理ホームページより▼この案内は拙著『里山の石仏巡礼』(平成18年、山と渓谷社)から転載したものです【里山石仏巡礼31】  上日川峠の長兵衛山荘に泊まった翌朝、窓から [続きを読む]
  • 屋上菜園 遮光スダレ
  •  7月下旬から関東地方は戻り梅雨状態で、そのまま8月に入りました。昨夜は台風の影響か土砂降りだった八千代台、今朝は曇り空です。いまミニトマト、モロヘイヤ、オクラが最盛期です。 今年の関東地方、7月は初めから梅雨はなかったような猛暑の連続でした。そのため屋上は旱魃状態で、7月中旬に3日ばかり山へ出かけるとき野菜をどうしようか考えました。過去にいろいろ試したことがあって、遮光ネットを取り付けたこともあ [続きを読む]
  • 八千代新川千本桜17−08
  •  7月中旬に「千本桜の支柱が切られた」という情報が入りました。早速見に行きましたら、いつも手入れしている場所の被害はありませんでした。桜を植えたころは、桜木そのものが切られたりする悪戯がありましたが、大きくなったいまは少なくなっていました。新川の土手は、散歩する人、ジョギング、サイクリング、野良猫の世話、釣り、学校帰りの学生、農作業の人などが行き交います。ときとき悪戯する人も通ります。 ところで桜 [続きを読む]
  • 石仏番外 中吾妻山(福島)吾妻大権現
  • 中吾妻山(なかあずまやま) 吾妻大権現(あずまだいごんげん)【データ】 中吾妻山 1930メートル▼最寄駅 JR磐越西線・猪苗代駅▼登山口 福島県猪苗代町若宮の金堀集落▼石仏 奥ノ院、地図の赤丸印。青丸は唐松沢の宝剣▼地図は昭和43年発行国土地理院1/5万分地図より【独り言】 吾妻にはいろいろなコースから入りましたが、中吾妻山の山中にある吾妻山修験の奥ノ院だけが残ってしまいました。アプローチが長いのと、 [続きを読む]
  • 石仏747 中吾妻山(福島)姥神
  • 中吾妻山(なかあずまやま) 姥神(うばがみ)【データ】 中吾妻山 1930メートル▼最寄駅 JR磐越西線・猪苗代駅▼登山口 福島県猪苗代町若宮の金堀集落▼石仏 奥ノ院への道の唐松沢手前、地図の赤丸印。奥ノ院近くの山中、地図の青丸印。緑丸はヤケノママ▼地図は昭和43年発行国土地理院1/5万分地図より 【案内】吾妻山修験の奥ノ院は、広大な吾妻山中中津川支流の上権現沢源頭にある。中吾妻山の北西の谷間で、かつては [続きを読む]