weiss さん プロフィール

  •  
weissさん: 其瀞如亀 チェロ独習記
ハンドル名weiss さん
ブログタイトル其瀞如亀 チェロ独習記
ブログURLhttp://slweiss.seesaa.net/
サイト紹介文レイトスターターのチェロ独習者。亀のようにゆっくりとでも進みたいです。ときどき二胡の話題なども。
自由文二胡10年、チェロ2年ですが思い出したように練習するので、下手の横好きのままです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/10/28 15:18

weiss さんのブログ記事

  • 伴奏アプリChordbotその後
  • 伴奏アプリとして使うChordbotの話題で、「本格的な伴奏に使うためには、出来上がったものをMIDI出力して、musescoreに読み込んで、編曲すると良いように思われます」と書きました。http://slweiss.seesaa.net/article/452975148.htmlということで、やってみました。Chordbotに「愛の讃歌」のコード進行を入力して、exportからmidiで出力します。midiになればmusescoreに読み込むことができます、(ファイルはイントロから歌の開始 [続きを読む]
  • 野に咲く花のように
  • 少し秋の気配がするようになってきました。この季節になるとつい、口ずさんでしまうのが、ダ・カーポの「野に咲く花のように」という歌。https://www.youtube.com/watch?v=YN9Ef9K7xBgじっくりと歌詞をみると秋の歌ではない様子です。まるで、この曲から派生したような芸名をもつ「野々すみ花」さん、もと宝塚宙組娘トップさんです。この曲を唄っている動画を紹介しようと思っていた矢先、残念ながらyoutubeでは削除されたようすで [続きを読む]
  • 廉価カーボン弓
  • もともとチェロセットに附属していた角弓のことですが、丸弓を別に購入していたので、しばらくお蔵入りしていました。エレキチェロの購入にともなって、こちらに角弓を使っていました。ですが、やはりというか、さすが安物というべきか、腰抜けなのか、弓毛の固定が緩いものなのか、スクリューを廻しても弓毛の張りが弱くなっちゃいました。【毛替えのセルフチェック】という話題でとりあげましたがhttp://slweiss.seesaa.net/arti [続きを読む]
  • 明日へ向かう人
  • ちょっと前になりますが、NHK朝のニュースのなかの、けさクロ(けさのクローズアップ:なんでも略するのは止めて欲しいですが)で「ショッピングモールの歌姫」として取り上げられたのが、半崎美子さん。出勤時間が迫る中、見入って(聴き入って)しまいました。メジャーデビュー前の「明日へ向かう人」をyoutubeで聴くことが出来ます。https://www.youtube.com/watch?v=7UBkNYAPcpkやさしい綺麗な声で、メッセージ性の高い歌を歌 [続きを読む]
  • 伴奏アプリとして使うChordbot
  • 伴奏をさせるために見つけたのは、本来はオリジナル曲の編曲などでコード進行を作成するアプリ 「Chordbot」です。全部英語表記のアプリなので、取っ付きにくいですが【Chordbot 使い方】でググると、使い方を解説しているページがヒットします。私が使っているのはタブレット用なので、少し違うバージョンになりますが、使い方がyoutubeで紹介されています。https://www.youtube.com/watch?v=6o9d3gSHZ5Mだいたい似ているので、 [続きを読む]
  • バッハばかりじゃ飽きちゃいます
  • というわけでもありませんが、鷹栖光昭著のチェロ入門、セバスチャン・リーのエチュードとバッハの無伴奏1番だけを練習していると、そりゃあ上手く弾けないから練習する訳ですが、モチベーションも下がろうというもの。おまけに今は夏だし。ということで、お気楽に弾ける曲はなかろうかと「チェロ スタンダード100曲選」というものを購入しました。曲目としては、いろんなジャンルから集めましたってカンジで、総花的ではあります [続きを読む]
  • 山に祈る
  • 今日は「山の日」なので、この話題。ずいぶんと昔の多感な頃、なにかの縁で合唱を聴く機会がありました。いくつかの合唱組曲の中で、そのとき強く記憶に残ったのが「山に祈る」です。あと知識になりますが、登山ブームだった昭和30年代、長野県が山岳遭難防止キャンペーンとして遭難者・遺族の手記をおさめた小冊子をつくったそうです。その中に登場する遭難した大学生とその母親の手記を合唱組曲に仕立てたものが合唱組曲「山に祈 [続きを読む]
  • 「移民の娘」を二胡で
  • 以前にも二胡の音色はいろんなところの民族音楽に合いそう、って書いていたのですが、近頃はアイルランド民謡の「移民の娘」を拉いています。原題はAn Emigrant's Daughter ですから「出国した移民の娘」ということですか。いかにもタイタニックみたいな時代を感じさせる画像をバックに味のある歌をyoutubeで聴くことが出来ます。https://www.youtube.com/watch?v=Yfi4M3YHPyw1842年カナダに向う途中で亡くなった娘のことを唄って [続きを読む]
  • 弦楽合奏はビオラがキモ?
