山心 花心 湯心 さん プロフィール

  •  
山心 花心 湯心さん: 山心 花心 湯心
ハンドル名山心 花心 湯心 さん
ブログタイトル山心 花心 湯心
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yoshi423mo
サイト紹介文山や山野草、名湯を求めて,九州を中心にうろついてます。 四季を感じれる山の景色や花などを届けたいと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/10/28 18:32

山心 花心 湯心 さんのブログ記事

  • 三郡山系の途或ところの「ヒメフタバラン」を見に行く!(篠栗九大の森へも!)
  • 4月も中盤を過ぎて、急にいろんな花々が咲き出した。なので、とても悩ましい!こっちにもあっちにも行きたい、また、別の所も確認しておきたいなど。といった気ぜわしさの中で、先週のある日その中の一つへと赴いた。福岡市の東の郊外にある途或山。ここにも「森の番人」が!その地を目指して登りはじめると、中学生の歓迎登山だろうか?40人ほどの人数と「こんにちは!」とあいさつを交わした。若い人達が登っていった後は、静 [続きを読む]
  • 「オキナグサ」を見た後、九千部山の桜谷遊歩道を登る!
  • 手術から早3週間。全快までとはいかないが、経過は良さそうだ。そうなると、いつもの山仲間との山行の再開が待っている。それで、YさんとKさんと登る山をどこにするか相談した。近場で、今の旬の花が見れて、尚かつ気持ちよく登れるところ!ということから、まず基山で「オキナグサ」を見てから、グリーンピア那珂川から「桜谷遊歩道コース」での「九千部山」と決まった。「九千部」は、頂上まで車で行けるので何度か行ったこと [続きを読む]
  • 途或山に「サバノオ」を探して!(イワボタンなども!)
  • 昨日は、仕事が夕方シフトだった。それで15時までの時間が自由になった。ならば、どこかで「花見」としゃれ込まなければならない!(なんのこっちゃ!)だが、「ネット空間で飛び交う新しい情報に振り回されてはいないか?」と、書いたばかりである。その舌の根の乾かぬうちに、「近場でサバノオ」だって!「珍しくはないけど美しい!」や、「四季折々の旬の花を愛でよう!」と、固く決意したのではなかったのか?どうもいけない [続きを読む]
  • 晴れた日には、水無渓谷でランチを!(ニリンソウに酔いしれる!)
  • 16日の日曜日は、諸事情により休息日とするつもりだった。しかし、しかし、朝からとっても良く晴れている。「うぅーん!」。どうしてそうなるかは全くわからないが、「晴れた日には、水無でランチを!」になってしまった。まぁ、理屈はなく好天気に誘われて「ニリンソウ」を見たくなっただけ!それで、11時過ぎに家を出たものだから、登山口へは12時を過ぎてしまった。少し終わりがけの山桜がお出迎え。いつものように、いつ [続きを読む]
  • 「馬場の一本桜」など桜三昧!(納戸料の百年桜、松国大桜も!)
  • 9日の日曜日は、地域の写真愛好家の人たちと「桜三昧」の一時を過ごした。この数年、この季節に佐賀の一本桜を中心に「桜巡り」をしている。花友であるAさんは、メールによると四国の桜や岐阜の「淡墨桜」などを巡ってあるそうだ。私もそのうちに、桜前線を青森まで追いかけてみようかなとも思ったりもする。まぁ、それは時間と先立つものが出来たならばの話ではあるが。前置きはそのくらいにして、話を前へと進めよう。まず最初 [続きを読む]
  • ちょっとだけ「水無」に行ってみた!(「あの花」が咲いてたよ!)
  • 先週の土曜日に手術をしてから、はや5日。少し痛みは残っているものの、経過は良さそうだ。術後2週間は、ハードなスポーツと飲酒は禁止されている。しかし、仕事も軽めの運動もいいとのことである。であるので、この時期何だか心が落ち着かない。(なんのこっちゃ!)それで、散策程度ならと、足慣らしを兼ねて「水無」へと出かけた。いつものところから、静かな渓谷へと入っていく!今年は、花の時期がだいぶ遅れているようで、 [続きを読む]
  • 今日の日曜日は、病気休養中!(大濠のユリカモメとともに!)
  • 昨日の雨がいつの間にか止んで、晴れて清々しい天気だ。そんないい天気を横目にして、じっと痛みに耐えて休んでいる。何でかというと、昨年からの懸案だった「尻の手術」を昨日したから。山登りもできぬような痛みが続いていたが、これで良くなると思うと、術後の出血もそんなには苦にならない。出来るだけ早く回復して、4月下旬以降の山登りが出来ることを楽しみにしている。(文の内容とは関係がなく「3月上旬の大濠公園」)本 [続きを読む]
