怪しい隣人 さん プロフィール

  •  
怪しい隣人さん: 怪しい隣人 〜ウルトラ怪獣ソフビ〜
ハンドル名怪しい隣人 さん
ブログタイトル怪しい隣人 〜ウルトラ怪獣ソフビ〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tac_zaras
サイト紹介文バンダイ ウルトラマン怪獣ソフビを中心にご紹介するブログ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/10/28 00:23

怪しい隣人 さんのブログ記事

  • 2017年酉年
  • 遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今年の年賀状写真に使用しました。バードンやギエロン星獣などの鳥型怪獣で作った方が良かったのかな・・・?本ブログ,長く更新を怠っていて申し訳ありません。更新をしていないのにも関わらず,毎日200〜400人,2000hitくらいしていただき嬉しい限りです。未収集のタグ付きバンダイ製ウルトラ怪獣ソフビは,おかげさまで残すところ少なくなりました。市販されたソフビは [続きを読む]
  • ケンタウルス星人 type-S
  • 今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,変身したら牛人・・・,美人だったのに・・・,”宇宙牛人 ケンタウルス星人“です。ケンタウルス星人写真。2011年のマーミット製の3期で,本物に近い色合いです。ソフビ化はこれだけかな?手首や足首,そして頭から連なる首周りに赤毛を蓄えています。お話は岸田隊員との恋物語でしたが,人間体はキレイなお人なのに,えぇ〜!って子供ながらに思いました。顔のアップ写真。剛毛の感じが良 [続きを読む]
  • ベムラー type-B
  • 今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,50年前の本日ウルトラマンが初登場!,翌週のウルトラ作戦第一号登場 ”宇宙怪獣 ベムラー“です。ベムラー type-B 集合写真。ウルトラ怪獣シリーズソフビで,左から白タグ版,2つ折タグ版,大怪獣タグ版,原点回帰セット版です。左3体でパッと見,違いが分かりにくいですが,後半になればなるほどキチンと塗られています。Bestは、つや消しの色合いになった大怪獣タグ版でしょうか? 旧シ [続きを読む]
  • ケムール人 type-A
  • 今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,あと4年で2020年,ケムール人からの挑戦がやってくる! ”誘拐怪人 ケムール人”です。ケムール人 type-A 集合写真。バンダイ製ウルトラ怪獣ソフビで,左から白タグ版No.139,2つ折タグ版No.69,大怪獣タグ版No.EXです。2000年,フィギュア誌の人気投票の関係でシリーズ入りし,以後3期もソフビ化されました。細身で,しかも平成っ子には知られていない怪獣(宇宙人)でしたので,よく売 [続きを読む]
  • カイザードビシ type-A
  • 今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,昔からウルトラマンを倒すには無数の虫が有効と思ってました ドビシの集合体 ”破滅魔虫 カイザードビシ”です。カイザードビシ type-A 写真。ウルトラ怪獣シリーズソフビで,左から2つ折タグ版No.63,No.50,大怪獣タグ版No.EXです。2つ折りタグ版は,ウルトラマンガイア終了から3年を経て,新発売された珍しいパターンでした。2つ折りタグ版に彩色などの違いは見られませんが,EX版で [続きを読む]
  • ガルベロス type-A
  • 今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,ウルトラ怪獣にしては珍しく3つもの頭を持つ ”フィンディッシュタイプビースト ガルベロス”です。ガルベロス写真。バンダイ製ウルトラ怪獣シリーズソフビで,左からネクサスタグ版,大怪獣タグ版No.EXです。ネクサスの怪獣は,どれもオドロオドロシイ顔つきをしていますね。紹介写真をひとまわり大きくしてみました,どうですかね?ダメなら,もう一度写真を貼り直します。顔のアップ写 [続きを読む]
  • ヒドラ type-A
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,久しぶりの改定記事,タグ付きソフビに一番縁がない怪獣・・・, ”高原竜 ヒドラ“ です。ヒドラ集合写真。左の列3体はプラタグ版,真ん中の薄紫色3体は,おそらく奥から袋版,49set版,集合タグ版,右の青成型4体は奥から番号なしタグ版(硬質),番号ありタグ版(軟質),一回り小さい版(硬質),そして右手前は無彩色テストショット版だと思います。好きな造形の怪獣なのですが,袋 [続きを読む]
  • アギラ type-s
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,お気に入りタイショーソフビのカラーリングに似てて買っちゃいました, ”カプセル怪獣 アギラ“ です。アギラ写真。2004年やまなや製のソフビで,ピンクの成型色に赤・黄・青・緑の水玉模様が散りばめられています。このソフビは3種類発売されており,1期・3期はウルトラファイト出演怪獣に属しているのに対し,この2期は“チビラくん”に出演時のカラーリングで,赤ちゃんぽい感じに仕 [続きを読む]
