ホソの釣り人 さん プロフィール

  •  
ホソの釣り人さん: ホソの釣り人
ハンドル名ホソの釣り人 さん
ブログタイトルホソの釣り人
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hosonoturibito1996
サイト紹介文淀川城北ワンド群・通称ホソ 釣ったヘラブナは五万匹 ホソの釣り人の想い出を物語る
自由文ホソの釣り人で登場する私の師匠こと「親分」彼なくして物語は語れない
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/10/22 12:55

ホソの釣り人 さんのブログ記事

  • ホソの釣り人 納竿 (想いは尽きねど・・・完)
  • よせばいいのに親分と出逢って未だ三年目の頃のこと11月の末、そろそろ葦原側に釣り場を開拓せねばと私と風呂迫さんとでホソ・上(カミ)のドンヅキ近くの場所を選んで、枯れた葦を刈り取って二人分の釣り場を作った冬用の釣り場をこしらえたのである「親分にも入ってもらおう」・・そう想った次の土曜日親分まだかと、ホソ・上で待つも親分が来ない何処で釣りをするにしても、必ず顔は見せるのに今日に限って姿を見せないのだおか [続きを読む]
  • ホソの釣り人 宴の後
  • ♪ コップ一杯 飲む酒もなぜか淋しい 今日の酒外は冷たい 雨が降る飲めば飲むほど 哀しくなるわ涙流れる グラスの中に悪い私を 叱ってあんたどこへ行ったのよ戻ってきてよ  ネェあんた ♪↓ 酒の肴は「へらぶな」・・ですか?年に1度行っている 「飲み会」でのカラオケ的場さんの18番である、千昌夫の「あんた」皆が思わず、聞き惚れてしまう 程 上手い宴の後淀川の環境が変わってしまったへらぶな が 存ないホソ [続きを読む]
  • ホソの釣り人 真冬に一人爆釣する
  • ウップルーッしばれるねえ冬は寒いから 釣れないんだよねナニッ 釣れたァ?                                 (イメージ・1995年当時のホソ・物語当時の景色と あまり変化がない)真冬の釣りは、対面の葦原に周るのが定番然し、早いもん勝がルール の ホソ良い場所取りたいという想いは誰しも同じで、皆が場所取りに奔走するもんで中々いい場所に座れないのである真冬の一等場所ホソのホー [続きを読む]
  • ホソの釣り人 ホソが氷った日
  • 2010年1月3日・9番 初釣りの小林さんと田辺さん午前10時以降に吹く西風、この日は特に強かった強風は水温も体温も下げて ヘラブナも釣り人も 共に 動きが止まる真北の土手を背にして座るこの釣り場は北風の吹く日は釣果が良い風の当らない岸へ ヘラブナも寄って来るからである暖かい方が良いのは人もヘラブラも同じ想いなのであらうしかしそんな日は一冬に 2、3度 あれば ラッキーと 謂えようか・冬の釣りは厳しい極寒の [続きを読む]
  • ホソの釣り人 往生しまっせ
  • 10月を過ぎると日没は早いまもなく5時になります 5時になりますと公園のゲートは締まりますお車の方はお急ぎ下さい・・・夕方4時半になると、公園のアナウンスが流れる夕暮れ時夕陽が水管橋に懸る頃、西風も止み ホソの水面はベタ凪に変わるうき も見づらくなって、そろそろ納竿の頃合いであるしかし親分の謂う 「夕暮れの時合」 が、ここから来るそして帰る段になって、アタリ が出てくるのである・残り少ないエサ「追加の [続きを読む]
  • ホソの釣り人 究極の暇つぶし
