ダムin栃木 さん プロフィール

  •  
ダムin栃木さん: ダムin栃木part2
ハンドル名ダムin栃木 さん
ブログタイトルダムin栃木part2
ブログURLhttp://maywind.sakura.ne.jp/damsitepart2/damsiteblog/
サイト紹介文栃木県内のダム施設などを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/10/22 14:21

ダムin栃木 さんのブログ記事

  • 松田川ダム見学ツアー Vol.3(足利市松田)
  • 松田川ダムの見学ツアー第3弾の紹介です。ツアーの最後は、ダムサイト直下にあるふれあい広場で行われたマスのつかみ取りの様子です。水路を網で仕切り、そこにニジマスを放流して手掴みでマスを捕っていました。水の中でジャブジャブと子供たちのはしゃぐ姿に思わずシャッターを切ってしまいました。ここから見上げる松田川ダムは雄大で、子供たちもダムの素晴らしさに興味を持ったのではないでしょうか。 下は、松田川ダムの諸 [続きを読む]
  • 松田川ダム見学ツアー Vol2(足利市松田)
  • 松田川ダムの見学ツアー第2弾の紹介です。ダム堤体のエレベーターから降りるとそこは普段立ち入ることが出来ない天端通路。天端通路から下流を見ると松田川ダムふれあいフェスティバルの行われているふれあい広場。そして、常用洪水吐きの真上からはダムマニアが絶叫(ちょっとオーバー?)する光景が広がっていました。 堤頂幅は5mありそこには普段歩くことの出来ない天端通路が続いています。(上写真)下左は、天端の南側か [続きを読む]
  • 松田川ダム見学ツアー Vol1(足利市松田)
  • 栃木県足利市松田川ダム広場で開催された松田川ダムふれあいフェスティバルに行ってきました。松田川ダムの見学ツアーの参加が目的でした。午前10時30分から始まり2時間ほどダム堤体内とダムの周辺設備などを見学してきました。松田川ダムは、普段はゲートが締まりダム天端通路も立ち入ることが出来ないので良い機会でした。お年寄りから子供まで20人ほどが参加されていました。松田川ダムの見学ツアーは今回初めて開催されたそう [続きを読む]
  • 松田川ダムふれあいフェスティバル(足利市松田)
  • 平成28年6月12日(日)に松田川ダムふれあい広場で開催される松田川ダムふれあいフェスティバルのパンフレットを頂きに渡良瀬グリーンプラザに行ってきました。当日の目的は、松田川ダムの見学です。松田川ダムは、天端通路もゲートがあり普段では入ることは出来ないみたいです。ダム見学ツアーの案内ではダムの中を見学できるので10日ほど前に電話で申し込んで於きました。多分、堤体内部も見学できるのではないかと期待しており [続きを読む]
  • 新緑の黒部ダム(日光市黒部)
  • 新緑に包まれた日光市川俣黒部地区にある黒部ダムです。周辺の山々は明るい薄緑に染まっていました。(5月1日撮影) 公開が前後してしまいましたが、この後土呂部ダムに行って来ましたが芽吹きにはちょっと早かったようでした。(前回紹介)黒部ダムと土呂部ダムは春から秋までは撮影したのですが冬のダムはまだ撮っていません。今年の冬こそは是非雪に埋もれた土呂部ダムを撮ってみたいと思っております。 [続きを読む]
  • 新緑の土呂部ダム(日光市土呂部)
  • 新緑に包まれた日光市土呂部地区にある土呂部ダムを撮ってきました。土呂部ダムは、目にも眩しいほどの新緑の中で静かに佇んでいました。 芽吹き直後の土呂部ダムを撮りたかったのですが、芽吹きも進みちょっと遅かったような気がしてなりません。前回は早すぎて、今回は遅すぎたようです。来年こそは、イメージに叶った写真を撮りたいですね。5月8日ごろかな?昨年よりも4日ほど早かったのですがこの時期の季節の移り変わりは本 [続きを読む]
  • 早春の土呂部ダム(日光市土呂部)
  • 早春の土呂部ダム第二弾です。(5月1日撮影)前回より芽吹きが幾らか進んでいました。左手の山の芽吹きが前回よりも緑が増し素敵でした。(下右、4月21日撮影) 土呂部ダムは、ひっそりと山中に佇む土呂部ダムには何故か惹かれる魅力があります。栃木県内のダムは殆ど撮りましたが、ダイナミックに聳える雄大なダムよりも素晴らしい。四季折々の中の土呂部ダムの魅力に、益々憑りつかれそうです。  ダム上流の土呂部川周辺は [続きを読む]
  • 早春の鬼怒川上流ダムPart3
  • 春まだ浅い早春の土呂部ダムを撮ってきました。土呂部ダムは、栃木県日光市川俣土呂部地区にあり春にはまだ遠く、周辺の山々はまだ冬。しかし、ダムサイト後方の岩壁にはヤシオツツジが咲き始め春の訪れを告げていました。 土呂部ダムは、堤頂長56m、堤高21.6mの重力式コンクリートダム。総貯水容量は225千?、ローラーゲート1門。1961年着工1963年完成、東京電力(株)で管理されています。  上中央の写真は2015年5月、右は2 [続きを読む]