  • エレドータス type-s
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,名前からカメっぽいが,容姿からスッポンがモデルの怪獣かな?, ”吸電怪獣 エレドータス“ です。エレドータス写真。2008年ブルマァク製の復刻2期ソフビで,水色の変わった仕上がりになっています。当時ものの黄色成型,1期のクリーム色成型より青めの2期が素敵なんではないでしょうか?本来4脚の怪獣ですが,2足歩行のソフビに仕上がっています。帰ってきたウルトラマンの怪獣は,怪 [続きを読む]
  • カネゴン type-B
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,バンダイ製では珍しく座っている姿をソフビ化, ”コイン怪獣 カネゴン“ です。腹ぺこカネゴン写真。ウルトラ怪獣シリーズSPに属する,腹ぺこカネゴンと命名されているバンダイ製ソフビです。総天然色ウルトラQのプレミアムBlue-ray BoxⅡの特典で,頭部以外が新造形になっています。落ちたお金を拾って食べるシーンの再現で,正座みたいに膝をついた姿勢で造形化されています。今までのソ [続きを読む]
  • ブラコ星人 type-s
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,上から胴体,頭,足となり,タコやイカと同じ頭足類の部類か?, ”宇宙怪人 ブラコ星人“ です。ブラコ星人写真。2002年マーミット製ソフビで,他にはモスグリーン成型,茶色成型があり,この色が一番不人気?ブラコ星人の紹介は,だいたいどの本でもトタン壁の前で撮影されている写真で,そのイメージしか頭に浮かびません。顔のアップ写真。カネゴンなどと同じで,マガキガイなどのイモガ [続きを読む]
  • ズール星人 type-s
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,実物の顔は古生代の魚“ダンクルオステウス”を思わせる, ”宇宙参謀 ズール星人“ です。ズール星人写真。2008年マーミット製の1期ソフビで,その後4期まで色違いが発売されています。帰ってきたウルトラマンの後半,怪獣を操るマイナーな星人の中では,まだインパクトがあり,知られた存在の星人ではないでしょうか? 一番のマイナーはストラ星人かな?顔のアップ写真。このソフビの顔 [続きを読む]
  • タイショー type-s
  • 今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,なかなかのネーミング,容姿から楽しさがにじみ出る,”わんぱく怪獣 タイショー“です。タイショー集合写真。2015年のやまなや製で,左から赤い一般流通品と,福袋品のオレンジ色,肌色ソフビです。初めてのソフビ化でしょうか?プレミア価格が付き過ぎているソフビは敬遠しますが,このソフビは非常に欲しく,通販で購入した福袋版ソフビ×2個は,私の持つソフビ中,1体の価格では最高値 [続きを読む]
  • タイショー type-s
  • 今回ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,なかなかのネーミング,容姿から楽しさがにじみ出る,”わんぱく怪獣 タイショー“です。タイショー集合写真。2015年のやまなや製で,赤い一般流通品とファンシーな福袋品です,初めてのソフビ化でしょうか?私は2種類しか持っていませんが,もう1種類オレンジ色の福袋版があります。プレミア価格が付き過ぎているソフビは敬遠しますが,このソフビは非常に欲しく,通販で購入した福袋版ソ [続きを読む]
  • ボーグ星人 type-s
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,実物は全身が銀色一色で金属光沢のメタリック感が美しい, ”甲冑星人 ボーグ星人“ です。ボーグ星人写真。ブルマァク製ソフビで,この緑色のものは2006年に復刻,発売されました。オリジナルの焦げ茶色に加え、復刻版では赤色、緑色、銀色、金色と様々な色が発売されていますが,やはり銀色が一番かっこいいかなぁ。緑もカッコイイんだけど,ヤフオクなどでは最も安価のような・・・。研究 [続きを読む]
  • ベキラ type-s
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,お腹の赤い部分は鍛えていますので,矢でも鉄砲でもかかってこい!, ”暴れん坊怪獣 ベキラ“ です。ベキラ写真。ブルマァク製ソフビで,2015年に復刻,発売されました。名前は,ウルトラQ登場のペギラと似ていますが,まった姿は似ていません。実物は青い大きな瞳で,このソフビとは少々雰囲気が異なり,可愛い感じの怪獣です。容姿は可愛いのですが,前方からのどんな攻撃からも防御する [続きを読む]
  • キングジョー type-s
