邪馬台国はどこ?魏志 倭人伝をGoogleEarthでなぞって さん プロフィール

  •  
邪馬台国はどこ?魏志 倭人伝をGoogleEarthでなぞってさん: 邪馬台国はどこ?魏志 倭人伝をGoogleEarthでなぞって
ハンドル名邪馬台国はどこ?魏志 倭人伝をGoogleEarthでなぞって さん
ブログタイトル邪馬台国はどこ?魏志 倭人伝をGoogleEarthでなぞって
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ryuhide
サイト紹介文倭人伝の行程をグーグルアースでなぞってみました。 そこで気づいたこと、考えたことを綴ってみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/10/28 09:03

邪馬台国はどこ?魏志 倭人伝をGoogleEarthでなぞって さんのブログ記事

  • 古代史の日本を地形から考える メモランダム
  • 日本 空からの縦断 Part.3 Vol.3 古代史の道 九州北部・中国・近畿 [DVD]クリエーター情報なしポニーキャニオン天橋立のそばの元伊勢神社=籠神社のそばには、赤坂今井古墳があります。それはガラスなどが大量に出土し、この丹後が半島大陸と結ばれていた証拠です。丹後の沖合、冠島はホアカリの命の天孫降臨神話があります。(ホアカリ=ニギハヤヒだと天孫降臨場所がかたや河内だから違ってきますが)さて丹後から内陸に向か [続きを読む]
  • 邪馬台国は稲作のクニ だと思うので四方山話。
  • 水稲は食料革命なのか?主要食物の追加だったのか?小麦文化ではそれは食料革命であり、そこではじめて定住生活が可能になったとされています。そしてその定住場所に遊牧民が交易にやってきて、農作民と遊牧民という形がはじまったとなっています。→米作の揚子江文明は違う構造と言われていますが。さて日本の場合は縄文時代から定住生活がはじまっています。つまり穀物抜きで定住が可能になったのです。それは日本列島のあ [続きを読む]
  • 邪馬台国と出雲は並立していたのか
  • 縄文期で言えば諏訪と関東はつながっていて関東平野から諏訪の山岳まで豊かな縄文ネットワークでしょうね。神津島の黒曜石は諏訪や能登で発見されてますから。海の関東ですね。この東日本に圧倒的に人口が偏っているというのが面白いですね。鬼界カルデラのせいとかいろいろ説がありますが、縄文時代、日本列島の中心は諏訪であり、関東東北でしたね。そして白村江の戦いの主力は九州と関東でした。奈良の軍団が渡航する前に [続きを読む]
  • メモ九州王朝
  • 白村江の戦いまで倭国の首都は大宰府だった奴国→邪馬台国→九州王朝と続いた勢力は白村江の戦いで唐に滅ぼされ傍流の日本国が以後倭人代表となったそんな古田武彦さんの九州王朝説も今では下火になっています。しかし建国神話に九州はかかせずスサノオと天照のウケイで宗像三女神は生まれました。何者がどういう形で九州にいたのかを考えることは古代史全体を考えることです。たとえば民主主義に賛成か反対か [続きを読む]
  • 川と古代と邪馬台国
  • JR伯耆線です。岡山発出雲行きです。私は福岡から転勤で3年弱住んでましたが、福岡人のわたしは、当然広島から特急がでるものと思ってたら、鳥取に行くのも岡山発であり、広島から山陰へはいかないので、とても不便でした。広島は平野も少なく山間部を切り開いて住宅開発するので数年前に大災害がありました。岡山は平野が広く、地域としては、交通の要です。鳥取からも出雲からも岡山に向かってまず来るという、あきれた [続きを読む]
  • 邪馬台国=ヤマト?  邪馬台国≠ヤマト?