  • いつもの室見川で花散策!(「アマナ」や「ロムレア」などが咲いていた!)
  • 今日は本当ならば、あるグループと井原山に行く予定だったのだが、残念ながら、某所の痛みにより急遽同行を遠慮した。そんなことで、今日は先週の14〜17日の室見川などを紹介したい。この時の「テーマ」は、「近場でアマナを探す」こと。なので、この花が咲きそうな飯盛山の麓や近くの田んぼの畦道などを、それこそ、全くといって当てはなかったけれど探し廻っていた。そうしていると、野に咲いている普通の「花」が目に入って [続きを読む]
  • いつもの夕暮れ時の室見川!(室見川カワセミ日記45)
  • 少し前のいつもの「室見川」。仕事帰りに夕暮れ間近な室見川に立ち寄った。今年に入って、必ずといて良いほど「カワセミ」に遭遇している。この日も濃密な出会いをした。(なんのこっちゃ!)その前に、この光景から。田んぼの片隅に捨てられていた「もみ殻」に「スズメ」が群れている!「もみ殻」の中を一生懸命に漁ってる!そんな「スズメ」を見ながら、いつもの河原へと下りていく。そうすると、すぐに「カワセミ」と遭遇!何故 [続きを読む]
  • 今年初めての水無に行ってみた!(「ホソバナコバイモ」も咲いていた!)
  • 土曜日には、地域のイベントがあって仕事をしていたので、とても井原山のことが気になっていた。「もうそろそろ咲き始めているのではないか?」と!そう、その花とは「水無」の「ホソバナコバイモ」のことだ。そして今日の日曜日、午前中の用事を済ませていそいそと日向峠を越えた!穏やかな春の日差しに照らされている渓谷へと足を進める。今日は午後からの「偵察」程度の気持ちで来ている。数は少なかったが、「コチャメルソウ」 [続きを読む]
  • いつもの室見川は大賑わい!(室見川カワセミ日記43)
  • いつも見ているいくつかのブログを拝見すると、いろいろ考えさせられた。あまり詳しいことは書かないが、「山」や「花たち」との向き合い方や、親しい人との別離のこと、残された時をどのように生きるか、など!そんなことを書いていたら、今日の記事が前に進まないので、本題に!少し前の、夕暮れ時のいつもの室見川。河原に下りていくとすぐに「カワセミ」と遭遇。今年になってから、室見川に行けばすべて「カワセミ」を見ること [続きを読む]
  • 早春の鷹取山を歩く!(背振山系の「セリバオウレン」も!)
  • 先週の土曜日に、久しぶりに山に登った。佐賀の綾部八幡神社近くから登る「鷹取山」である。この近くに咲く「早春のある花」の偵察も兼ねていた。久しぶりに時間がとれたので、いつもの山仲間に「山に行こうよ!」と、メールをすると、Yさんはマラソンにエントリでダメという。Kさんからは、「空いてるよ」との返事。参加者が少ないけど致し方ない。絶好の山日よりの中いそいそと三瀬と越えて、佐賀の中原へと向かった。ゆっくり [続きを読む]
  • いつもの室見川で、「カワセミ」三昧!(室見川カワセミ日記42)
  • 近頃は、寒かったり暑かったりで、だんだん季節は春に近づいている。ただ、山登りに中々行けてないので、けっこう焦り気味のこの頃である。なので、今日もお手軽な「カワセミ日記」をお届けしたい。先日の「ヤマセミ」との出会いは、それはそれは感動もんだった。けども、そんな幸運は早々あるもんではないことはわかっている。「ヤマセミ」との次の出会いは、幸運の女神の降臨を待つことにして、また、いつもの「室見川」に出かけ [続きを読む]
  • 大牟田と阿蘇の旅をしてきた!(世界文化遺産の「軍艦島」なども)
  • 今日は少し前の話ではあるが、地域の人達と一泊の旅に行った時のことを。一日目は、世界文化遺産である三池炭鉱・三池港を訪れた後山鹿温泉に宿泊。二日目は、阿蘇神社と熊本震災の地の益城町など。ついでと言っては何だけど、2年前に行った長崎の「端島(はしま)」も合わせて紹介したい。まずは、大牟田の分から。最初は「石炭産業資料館」を訪れた。外回りを改修中だった。周りには、関係の展示物が!この恐竜のモニュメントの [続きを読む]
  • セリバオウレンに魅せられて!(背振山系の途或山を訪れて!)
  • 「セリバオウレン」!まさに「春を告げる妖精」かのように、とても魅力的な花である。2月になると、それこそいろいろと見に行きたくなってくる。私が「セリバオウレン」を知ったのは、もうかれこれ5〜6年前になるかな。最初は、経ヶ岳方面に探しに行ったけど、世の中甘くはなかった!そして、3回目にしてやっと出会うことができ、大感激だったことを覚えている。それから、英彦山や福岡近郊の2ヶ所、遠くでは「岩宇土山」の近 [続きを読む]