suu さん プロフィール

  •  
suuさん: 多肉防衛隊
ハンドル名suu さん
ブログタイトル多肉防衛隊
ブログURLhttp://taniku2014.seesaa.net/
サイト紹介文多肉植物をどうやって守り育てていくかを考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供884回 / 365日(平均17.0回/週) - 参加 2014/10/23 15:42

suu さんのブログ記事

  • 柔らかい花芽でも根は出るか
  • これは古紫の花芽を挿したものです。花芽からでも時間をかければ立派なロゼットになれます。植え替えの合い間にやってみたかったことの一つに花芽の保存です。古紫やピーチプリデ、マホガニーローズは花芽からちゃんとしたロゼットになった実績があります。この春きになっていたのが、このトレーからオウンスローの花芽です。花芽の茎が柔らかくても何とかならないか駄目元でチャレンジです。デレッセーナの花芽です。ローラの花芽 [続きを読む]
  • 今日のノルマは、干渉防止や冬型対策等々
  • 秋に植えたものが幾つか完全に根が回っています。一番、きついのは、魅惑の宵です。直系30?以上になるらしいので、好い加減出してあげないと変形するかも知れません。育ち始めたので、鉢増しでいこうと思いますが、成長スピードは遅いらしいので、1サイズ増しでいこうと思います。リラシナも土全部がポットの形になるくらい根が回っています。根が弱いとあります。子株を沢山とりましたが、根を切ったら元親の勢いがなくなりま [続きを読む]
  • トピアリーフレームと今日の月
  • トピアリーフレームは難しいです。植え替えで余った切れ端で何か遊んでみたいというか実験したいと思って、針金で簡単にデザインして手持ちの水苔を詰めて網で挟もうと安易に考えましたが結果はこんな感じです。ゴミです。ここから先に進めません。金切りハサミで切ったら金網がバラバラになります。行き止まりでした。金網も水苔も回収して犬を取り出します。すっきりです。最初は、大きく作り過ぎて金網に入らずです。小さな切れ [続きを読む]
  • 暴れブロンズ姫を針金で固定しました。
  • 今まで育ったブロンズ姫の茎の曲がりを無駄にしたくなくて考えました。園芸用の針金で支えを作ってみました。針金の末端は鉢底ネットに固定しました。幾つか先端をカットしたので2日後くらいに土をかぶせてみたいと思います。ペンに針金をグルグル巻いて支えを作りました。鉢底ネットは軽いので、取りあえずペンチで抑えています。大変ですが、根付いたら針金は外せます。             スポンサードリンクにほんブロ [続きを読む]
  • 高砂の翁の茎はママチャリのハンドル
  • 葉が開いてはいますが、直径30センチオーバー時代の高砂の翁です。8号の鉢が隠れて見えません。今回、根を大袈裟ではなく8分の1以下にカットしました。根詰まりして水が吸えなくなったのか、葉の先端がどんどん落ち始めたのです。大きくなり過ぎて持て余していた部分もあったのでそのまま放置していました。今が好みの大きさだと思い、これくらいで管理していけたらと作業に入りました。茎の太さがママチャリのハンドルより太 [続きを読む]
  • セクンダ クララを狩って比べると
  • 我が家のセクンダです。それなりに大きいロゼットで爪も猛禽類チックです。けっこう気に入っているのですが、本来ならセクンダ○○と何か名前があるはずです。今日は、セクンダ クララを見かけたので連れてきました。依然、とあるホームセンターで見たときは、こんな感じだったのでスルーしたのですが、今日、遭遇したセクンダ クララはかっちりしていて良い感じです。もちろん、違うホームセンターです。我が家のセクンダさんよ [続きを読む]
  • 昨晩の肉労と今日の月
  • 深夜の肉労は、もう効率重視で根が出ていなくてもプスプス挿していきます。ポットに入れるものは、まだ整えますが、バラバラになったものは、捨てずにぶっこみ鉢に入れます。一皿目です。赫蓮は、根無しです。根の無いグリネも一応入れてみました。土を減らすと、ほとんど狩ってきた時と何も変わりません。大きくなったのは、ミロッティと紫麗殿で、ピーチプリデは我が家産です。茎は20?ほどありましたが、カットしました。5号 [続きを読む]
  • レモネードがアエオらしくなってきました。
  • 今日は雨だったので半分程避難させていましたが、少しずつ整ってくる多肉たちを眺めるのも楽しいものです。多肉たちが並んでいる光景に癒されています。5枚一緒に見ると色が混ざって面白いです。そんな中、去年の秋に植え替えたレモネードがアエオニウム属らしい葉の開き方をしてきました。今、我が家の黒法師たちがほとんど不調なのでアエオパワーが不足気味ですが、レモネードが伸びて来てほっとしてます。馬糞堆肥入りなので、 [続きを読む]
  • 夕波は茎挿し出来るのか?
