ミニ四駆 SFM最速を目指して さん プロフィール

  •  
ミニ四駆 SFM最速を目指してさん: ミニ四駆 SFM最速を目指して
ハンドル名ミニ四駆 SFM最速を目指して さん
ブログタイトルミニ四駆 SFM最速を目指して
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/monsieur_mini4d
サイト紹介文ミニ四駆第二世代が第三次ブームで再加熱 SFMシャーシを最速にすべく日夜仕事もそこそこにミニ四駆に
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/10/21 23:44

ミニ四駆 SFM最速を目指して さんのブログ記事

  • 雑記&プチ告知
  • 生活リズムが真人間。どうもラークです。体使う仕事が増えて体力削られてるんですかね。というわけでSFM、旧FM使いに超嬉しいニュースが飛び込んできましたね!2mm中空ペラシャの通常販売再開!!!ロット生産の為プレミアで、500円や1000円普通にしていたのでこれは嬉しい。2mm中空はピンうちに使ったりもできるので出れば争奪戦必至の品だったので、SFMユーザーは助かりますね。もっと早くや [続きを読む]
  • 充電器のおはなし―おくればせながら話題のNT−1000試してみた
  • お久しぶりですどうもラークです。いやー、忙しい。実は仕事がいま3つ掛け持ちで、なかなかブログを書く時間がつくれません。ひとつはホビー関係なので趣味反面ですが、やっぱり時間には追われますね。遅くまで資料作りなどなどしていると起きてる癖がついて、寝てもいい時間に寝られません。ツイッターもやってるので、いきてんのかあいつ?と思ったら検索してみてください。知らんヒトからのDMとか、記事公開してない方は [続きを読む]
  • 電圧チェッカー作ってみた
  • Dlifeにはめられデスパレートな妻にはまってるどうもラークです。現実でもスーザンみたいな女に引っかかるから恋愛嫌いになる模様。たしかあの女優さん007にもでてたような。というわけでHuluでデスパレートな妻たち見ながらこんなん作ってみました。放電機能付きお手軽電圧チェッカー!ミニ四駆仲間が、昔タミヤから出てたニッカド放電器に電圧計付けた物を持っていて、入る電圧をチェックし、充電した電池を [続きを読む]
  • ラジコン充電器のミニ四駆使用入門
  • 久々の更新どうもラークです。やる気出したところで急用でストップか買ったり予算がなく思いきりミニ四駆できなかったりでモチベーションが高まらず、あんまりミニ四駆やってませんでした。そんな中でも熱中してるのは充電器の補強。電池を長持ちさせるためにもスピードの面でもラジコン用の充電器の購入を考えています。エナジャイザーがあればそれを買えば簡単に十分な充電ができたんですが、製造中止に。オリオンのEZチャ [続きを読む]
  • 質問回答‐SFMのクラウンギアについて
  • ミニ四駆本来の楽しみ方を見つけてブログがおろそかになっているどうもラークです。薄々感づいてはいたんですがレースよりはタイムアタックが好きですね。スピード出すだけなら、まだまだ足りないですがやっと人並みには出るようになってきたのですが、レースは当たるタイミングとかを予想して電池仕上げたり、マシンを仕上げるのとはまた別な技術が必要になってくるようです。そこらへんの感覚を掴んで勝ってる人たちはほんとに [続きを読む]
  • 第三回STV杯ミニ四駆大会 最終レイアウト
  • ネット不調で更新できずのどうもラークです。Google開くのは瞬時なのにYahoとなると3,4分かかる。ぶっちゃけこれ書いてる間も読み込み中です。というわけで徹夜で仕事後ミニ四駆と思ったんですが、思いっきり寝てしまって夕方に。走らせるのはいいけどとりあえずSTV杯のレイアウトだけ確認しようとホームコースまで。ちょいちょい変更の噂はありましたが、実際変更されているか確認してきました。チラシ配っといて大幅 [続きを読む]
  • SKサーキットレース情報
  • どっぷりSKサーキットにはまってしまったどうもラークです。急遽ミニ四駆仲間を誘拐して二日連続3度目行ってきました。今日少し更新して15秒43(42だったかな)までは行ったんですが、トップタイムが14秒8とかなり離されているのでまだまだ・・・。感覚は掴んできたので、レイアウト変更される前になんとか14秒台は出したいところ。というわけで、今日あるレースの情報をお伝えしておこうと思います。SKサーキット第一回 [続きを読む]
  • 樹脂染料SDN試してみた