  • 10番でのこと・「撒き餌 は せーへんのんか?」と、ギャラリーの声「しませんよ」私は、両ダンゴでの釣りをしていた「普通は、上ハ゛リにバラケ餌をつけて、下ハ゛リの餌(クワセ)で喰わせるんです」「バラケ餌が 撒き餌の代わり になるんです」「フーン」「撒き餌、していると 他の釣り人に ドヤサレますよ」撒き餌はルール違反なのである「ようけ打込んだ餌に 魚が寄って来るんやな」「そうです」釣りをしているのである [続きを読む]
  • ホソの釣り人 きのうはきのうじゃ
  • 「たまらんなぁ」「ガハハ・・・」親分の至福の声が聞えてくる親分 ホソ 上 の ドン突き で 一人「ポンポン」 釣りあげている「おっさん、あげとるでー」「おーい、一人楽しんどったら あかんでー」「ちょっとは、こっちへも廻してやー」釣れようと、釣れまいと、何れにしても、目立つ存在なのである「復 あげよった」  (マタ)「明日の分まで、残しとけよー」「釣れるもん、しかたおまへん」「ホラホ [続きを読む]
  • ホソの釣り人 あんたらだけ・・・ええなあ
  •  釣り場でのトラブル縄張りを持たないホソの釣り人それでも、偶にバス釣りの若者とトラブルその因は、どちらか一方のマナーの悪さにある・・がホソの釣り人にとっては、たいていマナーの悪い彼等が邪魔な存在なのである                                                               物語は此処で・・・画像はイメージ 「コラッ、邪魔やアッチャいっとれ」・ [続きを読む]
  • ホソの釣り人 さいならコイさん
  • 向うの方で竿が立っている「オッ、釣れたか」・・と両手で竿を掴んでいる「なんや鯉・・か」鯉を釣って、四苦八苦する姿ホソでは、よく見かける光景である                      2005年4月 ホソ・上、私の指定席で一人釣る私 撮影は風呂迫さんホソデビューの頃フルサト・定位置での釣り仕掛けはと謂うと4.5mのヘラ・コイ用振出竿 ウキはバルサのかんざし道糸は4号ハリスは1.5号 尼子の金針り エサは [続きを読む]
  • ホソの釣り人 盆も正月もあるかい !!
  • 8月13日は盆の入り16日が盆明けまでの4日間、地獄の釜の蓋が開くと謂われるそして盆の15日夕刻、本流には精霊舟が浮ぶ先祖に礼拝・・するときに釣りをして遊ぶは、ばちあたり・・とホソの釣り人、盆は釣りをひかえるのである傘を、すぼめて仕舞うのである9番(シモ側)・・・2008年当時 ↑ ヒシモこれだけ水面を覆うと水中は酸欠となり、魚は寄りつかない    9番(カミ側)しかし、せっかくの夏休み誰がじっとして居られようか15 [続きを読む]
  • ホソの釣り人 「ヘラ一枚に命かけて、どないすんねん」
  • 真夏陽が傾くと、対岸の葦の足下に、やっとこ影が出来るこれからが夕方の時合イザ、釣らん・・・と                                                                菅原城北大橋・空模様はイメージ 雷は怖い空を仰ぐと東の方向に雲が立ち上っているそして見る見る中に大きく成って行く「こっちへも、くるな・・」推う間もなく・・パラパラ降り出した夕立であ [続きを読む]
  • ホソの釣り人 私の指定席
  • 「私の指定席での、私の釣り」ホソの水深は、せいぜい、3尺から4尺・・浅い私は、「トコ釣り」が定番(偶には、宙釣りもするが)「しかけ」は、17尺・100gの中長竿、道糸は1.2号ハリス0.8号30cmと0.6号23cm、ハリは4号と5号カヤのパイプ浮きである餌は、わたグル と 段差バラケ葦すれすれに餌を打つと、対岸から1mの位置に浮きが立つ(偶に、50cmの位置に立てる時もある)私は、「オクリ」で、竿を振る1時間から2時間、セット釣 [続きを読む]