  • デロスペルマ属の夕波です。今まで、あまり良い待遇ではありませんでしたが、トピアリー要員になってもらうこで、夕波とまめにコミュニケーションを図っていきたいと思います。通常の私のペースで水遣りをすると足りないみたいで萎むというか、枯れそうになるというか、変色します。一度植え替えましたが、荒れ放題です。何かの角みたいなものになってくれればと思っています。上は緑ですが木質化しながら木立するみたいで、狩った [続きを読む]
  • 暴れブロンズ姫の未来
  • 暴れブロンズ姫丼の未来イメージはこんな感じです。過湿対策でもう大きな鉢は使いません。2014年までは、グラプトペタルム丼は、こんな感じでした。乾燥させ過ぎて掘り出すとバラバラになってしまったのです。それを朧月だけ外して寄せたのがこちらです。今回抜いた秋麗とブロンズ姫です。2014年11月の時点でで繋がっていた部分が腐ってすでにバラバラなので、再度引っ付くわけもなく秋麗とブロンズ姫の茎が30本ちょい [続きを読む]
  • 解体グラプトペタルム丼は秋麗からと今日の月
  • 植え替え肉労の基本は掘り出して乾燥なので、タイムラグがありますから、最初はひたすら引っこ抜くので、後からひたすら植え付けに追われています。やっとこれに着手です。これが、これになって、そのうちの秋麗の件です。秋麗は少なくて普通サイズは8本でした。しかもブロンズ姫に比べると真っ直ぐに思えます。ブロンズ姫はこんな感じで約20本です。秋麗は、花が付いていましたが、これから根を出して頑張ってもらわないといけ [続きを読む]
  • 爪蓮華の引っ越し終了
  • 爪蓮華の6?ポット移植はそれなりに面倒でした。それにどれくらいの間隔で植えるのが良いのか読めないので本当に適当です。トピアリー要員になってもらえたら、儲けものくらいの気持ちで優しい気持ちで見守りましょう。これが、こんな感じになりました。小さいものを見捨てずに、詰め込んだら13個入りが2ポットです。大化けしてくれたら嬉しいですけどね。ついでに、リプサリスも植えました。爽やかで明るいグリーンが最高です [続きを読む]
  • グリーンネックレスの13分クッキング
  • グリーンネックレスを13分で植え付けました。土の配合はたにっくん工房さんの秋バージョンです。ここから、花や溶けた部分をカットしてポット入れる量だけ並べていきます。段ボールの上に9巻並べて、アバウトですが赤い四角の範囲が一区画です。水受けの中に3巻分です。12ポット出来上がりました。あまりにも急いだので、根が上に来ていました。修正しましょうって、忘れそうです。             スポンサードリ [続きを読む]
  • 昨晩の肉労と今日の月
  • 昨日の深夜の肉労は、2時でダウンしてしまい、グリネの植え付けをしていません。これ以上、水に浸けていると腐ってくるので今日は、一番に着手します。掘り出したり、カットしたり、根を切ったりしたものがどんどん乾き始めて植え付け待ちの状態です。お肉の片付け等色々していますが、受け付けたのは、結局これだけです。今回は、根が出るまで待機させていると、出した時に忘れて焦がすリスクがあるので、根が無くても挿しました [続きを読む]
  • 淡雪のこのパターンって
  • 淡雪が3方向に広がることと、せっかく可愛いのでカットして6?ポットに入れてしまいたいと思うのですが、葉挿しからここまで育ったので、切らずにおこうと思って眺めていたら、この広がり方どこかで見たことを思い出しました。現在の淡雪です。3つのロゼット全てに花芽付きです。淡雪のこのパターンはペンタンドルムにそっくりです。太陽の方向に関係なく、きままに3方向に伸びています。淡雪もペンタンドルムも同じグラプトペ [続きを読む]
  • デローサが大きくなってきました。
  • 去年の春頃狩って、梅雨、夏を経て次第に小さくなりとうとう6?ポットに入れていました。トピアリー要員になってくれれば良いと思って、育苗トレーに混ぜていたら、今頃になって6?ポットの枠を超えてきました。優しい雰囲気の可愛らしさがあるデローサさんは、ここに来て7センチにサイズアップですかね。実はグリムワンの6?ポットもオーバーしてきました。まだフレームを作っていないのに、みんな気が早いです。魅惑の宵は、 [続きを読む]
  • 一回り大きくなった葉挿したち
  • チマチマと肉労を続けていると、多肉の欠片が沢山発生して葉挿し、茎挿しの材料が増えていきます。乾いた順番から機械的にプスプスと挿していかないと溜まる一方です。葉挿しは、ある程度見てから準備出来るので楽で好きです。トピアリー要員増加に向けて、点在するお肉を整理していたら紅稚児の葉挿しを見つけました。去年の秋か春だったので、少し育っています。3つもあってラッキーです。すっかり忘れていました。ロスラリスの [続きを読む]