  • 早春の鬼怒川上流ダムPart2
  • 春まだ浅い早春の黒部ダムを撮ってきました。黒部ダムは栃木県日光市川俣黒部地区にあり、周辺の山々は少しずつ芽吹き始めていました。  ダム形式は、堤高28.7m、堤頂長150m、洪水吐き8門の重力式コンクリートダムです。1912年(大正元年)に竣工された日本初の発電用ダムで歴史的にも古いダムの一つです。ダムサイト脇の駐車場にはライトが設置されているのですが。(上写真右)ライトアップされた黒部ダム、さぞ、幻想的でし [続きを読む]
  • 早春の鬼怒川上流ダムPart1
  • 早春の鬼怒川上流にあるダムを撮ってきました。第一弾は、栃木県日光市川治地区にある五十里ダムです。ダム周辺の山々の春はまだ浅く、木々は芽吹いたばかりです。只、ダムサイトにあるソメイヨシノは満開でした。 堤頂長267m、堤高112mの重力式コンクリートダム。クレスト2段式ローラーゲート3門、コンジット高圧ローラーゲート2門、ジェットフローゲート1門、ホーロージェットバルブ1門。1950年着工1956年 [続きを読む]
  • 2016 新緑in南摩ダム
  • 新緑に包まれた南摩ダム建設予定地を切り撮ってきました。工事が中断されている上南摩の山々は、芽吹いたばかりの新緑に包まれ静かに息づいていました。 上左は、県道付け替え道路の6号橋と放流管トンネル。 笹ノ越路地区の県道付け替え道路1号トンネル付近の芽吹きも鮮やかに始まりました。トンネルの出口が見えるのですが、一人で出口まで行くには勇気が要りそうです。(ここは、立ち入り禁止区域なので入ることは出来ないみ [続きを読む]
  • 桜と松田川ダムPart2(足利市)
  • 栃木県足利市松田町利根川水系松田川上流にある松田川ダムと桜第2弾です。松田川ダム湖周辺も満開のソメイヨシノのピンク色に染まっていました。 下は、松田川ダムの天端通路ですが入ることは出来ません。 下は、松田川ダム湖より見たダムサイトと満開の桜です。  ソメイヨシノに包まれた松田川ダム湖。管理事務所の玄関には桜色に染まった松田川ダムの写真が展示してありました。  [続きを読む]
  • 寺山ダムと桜(矢板市寺山)
  • 栃木県矢板市寺山地区にある寺山ダムの春を切り撮ってきました。ダムサイトにあるソメイヨシノとヤシオツツジが満開を迎えて咲き誇っていました。 寺山ダムは、高原山を水源とする那珂川水系宮川の上流に建設されました。ダム形式は、堤高62.2m、堤頂長260m、総貯水容量256万?のセンターコア型ロックフィルダムです。機能としては洪水調整、灌漑、不特定用水、 上水道用水等に利用されています。1972年に着工、 [続きを読む]
  • 塩田ダムと桜(矢板市塩田)
  • 栃木県矢板市塩田地区にある塩田ダムの春を切り撮ってきました。ダムサイトにあるソメイヨシノは満開を迎えて咲き誇っていました。 塩田ダムは那珂川水系簗目川の上流にあるダムで灌漑を目的に造られたました。ダムの形式は、堤高26.1m、堤頂長218m、総貯水量46万?のロックフィルダムです。管理は栃木県で、1977年に着工し2000年に竣工しました。  シンボルである取水塔は、現在塗装工事中でシートに覆われ見 [続きを読む]
  • 桜と松田川ダムPart1(足利市)
  • 栃木県足利市松田町利根川水系松田川上流にある松田川ダムを紹介します。松田川ダムは満開のソメイヨシノのピンク色に染まっていました。 形式は重力式コンクリートダムで堤高56.0m堤頂長228.0m総貯水容量は190万?で栃木県で管理しています。利用目的は、洪水調節、農地防災・不特定用水、河川維持用水・上水道用水など。青木建設・日本国土開発・岩澤建設により1985年に着工し1996年に完成しました。   [続きを読む]
  • 御前山ダム(茨城県常陸大宮市)
  • 茨城県常陸大宮市上伊勢畑、那珂川水系相川の御前山ダムを紹介します。御前山ダムは水戸市、ひたちなか市、常陸大宮市、那珂市、茨城町、大洗町、城里町、東海村を対象に、那珂川沿岸にある畑地と小支川流域にある水田の計5,540haの農業地帯に農業用水を供給する那珂川沿岸農業水利事業として建設されました。 型式:中心遮水ゾーン型ロックフィルダム流 域 面 積:23.3k?堤高:52m堤 頂 長:298m堤 体 積:92万m3総 貯 水 量:7 [続きを読む]
  • 利根大堰(埼玉県行田市)
