佐藤コミソム さん プロフィール

  •  
佐藤コミソムさん: 三十路女の酒と肴、時々男
ハンドル名佐藤コミソム さん
ブログタイトル三十路女の酒と肴、時々男
ブログURLhttp://saredosannbyou.hatenadiary.jp/
サイト紹介文三十路独身会社員女の暮らし。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/10/23 18:15

佐藤コミソム さんのブログ記事

  • 浅田真央ちゃんに救われたあの頃
  • 2017年4月11日(火)私は美味しいものを食べるとその余韻を翌日になっても引きずりがちだ。昨日居酒屋かまどかで食べた桜鯛の釜飯は美味しかった。そんなわけで、今晩のご飯は昨日の多少なりともの再現を試みた鮭の炊き込みご飯など。スポンサーリンク夕飯に箸を進めながら、昨日引退を表明した浅田真央ちゃんの緊急特番を眺めた。約三年前のソチ五輪。彼女のショートの滑走順は深夜だった為、私はその結果を起床時、リアルタイムで [続きを読む]
  • 寂しいニュース速報
  • 2017年4月10日(月)所属部署に中途社員が入って一週間。新人として早く打ち解けたいのだろうことはわかりつつも、帰るタイミングを合わせられたり、「今日夕飯何作るんですか」などの、本当は全く興味がないことが丸わかりの、表面的なコミュニケーションを取るためだけの質問に回答することにげんなりしてしまう自分がいる。私はそんなハートフルな人間ではない。薄情なのだ。スポンサーリンクジム後、タイミングが合ったのでS氏と [続きを読む]
  • 近所の公園に桜を見に行ったり
  • 2017年4月9日(日)これまで通ってるところの美容師が最近雑だからという理由で、S氏が美容室を変えると言い出したのは先日のこと。普段ワックスを付けているかも疑わしい、髪型に拘りを強く持っているとは思えない彼がそう決めたということは、相当雑だったと推察する。心機一転の散髪後に、今日は初めてS氏と会ったのだけれど、大きな変化はないものの、後頭部辺りのカット方法など、小さい、微妙な変化がいつもよりもお洒落な印象 [続きを読む]
  • 己の反省を思い出してなんだかなあ
  • 2017年4月8日(土)出勤日週末の出勤時は、終日フロアで一人になることが多く、悠々自適でとても気楽だ。けれど、今日に関しては、今週入社した新人さん、しかも、席が真向かい、と二人きりなので気を使うし、気を張らねばならない一日だった。スポンサーリンクそんなわけで、ほぼ一日を彼女とのコミュニケーションに費やした。お互いのこれまで勤めた会社、年齢、その他諸々についてを話題にやり取りしたのだけれど、その中で、彼女 [続きを読む]
  • お花見の思い出と住宅街での出来事など
  • 2017年4月7日(金)花見シーズンが到来したようだけれど、桜を愛でにまだどこかへ足を運んでいない。なので、私にとってのお花見は昨年の江戸川区の公園でのそれから更新されていなかった。スポンサーリンク昨年のそれは、ほぼ初対面に近い方、そして、完璧に初対面の方々との催しだった。事の始めは、2月か3月だっただろうか。某居酒屋のカウンターで一人飲みをしていた際、40代と思われる男性二人組に声をかけられ、やり取りの末、 [続きを読む]
  • 大谷くんのユニフォーム仕様間違いや私の好みの顔についてなど
  • 2017年4月6日(木)「ヒールで思いっきり踏むなよ!」朝の通勤電車が複数の路線の交わる駅につくと、どっと乗客が降り口に吸い込まれていく。そんなとき、40代とおぼしき女性のそんな絶叫が響いたのだった。殺伐。こういった空気に遭遇する機会が引っ越してから増えたように感じている。これまでの使用路線よりも家賃相場が安い地区なので、輩的な住民、の割合も上がるのだろうなあ、と穿った見方をしてしまう。それが収入差別、と言 [続きを読む]
  • 人間不信と言われても
  • 2017年4月5日(水)東京は桜が咲き始めているらしいことを、ニュースなどで目や耳にする。にも関わらず、今年は現実でそれに対峙することが不思議と少ないような気が先日からしていた。―――――ああ、そうかと気付く。1月から利用路線が地下鉄に変わったことにより、車窓からの景色は、真っ黒と駅のホーム、の繰り返し。全く不思議なことでもなく、そして、気のせいでもなく、私は今年の桜をほとんど見ていないのだった。スポンサ [続きを読む]
  • 仕事後はなる早でお一人様を謳歌したい
  • 2017年4月4日(火)みずほ銀行のATMコーナーで、ネットバンキング利用の際に試用するお客さまカードを拾った。それだけなら悪用は恐らく出来ないけれど、そのカードには付箋が貼られていて、そこにはご丁寧にパスワードが書かれていた。スポンサーリンクそのお客さまカードとパスワードがあれば、ネットバンキングにログインが可能だし、振込処理まで出来てしまうことを私は知っていた。この落とし物は危険だ。そう判断し、近くにい [続きを読む]