  • グリーンネックレスを挿すのがノルマと今日の月
  • グリネの6?ポットは使えます。可愛く緑色の見えるのです。デザイン性があるかお試しに作ってみましたが、けっこう可愛いです。垂らすのが目的ではないので早かったです。こっちから見てもあっちから見ても可愛いです。伸びて来て、上から見ても完全に土が隠れるくらい伸びたら完成です。もう一息ですね。これは使えます。我が家は強風エリアなので、仕立て直しも兼ねてグリネの6?ポットの増産を目指すことにしました。そろそろ [続きを読む]
  • 子持ち蓮華は腕を伸ばすとこが可愛い
  • 多肉たちが可愛すぎる理由は、個人的には擬人化し易いところです。あくまでも主観的な感じ方なので、何の根拠もありませんが、中には好きだけれども擬人化し難い故についその存在を忘れてしまうのが子持ち蓮華です。可愛いけれどもどちらかというと植物寄りな雰囲気です。2年くらいに前に増やそうかなと思って植え替えましたが、(その頃こんな感じでした。)ほとんど増えていないのです。(今がこんな感じです。)雨ざらしが大丈夫な [続きを読む]
  • 紫麗殿を落としました。
  • 乾燥中の紫麗殿を落下させてしまいました。在りし日の紫麗殿様です。と言うか、生きてますけど、葉が10枚外れました。かなり渋い多肉ですが、こうなったら紫麗殿を増やしましょう。落下の衝撃で外れた葉なので、無事、成長するかは分かりませんが、明るい材料に目を向けるしかありません。保険株があるのは良いことですって、まだ先は分かりません。それにしても禿げました。しかも落ちた方だけです。茎もかなり長くなってしまい [続きを読む]
  • 秋麗、ブロンズ姫丼の解体と帝玉掘り
  • こんな感じだったミックスが崩壊した後にバラバラになった秋麗やブロンズ姫だけを再度寄せていましたが、明らかにコンディションが悪いので、全部抜きました。前回、寄せ直した時に、すでにバラバラになっていて、量も多かったので、朧月は別に植え直しました。花芽も付いていますが、お手入れ優先です。秋麗も本来の半分くらいの葉の長さしかありません。前回、朧月を抜いても量が多かったので、今回はもうそれぞれに植えます。綺 [続きを読む]
  • すみれ牡丹の2度目の胴切りと今日の月
  • 1回目の胴切り前はろくろ首でしたが綺麗でした。5号鉢に入って、このロゼット径で大きくもありました。それが胴切り後、次第に調子を崩して、去年の秋に植え替えた時は3,5号鉢に植え替えました。しかし、調子が思わしくなりません。成長点付近が育ちません。なぜ?駄目っぽい雰囲気を放っていますので、切りました。根っ子は一応残しました。しかし、驚愕したのは、思い切って根を確認すると6?ポットに入る根の量しかありま [続きを読む]
  • 深夜の肉労
  • 深夜の肉労は、ミロッティを一つ更に根を小さくしました。植え付けようと思ったのですが、追加でカットです。あらゆる多肉を小さくというか、土を少なくしています。鉢を限界までサイズダウンです。ついでに、根元から生えていた子供も外してみました。小さじも抜きました。以前は、多肉たちをひたすら大きくしたくて鉢増し路線でした。根をごっそり外したら、2サイズほど鉢を小さく出来そうです。たったこれだけ?という感じで拍 [続きを読む]
  • グリーンローズのカットは安全に3つ
  • 5つのロゼットがあったグリーンローズですが、5つともカットして元株が駄目になったら嫌なので3つカットしました。5つともカットしらと思っていましたが、安全第一です。元株は、大小2つです。多分、ロゼットが残っていた方が、後の成長も早いと思うのです。子供の中では割と大きいというか、そんな感じのが一つと小さいものが2つです。梅雨はグリーンローズのロゼットが開いて焦りましたが、締まったミニキャベツみたいな雰 [続きを読む]
  • 月美人真っ直ぐ養成ギブス
  • 植え替える度に斜めになっていく月美人です。今年も開花するまでこんな感じでした。花を見てから掘り出したのです。根も乾いたので植えます。頭が重いのにどうやって立たせるか悩んで時間がかかりまhした。今回こそ真っ直ぐな月美人になってもらいます。杉材と結束バンドで固定しました。結束バンドを使用したのは、きつく締めるためではなく好きな位置で固定するためです。歴史のある月美人なので茎部分が長くなっています。カッ [続きを読む]