  • 埼玉県行田市と群馬県邑楽郡千代田町を流れる利根川水系利根川に掛かる利根大堰を撮ってきました。ここは、利根川河口から154kmの地点にあり、取水口から取水された水は、農業用水、都市用水、浄化用水として見沼代用水路、埼玉用水路、武蔵水路、邑楽用水路、行田用水路に分水されています。下左は、堰の下流から見た利根大堰。下右は、堰脇に設けられた魚道。春にはアユ、秋にはサケが上るそうです。 利根大堰は、利根導水路 [続きを読む]
  • 渡良瀬遊水地 葦焼き後(栃木市)
  • 葦焼き後の渡良瀬遊水地を撮ってきました。葦焼きは3月26日(土)に行われ、堤には大勢のカメラマンが押し掛けたそうです。今回は第三排水門付近を撮ってみました。堤の斜面を黄に埋め尽くした菜の花は満開を迎えていたようです。 下は、第三排水門です。 下左は、第一調節池付近から見た谷中湖方面。 下右写真の奥には第一調節池の越流提が見えます。   下は、第一調節池の堤から見た第三排水門です。手前の塔は、水位計 [続きを読む]
  • 渡良瀬遊水地 黄に染まる(栃木市)
  • 菜の花の中の渡良瀬遊水地を撮ってきました。野焼き前の葦原には菜の花が咲き乱れ、堤の斜面は黄色い絨毯を敷き詰めたようです。今回は、菜の花に包まれた第三排水門を紹介します。 渡良瀬遊水地の北部に位置する第三排水門も、菜の花の馨しい匂いの中にありました。     下は、第三排水門の脇にある第三調節池の越流堤と竣工のモニュメントです。 立ち入りは禁止ですが柵越しにみる越流堤はまるで空港の滑走路です。下右は [続きを読む]
  • 湯西川ダム試験湛水(日光市湯西川)
  • 今迄に撮った栃木県内のダムのデータを整理していたら、湯西川ダムの貴重な写真が出てきた。画像の記録には2012年8月とありました。湯西川ダムの完成が2012年10月でしたから完成前に撮った写真です。この時は、ダムサイト直下から撮らせて頂きました。多分、試験湛水中の時であろうと思います。私にとっては今迄にはない貴重な写真です。※ 試験湛水ダムが完成した後に行う、貯水してダムに問題がないかをチェックする [続きを読む]
  • 渡良瀬遊水地 Part4(栃木県栃木市)
  • 3月19日(土)の「渡良瀬遊水地ヨシ焼き」について(3/19AM5:54更新) 「平成28年渡良瀬遊水地ヨシ焼き」は雨のため中止となりました。 雨のため下草等も濡れてしまっていることから、3月26日(土)第2予備日に延期となります。渡良瀬遊水地 オフィシャルサイト渡良瀬遊水地の第二調節池南部にある第二排水門を紹介します。ここは、昭和48年2月1日に建設された排水門です。 下は、第二排水門脇にある越流堤です。昨年 [続きを読む]
  • 渡良瀬遊水地 Part3(栃木県栃木市)
  • 渡良瀬遊水地の排水部にある第一排水門を紹介します。ここは、昭和43年1月1日に建設された排水門です。訪れた日は、風が強くカメラ持つ手が震えていました。今回は、谷中湖の東側を走る道路を行き止まりまで行き、そこから歩いて第一排水門まで行きました。 上左は、谷中湖東を流れる水路に設けられた堰。この堰は、多分ゴム引布製起伏堰ではないかと思います。※ ゴム引布製起伏堰(ゴムひきぬのせいきふくぜき)は、ゴム引 [続きを読む]
  • ダムin栃木マイマップ登録完了
  • ダムin栃木マイマップの登録が完了しました。 今迄撮り溜めた栃木県内のダム施設などのデータをgooglemapに登録しました。 ダムが31施設(草木・桐生・四万川ダムは県外) 調整池が5施設 溜池が3施設... 水門・堰が3施設 頭首工が6施設 発電所が1施設 栃木県内には撮り残した施設がまだ有るのでこれからも追加していきたいと思います。ダムin栃木マイマップ [続きを読む]
  • 小倉堰(西方町)vol.2
  • 小倉堰の第二弾、小倉堰に隣接する西方ふれあいパークを紹介します。ここは、西方総合公園で西方町の憩いの広場として平成15年に小倉堰周辺を整備しました。園内には管理棟があり、小倉堰からの用水路の堤には桜も植えられています。また、とちぎふるさと田園風景100選の認定地にもなっています。 下は、小倉堰上の取水堰から流れる用水路です。用水路の堤には、桜が植えられています。  下は、小倉堰脇に鎮座する小倉水神 [続きを読む]
  • 小倉堰(西方町)vol.1
  • 栃木県栃木市西方町本城地区にある小倉堰を紹介します。小倉堰は、西方町本城地内の思川に昭和28(1953)年に築かれた堤長175.4m、堤高0.9〜1.7mの農業用水堰である。思川の右岸にある「水神渕」と称される渕に取水用の樋門を設置し、最大で毎秒3.3m3を取水し、約600haの水田等で利用されている。 堰の構造は、明治初期には牛枠と竹蛇籠を併用していたが大正10(1921)年、および昭和3(1928)年(隧道建設)にそれぞれ改築さ [続きを読む]