It'z me さん プロフィール

  •  
It'z meさん: 私の歓楽 -日日宴安-
ハンドル名It'z me さん
ブログタイトル私の歓楽 -日日宴安-
ブログURLhttp://itz-my-pleasure.blog.jp/
サイト紹介文朝には希望を抱き、昼には戦い、夜には歓楽に耽る。そんな生活、が、したい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供286回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2014/10/25 14:41

It'z me さんのブログ記事

  • 野武士ジャパン、交流試合に出る。
  •  自分は見学でしたが、皆かなり真剣、マジモードで、楽しそうでした。 ちよまるもコート外でボールを蹴り蹴り、はしゃいでおりました。 小学生の男の子も出場していたのだけれど、大人顔負けの技術で、感心するとともに、ちよまるもいつかあんな風になるのかもしれないと思って、重ねて見て微笑ましい気持ちになりました。 [続きを読む]
  • 明日は母の日ですって。
  •  子供の頃は、肩たたき券とか、あげたものである。 母親とは長い間ずっと疎遠にしていたのだけれど、最近は仲良くなったし、今年は久々に何か贈ってみるか。どうしようか。 そういえば母の日って、お姑さんにも何か送るべきなのだろうか。どうなのかしら? [続きを読む]
  • 「フランスの子どもは夜泣きをしない」
  •  図書館で見て、「本当かよ?」と思わず借りてきてしまった。 出産・育児本の類は、子供なんかお腹にいる頃から一人一人違うのに、子育てテクニックもクソもあるかい!という気持ちから、一切読まなかったので、初めての育児本である。 実際に読んでみると、フランス人の子育てに対する感覚は至極真っ当なものだった。 結論から言うと、「子供を子供扱いしない」ことが秘訣である。 もっと具体的に言うと、子供が泣いてもすぐ [続きを読む]
  • 「夢二しおり」を頂いた。
  • 友人の、岡山旅行のお土産。「夢二郷土美術館」へ行ってきたらしい。竹久夢二氏は、敬愛する人物のうちの一人です。画家であり、詩人であり、優れたデザイナーでもあります。夢二式美人への憧れたるや…。それにしても、夢二が好きだなんて、かなり昔にぽろっと言ったくらいだろうに、よく覚えていたものである。夢二の栞そのものも嬉しいけれど、そんな些細な事を記憶していてくれた事が嬉しい。しかし美しすぎて、栞としては使え [続きを読む]
  • 今年も金魚草が咲いた。
  • 近所の公園にて。金魚草は、華やかで、とても好きである。「おしゃべり」「おせっかい」「でしゃばり」など、あまり良い意味ではない花言葉が付けられているけれど、プレゼントされたらとても喜ぶと思う。もし、嫌味のつもりで贈られても、とてもとても喜ぶでしょう。なので、誰か、金魚草をください。 [続きを読む]
  • 発見、紫色のチューリップ。
  • 自分の中では、チューリップといえば赤、白、黄色であって、紫色のチューリップは見た事がなく、イメージも無くて、珍しいものを見た気分なのだけれど、そんなに珍しくもないのだろうか。赤や黄色の可愛らしいチューリップと違って、紫色となるとチューリップといえど、何だか高貴な、それでいて妖しい雰囲気である。 [続きを読む]
  • 外出しようとしたら出られなかった。
  • ドアが、開かないのである。フンッ!と押し開けたら、ようやく自分一人ならすり抜けられる程度に開いた。ベビーカーは出せそうにない。何事かと思えば、我が家のドアの前に、自転車が置いてあるのである。お隣さんがお店をやってらして、そこのお客さんのチャリ。時々、こういう事がある。月に三回くらい。なんか大体いつも同じ自転車なような気もするけど。お店をやってはる隣に住んでいるから、家の前に駐輪されるのは別に、仕方 [続きを読む]
  • 五月五日はこどもの日。
  • 五月四日、本日のおやつは、フライング柏餅。みそ餡が入っているとかで、調べてみるとわりと認知されているようなのですが、自分は初めて見ました。何だか深みのある味で、非常に美味しゅうございました。男子でもなければ子供でもないけれども、食べるだけ食べておきました。ご馳走様でした。ちなみに我が家では、楠公さんとこの兜が年中、恭しく飾ってあります。 [続きを読む]
  • サッカーボールを購入。
  • 毎月、扇町公園でのフットサルに行く度に、ボールにしがみついて帰りたがらないので。本当はベビー用品売り場にある、柔らかくてパフパフ音がするようなボールを買おうと思っていたのだけれど、あまりにも興味を示さないので、少し早いんじゃあ…とは思ったが、普通のサッカーボールを買い与えた。ちよまる、大いに喜ぶ。外でも、家の中でも、ずっとドリブルして走り回っている。ボールが友達、って感じである。対象年齢6歳以上っ [続きを読む]
  • 「天意」と書いて何と読む?
  • 【天意 あい】…「愛」という字の、日本における元々の漢字なのだそうです。最近知りました。「愛」という字では、ぶっちゃけ愛というものの姿が薄ボンヤリとして捉えどころなかったのだけれど、「天意」…こう書くと、その姿が見えてくる気がした。 あい、とは、天の意志。生きとし生けるもの全てにはたらきかける、天の意志。人と人とが運命的に出会い、大切に思い合うのも、天の意志。天意(あい)し合ってるかーい!有名な直江 [続きを読む]
  • 毎日炊事していて気付いた事。
  •  毎回ダシをとっていて、ふと、違和感に気付いた。 色が違うのである。 要因は何だろうかと考えたところ、最近水道に浄水器を付けた事に思い当たった。それまで料理も水道水を使っていたのを、浄水に変えたのでした。 使う水によって、ダシの出かたに違いがあるのだろうかと、試しに水道水・浄水・天然水でそれぞれダシをとり、その違いを比較してみました。 色が全然違った。味も注意してみると、 水道水よりも天然水、天然 [続きを読む]
  • 鞄の持ち手が壊れた。
  •  近頃、壊れる物が多い。 出先で持ち手の接続部が千切れてしまったので、とても困ったのだけれども、機転を利かせて凌いだ。 一〇〇円ショップで小さなS字フックを買ってきて、接続部に使ったのである。 一日、不便なく過ごせました。良かった良かった。 [続きを読む]
  • 最近の映画の傾向。
  •  もうずっと長い間、映画は小説や漫画の実写化、アニメやドラマの劇場版などばかりだったけれども、最近はミュージシャンの映画がよく見られる。 XJAPANの映画が出たばかりだが、今日たまたま通りかかった映画館では、ブルーハーツの映画が上映されているらしかった。 コアなファンの動員が期待されるからだろうか。 映画が撮りたければ、昔のように監督自ら一から考えろよ、と思う。 狡い。 [続きを読む]