  • 邪馬台国=ヤマトであれば倭人伝は記紀とかぶります邪馬台国≠ヤマト であればまったく別の世界が見えるわけです。この別であるときの、ヤマト世界との落差がまた面白いと思います。例えば倭人伝の行程は奴国の隣不弥国までは詳しいがそこからさきはなんのことだか意味不明に書いてます。なので、魏使は九州北岸までしか行かず、その先にはいかなかった。またはそこがゴールだったとも思えるわけです。奴国は大宰府の [続きを読む]
  • 倭の五王と邪馬台国
  • 友人の記事の転載 許可済みhttp://www.bell.jp/pancho/travel/furuiti-mozu%20kofungun/goou.htm『宋書』では各倭王の名は一字で表示されている。そこで記紀に示されている天皇の諱(いみな)との関連付けが試みられているが、その対比は諱の第一字をとったり、第二音をとったり、誤写であるとしたり、いかにも恣意的で素人目にもコジツケくさい。唯一、雄略天皇の諱である大泊瀬幼武(おおはつせわかたけ)の最終字 [続きを読む]
  • 磯城県主氏考 神武東征 邪馬台国
  • 磯城県主氏考神武が熊野から奈良へ入ろうとするとき二組の兄弟が邪魔しますね。兄磯城 と 弟磯城そして宇陀には兄宇迦斯(エウカシ)・弟宇迦斯(オトウカシ)まず八咫烏を遣わして、カムヤマトイワレビコに仕えるか尋ねさせたが、兄のエウカシは鳴鏑を射て追い返してしまった。兄磯城も反抗を選んでましていずれも兄が反抗、弟が恭順です。ちなみにオオクニヌシが建国するときスクナヒコがいてやがていなくなりいないと国を治 [続きを読む]
  • 沖ノ島と邪馬台国 
  • 沖の島について の驚くべき事実地理的には=単なる狭い無人島です。「神の島」と呼ばれ、島全体が御神体で(海の三輪山ですね!!)今でも女人禁制の伝統を守っている。また、男性でも毎年5月27日以外の上陸は基本的に許されず、その数も200人程度に制限されている。山の中腹には宗像大社沖津宮があり(無人島なのにですよ)、宗像三女神の田心姫神(たごりひめのかみ。宗像大社HP参照)をまつっている一般人の上陸が許可され [続きを読む]
  • 葦原の中津国と邪馬台国は無関係なんだろうか
  • 葦原の中津国は、大国主とスクナヒコが作った国で天孫族がアマテルの命でクニ譲りを迫り奪取しその後ニニギが長官として赴任したクニです。さてどこにあったんでしょう?出雲だということですが、この変には不可思議な事情があります。島根県の出雲でクニ譲りが成立したら九州の宮崎にニニギが向かう。めちゃくちゃです。車が売れたからと納品したらテレビだったというくらいそこでこれについてもいろんな話があります。こ [続きを読む]
  • 葦原の中津国と邪馬台国は無関係なんだろうか
  • 葦原の中津国は、大国主とスクナヒコが作った国で天孫族がアマテルの命でクニ譲りを迫り奪取しその後ニニギが長官として赴任したクニです。さてどこにあったんでしょう?出雲だということですが、この変には不可思議な事情があります。島根県の出雲でクニ譲りが成立したら九州の宮崎にニニギが向かう。めちゃくちゃです。車が売れたからと納品したらテレビだったというくらいそこでこれについてもいろんな話があります。こ [続きを読む]
  • 神武東征の大迂回侵攻作戦 ハンニバルのような山越え
  • 神武の熊野からの進路を想定。河内の葦の原っぱで地元のナガスネヒコたちと戦ってもこれは勝てないと思った神武は熊野まで迂回してそこから峻険な山岳コースを行きます。ローマに侵攻するのにアルプス越えしたハンニバルを思い出します。たぶん沢のぼりして吉野へ行き、そこからさらに三輪山の裏手の宇陀へ。この宇陀というのは、ほとんど何も知らないのですが、この進路をみると、たぶん、奈良盆地の裏手の守りの要衝地として軍 [続きを読む]
  • タロットカードと経営戦略
  • タロットカードというと人によってイメージも様々だと思います。恋愛 試験 健康 商売の先行きをドキドキしながら占うものだったり一方ただの迷信、トランブ遊びと切り捨てられたり。かつてレーガン大統領がホワイトハウスでタロットをやっていたという話もありましたねまっ、その辺は個人的な領域です。ちなみに私自身は当たるも八卦当たらぬも八卦というスタンスです。今日はタロットカードが占いとしていかに当たるかとかい [続きを読む]
  • 卑弥呼と火山と邪馬台国島原説
  • ユダヤ人はモーセに連れられてエジプトからイスラエル地方に逃げました。その間、火山の火を目印に夜歩いたりしています。またモーセは十戒をまさに火山に入り持ち帰りました。古代ギリシャ。プラトンがアトランティスを書いてそれによるとその大きな島はこんな風であったとなります。http://www.cosmos.zaq.jp/t_rex/fusigi_2/works_2/works_14_s.htmlより地図抜粋。なんでも何億年か前には大陸移動の過程でこうであったという [続きを読む]
