ブログ仙岩 さん プロフィール

  •  
ブログ仙岩さん: ブログ仙岩
ハンドル名ブログ仙岩 さん
ブログタイトルブログ仙岩
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/123hirotn
サイト紹介文各紙のコラムや報道番組、読書の感想、カメラ自然探索など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2014/10/27 08:39

ブログ仙岩 さんのブログ記事

  • ことわざなどの書き取りの解
  • ①国会の証人喚問はこれが典型的で、「石に(漱)ぎ流れに枕す」。枕石漱流(石に枕して、流れに漱ぐ)を誤って漱石枕流と晋の孫楚が言ったことに始まる。自分の間違いを間違いと言わず、こじつけて正当化する。②悪事などでよく使う、「頭隠して(尻)隠さず」。悪事や短所の一部を隠して全体を隠したつもりでいる。③「情けは人の(為)ならず」。人に尽くした親切はいつかは巡り巡ってかえってくること。④「医者と(味噌)は古 [続きを読む]
  • ことわざなどの書き取りの解
  • ①国会の証人喚問はこれが典型的で、「石に(漱)ぎ流れに枕す」。枕石漱流(石に枕して、流れに漱ぐ)を誤って漱石枕流と晋の孫楚が言ったことに始まる。自分の間違いを間違いと言わず、こじつけて正当化する。②悪事などでよく使う、「頭隠して(尻)隠さず」。悪事や短所の一部を隠して全体を隠したつもりでいる。③「情けは人の(為)ならず」。人に尽くした親切はいつかは巡り巡ってかえってくること。④「医者と(味噌)は古 [続きを読む]
  • 福島県高校入試数学の解答
  • ℓの直線が正確でないから、x軸に平行な直線mを少し下げて作図した。? x=-1より、y=-(-1)-3/2=-1/2 よって、-1/2=a(-1)? ∴a=-1/2? ① t=2より、y=-1/2・2?=-2 よって、-2=-x-1/2 x=1/2 ∴q(1/2,-2)② AQ=ARより、?ARQは直角二等辺三角形、QR=2AS=2(t?/2-1/2)=t?-1また、Q(t?/2-3/2、-t?/2)より、PQ=QR=t-(t?/2-3/2)=t?-1 3t?-2t-5=0 (3t-5)(t+1)=0 1ここで、終わってはいけない。放物線は落下の時間と距離の [続きを読む]
  • ことわざなど漢字の書き取り
  • ①国会の証人喚問はこれが典型的で、「石に( )ぎ流れに枕す」。②悪事などでよく使う、「頭隠して( )隠さず」。③「情けは人の( )ならず」。④「医者と(  )は古いほど良い」。⑤「三つ子の( )百まで」。⑥「老いては( )に従え」。⑦「秋(  )は嫁に食わすな」。⑧「( )男に京女」。⑨「( )無くして人を呼ぶ」。⑩「偕( )同穴」。 上のことわざのカッコに入る漢字を入れてください。 [続きを読む]
  • 大中恩氏の素直な言葉が人をひきつける
  • 大中 恩(おおなか めぐみ)1924年東京都生まれの作曲家で、女のような名であるが男である。土田藍は筆名で、自身の歌の作詞も手がけている。1989年紫綬褒章受章。93才の歌曲、楽譜、童謡、合唱曲、校歌など2500 曲も手掛けた方。父は『椰子の実』の作曲者である大中寅二で教会のオルガニスト兼合唱指揮者であったことから、音楽には手近い環境で育ち、東京音楽学校時代に海軍に入り、戦後NHKの劇中音楽などを担当した。好きだ、嫌 [続きを読む]
  • 小松菜が薹に立つ
  • 野菜の菜や蕗などが伸びて食べごろが過ぎること。盛りが過ぎる。年頃が過ぎるなどに使う。しかし、スーパーでは菜の花として薹(塔)に立った上部の軟らかい部分を販売しており、農家でも、わざわざ伸ばして、菜の花が咲きはじめを食べるところもある。我が家では、硬い茎の部分をニンジンやキャベツ、リンゴと混ぜて、ミキサーにかけてジュースで頂いている。今年の野菜は、1/15の大寒波で水道は出ない日に、冬野菜は凍みて、小松 [続きを読む]
  • オタマジャクシで春を