  • ホソの釣り人 ミミズも蛙も・・皆ゴメン
  • 「チリ紙はいっつも持っとくんやで」「イツ・ドコデ、使うか判からんからな」 これ師匠である親分の訓えである早朝の5時半釣り場へ一番乗りいつものこと・・・気持ちの良いものであるが然しチョクチョク 困ったことも起きる大便・・・釣りの日の朝、起きるなり食事を済ませ、トイレに入る 然し「想い通りに事が運ばないのが常」・・・であらう無理矢理 ふんばっても、もうちょっとのところで出ないと、いって「一番乗りせずん [続きを読む]
  • ホソの釣り人 天狗のハナ 高々に
  • 1995年頃の城北ワンド群 ↑へらぶな釣り は、オモシロイ 私は、全ての休日に 「心の洗濯」 と称して、「ホソ」 へ出かけたそれはもう 釣り三昧 の日々であったそれを、へらぶな釣りを始めて2年目の春から 3年間 続けたのである「ハナチャン、皆勤賞 ヤナ」・・皆にそう言われるほどに赤川鉄橋から 「ホソ」 を見ると、そこには必ず、私の姿があったと、皆が言う未だ、へらぶなを知らなかった頃朝から晩までずっと座っ [続きを読む]
  • ホソの釣り人 暑いのに、ようやるわ
  • 「ティーラリリー・・・♪♪」NHK朝の連続TV小説「天うらら」のオープニング曲が流れている 1998.4.6〜1998.10.3放映 (1998年4月6日〜10月3日まで放映)後を通る、散歩の人が持つラジオから聞えてくるのである「8時15分か」真夏の土曜日 快晴6時半から釣り始めて、1時間と45分集中力も緩む頃合いであるホソ・上 の ドンヅキ 浮草の有る一等場所釣れないわけが無い、今日も調子が良い 6時半から、いつもの様にト [続きを読む]
  • ホソの釣り人 傘
  • 「ゴルフ焼けか?」仕事先でのことである・ゴールデンウィークを過ぎた頃には、それはもうまっ黒に日焼けしている首から上、両手首から指先までの甲側即ち、日の中る部分凡てであるそして、額だけ白いのであるからして誰しも、「ゴルフ焼け」 と、そう想うのも当然なのである「釣りをしています」ゴルフ焼けなら片方の手が日焼けする日焼けした両手を見せ、その違いを納得して貰うのである夏場の標準スタイル ↑「オッ、なんや今 [続きを読む]
  • ホソの釣り人 雨がふるのに・・・・
  • 雨がポツポツ降って来た「スワッ 急いで、納竿しなければ」「写真撮らせてもらいますよ」 「なんや、ハナちゃんか、どうぞどうぞ」・・と、親分・・とは、ゆかないそうは問屋が卸さないのであるホソの釣り人、一人として帰ろうとはしないのである雨が降り始める梅雨時、葦原の葦は一機に成長するそれと、並行するかの様に、ゴールデンウィーク後暫らく小休止状態であったヘラブナも動き出すしっかりとした喰いアタリがみられる様 [続きを読む]
  • ホソの釣り人 雨が降り始めると
  • ゴールデンウイークを過ぎると、暫らくの間は、ヘラブナの釣果が鈍る産卵後の小休止 と 謂ったところであろう↓ 5番ジャコ の喰いが悪い「ええことした後やから、ジャコもしんどいんやで」「又、そっちの話か、好きやなあ」「ヘラ する奴は 好きもん 多いいんじゃ」「あんたも好きやろ、ガハハ・・」・・と、こんな会話で 釣れない憂さ を 晴らして いるのである気心の知れた、仲間との会話これも、釣り の愉しみ [続きを読む]
  • ホソの釣り人 恐れ入りました