  • ビッグバンセオリーのハワードのママが亡くなったことに衝撃。どうもラークです。アメリカだと日本よりキャラクターが俳優の死去により居なくなる事多いですよね。僕の大好きなシットコムのパパにはヒミツでも主人公のパパ役のジョン・リッターが収録中の急逝で作中でも死亡したことになっていましたし。本数が多いからなのか、日本みたいに特定の演者ばかりじゃないからなのか。ともかく作中で重要なスパイスになっていたキャ [続きを読む]
  • 待望の新サーキット SKサーキットに行ってきました
  • 人を第一印象で判断してはいけないどうもラークです。いい年してどうにも人を信用しすぎる。というわけで夕方、ホームコースでよく会う方にお願いして待望の新サーキットへ行ってきました。家からは真逆の方向でちょっと遠いんですが、なかなかよかったので店長さんに許可を取ってご紹介させていただきます。住所は白石区北郷、やはりホームコースから考えると遠いです。ただし車で行っても、コース利用者は駐車場の割引 [続きを読む]
  • ホイール加工のお話
  • 最近人に話が通じない気がするどうもラークです。もっと日本語を勉強しよう。というわけでこんなつたない文章力でも聞いてくれる方がいるので、今日も書いていこうと思います。ここまでなぜ触れなかったというほど大事なパーツであるホイールについて。言わずもがな駆動系の最後にコースに力を伝える重要な部分です。規格としては大径、中径、小径の三種類がありますが、小径は基本的に使いません。あまりメリットもな [続きを読む]
  • 初心者用記事まとめ&ご報告
  • 日本一おめでとう!どうもラークです。優勝したこともさながら、本当にいい試合が多くて一野球ファンとしてすごく充実した日本シリーズだと思います。敵地にもかかわらず温かく祝福していただいた広島ファンにも感謝。ぜひカープもこの勢いのまま黄金期を築いて、遠くない未来また日本シリーズで熱戦を繰り広げてもらえたらと思います。というわけで本来であれば、市内に新しくできるサーキットに行ってこようと思ったん [続きを読む]
  • ラーク式ミニ四駆(SFM)の作り方Part3−ラストこまごましたところ
  • NISHIKAWA IS GOD神ってますね。どうもラークです。初めて生でサヨナラ満塁ホームラン見ました。4万人超の歓声が耳を貫き30分ぐらい耳がもわもわしてましたが、気持ちのいい不愉快さでした。というわけで3回にわたって紹介してきたSFMの作り方ですが、今回がラスト。というかこの先はコースレイアウトによって変わってくるのと、そこ掘り下げると細かすぎてキリがないので、今回で強制終了しまとめます。とはいえ十分細か [続きを読む]
  • ラーク式ミニ四駆(SFM)の作り方Part2−リア
  • 今日も安定して暇などうもラークです。仕事をくれーいというわけで昨日のフロント編も参考になったようなので、この調子でリアもご紹介します。手間かかる割に大して書くことはなさそうなので、行ければサイドまで行こうかな。まずリアの形を見てみましょう。表裏フロントに負けずシンプルですね。モーターがフロント側にあるので、Aパーツもフラットでシンプル。MA,MS、AR,VSシャーシ、S2シャーシ [続きを読む]
  • ラーク式ミニ四駆(SFM)の作り方Part1−フロント
  • ApplePenはわかるけどPineapplePenってどんな鋭利なペンで刺したん。どうもラークです。今更はまってます。脳みそ空っぽにしたいときにいいですね。ちなみに石粉粘土でAppeペン立て作ったらなかなか好評でした。というわけで昨日の記事に使用しているパーツ等を教えてほしいというリクエストがあったので、今回はそれについて書いてみようと思います。使っているパーツ、ということですが今は僕なりにいろいろやりすぎていきなり [続きを読む]
  • 載せ替え‐SFM
  • アクセス数の爆増に驚きを隠せないどうもラークです。昨日は6000超。なんぞこれは。嬉しさよりも不安が先に来るどうもチキンです。というわけで今日も暇だったので気になった映画見てミニ四駆にいそしみました。ちなみに見たのはREDリターンズ。1よりコメディ色が強くて好きでした。ついでに暇過ぎてこんなんも作ってました。んでミニ四駆ですがぐにゃぐにゃになっている白SFMに不安を覚え、載せ替えようのシャ [続きを読む]
  • 載せ替え‐SFM
  • アクセス数の爆増に驚きを隠せないどうもラークです。昨日は6000超。なんぞこれは。嬉しさよりも不安が先に来るどうもチキンです。というわけで今日も暇だったので気になった映画見てミニ四駆にいそしみました。ちなみに見たのはREDリターンズ。1よりコメディ色が強くて好きでした。ついでに暇過ぎてこんなんも作ってました。んでミニ四駆ですがぐにゃぐにゃになっている白SFMに不安を覚え、載せ替えようのシャ [続きを読む]
  • 第三回STV杯ミニ四駆大会レイアウト
