書きものがかり さん プロフィール

  •  
書きものがかりさん: 地方ウォッチング
ハンドル名書きものがかり さん
ブログタイトル地方ウォッチング
ブログURLhttp://localwatching.blogspot.jp/
サイト紹介文地方でがんばっている人がいる。知恵を出し、汗を流し、なんとか地域を輝かせたいという思いで…
自由文「地方の時代」という言葉はなつかしい。というか、手垢がつきすぎた。 中央VS地方の図式で見られ、ほとんどが地方の負け。 あまり負け続きじゃあ面白くないだろうと、 地方創生などといったおまじないの言葉で政府が地方をなぐさめる。 でも、そんなものはどこ吹く風で、がんばっている人たちがいる。 ないならないで、知恵を出す。知恵がなければ汗を流す。 ちょっと気になる地方をウォッチしてみたいと思う。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/10/27 11:32

書きものがかり さんのブログ記事

  • ハンサム、その使命は?
  • 清潔感があって、爽やかで、美しい… 人ではなく町の話である。美しい町を汚くしてしまうのが、空から舞い降りてくるカラスや猫。仙台市内では、ごみ集積所を荒らすカラスや猫対策に頭を抱えていた。試行錯誤の結果、2009年1月にハンサムネットを開発し試験設置された。効果てきめんで、ハンサムネットは今や市内全5区250箇所に広がった。ハンサムネットはごみ袋を包み込む袋状で、カラスや猫が荒らすのを防ぎ、省スペース設計な [続きを読む]
  • ジャンボ西瓜サイダー
  • 春から夏へと季節は変わっていくが、気温が高くなると喉が渇く。そこで清涼飲料水などを口にするのだが、果汁ジュースの中でも西瓜ジュースというのはあまりお目にかからない。西瓜の味が薄いから生ジュースとしては無理なのだろうか。そこで登場したのが、西瓜サイダーである。富山県入善町はジャンボ西瓜の産地で、年間9000玉ほどが出荷される。しかし、全部が全部ジャンボの規格をパスをするわけではない。規格から外れた西瓜を [続きを読む]
  • 鴎外がモナカに
  • 「舞姫」「山椒大夫」「高瀬舟」などの作品で有名な森鴎外は軍医だった。1899(明治32)年、小倉の陸軍第12師団の軍医として小倉に赴任。在任中、鴎外は洋書の翻訳や通称「小倉日記」と呼ばれる日記をつけ、日記には、当時の小倉の人々の生活の様子が詳しく書かれている。いわゆる文豪ゆかりの地である小倉でも、なんとか鴎外にちなんだお土産物をということで、このたび「森鴎外モナカ」が発売された。もなかの皮は金沢市、あんこ [続きを読む]
  • 歴史で客を呼ぶ
  • 避暑地や避寒地に代表されるように、1年のうちの一時期だけ客が集中するという観光地は多い。できれば時期を問わずフルシーズン来てくれればありがたいのだが…京都観光といえば、やはり春と秋、そして夏、冬といった順番だろうか。観光客の少ない京の冬をもっとアピールしようという取組はずいぶん昔から行われている。「京の冬の旅」という企画で、京都市と市の観光協会が開催している。昨年12月から今年3月までに37万4514人が冬 [続きを読む]
  • お見事、メイドインジャパン
  • ドイツで開かれる「iFデザインアワード」は」刃物職人にとっては憧れの舞台である。このアワードに、福井県越前市の越前打刃物製造業者らでつくる任意団体「越前ブランドプロダクツ・コンソーシアム」が開発した洋包丁セットが、プロダクト部門で最優秀賞「ゴールドアワード」を獲得した。これまで入賞したことはあったが、最高位のゴールドは初めての快挙。世界の59ヵ国から7部門に5575点の応募があり、ゴールド獲得は75点。ち [続きを読む]
  • 空き家対策
  • 地方へ行くと、シャッターを閉ざした商店街や草木に覆われた廃屋同然の空き家が目につく。人口減で空き家は増えるばかりで、自治体もいろんな策を講じてはいるが、これといった決定打を出してはいない。空き家の利活用と言っても、住まいやオフィスとして即利用できるのか、どれくらいのリフォームが必要なのか、はたまた建て替えか、というように物件によって程度が異なるから困ったものである。メガネのまちとして知られる福井県 [続きを読む]
  • アニマルファースト
  • 国内の動物園で入園者数が最も多いのは旭山動物園だが、第3位は?九州は福岡県大牟田市にある大牟田市動物園である。2016年度は25万人が入園した。それだけ人を集める秘密は何か?ひとつは動物lの魅力を活かしたイベントの開催である。そして、もう一つは動物福祉を重視した飼育が注目を集めている。動物福祉とは初めて聞く言葉だが、日本動物福祉協会のHPでは、「動物が精神的・肉体的に充分健康で、幸福であり、 環境とも調和し [続きを読む]