  • 「ハナチャン ちょっと 手伝うて」日没の早まる秋の夕暮いつもの如く、城北ワンド群(ホソ〜3番)を巡回しようと ホソを通りかかると長身且つ 田宮二郎バリの男前・ウエゾラさん例によって釣り場の手入れをしている彼は主にホソ(下)の釣り場を手入れをしていた 河掃除、日除け、風除けの為の植樹、樹木の張り枝の伐採、等々、それはもう管理人の如くである↑ 金魚藻や川底の糸藻の除去に使用した物↑ 岸辺の除草の除去 [続きを読む]
  • ホソの釣り人 連れ
  • 私は二ケタ釣ると釣り場を変えるその理由は一等場所を独占しない為である餌を数多く投った場所にヘラは寄る釣れる様に成った場所しか入らない釣り人もいるが釣りたい人に譲るのもマナーであろう・・と亦、釣れる場所を開拓するのも楽しみの一つであろうから釣り人・風呂迫さんが、「私の指定席」に入った私は、会話の出来る間隔(約10m) で その隣に座っている独りが好きな私だが 偶には、連れ添って並んで釣るのも良い彼の「し [続きを読む]
  • ホソの釣り人 スタイル
  •  ↓ 淀川本流と城北ワンド群 赤川鉄橋(白い橋)の下が「ホソ」ホソ 上 仲間と並んでの釣り誰しも機嫌が良い・「オーッ まいど!」 と、仲間の釣り人・田辺さんいつも 一番後(あと)から現れるそして、いつも 「殿」 浮きが見えなくなるまで頑張るのである午後からだと、良い釣り場は残っていないのにまして、日も高くなって、時合い も 悪いのに「もっと早く来れば良いのに」は、彼との何時もの挨拶でもある [続きを読む]
  • ホソの釣り人 「へぇーっ」
  •                       指定席で釣りをする私  向うの空台は親分のもの ヘラブナ釣りを始めて2年目の秋 私は一人 ホソ 上 に入っていた そろそろ夕暮れ、ジアイ が来る頃である10m先・水面スレスレの マチ針の頭程の大きさの ウキの一節を注視している瞬きもせずに・秋の夕暮れ前、のんびり 散歩するには もってこいの季節である偶々、通りかかった散歩の人、私の後ろで立止り 見ている「アタ [続きを読む]
  • ホソの釣り人 私の好きなウキ  
  • 「かんざしウキ」 デザイン、ネーミング 共に、好きなウキである左の長いウキ 見易い様にと、コテコテに塗ったこれは皆を驚かせた(品格が無いと言う)   どちらも頂き物私は いつも 同じウキ を 使ういつもと同じ様に「自分の釣り」 を、したいが為であるホソ は、対岸の葦がバックスクリーンとなるので 私は、見易い様にと 葦の色に対してウキ の色を、色々変えて見た黄色 橙のみ 緑 赤のみ、 [続きを読む]
  • ホソの釣り人 友、遠方より来たる
  • 通称トリカイ 庭窪ワンド群 ↓「やっと着いたで、ああ しんどかった」「おお、スズキさん 珍しいですね」「鳥飼はどない?」「あきまへん、水 あらへんのですわ」「浅うて、釣り ならへんので、こっちへ異動して来たんですわ」「大雨来るまで 当分の間、ホソ で 釣り させて貰いますわ」「どうぞ ドウゾ 」友 遠方より来たる ・・である鳥飼大橋の袂 庭窪ワンド が ホームグランド の スズキさん強い向い [続きを読む]
  • ホソの釣り人 親分に自慢したギャラリー
  • 「今日は、どない?・・あがっとるか?」親分に通りすがり?・・のギャラリーが声をかける風上から風に乗って聞えて来るのである「オー、久し振りやなぁ、まあまあや」ギャラリー、親分の横に腰かけて、親しげに喋り出したのである親分も、機嫌良く相手している吾々も、聞くとは無しに聞いている・・・親分の釣り を 見もって 色々聞いている様子で「教えて欲しんかいな」・・と、親分得意に成って、自分の釣り を 説明してい [続きを読む]