その蜩の塒 さん プロフィール

  •  
その蜩の塒さん: その蜩の塒
ハンドル名その蜩の塒 さん
ブログタイトルその蜩の塒
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/pc-output
サイト紹介文登山、ウォーキング、温泉、外食・ラーメン、映画レビュー、読書感想文、旅行記、祭り・イベント他。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2014/10/25 19:01

その蜩の塒 さんのブログ記事

  • 第3回内陸線ウォーク(2)
  •  向本荘地区の何気ない里山の風景は心和みますね。  ジャガイモの花と紫蘭。白花紫蘭もありました。  マタタビは葉が白化するのですぐ分かります。実はドングリ状が正常。丸いのは虫が寄生していて、虫エイになります。  この時期黄色いマンネングサもよくみかけます。右上;上杉公園はよく整備されてました。  比較的新しい上杉自治会館。右上;上杉駅。  上杉地区。昭和初期の建物も点在。どのお宅も大きいのですが、少人 [続きを読む]
  • 第3回内陸線ウォーク(1)
  •  内陸線ウォークに参加してきました。今回は桂瀬駅から合川駅までの約12km。合川駅に車を置き、桂瀬まで列車移動。参加人数が多いため2両編成でした。  桂瀬駅に着き受付。約80人の参加者数でした。挨拶とかはなく、受付が済んだ順に出発。コースリーダーもいなくて地図と標識の矢印を見て進みます。いつも団体ウォークなので、実に気楽で自分のペースで歩けるところがよかったです。  根小屋の辺りは通勤路で毎日通っ [続きを読む]
  • 弘前駅へ
  •  そばを食べたあと弘前駅へ行きました。第一お嬢の絵を見るためです。改札を出ないと見れないので、入場券140円を2枚買ってカミサンと中へ。壁面いっぱいに描かれてました。拡大してるためややギザギザがあるものの、それは織り込み済みで味のひとつかなという印象。第一お嬢の絵は仕事に差し障りがあるとまずいので、ブログに出したことはほとんどないのですが、これだけの大作となると書かざるを得ないでしょう。  駐車 [続きを読む]
  • 高砂
  •  どういうわけか一閑人が閉店してしまいましたので、高砂へ。創業大正2年だそうで、戸を開けた瞬間流れてる空気の違いに気づくことでしょう。建物は古いものを残しつつ、それと融合させながらうまい具合にリフォームされてます。駐車場に苦労する弘前にあって、余裕で停められるのは嬉しいことです。  左上;カミサン注文の天ざる1,500円。逆から撮ってますので写ってませんが、天ぷらには揚げ蕎麦も付いてました。右上;私注 [続きを読む]
  • キウイの花
  •  散策していて見つけた花です。左上;キウイの花。どことなくチングルマに似てます。雄雌異株なので、雄花と雌花は違います。 右上;バラ科キイチゴ属ナワシロイチゴ。 話は変わりますが、先日ネマガリダケを東京に送ったんですよ。毎年チルドゆうパックで送ってたんですが、今回はヤマトで。するとクールだと「不在時宅配ボックスへ」は選択できないとのことでした。たしかに宅配ボックスに置かれるとクールにした意味がない [続きを読む]
  • ほっともっと〜焼肉ビビンバ
  •  左上;牛キャベ丼390円 右上;焼肉ビビンバ630円牛キャベ丼は、トッピングが目玉焼き、白身フライ、塩から揚げとバリエーションがあり、全部のせでも550円とCPもグッド。  焼肉ビビンバは、チョレギサラダが付いてくるので、血糖値を上げないために先に食べることをお勧めします。ビビンバは袋たれをかけてみましたが、私がもっとも苦手とする甘辛だれでした。台湾で買ってきた豆瓣朝天辣椒醤をかけるべきでしたよ [続きを読む]
  • コムフォー丸の内オアゾ店
  •  東京駅は行く度に変わってますが、待合場所や新エリアが出来たりしてましたね。ここコムフォーはベトナム人の若い男女でやってる店で、想像通りの美味しい店でした。何度も通りかかってますが、閉店してたり満席だったりでやっと念願かないました。 食べ方の手順が記してありましたが、まずはデフォでそのまま味わうといいでしょう。  注文は鶏のフォー760円。写真はトッピング前と後。もやパクと揚げ玉をトッピングしてか [続きを読む]
  • 台湾旅游(12)
  •  最後に番外編を。スクーターと車道は分かれてまして、信号で停まるとスクーター帯があり、そこには車は停まれないようになってます。  歩道と自転車道の表示もたまに見かけます。歩道信号は大通り以外はないので、渡る場合にはスクーターに注意です。信号の時間が長いので、赤で渡る人も多いです。交通事故も多いそうです。歩きスマホは日本と変わりないですね。  ファミリーマートは全家で、ケンタッキーは肯徳基(ケンダー [続きを読む]
