suu さん プロフィール

  •  
suuさん: 多肉防衛隊
ハンドル名suu さん
ブログタイトル多肉防衛隊
ブログURLhttp://taniku2014.seesaa.net/
サイト紹介文多肉植物をどうやって守り育てていくかを考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1000回 / 365日(平均19.2回/週) - 参加 2014/10/23 15:42

suu さんのブログ記事

  • 黒法師の避難先や雨除けロスラリスの花芽の葉挿しの途中経過
  • トピアリー要員を増やすべく地道に頑張っていますが、生き物相手というか、多肉相手なので、頑張ったからと言って急にどうなるものではありません。今から涼しくなるまでは、油断大敵です。ロスラリスの葉挿しで駄目になったのは今のところ一つです。日差しがきつ過ぎてゴムっぽくなりかけていて、慌てて移動しました。一つ以外は回復です。春からの多肉たちの頑張りを無駄にしないようにしないと。ロスラリスの葉挿しで心配なのは [続きを読む]
  • 葉挿しデビー24個+アルファになるか
  • 毎日のように、室温が30度を超えるようになり、チビ苗や葉挿しは、ここからが勝負です。避難した時に溶けるので、どこまで外で粘るとか色々判断が問われます。避難した時に溶かさなければ、葉挿しのデビーは、24と幾つか育つかもと皮算用してます。24個とプラスアルファです。プラスアルファは、紫麗殿と一緒ですが、一つだけ勢いよく大きくなってます。月美人もそうですが、葉挿しから大きくすると同じ鉢でもいつまでも覚え [続きを読む]
  • 祝・月美人、初の子供
  • 春に植え替えた時に、月美人にまっすぐ強制ギブスをつけて、今度こそ真っ直ぐになってもらおうとやってきました。約2ヶ月経過したので、そろそろ外して良いかなと思い、オペしました。オペ前の開花です。ほとんど根を外したので、木材だけで支えた結果、途中までは、まっすぐだったので、そこに支えをしていたため上は斜めのままです。次回は、根鉢を崩さずに頭が真っ直ぐになるように植え替えます。古い株になると、真っ直ぐにす [続きを読む]
  • 復活モードの高砂の翁と桃月
  • 根をガッツリ切り詰めて8号から4号に一気にサイズダウンした高砂の翁のことですが、理由はどうであれ、やり過ぎて上手くいかないかもと心配というか諦めも多少ありました。そんな心配をよそに、良い感じになってきました。葉もあがって、フリルのピンクの発色もあがってます。ママチャリのハンドルよりも太い茎です。お日様に当てると、緑部分も爽やか度がアップしてます。大きな時は、この倍のロゼット径でしたが、今くらいが良 [続きを読む]
  • 今日のブラックプリンスと嫁入り娘というホワイトプリンス
  • スマロ記事でちょっと書きかけましたが、瀕死のブラックプリンスも今や3つの子持ち?花芽を外した衝撃?で出てきた子供?とチャンピオンベルトみたいな子供です。何度も、米粒の半分くらいの芽が出てこの一つだけがここまで大きくなりました。チャンピオンベルトと言えば村田諒太選手の判定は信じられないものでした。ミドル級には、神様みたいなボクサーが沢山います。コマ送りにしないと何発打っているのか分からないパンチをち [続きを読む]
  • スマロの葉は生クリームデコ
  • スマロの蕾?とか、何だろうと?と考えていたものはただの新しい葉みたいな感じです。狩った時の葉の半分くらいの葉の塊が、ショートケーキにデコられたクリームみたいで、美味しそうです。上手く切れ取れませんが、2重の赤線で挟んだラインです。スマロの上にケーキ職人がいます。根をカットして植え直したことで、葉が小さくなっただけかも知れません。でも、このサイズの方が可愛らしさがあります。狩ってから半年以上は、経過 [続きを読む]
  • サバイバル状態の群月冠
  • リトルゼムが好きで、プランターいっぱいに増やしましたが、台風避難で真っ先にドロドロになり、何度か狩っても増える間もなく溶けること数回でついに諦めています。似た雰囲気で、ここ2年のパワーアップした暑さでも溶けない天竺さんに、リトルゼムのポジションを代わりに担ってもらおうと思って、カットしましたが、良い感じです。緑の部分は、カットして出てきた部分です。増え易い部類に入るかも知れません。チビのフーケリー [続きを読む]
  • 多肉を眺めて癒されています。
  • 51型トレーの育苗光景が好きです。太陽が高くなるにつれ、そのまま6トレー全てに太陽が当たりません。もう捨てようと思っている45リットルバケツを逆さにして乗せています。直置きは、ナメクジ等、虫に食べられます。花うららがいっぱいだ、笑。パウダーブルーも無事です。ロスラリスの親です。小さいので、6センチポットに入れていましたが、はみ出してきました。8センチくらいにはなるのかな。視線を変えて和んでいます。 [続きを読む]