  • やすいゆたか氏説「聖徳太子による皇祖神差替説を考える」
  • 第一回一身で神差し替えの罪を贖い、日本国誕生聖徳太子が神話の神様を差し替えたことで日本という国が誕生した⇒「神差し替え」とはなんでしょうか?  実は物騒な問題提起なんです。  本当の日本の皇祖神はアマテラスではなく  本当の主神はアマテラスではなかった。  別の神様だったというのが  やすいさんの説です。そこらへんの当時の事情です『憲法十七條』の意義で話し合いのルールを示したのは、主神や大王家の [続きを読む]
  • 神武東征は卑弥呼先代の男王の逃亡だった、と言ってみる。
  • 神武東征の謎の一つに最初の頃宇佐の次に遠賀川の河口である岡田宮に行ったことがあります。安芸=広島に7年もいるのですから岡田宮に行かず最初から宇佐から安芸に行けばいいわけですね。わざわざ関門海峡という難所を越えて岡田宮=遠賀川河口のゾーンに行くのはこれは不自然極まりない。軍団を募って合流するために行ったという話があります⇒その場合、やはり安芸に7年、吉備に8年はおかしいですねこの頃周防から宇佐と [続きを読む]
  • 邪馬台国をめぐる仲間内の議論
  • 最近SNSで友人とこんな話をしました。自分どうやら卑弥呼即位前の倭国大乱って、時代的に、神武の河内上陸、奈良盆地侵攻のことではないかと思えてきました。それで、戦乱を収めるために、ヒメタタライスズヨリヒメのもと、神武も含めて従ったと。 ただやはり、その死後1000人以上が死ぬ騒乱が起こったというのがなんの事件をさすか該当がないような気がします。やはり邪馬台国は九州のできごとかもしれません。不 [続きを読む]
  • 邪馬台国をめぐる仲間内の議論
  • 最近SNSで友人とこんな話をしました。自分どうやら卑弥呼即位前の倭国大乱って、時代的に、神武の河内上陸、奈良盆地侵攻のことではないかと思えてきました。それで、戦乱を収めるために、ヒメタタライスズヨリヒメのもと、神武も含めて従ったと。 ただやはり、その死後1000人以上が死ぬ騒乱が起こったというのがなんの事件をさすか該当がないような気がします。やはり邪馬台国は九州のできごとかもしれません。不 [続きを読む]
  • 卑弥呼の九州親征
  • 神功皇后は4世紀の人という説が強い。それは応神天皇がおよそ390年頃に即位したからだと言われているからですね。そのお母さんなのだから当然4世紀の人になるわけです。さて、神功皇后が卑弥呼ならすべてがドンピシャです。独身  仲哀天皇が死んでからはずっと独身鬼道で人を惑わす   そもそも神功皇后に神が乗り移って仲哀天皇は死にました倭へのルートはふみ国までが詳しくあとはおおざっぱ              [続きを読む]
  • 女王の居場所は不弥国である 女王の都は邪馬台国である
  • 結論。邪馬台国は奈良である。卑弥呼は神功皇后である。***********そして一番大事なことは*********女王の居場所はふみ国であるしかし女王の都はヤマトである。→そしてこれは神功皇后時代の事実である*******************************この現象を外国が書くと倭人伝となる。倭への行程はなぜだか不弥国まで詳細で、そのあとおおざっぱです。そして不弥国と [続きを読む]
  • 倭の女王が九州に居たときがあった
  • 倭の女王が九州に居たときがあった仲哀天皇   皇居[編集]香椎宮・大本営御旧蹟穴門豊浦宮(あなとのとゆらのみや、山口県下関市長府宮の内町の忌宮神社が伝承地)筑紫橿日宮(つくしのかしいのみや、福岡県福岡市東区香椎の香椎宮が伝承地)これを外国からみると、倭王は関門海峡から福岡に在住と思うでしょう。それにしてもヤマトタケルを父に神功皇后を奥さんに、なんておしつぶされそう。たいへんな運命ですね。九 [続きを読む]
  • 対馬と壱岐と日本列島
  • 対馬「対馬の大半を占める主島の対馬島(つしまじま、つしまとう)のほか、その周囲には100以上の属島がある。この対馬島と属島をまとめて「対馬列島」、「対馬諸島」とすることがある。」島名面積(km2)1本州22万79632北海道7万79843九州3万67384四国1万82995択捉島31836国後島14997沖縄島12078佐渡島8549奄美大島71210対馬69611淡路島59212天草下島574国後と択捉で四国の半分ありますね。なぜ千島列島を返せといわないのか不思 [続きを読む]