  • 賭けず、吸わず、飲まず
  • 健康マージャンが全国的にブームらしい。なぜ、”健康”がつくかというと、お金を賭けない、タバコを吸わないアルコールを飲まずにやる麻雀だからということだ。三ないの他にも、こんな細かい規定がある。・ラフな格好ではなく、きちんとした服装で・始めと終わりの挨拶をきちんとする・チー・ポン・カン・リーチ・ロン・ツモは、はっきり声を出す・捨て牌はみんなが見やすいように6個ずつ並べてそろえる・点棒は卓に放り投げない [続きを読む]
  • シームレス民泊
  • シームレスと言えばストッキングを連想してしまうが、お宿の話である。四国の海に面した場所は南海トラフ地震が起きたら大きな被害が想定され、もしもの時のための避難所は前もって検討しておいた方がいい。徳島県阿南市新野町にある平等寺は、四国霊場22番札所で、ふだんはお遍路さんがお参りに訪れる。平等寺は内陸部にあるので、避難所としては最適ということもあり、平時はお遍路宿、災害時には避難所となる「シームレス(つな [続きを読む]
  • 世界と比べる
  • 秋田県の北東部に位置する小坂町はかつて小坂鉱山など鉱山資源で栄え、江戸時代には津軽街道が通る盛岡藩の領地であった。鉱山は愛媛県の別子、栃木県の足尾と並んで日本三大銅山と呼ばれ、町には栄光の歴史を語る白壁木造3階建ての小坂鉱山事務所が建っている。また、近代の芝居小屋のうち伝統的な形式を踏襲しつつ、優れた洋風意匠を取り入れた現存最古のものとして歴史的価値が高い康楽館も健在だ。この風格ある2つの建物は国の [続きを読む]
  • 日本人だから、かな?
  • コンクリートや鉄の館に住み、洋風な暮らしをしている日本人だが、木造で畳の間や襖や障子のある和のたたずまいには心ひかれる。木や紙や土がもっているやわらかみ、あたたかみ、深みが、心の琴線に触れるのかもしれない。街中には清涼飲料はじめいろんな自販機がたたずんでいる。メーカーのコーポレートカラーやプロダクトカラーを使って、ひと目で販売機に入っている商品をイメージさせるものが多い。そうした中、富山県高岡市の [続きを読む]
  • コマ相撲
  • 我が国の製造業、町工場に活力を与えたい。我々中小企業の経営者に何ができるか?それを考えている中で浮かんだ一つの小さなアイデア。大のおとな達がプロの道具を使って設計から製造、そして対決!町工場の「意地」と「プライド」の激突!横浜市西区のクイーンズスクエアで開催される「コマ相撲」の設立趣意に書き連ねられた熱いメッセージである。そのコマ相撲が今月1日に開催された。そもそもコマ相撲とは、直径25センチの狭い [続きを読む]
  • 本歌取り
  • 今日の朝刊に、井伊直虎は女城主ではなく男性だったという記事があった。そちらは歴史学者が解き明かしてくれるだろうが、NHKの大河ドラマの方はイマイチ盛り上がりを欠いていると聞く。主人公の知名度というところもあるかもしれないが、直虎のご当地でもあの手この手のPR作戦を行っている。動画投稿サイトyoutubeには、4月から15秒間のアニメが公開された。15秒間だからおおざっぱな解説しかできないが、注目を集めるために市の [続きを読む]
  • 使う人目線
  • 2008年に出版された岩井宏太著『リアルウエブ営業術』という本を読んだ時は、そのビジネスモデルのすばらしさに驚いた。著者の岩井宏太氏は当時20代で、IT界の寵児でもあった。彼が経営する㈱オールコネクトは福井県に本社を置き、着実に業績を伸ばしている。そのオールコネクトに今年も新入社員が35名入ってきたが、渡された辞令書は、なんと厚さ1.5cmもある木製のもの。いわば表札のような形だが、表面には「情熱は知識・技術に [続きを読む]
  • ルビーは、いかが
  • 30年近く前だろうか、PC-8801とかFM-8とかパーソナルコンピュータが世の中に登場したが、BASICというプログラミング言語がわからないと今のパソコンのように使うことはむずかしかった。理系の人であれば、プログラミング言語を使ってパソコンを自由自在に扱うことができるだろうが、それなりに勉強しないといけない。Ruby(ルビー)というプログラミング言語がある。まつもとゆきひろ氏が開発した言語で、まつもと氏は島根県松 [続きを読む]
  • 愛が出発する
  • 福井県敦賀市疋田愛発(ひきたあらち)地区では愛発小中学校が廃校となり、愛発という由緒ある名前の存在感が薄れつつある。古代の日本で畿内周辺に設けられた関所のうちで、特に重要な関所を三関とか三国之関なとと呼んだ。その三つの関所とは、美濃国の不破の関、伊勢国の鈴鹿関、それに越前国の愛発関である。それだけ歴史のある愛発という名前を末永く遺す手だてはないか、ということで矛先が向けられたのが、JR新疋田駅。新疋 [続きを読む]