  • ベビーサンローズの水加減
  • 狩ってしばらくは、まとまっていたベビーサンローズです。水加減が分からなくて、他の多肉と一緒にしていたら葉が枯れて汚くなったので株分けしてから、再生を図っています。枯れない程度に水をあげて、お試しであちこちに置いてお日様具合も見ています。一番日当たりの良いベビーサンローズは、葉色が綺麗です。まだまだ沢山水をあげてもいけそうです。こんな大きさが5つくらいありますが、水を多めにあげて成長さしてあげたいで [続きを読む]
  • アルバというギャンブルに負けたかも
  • 工具用のラックを何年も多肉入れに使用しています。これは丈夫です。雨を飛ばして軒外に出しました。もしかしたらアルバかなと思っていたお肉が咲いています。今回は、花芽が短いまま咲いたようです。名札無しのエケだったので、色々考えましたが、花を見て、これはアルバないと悟りました。花弁が4つだったり、5つだったり、まさかの白牡丹?我が家の白牡丹と比べると幅があって肉厚です。でも、もしかしたら遺伝情報の都合でど [続きを読む]
  • 旧カクト・ロコトレー組
  • ちょっと飛び出したバランスの悪い苗を支えるのにカクト・ロコトレ−は、とても便利です。転倒防止で重宝してます。このカクト・ロコトレーは、昔の通販用なので小さいです。前のめりな1列目の多肉を後ろ2列で支えています。静夜つづりや茎挿ししたヤコブセニーも自分だけだと転がります。サイドに置いているグリムワンも実は危ういです。大きな方のカクト・ロコトレーを見ると、花の相府連に子供が生まれていました。増えるって [続きを読む]
  • 先祖返り?の不死鳥錦とか
  • 不死鳥錦がどんどん先祖返りしてきました。葉のピンクの面積がどんどん少なくなってます。以前は、もう少しピンク色でした。この時は、50センチくらいですが、もっと伸びてしばらくして根元が枯れてきて、残った先端部分だけを切って生き残ったのが現在です。不死鳥錦は、伸びてもひょろーんとなることが多いです。不死鳥は力強く生育します。子供が花みたいで可愛いです。切り戻したことで発色しなくなったのでしょうか。かなり [続きを読む]
  • 今年も玉つづり開花
  • ついに咲きました。大好きな玉つづりの花です。ぶらん、ぶらんしているうえに、下を向いて咲くのでとても撮り辛い玉つづりですが、花は鋭角的というかスタイリッシュなピンクで、カチッとしたスーツを連想させます。バブリーな頃の連想かも知れません。シャープなデザインでピンクって媚びていないのに華やかな感じがしてハッとします。一度、針金が折れて落下し茎が1本なくなり、他の茎もかなり傷つきましたが、新しいものも出て [続きを読む]
  • 狩って良かったシルバースター
  • 憧れのシルバースターを狩ったものの何だか頼り無さも感じていました。葉の先端を綺麗にちゃんとキープ出来れば繊細な美しさを堪能出来ると思うのですが、けっこう難しいです。それで花芽があがってきたのですが、もじゃもじゃっとしていて育たないと思っていました。今日、雨が降ったので取り入れた時に久し振りに対面すると花芽が少し伸びていたのですが・・・これです。何に感動しているのかと言うと花芽の葉までちゃんとウエイ [続きを読む]
  • グリーネックレスの光加減
  • モリモリにしたグリーネックレスがいくつかあれば可愛いだろうと思って、春に茎挿しをしたのですが、ここにきて成長が停滞気味です。約1ヶ月で鉢底から根が出る勢いだったのに、日差しが強くなり出すと葉が解け始め成長の勢いがストップです。平均して2センチ強から3センチくらいの成長でしょうか。10個くらい作りましたが、だいたいこんな感じです。明るい日陰が良いのだとは思いますが、グリーネックレスの切れ端を色んな多 [続きを読む]
  • 梅雨選抜メンバー選択開始
  • 今日も室温は34度まであがりました。明日、明後日は雨予報ですが、室内避難は腐らす原因になります。台風でもない限り、軒下で濡れない体制を作らないと蒸れて駄目になる多肉が続出します。優先順位を作ってトレーメンバーを避難優先に入れかえようと思います。愛犬時代からのファングや成長中の魅惑の宵も外が良いでしょう。今日のベランダは29度でした。せっかく育てたルンヨニーも白鳳も愛犬時代からだしいつ咲くのか分から [続きを読む]
  • スプルセオリバーの胴切りの下とか