  • 台湾旅游(11)
  •  最終日はこれを見ずして台湾は語れないの忠烈祠。  這い蹲って写真を撮ってる人がいましたが、その這い蹲り方がハンパなくマネできませんでした。  胡蝶蘭は空港なんかでもそこら中に飾ってますね。台湾の歴史が刻まれた壁画も見応えあります。 なんとアディダスを上回る5本線。衛兵の交代で出来たラインです。  メランポジウムが盛りでした。花期が長いですからね。右上;忠烈祠前の花壇。 衛兵が7人になりました。 [続きを読む]
  • 台湾旅游(10)
  •  屋台を見て回ってから、夜は自由行動なのでバスで陽明山温泉へ。  高級ホテルでプールもあります。  三者三様で私は麺を選択。とても細い麺です。日本の麺とは違い違和感あり。水はホテルなんかではほとんど飲めず、ミネラルが置いてます。ここで出された水は温かったです。注ぎ足してもらったのは温かいぐらいでした。氷などは使わず、体を冷やさない配慮だとか。  温泉は濁り湯で気持ちよかったです。海水パンツは不要で [続きを読む]
  • 台湾旅游(9)
  •  世界5大博物館のひとつ故宮博物院に行ってきました。  ガイドの説明を聞くためイヤフォンを装着しました。右像は「孫文」。  本来なら翠玉白菜の隣には肉形石があるらしいのですが、貸出中のため別の物が置かれてました。  10年かけても全部は見れないそうですが、はたしてそうまでして見たいと思う人がいるんでしょうか?私は遠慮しときます。  寶島漫歩餐廳にてお茶の入れ方実演。台湾のお茶の値段はハンパないです [続きを読む]
  • 黒鯛をもらいました。
  •  元同僚から釣った黒鯛をいただきました。3匹でしたから、3人で山分け。40cm以上はあろうかという大物。ビニール袋に氷を入れて持ち帰りましたが、途中で袋から背びれが突き出し太ももを直撃しました。一瞬訳が分からず、残ってた釣り針かと思ったぐらいです。早速カミサンに3枚におろしてもらいましたが、皮が引けないということで呼ばれました。普通は包丁を使って引くらしいですが、やったことがないので力まかせに皮を [続きを読む]
  • 台湾旅游(8)
  •  中正紀念堂へ。赤い葉はリュウゼツラン科コルディリネ。ちなみにドラセナ属ではありません。  もちろん蒋介石。  何で人だかりが出来てるかというと、衛兵の交代があるからです。  1時間じっとしていて瞬きもしないのは苦痛でしょうね。  どうやら別の門から出たようです。  昼食は台湾料理の春梅子餐廳(台北市南京東路二段206號B1)で。魚屋も併設してました。  またしても切り干し大根入りオムレツ。必ず出てきますね [続きを読む]
  • 台湾旅游(7)
  •  続台中観光。宮原眼科へ行きました。ビッシリの本棚がそのまま。眼科は日本統治時代のことで、今はチョコ、クッキー、ケーキなどのスイーツ店となっています。蟻の絵はスイーツ店の証か。中でもアイスは行列が出来るぐらいの有名店ですが、食べた人の話によると31の方が美味しいとのことでした。  ここも日本統治時代の旧台中市役所ですが、今はカフェになっています。東京駅を設計した辰野氏の設計によるもの。街路樹は大 [続きを読む]
  • 台湾旅游(6)
  •  野鴨谷餐廳(南投縣水里郷中山路566號)にて郷土料理の昼食。ツアー御用達のお店らしいです。  中国、韓国は箸が縦置き。そして台湾のお茶碗はとても小さいです。このようにお代わりができるように出てくることは稀でした。ご飯は日本のに比べるのもなんですが、それほど不味くはなかったです。  左上;炒めワラビ。醤油ベースのシャキシャキ食感。山菜好きの私は好みでしたが、他の人はそうでもなかったみたい。右上;塩味の [続きを読む]
  • 台湾旅游(5)
  •  バスは日月潭へと向かいました。日と月を合わせると明になるので別名明潭(みんたん)とも呼ばれます。 上の写真の右側拡大。こちらは蒋介石の別荘だったところです。  日月潭には高級ホテルが立ち並んでいます。 雨の影響もあるかもしれませんが、ホント観光客が少ないです。廟門の上に「重武」と「崇文」とありますが、日月潭の日と月、さらには蓮池潭の龍と虎など相反するものを並べるという思想があるのでは、と考えまし [続きを読む]
  • アウェーでタケノコ採り