  • 一昨日と続けて昨日も、オタマジャクシを撮影してきました。本当に春を感じさせてくれます。いわき海浜自然の家の西側にある、自然の湿地帯でいつも同じところに蛙の卵を見ており、もうふ化してから2,3日経っている感じで大分大きくなっていました。ここから少し西へ行くと、桜が咲き始めていました。河津桜かと思い撮影し、もっと山へ行くといつものところにフキノトウが出ていました。夕食はフキノトウの酢味噌和えで大変美味 [続きを読む]
  • 加温で人生を快適に
  • 毎朝ラジオ健康ライフで、「加温の不思議」と題して修文大学健康栄養学部教授医学博士伊藤要子さんのトークを聞いた。人の体温は37度になった理由は分からないが、体の組織の細胞は43度で死滅するから、健康を保つ37度になったと考えられる。36度以下が低体温で、人の習慣で体温に差がある。体温は主に骨格筋の働きで維持されている。加温すると酵素が働き、代謝し活性化する。この健康の見張り番が、ヒートショックプロテイン(HSP [続きを読む]
  • どんな時に春を感じますか
  • 彼岸3日目の今朝ラジオ5時台の「いきものいろいろ」千葉県立中央博物館尾崎煙雄さんのトークを聞いた。尾崎さんが司会者に「どんな時に春を感じますか」の質問に、春風、選抜甲子園とか、私は木の芽吹きに感じるが、尾崎さんは「カエル合戦」といった。ケーシーたかみねさんはいわきに住んで、雑草が生えると春を感じるといった。この両生類のカエル合戦は手のひらぐらいの大きさのヒキガエル(ガマガエル)の繁殖時期で奪うあい [続きを読む]
  • 漢字足し算引き算の解答 
  • 3/16漢字足し算引き算の答え「春風駘蕩」でした。広辞苑より、春風がのどかに吹くさま、転じて性格態度がのんびりしている。花見酒と花灯篭で大分迷った困難な問題でしたね。特に鬼灯市(ほおずきいち)は灯篭から、しかし嵐灯篭にはなかなか結びつかなかったかも? [続きを読む]
  • 健康は口の中の衛生から
  • NHK毎朝ラジオ・健康ライフ「健康は口の中の衛生から」東北大学大学院歯学研究科細川亮一臨床准教授のトークをきいて。砂糖を接種するから虫歯になる。口腔内に住む細菌によっておこるもの。歯を磨けば減らすことができるが、できれば3歳児までは多くとらないこと。おやつの中に、ぐみのような長く口の中に糖分が留まる物は、寝る前には食べさせないことである。80才で20本の歯があることで、40才過ぎると80%が歯周病に罹っている [続きを読む]
  • のど自慢福島の旅その3
  • 3/12(日)福島予想気温-3〜10度、7時半に食事して、直ぐ若者が座席指定券を受け取りに、早くに指定券取れて10時福住旅館を出発、新十綱橋から湯野へ、十綱橋では3回の信号待ちで、ようやく会場「パルセいいざか」の駐車場に着いた。会場前でのテントでは熱々の食べ物が売られていた。が、殆どの方が車の中で入場を待っていた。11:15入場、車いすの方がいるので、エレベーターを利用2Fへ、前から6列目のF31〜36の席はモニターテレ [続きを読む]
  • のど自慢福島の旅その2
  • 11日古関裕而記念館を出て、途中14:46のサイレンの合図で1分間の黙とう、信夫山羽黒駐車場に止めて、羽黒神社(269m)に参拝、津波で亡くなった7回忌の姪の御霊安らかにとお祈りした。15時過ぎ。暁参りは福島市の信夫山を構成する羽山、羽黒山、熊野山の三峰を祀る山岳信仰であり300有余年の歴史があり、旧正月の暁参りで、14日に大わらじを羽黒山の羽黒神社にかっては奉納していた。学生時代私も参拝していた。長さ約12m、幅約1.4m [続きを読む]
  • のど自慢福島の旅その1
  • のど自慢福島の旅その1は、11日(土)いわき11:30出発、途中2人載せて、6人で、磐越道三和IC〜東北道安達太良SA〜福島西IC14:00〜国道115号〜国道4号〜14:30古関裕而記念館へ。古関 裕而氏は1909年(明治42年)〜 1989年(平成元年)8月18日)福島市生まれ、福商から仙台で修行して、上京した日本の作曲家。本名は古關 勇治。1969年紫綬褒章受章、1979年勲三等瑞宝章を受章。生い立ちは、私が似ており、その活躍ぶりを過去に本の1 [続きを読む]