  • まねきねこ課
  • 商売繁盛を願って入口付近に飾られている招き猫。なぜ、猫が幸運を招くのか、その由来を調べるといろんな説がある。東京新宿自性院説というのは、室町時代に太田道灌と豊島泰経が、江古田・沼袋の戦いで争い、劣勢にあった太田道灌の前に猫が現れ、猫は自性院へ案内し、これをきっかけに劣勢を挽回し勝利したというもの。ちなみに、招き猫は右手を上げていれば金を招き入れ、左手は人を招くとか。そうした招き猫にあやかって、徳島 [続きを読む]
  • どろどろで豊作
  • 瑞穂の国…農業国であった日本には予祝儀礼というのが今も行われている。豊作か不作かといった、その年の作況を占うのである。その占い方も、地方それぞれにいろんな方法があるが、福岡県朝倉市の阿蘇神社の「泥打ち祭り」は一風変わっている。浴びるほど酒を飲まされた阿蘇神社の代宮司はスタート地点で、全身に泥を塗りつけられ、ふらふらした足取りで、500メートル離れた道祖神まで歩いて行く。道路沿いには12人の子どもたちが [続きを読む]
  • 六甲おろし
  • 赤城おろし、那須おろしなどと呼ばれる局地風、では「六甲おろし」とは、いったいどんな風なのか?六甲おろしと聞けば、タイガースファンならずとも甲子園に吹く風を連想してしまうのだが、どうもそうではないらしい。神戸大付属中等教育学校5年生4人が、六甲おろしについて調べたところ、一般的に、秋から冬にかけて、六甲山系の北側にたまった空気があふれ出し、南側斜面を一気に吹き下ろす冷たく強い北風が六甲おろしだそうだ。 [続きを読む]
  • 高知のソウルドリンク
  • 高知県で昭和30年代から製造・販売されているミレー・ビスケットが、マツコさんのテレビ番組で紹介され大ヒット中という記事をアップした。去年の12月のことである。高知県民にとってはおなじみのソウルフードだが、ソウルドリンクもある。南国市のひまわり乳業が製造しているリープルという乳酸菌飲料だ。リープルは昭和40年頃から販売されているロングセラー商品である。そのソウルドリンクであるリープルの甘さやカロリーを控え [続きを読む]
  • 神田の生まれ
  • ビルが林立する東京のオフィス街・神田エリアでブドウを育てる。氷見市余川の農園ワイナリー「セイズファーム」が、東京都千代田区にある複合ビルの屋上農園で始めたプロジェクトだ。このプロジェクトには、博報堂、住友商事、三井住友海上火災保険、大修館書店、安田不動産と神田エリアに拠点をもつ企業が参加している。ブドウを育てるのは地上17階建ての複合ビル「テラススクエア」内にある屋上農園(広さ50平方メートル)で行う [続きを読む]
  • 観光地は手ぶらで
  • 旅に出かける時は、極力荷物は少なめにと思ってはいるものの、ついついあれもこれもと持って行ってしまう。仮に東京への旅行だったとしたら、混み合う駅や車内を、大荷物をもって移動するだけで、ほとほと疲れてしまう。そこで、出てきたのが”手ぶら観光”というサービス。旅に出る前に荷物のお預けをお願いしておくと、到着駅などでサービス業者が大きな荷物を受取り、ホテルなどの宿泊先へ先回りして届けてくれる。旅行者は手ぶ [続きを読む]
  • 栄養豊富なペットフード
  • サル、シカ、イノシシなどによって田畑が荒らされる鳥獣被害は全国のいろんなところで見られるが、捕獲した鳥獣の処理は?となると、人間が食してもそこそこ美味しいものはジビエ料理として活用されていることは知っていた。しかし、殺処分しかないものもあるわけで、そこに目をつけた高知市の「ドッグズライフ」では、シカ肉のペットフードを開発した。高知市の近くの香美市では、駆除されたシカ肉は需要がなく捨てられると聞いて [続きを読む]
  • 日本初のサイダー
  • だんだん気温が上がってくると、冷たい飲み物が欲しくなる。いろんな清涼飲料水があるが、サイダー、ラムネの名前を聞くと、なつかしさも相まって、久しぶりに飲んでみようかとなることがある。日本でサイダーが作られたのはいつか?それは明治23年(1890年)で、場所は岐阜県大垣市の開屋というお店。当時は「伊吹サイダー」の名前で製造を開始し、10年後くらいから良い水を求めて養老町の養老公園内に事業所を移転した。名水百選 [続きを読む]
  • 地球外生命
  • Search for Extra-Terrestrial Intelligence(地球外知的生命体探査)というプロジェクトが世界の各国で進められている。地球以外にも知的生命体が存在するか否かはだれもが抱く興味であり、もし、いたとしたら凄いセンセーショナルな話題となるであろう。そうしたSETIについて紹介する企画展が福井市自然史博物館分館「セーレンプラネット」で開かれている。日本では1999年12月から電波による観測を始め、赤外線観測、可視光観測 [続きを読む]