  • 二十代半ばにして各部の衰えが隠せないどうもラークです。特に目がヤバい。ロートデジアイじゃ力不足。サンテPCも試してみよう。というわけでホームコースのホーマックに買い物(ミニ四駆ではない)に行ったところ、STV杯のチラシが置いてありました。STVラジオのHPでは画質的にわかりにくいところがあったのでよければ参考にしてください。スタート直後に一つ目のバンク、降りてウエーブ、コーナー回ってTTのぼり二枚着、 [続きを読む]
  • 既存マシンとダークホース
  • いまさら新TVシリーズのルパンにはまってるどうもラークです。小林清志さんの安定感たるや。というわけで昨日はパダワンはじめミニ四駆仲間がレースに参加するということで応援に行ってまいりました。本当は僕もエントリーする予定だったんですが、セッティングが間に合わず。そうこうしてると定員いっぱいになり参加できず。来月は参加したいところですが、冬道の山中や街中を札幌市縦断していくのはないなぁ。車もって [続きを読む]
  • FMXX試走&第3回STV杯
  • 雷怖い。、どうもラークです。今日は朝から大荒れの札幌。ボコボコ雷落ちてます。BB弾サイズのアラレが風に乗って銀玉でっぽう並みのスピードで顔に衝突してきました。銀玉でっぽうも進化してますね。そんな天気の中、休みだったので午前中はNewマシンの構想を練り、その後ホームコースでFMXXの試走。正直あまりに静かすぎて期待はしていなかったのですが、走らせてビックリラークマシン最速と言っても過言ではない [続きを読む]
  • Option No1 AC 急速充電器  試してみた
  • どうも、ミニ四駆熱が安定してきたどうもラークです。高速立体やりたがっていざやってみるとレベルの違いに絶望しテンションが下がるのはいつもの事。こっからどうしたらいいんだろうなあ・・・。というわけで先日最近よく会うミニ四駆仲間に充電器の相談をしたところ、使わないのがあるからよかったら試してみてくださいと充電器を預からせていただきました。それがこちら、タイヤセッター等でも有名なオプションNo1の単 [続きを読む]
  • ペラシャ受けの復活&微妙に抵抗抜き−SFM
  • 無性に肉が食いたいどうもラークです。やっぱりこないだの焼き肉お食事券のかかったレース行けばよかったな・・・。というわけでSFMといえばカラーシャーシが入手しにくいシャーシのひとつです。プライズも今結構な値段で取引されていますね。そしてご存知の通り、SFMのペラシャは2mmです。重いしデカいし跳ねてうるさいしいペラシャ受いためるしい事全くないです。なんといってもペラシャ受けへのダメージはなか [続きを読む]
  • 興味本位で比較 マシンのタイヤ回転数
  • 二連休中のどうもラークです。そろそろ仕事が回らなくなってくる時期なので、何かアルバイトでも探さなければ・・・。というわけでFMXXにローラーを取り付け、とりあえず走れる形に。部材不足で重たい13mmベアローラーになりましたが、全体的に軽いですしローラーの回転を優先したと自分に言い聞かせて納得します。Amazonで300円チョイですし回転も悪くなりにくいのはいいんですが一つ2gは重たい・・・。つ [続きを読む]
  • FMXX作ってみた
  • 17時にミニ四駆、翌3時に帰宅、13時までマシンやモーター、電池などのメンテ、5時間睡眠、飯食って今までミニ四駆のどうもラークです。ここまでやってなぜ遅い!笑というわけで僕の尊敬するミニ四駆仲間からの助言でFMXXの作製を決意した僕ですが、SFM使ってるしFM化自体にあまり興味が無く。前情報もほとんどあつめてきませんでした。ゼロから理想の形を考えるためにプレートをあっちに合わせこっちに合わせ強度が [続きを読む]
  • 井の中の蛙 SFM
  • アクセス数の急増に驚きを隠せないどうもラークです。基本一日2500〜3000アクセスなんですが、昨日はなぜか4620アクセス。なんかやらかしたかと思いました。というわけでやらかしていないことを祈りつつ、仕事ののち復帰前はパダワンに良く連れて行ってもらっていたコースへ行ってきました。何度かとおりすがったことはあったんですが、夜行くとまったく道わからず。グーグルマップに翻弄され普通にいけば1時間の [続きを読む]
  • 秋の夜長の暇つぶし・・・ 充電と回転数の関係をちらっと見てみました。
  • 嫉妬深い男、どうもラークです。女性の話ではなく。飼い犬がほかの人にべたべたするとちょっといらっとくる今日この頃です。というわけでホームコースで走らせていてつくづく半年のブランクを感じるのが、やはり電池の部分。モーターも最初は回転数低目だなと思っていたんですが、使って洗浄しているうちに復活してきました。でも電池に関してはやっぱりおもちゃに使ったりマウスに使ってたりするとやる気をなくすようで、性 [続きを読む]