  • 30代独身一人暮らし会社員の2017年3月家計簿
  • ※2017年3月月収(手取り)と支出※別途福利厚生でコンビニ等で使用可能な食券7000円支給分は収入・支出に入れず計算スポンサーリンク 3月総括 1月2月に関しては、引っ越し費用、家具の新調等のイレギュラーな支出が多かったけれど、3月はそれが落ち着いた感じでようやく黒字。☆☆☆☆☆一人暮らしブログランキング参加中ですにほんブログ村 頂けると励みになります!スポンサーリンク [続きを読む]
  • 新入社員がやってきた
  • 2017年4月3日(月)ほぼいつも通りの時間に出社すると、先週までは私の席で、ここ数日に関しては主が未確定だった席に、ちょこんと20代後半とおぼしき私服の女性が座っていた。新入社員だ、と認識する。スポンサーリンク彼女が今後使う更衣室のロッカーの鍵は私が預かっていた。案内と説明を兼ね、二人でフロアを出た。「待たせちゃいましたよね。すみません。」と声をかけ、更衣室の階へと続く階段を降りた。その後の自己紹介等を通 [続きを読む]
  • 2017年プロ野球が開幕した
  • 2017年4月2日(日)プロ野球が開幕した。出身地が北海道という単純な理由で、私の贔屓のチームは日本ハムファイターズだ。けれど、日ハムが私の応援に行きやすい曜日と場所、つまりは、週末、東京ドームで試合をすることはあまりない。スポンサーリンク来月5月の週末に対ロッテ戦が東京ドームで組まれていた。チケットを購入しよう、そう決めた。しかし、どのスポーツも恐らくそうだろうけれど、チケットは席の位置によって値段はぴ [続きを読む]
  • 2017年度がスタートして
  • 2017年4月1日(土)週末、高頻度で見ている番組、王様のブランチのMCが今日から代わってしまった。女性の方には特に執着はしていなかったけれど、男性MCが谷原章介さんからアンジャッシュの渡部(呼び捨て)に代わってしまったのは何とも残念だ。谷原さんのあの低音ボイス、理知的でスマートな感じ、好きだったのになあ。そんなことを思いながらの、私のブランチはカレーうどんならぬ、カレーパスタ。スポンサーリンク日が落ちてから [続きを読む]
  • 温野菜でのサプライズ
  • 2017年3月31日(金)「お先に失礼します」終業時刻を迎え、フロアにいる数名にそう挨拶をした矢先、上司に呼び止められた。訝しんだ気持ちを読み取られないよう近づくと、週明けから入社する新人さんのフォロー、仕事の引き継ぎ等を依頼された。それに対し、(随分とギリギリに言ってくるなあ)という気持ちを抑えるのは難しかった。先日から私の所属する部署が某大手サイトに求人を出し、採用活動をしていたこと、そして、どうやら [続きを読む]
  • アイキャントスピークイングリッシュ
  • 2017年3月30日(木)人畜無害な顔をしているつもりだ。それもあってか人に道を聞かれることはそんなに珍しくない。今朝も出勤時に、「○○ビルはどこですか」と声をかけられる。メジャーなビル、そして、道順説明も比較的簡単な場所、ということもあり、そのミッションを円滑にクリアしてから出社した。スポンサーリンクわからない場所を聞かれると、最近ならGoogleマップで確認してから、説明したりもする。外国の方に道を聞かれた [続きを読む]
  • 不意をつかれて驚愕したこと
  • 2017年3月29日(水)空きっ腹にアイス二本を流し入れたことが災いし、お腹を壊し、ベッドに倒れこむように眠ったのは昨晩の話。朝方、目を覚まして意識が戻ると同時に、自分の体の調子を自分自身に問いかけた。腹痛はどうやら収まっていて安堵した。スポンサーリンクしかし、出社後も、体の重くあるべき部位、軽くあるべき部位がなんだかちぐはぐな、そんな違和感を持ちながら過ごした。そんな中、トイレの鏡に映る自分をふと見た瞬 [続きを読む]
  • 空きっ腹にアイス
  • 2017年3月28日(火)先月異動になった方が座っていた席に、今日から移動することになっていた。(メモ用紙に使えるかな)と思い、これまで使用していた机の引き出しに積み重ねられていた裏紙を結局シュレッダーにかけて破棄し、空にした数段の引き出しの中などを雑巾がけ。立つ鳥跡を濁さず。スポンサーリンクアイスを三つ、炭酸水を三本買って帰宅。三大欲求のひとつ、食欲に理性は負けて、部屋に辿り着くとすぐにアイスを二本食べ、 [続きを読む]
  • 舞浜でのニアミス発覚