  •  メディアで報道されてる通り、秋田県の山はクマによる規制がかかって入山が難しいので、隣県へ行ってきました。玉川温泉付近で死亡事故が発生したばかりでなく、2日前にも県南でケガ人が出てます。入山する際には、戦う覚悟が必要かもしれません。となるとやはり「フクロナガサ」でしょうね。収穫はリュック半分ほどでしたが、アザミ、シオデ、ワラビをぶち込んで嵩増し誤魔化してます。鉛筆大の細いのが多かったのですが、昨 [続きを読む]
  • 台湾旅游(4)
  •  夜中も強く降ってましたが、2日目は朝から止むことなし。バスから車窓風景を撮ってみました。川は愛河という運河。  向かった先は、台湾初の国立自然公園となった寿山(じゅさん)公園。広い階段を上ると忠烈祠の門。 日本人がやりそうなイタズラですね。 夜景の名所でありデートスポットでもあります。  次に高雄百貨公司で買物。カラスミとか北投石のブレスレットなど値が張るものばかりでした。格安ツアーには必ず組み [続きを読む]
  • 台湾旅游(3)
  •  続きまして、美麗島站へ。 美しいステンドグラスアートに魅了されました。  駅なんですが、グランドピアノやショップもありました。  夕食は海鮮中華の龍興餐廳で。ビールは「台湾啤酒」1本150元(150NT$=New Taiwanドル)。1元=3.8円換算で約570円。  ピリ辛タケノコは美味。お土産でも買いました。  大体こんな感じで出てきました。次々と出てくるので慌しかったですね。 ホテルへチェックイン後 [続きを読む]
  • 台湾旅游(2)
  •  高雄は気温が31度で、湿度も高く蒸し蒸ししてました。亜熱帯特有の気候なのですね。ツアーガイドは御年85歳の朱さん。もう2、3年はやると言ってました。北京語の他広東語、日本語はペラペラで、歴史にも精通しており博学でした。  台湾の観光バスはフリルの付いたひらひらカーテン仕様。その観光バスですが、約3千台が稼働してない状態らしいです。というのも中国本土からの客が激減してるからで、「一つの中国」の原則 [続きを読む]
  • 台湾旅游(1)
  •  台湾に行ってました。パールホテル葛西のトリプルに泊まって、葛西駅近くのバス停から成田へ出発。バス料金は1,550円で、乗車時間は約1時間。葛西辺りのホテルはTDRのお客も利用するので、都内のビジネスホテルよりは若干高め。 成田の第2。行きは混み過ぎて撮れなかったので、帰りに撮ったものです。夜は割と閑散としてました。  航空会社は格安のタイガーエア。腰にエアクッションを当てると楽です。  房総半島でし [続きを読む]
  • 惜しい清一色
  •  どの方向に進むかは第一ツモ次第です。 かなりまとまってきましたが、早くも上家からリーチ。 地獄待ちの中単騎にすると混一色、対々和、三暗刻でハネ満になりますが、リーチに対して6ソウが切れないというよりは、5、6、7ソウの変則三面待ちになるばかりか、万一6ソウで上がると清一色、対々和、三暗刻で倍満になります。 結果的に中でツモってましたね。まぁ2人のリーチをかいくぐって上がったことだし、ヨシとするか [続きを読む]
  • スノーフレーク
  •  知人のWさん宅を訪問。交通事故で足を骨折して手術し、1ヶ月半入院して退院したばかりとのことでお見舞いに。森の中の一軒家なのでとにかく敷地が広大。困りごとはクマがよく現れることで、飼ってたシェパードが車にはねられ亡くなってから頻繁になってるとボヤいてました。裏庭ではゴルフの練習をするんだそうですが、芝生に見えるのは雑草を刈ったものだと言ってました。いやいやそれは謙遜で絶対芝生でしょう。庭ではスノ [続きを読む]
  • はなまるうどん
  •  急速に全国展開してますね。釜揚げもあり、天ぷらなど丸亀製麺とほぼ一緒ですが、おでんがあるところが違います。20時頃でしたが、そこそこ人は入ってました。  注文は、私が牛肉おろしぶっかけ550円にかき揚げ140円、カミサンがぶっかけ400円にえび天140円とさつまいも天110円。結局それほど安くもないですね。PS;今の時期、草取りをしていて困るのはタネツケバナ。触ると種が弾け飛んで目に入ったりします。それとロゼ [続きを読む]
  • やきとり酒場いっぱい2
  •  いきなりステーキで食べた後でしたので、飲み中心で料理はあまり注文してません。  赤いのはワインカクテルで、キティとスプリッツァー。飲みかけですが。カフェオレっぽいのはカルアミルク。  お通しのパスタはフジッリですが、和的な味付けでした。  野菜焼きと焼き鳥各種。焼き鳥ってタレで食べる気がしないですね。  タコの唐揚げとシシャモ。【やきとり酒場いっぱい2新大駅前店】新潟市西区五十嵐2の町8305−3 [続きを読む]