  • チョンパしたスプルセオリバーの子供が大きくなってきました。数えると10以上のロゼットがあります。苗取り用にしようとは思わないので、このままでいきたいのですが、これだけ先端に集中すると最終的には、幾つかカットしないといけないのかも知れません。カットした天竺の根っ子の方も、子供が幾つか出て来ています。良く見たら虫に齧られていました。オルトラン水を撒いたせいか、一口で終わったようです。茎立ちしていたピー [続きを読む]
  • ベランダ軒外を下から見た図です。
  • 我が家の中でお日様が当たる数少ない場所です。ベランダの柵の外なので、いつもは多肉が見えません。多肉に色々期待しているというか、こうなれば良いとかあーなれば良いとか思っていますが、もしかしたら、多くを望み過ぎているのかも知れないと軒外の多肉を見ながら思いました。下から見ると、非常に怖い多肉ライフです。空の青さが眩しい・・・。今までトレーを庭に落としたことはありません。ひょろーんと伸びているのはモラニ [続きを読む]
  • 半年以上雨にカットした蕾が咲きそうな気配
  • 色々多肉が重なって分かり難いですが、信じられないのは花芽です。開花してからカットして半年以上咲き続けていた巨大ピーチプリデの花芽を根が出ていたので、一ヵ月くらい前に土に植えたのです。現在、枯れていないのは、多分、一本だけみたいです。元々花芽に付いていた蕾なんですが、普通はカットして半年以上も経過すれば、100パーセント枯れます。巨大ピーチプリデの花芽は本来1メートル弱になるようなサイズなので、持っ [続きを読む]
  • 根がなくなると葉は2分の1の法則
  • 天竺は想像通り丈夫で使えそうです。色々焦げそうな時期に入りましたが、庭に多肉を下ろしたことで虫の食害もポツポツ起きていてオルトラン水散布しています。上からかけても、焦げない天竺です。丁寧に待機させたらかえって徒長しましたが、健康です。仕立て直したら、また整えられます。チョンパした天竺の中には、もう生えそろっているものもあります。寄せて混ぜた天竺もちゃんと定着してます。意外ところでは猿恋葦のカット苗 [続きを読む]
  • 多肉が焦げ始めました
  • プロリフェラも焦げています。これは、水遣りが雑で蒸れたというか、レンズ焼けかも知れません。スペルブムの葉挿しっ子もレンズ焼けでしょう。毛虫来策でオルトラン水を上からかけましたからね。なぜか、焼けないはずのオーロラが焼けています。素焼鉢にしたからでしょうか?いつも空中に浮いているのに、毛虫がついていましたがオルトラン水を撒いて間もなくだったせいか齧っていませんでした。水遣り後、玉つづりの隣に吊るして [続きを読む]
  • 大和錦を見直しました
  • 相変わらず焦げ易い大和錦ですが、想像よりも遥かに綺麗な花を咲かせました。あちこちに焦げ跡があります。これでも最近は、お日様に当てても大丈夫になりました。最初は、簡単に焼けるのでハオルシア属かと疑ったくらいです。何を見直したって、花が本当に可愛いのです。ピンクと黄色の組合せは、ギルバでも可愛いと思いましたがまさか大和錦もこのパターンとは思いませんでした。花芽も長いです。本当に可愛い花や蕾。蕾だとガク [続きを読む]
  • グリーンローズベビーに励まされ
  • スプルセオリバーとグリーンローズをちょんぱしてみて感動的に可愛いのは、断然グリーンローズです。ベビーが可愛すぎるのです。親の葉は、梅雨とかで徒長したように感じているので、もしかしたら絞り気味にして慎重に育てたら、ベビーのプロポーションのまま育つのかも知れません。そしたら鼻血ブーです。このまま大きくなるわけにはいかないのでしょうか。とりあえず挑戦というか、試みてみましょう。葉が短いプロポーションの時 [続きを読む]
  • エルネスティの大半が全滅
  • ムシ被害が相次いでいたので、水遣りを兼ねてオルトランを溶かして庭のトレー組に与えました。棚の上の6枚と乗らなくなって地置きしている2枚を中心にオルトラン水を与えたのですが、植え替えたエルネスティが半日で茶色です。煮えたみたいです。真ん中付近の茶色の部分です。このポットは一粒の生存者もいません。一応、保険株が一つだけありますが、増やすつもりで分けて虫よけのためにオルトラン水を撒いて駄目にするって。2 [続きを読む]
  • 桜吹雪の実生っ子の生育と鉢
  • 桜吹雪の実生っ子のサイズの違いが大きくなってきました。素焼鉢を手前にしても、明らかに奥の育苗トレーをセメント鉢に入れた苗の方が大きくて健康的です。素焼鉢の方が日当たりの良い軒外に置いていましたが、チビたちには暑過ぎたのでしょう。シワシワです。サイズを揃えた管理をしないと暑くなってきて水遣りの頻度が合いません。大きな鉢は軒外でも良いですが、小さな鉢や苗は午後から日陰でも良いくらいです。今日の室温は窓 [続きを読む]