  • 先日、地元大学のサークルぽいオケ(?)の演奏会を初めて聴いてきました。地方大学のオケって、金管・木管パートは中学校の吹奏楽部からの経験者が多いためか、ある程度のレベルにあることが多いように思えます。一方、弦パートはというと、当地の中学校には弦楽の部活動はないし、高校でさえも3校くらいにしか弦楽部はありませんから、初心者率が高いようです。ヴァイオリンはそれでも、教養として子供の頃やらされていました、 [続きを読む]
  • 【ハーブ・アルパート】
  • 初めて車を買おうかな、と思った頃は個性的な車が多い時代でした。テレビCMでも音楽に気をつかって、いかに画面を見てもらうか、と苦心していたという話をきいたことがあります。音楽の影響で、欲しいなあと、そそられたのがサバンナRX-7。ブレードランナーも使われていたのですが、印象にベストマッチしたのはハーブ・アルパート のRISE。そのCMをyoutubeで見ることが出来ます。https://www.youtube.com/watch?v=LwPUSP9n3H0結局 [続きを読む]
  • マスターチェロチューナー
  • いつもチューナーとして使ってきたのはZOOMのハンディレコーダー H2nですが、10年近く使ってきたので、電池のモチがずいぶんと悪くなってきました。おまけに操作画面が小さいく、オレンジ液晶なので、見にくいのです。これまで、いくつかのチューナーアプリを使ってみたのですが、チェロに使う分には、あまり気に入るものがなかったのです。しかし、日進月歩のご時世ですから、なにか良いアプリが出来てないか、と探してみたところ [続きを読む]
  • ヴァイスのパッサカリア
  • HNとしてお借りしているシルヴィウス・レオポルド・ヴァイスは、J.S.バッハとほぼ同じ時代に活躍したリュート奏者・作曲家です。現代ではリュート作品をギター編曲したものが知られています。一番有名なのはファンタジーかもしれません。前半部分が、いかにもプレリュードの語源となった調弦風の幻想曲、後半部分が対位法という造りです。えらくお金が掛かってそうなミュージックビデオでAsya Selyutinaさんの演奏https://www.yout [続きを読む]
  • 雨だれ
  • 季節もののお題です。といってもショパンではありません。太田裕美さんの「雨だれ」なんと、八神 純子さんとのデュエットで、「雨だれ」と「想い出は美しすぎて」をリミックスしたものを演奏されている動画を見つけました。https://www.youtube.com/watch?v=-NEfBW-y3bs声質が違う二人なのに、組合わさると見事なハーモニーです。編曲というか繋ぎ方がセンスを感じられなくて、かなり残念です。おそらくは単発番組用にささっと、な [続きを読む]
  • バロック弓とワンちゃん
  • 日清紡ホールディングスのCMって、いわゆるイメージ戦略なんですが、犬をつかった、ドッグシアターというシリーズがあります。J.S.Bachのチェロ組曲1番プレリュード風のものを使って、犬がチェロを弾いているものが放送ちう。youtubeでみることができます。https://www.youtube.com/watch?v=Rx7OHm8DEeAなんか違和感があって、二人羽織か、首のすげ替え合成のためか、と思ってみていたのですが・・・弓の持ち方が、へんです。二人 [続きを読む]
  • 停滞した時は一歩戻る
  • J.S.Bachのニ短調のメヌエットⅡ(チェロ組曲1番)、なかなか素敵なメロディーラインなので、練習していますが、なかなか苦戦ちう。この曲、前にも述べましたが第1ポジションの上方拡張がポイントですねえ。なんとかコツを掴もうと、youtubeで名手の演奏を見ていますが、運指が結構違っていてますます混乱。私が使っているのはオーソドックス(?)なジャンドロン版。これに近いのはミーシャ・マイスキー氏ですが、彼は指が長い( [続きを読む]
  • あなたの心に
  • 今を遡ること、ン10年前、プロ野球の読売ジャイアンツが9連覇をしていた、いわゆる高度経済成長時代は、なんでも大量生産、大量消費の始まりでした。そのころ、爽やかな歌声で大ヒットしたのが、中山千夏さんの「あなたの心に」。youtubeで聴くことが出来ます。https://www.youtube.com/watch?v=8G5rq8HTPIk編曲も実にシンプル。今聴いてみると、このころは音に厚みがない曲ばかりです。それもそのはず、消費量に見合うだけの編曲 [続きを読む]
  • ヘンデルのサラバンド、ソロ版
  • 今年の一月になりますが、ヘンデルのサラバンドをギターとチェロのsoundfontをつかってmusescore で鳴らしたものを上げました。http://slweiss.seesaa.net/article/446359702.htmlその時、「意外とチェロトリオでも良さげなカンジがします。そのうち編曲してみましょ」と書いていたのですが、トリオ版にしても私の場合、弾く機会がありません。ということで、ヘンデルのサラバンド・主題と変奏をチェロソロ版に編曲してmusescore [続きを読む]
