hojuen さん プロフィール

  •  
hojuenさん: Peace One World Hojuen 七面山
ハンドル名hojuen さん
ブログタイトルPeace One World Hojuen 七面山
ブログURLhttp://peaceoneworld.blog.fc2.com/
サイト紹介文七面山奥之院の功刀(くぬぎ)非番別当のブログ。世界の平和を祈りワンワールドを説き明かす。真実は神実です
自由文七面山奥之院の別当を代々受け継ぐ定林寺の宝珠苑グループ!保育園も経営。
「世界平和の祈りを通じて、生命の姿を説き明かしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/10/24 21:11

hojuen さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 感動法話第二弾公開 命いとむ 合掌せずにはいられない
  • 感動法話第二弾の公開です平成27年3月25日に山梨県第二部布教師会主催で行われた「法話の会」において話されたものです。命は、時として私たちの想像を超える姿を見せてくれます。どうそ゜お楽しみくださいブログを通じて神仏にふれて頂き心に尊いものを宿して宿した徳をほんの少し皆さんの周りの皆さんに分けて頂いて誰かのために役立ててくださったらとても嬉しいです。1日1回 功徳のおすそわけ   ↓にほんブロ [続きを読む]
  • インドより愛をこめて 
  • 久しぶりのブログです。今年2月に24年ぶりにインドに行って来ました。写真は悟りを開かれたブッダガヤの大塔の中に祀られる釈迦像僧侶を志す甥っ子やお弟子の皆さんを是非お釈迦様が生まれた国に連れて行ってあげたくて普段から親交のある仲澤浩祐上人に(市川三郷町法傳寺住職・立正大学名誉教授)お願いして特別にツアーを組んで頂きました。その旅の一部を帰ってきてから法話で話させて頂きました。このYOU TUBEにアップした [続きを読む]
  • 心に大いなる浄行を抱くと、神様が集まってくる!
  • 地方やお寺によって様々ですがうちのお寺では正月にお札をもって年中安泰を祈り、檀家さんの家庭を一軒一軒お経を読んで回ります。お盆の季節に「棚行(たなき゜ょう)」といってお坊さんがお経を読みに来てくれた経験をしている人も多いかもしれません。是非お坊さんが来たらテレビを消してお経の意味がわからなくても一緒に読めなくてもいいですから家族そろってお坊さんの後ろで手を合わせていただきたいと思います。手を合わす [続きを読む]
  • 甥っ子の出家を祝って!魂が選び出す道
  • 去る1月8日かねてから出家を決意していた甥っ子の「優」君が得度する日が訪れました。高校の進路相談の際母親と進路相談をしていた優くんがおじいさん(功刀貞如上人)の影響か?それとも私の影響か?「お坊さんになりたい」と言いだし周囲を驚かせるとともに大いに喜ばせました。なぜなら私は独身なので子どもがいませんっ別に独身でも子どもがいる人はたくさんいるのですが・・・・ということは・・・・・・跡取りがいないとい [続きを読む]
  • 新年に自分の姿を見る 2016年
  • あけましておめでとうございますしばらくぶりのブログ更新です。好天に恵まれ、元日には、日向山仏舎利塔から望むご来光をたくさんの皆さんと共に拝させて頂きました。光に包まれているとなんとも気持ちの良いものです。「もしも願いを叶えたいなら毎日日の出を拝んで心に太陽を頂きなさい」という方もいるくらいです。昨年末、友人から一冊の小冊子をいただきました。そこには「自分自身をだきしめる」というタイトルが書かれてい [続きを読む]
  • 秘すべし秘すべし 真実を解放せよ 七面山に仏の塔が現れる 
  • 今から700年以上前のお話です日蓮聖人のお弟子に大国阿闍梨日朗上人という方がいらっしゃいました。子どもの頃に弟子入りし日蓮聖人にとっては我が子のようにかわいがった存在でした。日蓮聖人は生前、法華経の守護神である七面大明神様が鎮座している七面山に登り七面大明神様をお祀りしたいと願っていました。しかし、残念ながらその願いは果たされませんでした。日蓮聖人が亡くなられて16年目のことでした。亡き日蓮上人の [続きを読む]
  • 感動する仏教 涙がでてくる仏教 おさえきれないこの思い!
  • ここ最近、お坊さんの話を聞く機会が多くなってきました。ここだけの話ですが私、お坊さんの話ってあまり好きではありません。なぜかって?ズバリ!・・・つまらないからです。でも、この度聞いた二人の話はとても面白かったんです。その二人はどちらかというと、お坊さんの王道を来た人の話ではありません。一人目は、山口県立大学教授 東京・善廳院住職 鈴木隆泰上人です。斬新で解りやすい切り口で話す鈴木上人に質問してみま [続きを読む]
  • 僕がお坊さんになった訳 断食って楽しい9 神様とのパイプ役! 
  • 一度目の断食は楽しく、とても感動したのになぜ、二度目の断食はそんなに苦しかったのか?一度目と二度目の違いは何だったのだろう?二度目なので、断食をなめてかかったのか?いや、違う!一度目と二度目の違いは・・・・・二度目の4日間の断食唱題行は、一人でやったのに対して一度目は、森下上人がつきあってくれたのだ!自分では、意識していなかったけれど一度目の4日間は、ずっと私は森下上人に祈ってもらっていたのだとは [続きを読む]
  • 世界平和を祈る功徳写経のススメ 北海道旭川に涌現 
  • 80才の決意「人はなすべきことがあるならば寿命をいただくことができる。それが、仏様の意に叶うことであるならばなおさらである!」今年81才になる私の父・定林寺院首功刀貞如上人の言葉です。若き大学時代、早くに父を亡くした功刀貞如上人は身体を患い、入院生活を送っていました。貧しいなかでの学生生活でしたので、留年する余裕もありません。病院のベットの上で無理をして卒業論文に取り組んでいる姿を見た担当のお医者 [続きを読む]
  • I am Home! ユンナ その歌声は国境を越える
  • 私の好きなアーティストにユンナがいます。彼女がデビューして、初めてその歌声を耳にしたとき「なんてスゴイ声をしているんだ!」と絶句しました。日本に来る洋楽の歌手はみんな英語などの自国の言葉で歌うのに東アジアの歌手は日本に来ると日本語で歌います。そんな中で、十年前に韓国から来た当時少女は日本で初めて、韓国語の歌詞でデビューしました。まさに画期的でした。そんな彼女も、日韓で活躍しつつも韓国の事務所の問題 [続きを読む]
  • 法華経は命の教え 方便品 十如是4 あなたは業生ではありません 業は宝地図 
  • 相(すがた)の中でもっとも誤解が多いのは「業」に対しての考え方です。業とは、自分の人生の邪魔をする自分の癖だったり人間関係だったりあまり良い意味では使われてはいないようです。ところが・・・・・小学生の頃、母とともに唱えていた言葉に「業生ではない」というのがありました。私はその意味がずっと分かりませんでした。中学・高校・大学といえば、その年代特有の悩みや苦しみがあります。でも、「業生」ではないといい [続きを読む]
  • 私がお坊さんになった訳 断食8 生きることを許された世界
  • 体の中身をすべて洗い流すと、心までスッキリしたようでした。断食中、死ぬようなことはないと思いつつも、何か体内て急変して、もしものことがあったら?等と考えました。祈っていて、神仏のご守護の中に入らなければ、4日間の断食修行はできなかったのではないかという思いが、やり終えたあとの実感として残りました。後日、断食と絶食とは違うという話を聞きました。どちらも食べないことに違いはないのですが、絶食とはただ食 [続きを読む]
  • 過去の記事 …