  • 福島県高校入試国語
  • 道雖邇、不行不至、事雖小不為不成。其為人也、多暇日者、其出入不遠矣。(荀子)道は邇(近)しといえども、行かざれば至らず、事は小なりといえども為さざれば成らず。其為人也、多暇日者        その出入り(結果は)遠からず。「其為人也、多暇日者」の読み文を5つの文から選ぶものでした。2017福島県立高校入試、国語三の問題で、その5つの文は出しません。読み文を書いてください。荀子について、説明を付け加えると、紀 [続きを読む]
  • 福島県高校入試問題
  • 3/8実施、数学5、直径ABの円周上に、2点C、Dを∠BAC=∠BAD、ACとDBの交点E、ADとCBの交点Fの仮定の前提から、BE=BFの結論を証明するもの。??ABC≡?ABFから導くもの。?円Oから、OC、ODを利用して同様にして導くもの。??BCE≡?BDFから、BE=BFを導く。?BCEと?BDFにおいて、対頂角から∠CBE=∠DBF、等しい円周角から弦も等しくBC=BD・・・①半円の円周角は90°∠ACB=∠ADB、∠BCE=180°-∠ACB=180°-∠ADB=∠BDFから∠BCE=∠ [続きを読む]
  • 毎日使う電子や国語辞典など
  • 辞書の好きな私は、寝室、Audio、茶の間、書斎で、毎日のように辞書を使っていたが、最近では、Audioと書斎での生活が多いため、書斎で中型の広辞苑、辞林、小型の角川国語辞典など、Audioではカシオの電子辞書、大辞泉を利用している。辞書の大きさは、収録語数によって分けられ、約50万語が大型、約20万語が中型、約10万語以下が小型で、扱いやすい小型の使用が一般的である。広辞苑も今は第6版で、私が持っているものは第4版で [続きを読む]
  • 大石邦子「冬の青空」を読んで
  • 冬の青空は鳴きたくなるほどに嬉しく懐かしい。・・・5日続きの大雪で、門柱の上にも50?程の雪が積もっている。病院での待合時間に、新聞の投稿歌に出会った。「孤独とはひとりであることではなくてあなたがここにいないということ」飯山市・岩崎陽子さんの歌である。ざっくりと心に沁みた。私の「あなた」は、もうこの世にはいないが、誰もが人生の途上で一度や二度は味わう孤独のようにも思う。この作者にとっては、恋人か、想 [続きを読む]
  • 書斎から消えたラジオ
  • ラジオは寝室と台所と、書斎で聞いています。殆どNHKですが、月曜日8時から松山千春のトークを聞いています。写真のラジオはAudioで聞いているもので、これと同じラジオを書斎で聞いている。が、2/5(日)午後、仙台から突然来た訪問販売AUの佐藤秋人の二人組が、プロバイダーを調べさせてくれと、PCを開いてocnを確かめ、私は佐藤の説明を聞いていた。その途中に一人がいなくなった。数分後佐藤と書斎を降りた。数日後、妻へ書斎の [続きを読む]
  • 我が家と周辺線量測定の結果
  • 毎年のことであるが、40年もかかる原発廃炉の工程で線量がいくら飛び散っているか問題である。テレビでは津波被害、原発避難での孤独死が報じられている。ここ2,3年はこの3月に線量を環境線モニタHORIBA、PA1000Radiを区長から借りて測定している。空間線量の測定であるが、PA1000Radiを地上に置いての測定で、空間線量は殆ど影響はないと考えている。昨日3/5朝3度、1022hPa、10:40〜11:20、気温10度、湿度45%、冷たい海風がふい [続きを読む]
  • 奄美大島のブラタモリ
  • 昨日のブラタモリは鹿児島から380?の奄美大島の旅で「自然を生かした奄美の宝」の発見でした。龍郷町戸口地区の海岸へハブを恐れて近づくタモリさんと近江さんは平気な顔で海を眺め、対岸のアメリカを想像していた。裏山の亜熱帯特有の鉄分の多い赤い土をみて、工房でタンニンを含むテーチ木の茹で汁と鉄分を含む泥で交互に浸して1週間で白い絹糸が黒になった。その1反200万円もする大島紬を試着した。この泥水に蘇鉄の葉が使われ [続きを読む]