  • 2017年3月27日(月)昨日から引き続き、朝から雨。なんとも冷える。スポンサーリンク前々日のディズニーランドの疲れを引きずっていた為、今日はお弁当作りはお休みとし、10数分の睡眠を確保した。通勤途中のファミマにて、昼食用に手のひらサイズの小振りなパンが袋にふたつ入ったハムチーズと、飲むヨーグルトを購入したけれど、その時点でどこかで予想していた通り、終業時刻を待たず、空腹感に悩まされることとなってしまった。 [続きを読む]
  • 遊び倒した翌日はこんこんと眠る
  • 2017年3月26日(日)起床後にもう一風呂、という目論みは眠気の前ではなんとも無力で、朝食ビュッフェの最終受付時間のギリギリまでをベッド中で過ごした。急きながら、その15分ほど前にS氏とレストランへと向かうと、入口前は数組の待ち客で混雑していた。設置された名簿に書き入れた名前が呼ばれるのを待つ。スポンサーリンク受付終了時間を微妙に回った辺りで名前を呼ばれ、ほっと一息席に着いた。ビュッフェ仕様の9マスで仕切ら [続きを読む]
  • 約10年ぶりのディズニーランドで気付いたこと
  • 2017年3月25日(土)ふたつの夢の国があるという。それはディズニーランドとディズニーシー。しかし、これまで訪れた回数は人生で各一回ずつで、それは確か22歳の頃だったと思う。つまり、10年以上、国境を越えていなかった。スポンサーリンク(ミッキーやミニーに会いたい!)そんな純粋な思いが、当時の訪問の動機になったわけではなかった。ただ単に、日本で代表されるレジャー施設に一度も行ったことがないという劣等感を打破す [続きを読む]
  • 家賃振込は余裕を持って
  • 2017年3月24日(金)前回も今回の賃貸も、家賃は引き落としではなく、毎月銀行振込だ。ポイントが貯まるクレジットカード決済が理想なのだけれど、致し方無い。スポンサーリンク「振込は毎月27日まで」と、契約時に不動産屋に言われたと思うが、その締め切り日に確固たる自信はない。契約書類を見返せばその真偽を確かめることは可能だが、変なところで横着して、(25日までに振り込めば確実だろう)と、20日以降でふと思い出したとき [続きを読む]
  • 花粉がふわふわ舞っている
  • 2017年3月23日(木)しばしば鼻の奥がチクっとする感覚に襲われる。花粉症は未発症ではあるものの、(飛んでるなあ)ということが私にも認識出来るレベルの花粉量ということは、発症済みの方々はさぞ辛いことだろう。スポンサーリンク業務上必要に応じて、銀行の両替機にて小銭のストックを作っている。手数料が発生しない枚数の範囲内で両替をするのが暗黙のルールだ。けれど、今日は範囲を超えた枚数に崩したかったので、会社のキャ [続きを読む]
  • WBC準決勝や入社式があったり
  • 2017年3月22日(水)今日は勤めている会社の新入社員入社式だったらしい。私はそのスタッフでも、主役でも勿論ないので、今日という日に特に思い入れはないけれど。スポンサーリンク日中、ネット速報を随時更新しながら、WBCの準決勝(日本×アメリカ)の進捗を見守る。残念ながら、2対1の惜敗。正直、メジャーリーガーの参加は青木だけだし、監督は小久保だし、ここまで勝ち進めると思っていなかった。予想以上に楽しませて頂けて感謝 [続きを読む]
  • 予定がある故の平和主義者
  • 2017年3月21日(火)写真があまり好きではない。椎名林檎の『ギブス』の歌詞にあるような、哲学的な理由ではない。中学生の頃、酷いニキビに悩まされた。顔の中にニキビがあるのか、ニキビの中に顔があるのか、そんな具合。その現実を目の当たりにする鏡だったり、写真だったりを、それを境に意識的に避けるようになり、いつの間にか肌からそれらが減って行っても尚、その習慣は少なからず私に根付いてしまった、のだと思う。そんな [続きを読む]
  • ホワイトデーのプレゼントとケンカの原因
  • 2017年3月20日(月) 春分の日三連休最終日。睡眠欲に我が身を委ねてしまいたい気持ちをぎゅっと押し込めて、ベッドから起き上がった。週一で通っているジムは、曜日固定プラン。月会費と今月の月曜日数の割り算をついぞしてしまう。割り算の答えの千円強を、湯水のように捨てることは避けたかった。スポンサーリンク一汗流したのち、有楽町駅へと向かい、S氏と合流。駅近くに人だかりが出来ていたので、近付いてみると笑い飯がイベ [続きを読む]
  • 三連休中日に気になっていたお店へ行った
  • 2017年3月19日(日) 三連休中日ブランチに食べたうどん。そんな寝過ぎたつもりもないのだけれど、頭に痛みがしばしば走る。先週、八景島シーパラダイスへ向かう前に買った頭痛薬ノーシンを二錠服用。滅多に頭痛に悩まされるなんてことはない体質なのに、二週連続、それに襲われるとはこれいかに。33歳。後厄の一年。加齢による体質の変化ではないことを祈るしかない。スポンサーリンク無料ゲームアプリにベッドの上でだらだら興じて [続きを読む]