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,どんな色でも格好良いものはカッコいいー, ”宇宙ロボット キングジョー“ です。ブルマァク キングジョー集合写真。ブルマァク製ソフビで,正確に言うと左からキングジョーブラック,キングジョーです。左は発売されたばかりの青みがかった鋼色,そして前から気になっていたピンク色をGetしました。以前のキングジョー紹介では,やまなや製ソフビを紹介しましたが,今回はブルマァク製 [続きを読む]
  • マシュラ type-s
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,きのこ怪獣の先輩“マタンゴ”とは,全く趣きが異なるタロウ系おちゃらけ怪獣, ”きのこ怪獣 マシュラ“ です。マシュラ写真。マーミット製で2014年に発売されたソフビです。同じころベアモデルからもマシュラは発売されましたが,あちらはミドルサイズでした。造形的につかみどころがない怪獣ですので,インパクトはあるものの究極の一品には至っていないかな?顔のアップ写真。目が明後日 [続きを読む]
  • レッドキラー type-s
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,手のブーメランはマッハ2の速さで20km先の戦車でも切り裂く, ”ブーメラン怪獣 レッドキラー“ です。レッドキラー写真。ベアモデル製で2008年に発売された1.5期のソフビです。1期版は,黒の塗装部分が緑色をしていますが,まだ所有していません。ベアモデル製のソフビって,肉厚で手触り感が抜群で,すごく好きなメーカーさんです。茶色のレッドキラーを黄色成型で制作してしまうなんて, [続きを読む]
  • ギロ星獣 type-s
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,素晴らしすぎて袋から出したくないっ,ごめんなさいの袋のままでご紹介!, ”宇宙星獣 ギロ星獣“ です。ギロ星獣集合写真。左からマーミット製(2期・2012年製),ブルマァク製1.5期?,1.5期,2期,3期です。マーミット製の方がひとまわり大きな仕上がりになっています。このブログ記事を書くのに,私としては珍しくDVDでレオ第9話を確認しました。ギロ星獣が食べるコーンアイスと [続きを読む]
  • バド星人 type-500
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,おしいっ! 昨日紹介怪獣の相棒バット星人ならぬ,“宇宙帝王 バド星人” です。バド星人写真。バンダイ製ガシャポンのウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500第2弾として発売されました。鎖帷子のようなつなぎを着ている感じで,私の知り合いの大将に似ています。変な言い方ですが,人気のある一流の怪獣ではありませんが,かなり細かい造形でほれぼれします。このクオリティーを,常に500 [続きを読む]
  • ゼットン(二代目) type-500
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,ソフビ化に恵まれない,こーんな怪獣をピックアップするなんて,やってくれましたーバンダイさん!帰ってきたウルトラマン最終話登場のふんにゃりしたヤツ “宇宙恐竜 ゼットン(二代目)” です。ゼットン(二代目)写真。バンダイ製ガシャポンのウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500第2弾として発売されました。ウルトラソフビ超図鑑で,未発売に終わった幻のソフビが,まさかのバンダイ [続きを読む]
  • ドロボン type-500
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,帰ってきたウルトラマンからカラータイマーを奪ってペラペラにー! “泥棒怪獣 ドロボン” です。ドロボン写真。バンダイ製ガシャポンのウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500として売られていました。まさかのバンダイ製では初のソフビ化ですね。タグ付きのソフビを見て見たかったなぁ〜。顔のアップ写真。芸人さんの小峠さんぽいお顔ですね。私がよく参考にしているウルトラマン画報では, [続きを読む]
  • ケロニア type-500
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,食玩や箱で売られたシリーズを紹介していませんので,このブログで取り上げるのは迷いましたが,出来が良いし,500シリーズとうたっていますのでご紹介, “吸血植物 ケロニア” です。ケロニア写真。バンダイ製ガシャポンのウルトラヒーロー500&ウルトラ怪獣500として売られていました。1回500円,オレンジ色の横長カプセルに入って,通常の500シリーズと同じ大きさです。 バンダイ製では初 [続きを読む]
  • ピグモン type-X
  • 本日ご紹介するウルトラ怪獣ソフビは,だるまさんがころんだー,だるまさんですなぁ・・・, ”友好珍獣 ピグモン“ です。ピグモン写真。バンダイ製ウルトラマンXシリーズソフビNo.11になります。体長1mで,体重は10kgしかないのねー,ピグモンって軽いんだー。すっかりマックスVer.のものが,ピグモンの主流になってしまっており,悲しいですね・・・。顔のアップ写真。あずき色のあばた顔で三白眼,手足は骨っぽく,けっ [続きを読む]