  • 人魚姫〜 Serena ira
  • この前NHKで「ニッポンのアニメ・ベスト100」って番組があってました。番組のつくりそのものは今一歩面白くなかったですが、結果はいまも見ることが出来ます。http://www.nhk.or.jp/anime/anime100/ani_report/今回の話題はこれで総合第三位になった「魔法少女まどか☆マギカ」。個人的には「まど☆マギ」は日本歴代アニメの3本の指に入る作品だと思っているので、納得の結果ですが、1位、2位は良く知りません。主要キャラクターの [続きを読む]
  • メヌエットⅡの謎
  • 近頃は、J.S.Bachのサラバンド(チェロ組曲1番)の流れで、(同じページに印刷されている)メヌエットを練習してみたりしているのですが、メヌエットⅡの方、この曲だけ♭が一つのニ短調なんですねぇ。おまけに画像はメヌエットⅡの後半部分。やたら臨時記号しかもフラットがでてきて嫌なところです。わざわざこんなわかりにくくしなくても、転調しているように聞こえるので、♭が二つで書くとこんなにスッキリするのになあ。どう [続きを読む]
  • 〜風に作曲、の見事さ
  • (パイプ)オルガンといえば、その楽器とはおもえない装置がゆえに音を聴くだけで「重厚」「ド迫力」「巨大」のイメージが湧いてきます。そのイメージを上手に生かしてあるなあ、と思っているのが宮川泰氏作曲の「宇宙戦艦ヤマト〜白色彗星帝国のテーマ」https://www.youtube.com/watch?v=kiRA1mub_Ykオルガンといえばバロック時代が最盛期だったこともあり、その名曲と言えば半分以上はバッハの作品といってよいかと思います。この [続きを読む]
  • だれかが風の中で
  • またまた、時代劇にからんだ話題から。NHKの大河ドラマは妙に清潔感があって、ライティングが明るすぎて、時代劇らしくないのが多いと思います。昼間であっても雨降りはもっと暗いはずだし、ましてや夜なんて推して知るべし、ですし、道には轍があって、雑草が生えていてあたりまえ。松山ケンイチさん主演の「平清盛」は異色なカンジで、かなりの「汚し感」がいい感じだったのですが、一部からは「画面が汚い」などの批評もでてし [続きを読む]
  • 重音は弓の力を抜くべし
  • 「重音は難しい」という話題でJ.S.Bachのサラバンド(無伴奏チェロ組曲1番)の話題を取り上げたのです。http://slweiss.seesaa.net/article/446132137.htmlこのアルペジオ風の重音はだいぶ苦労しなくなってきたのですが(ちゃんと弾けているかどうかは別の話です)、近頃もうひとつの問題に気がつきました。それは、サラバンドの終小節の一つ前の小節タイが掛かっているところ、D線の開放弦を鳴らしながら、G線の16分音符を弾くと [続きを読む]
  • 編曲の妙・大河ドラマテーマ曲〜異郷情
  • 大河ドラマの制作コンセプトは時代劇とは違うと思ってはいても、やはり期待するところがあります。まあ、たいていは「んー残念」となることが多いのですが。でも、ハズレが殆どないのがオープニングテーマ曲。21世紀になってから一番カッコいい、と思っているのは大島ミチル氏作曲の「天地人」https://www.youtube.com/watch?v=mlCMUzR39ag金管のファンファーレで一気に盛り上がって行くところなんて抜群のセンスです。パーカッシ [続きを読む]
  • PDF楽譜をmusescoreに読み込ませる・その後
  • 2015年12月11日のエントリで【PDF楽譜をmusescoreに読み込ませる】という話題を上げていたのです。http://slweiss.seesaa.net/article/431024654.html#commentで、PDF楽譜をmusescoreに読み込ませるのが上手くいく時といかない時があることについて、2017年04月02日にnonameさんがアドバイスをくださいました。このアドバイスをコメント欄だけに埋め込んでおくのはもったいないので、話題にします。------------------------------ [続きを読む]
  • フィンランディア
  • サッキヤルヴェンポルッカをいろいろと調べていたら、フィンランドの第二の国歌ともいわれるフィンランディアにも興味が湧いてきました。シベリウス作曲の交響詩フィンランディアは、チャイコフスキー作曲の大序曲1812年に似たカンジがしていて、勇ましい金管の咆哮が記憶に残っていて、あとに続くメロディアスな部分はあまり覚えていませんでした。今回、いくつかの演奏を聴いていたら、メロディアスな部分は実にきれいなハーモニ [続きを読む]