Michael Mioyard さん プロフィール

  •  
Michael Mioyardさん: funny rain, sweet breathing
ハンドル名Michael Mioyard さん
ブログタイトルfunny rain, sweet breathing
ブログURLhttp://anaaki-gratin.hateblo.jp/
サイト紹介文なんちゃってサブカル臭を漂わせながら、ミーハーな一般市民として生きるネタを綴ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/10/23 21:28

Michael Mioyard さんのブログ記事

  • 【ロードバイク】美麗なる海岸線を走る〜新潟・笹川流れ
  • 新潟で自転車に乗るのであれば、もちろん山間部でがっつりヒルクライムの練習をするのが素敵なわけだが、海際を走るのも素晴らしい。どこまでも続く海岸線を、季節により表情を変える日本海を延々見続けながら走っていくことができる。とにかく気持ちがいい。難点は風が強いと吹っ飛ばされそうになることと、補給ポイントを把握しておかないと飢えるというところだろうか(経験者)。今回走ったのはそんな海岸線の中でも美しさに定評 [続きを読む]
  • 【ロードバイク】レインボーブリッジを自転車で(正確には徒歩で)渡ってみる
  • 自転車でお台場に行く場合、ルートは限られている。基本的には銀座を抜けて勝鬨橋を渡るルート一択。晴海通りを突っ切って、豊洲PITの交差点で右折してく道。それとは別に条件付きだがお台場に向かうルートがあって、それがレインボーブリッジの横断。レインボーブリッジに入る(登る)場所へのアクセスがわかりにくいのとか、渡れる時間が限られているのとか、自転車は条件付きというのとかあるが、やってみようと思わなければやら [続きを読む]
  • ロードバイクのメンテナンスを極力自分でやれるようにするには
  • GWはハルヒルに向けてそろそろ本気を出すふりをしようとか思ってたけど、結局は嫁と嫁両親と共に楽しくサイクリングをしていた。とはいえ4月から今年は自転車に乗り始め(仕方ないじゃん、重度の花粉症なんだもん)、なんか調子があがらないな〜っていう感じで1ヶ月過ごしていたので、ここで強引に練習の強度を上げた場合主に膝がぶっ壊れる可能性があるのでこれはこれで。併せて、フルメンテをしてもらった自転車の試運転。去年走っ [続きを読む]
  • そうだ、締めパフェしよう。札幌締めパフェデビューした話
  • なんでも沖縄では締めステーキだそうですとか。これは未確認情報だけど。よく考えたら締めがラーメンかお茶漬けってのも固定観念化しすぎている節がある。他のもので締めたっていい。僕は別に朝カレーどころか朝焼肉だろうがOKな人間だ。というわけで札幌で締めパフェしてきました。締め、というからには締める何かがないとなので、札幌なだけに札幌ビールのレッドスターを飲みつつ関東ではあまり見かけられないような肉厚で超油の [続きを読む]
  • 人生は短い、だから遠回りしよう
  • 特に座右の銘とか何かを決めているわけではないが、これは常日頃心がけている。手帳に書いておいたり壁にでっかく印刷して貼ったりとかはやらないけど、寝る前に歯を磨くくらいの心がけってところ。わかるわーって記事読んでる横で、おっさんが鬼速PDCAとか書かれた僕の嫌いな類の本を読んでいた、そんな通勤電車 「人生は短い、だから遠回りしろ」が信条です / “「ビジネスにスピードを」なんて言う奴は家に帰ってさっさと寝てろ [続きを読む]
  • リズム感とある種の仕事力に共通する、羅列と区切りという考え方
  • よく一緒にバンド遊びをしているドラムの人と話をしていて、音楽的な素質の話になった。「あの人はねー、音楽的素質はあまりないよね。スコアで音を足していく感じのリズム感だから。」とかそんな会話をしていて。「この長さの音符が〜個あって、その次が・・・」みたいなリズム感に対する指摘なんだけど。じゃあ逆はなんだっていうと、例えば小節に代表されるような長さの固定されたの単位の中に、音を配分を考えて配置していくっ [続きを読む]
  • 色を司る感覚器官、そして鮮やかに淡く花は佇む
  • "忙しくて夜空の月も見てないぜ"なんて、エレファントカシマシが歌っていたけれど、普段の荷物が1kg程度重くなってでも一眼を持ち歩いて出勤しているのにオフィスを出ると真っ暗ですよ。最近カメラによくひっついているレンズは、Helios-44が多いことに気づいた。オールドレンズ的な淡さが、最新の光学系やら素材やらを使ったクリアで歪みのない写りよりも楽しいのだ。常にそうってわけじゃないんだけど、たまにInstagramのプリセ [続きを読む]
  • 【ロードバイク】霞ヶ浦一周、坂無し信号無しは大正義【ナマズバーガー】
  • これを求めていた。他に何もいらない。茨城県にある霞ヶ浦。この巨大な湖っていうか浦(ってつまりなんだ)っていうかとにかく水が一杯溜まってるあれだ(語彙力皆無)。この霞ヶ浦を一周できるコースがあって、10月のよりにもよって結果的に一番寒かった週末に走ってきた。登り坂、ゼロ。信号、ゼロ(って言っていいレベル)。"無い"ことを積極的に望むいい例なわけだが、マジで楽園ですね霞ヶ浦は。景色が単調で飽きるという話は聞いて [続きを読む]