ただの映画好き。 さん プロフィール

  •  
ただの映画好き。さん: ただの映画好き。
ハンドル名ただの映画好き。 さん
ブログタイトルただの映画好き。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kirin6770
サイト紹介文見たもの☆感じたこと☆考えたこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/10/28 23:54

ただの映画好き。 さんのブログ記事

  • パターソン(2016年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv62246/ アメリカ・ニュージャージー州パターソンに住むパターソンはバスの運転手。 ♪月曜日は6時半頃起きて〜、仕事して、夜はバーへ行く〜、火曜日も6時半頃起きて〜、仕事して、夜はバーへ行く〜、水曜日も6時半頃起きて〜、仕事して、夜はバーへ行く〜、木曜日も、、、、以下同。    ☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.: [続きを読む]
  • 夜明けの祈り(2016年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv63008/以下、公式サイトよりストーリーのコピペです。=====ここから。 1945年12月のポーランド。 赤十字の施設で医療活動に従事するフランス人医師マチルドが、見知らぬシスターに請われ、遠く離れた修道院を訪ねる。そこでマチルドが目の当たりにしたのは、戦争末期のソ連兵の蛮行によって身ごもった7人の修道女が、あまりにも残酷な現実と神への信仰の狭間で極限の苦しみにあえ [続きを読む]
  • ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv62883/以下、公式HPよりストーリーのコピペです。=====ここから。 第二次大戦中期、ナチスがヨーロッパのほぼ全土を制圧していた頃。イギリス政府とチェコスロバキアの亡命政府とが協力して極秘計画を練る。パラシュートを使ってチェコ領内に送り込んだのは、二人の軍人ヨゼフ・ガブチーク(キリアン・マーフィ)とヤン・クビシュ(ジェイミー・ドーナン)。 当時、チェコの統治者 [続きを読む]
  • エル ELLE(2016年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv62239/以下、公式サイトよりストーリーのコピペです。=====ここから。 新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。 その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わ [続きを読む]
  • 愛する映画の舞台を巡る旅Ⅱ 〜ベルリン(ドイツ)〜その①
  • **壁がなくなった今も天使が見守る街** vol.1 関連映画:『ベルリン・天使の詩』(1990)愛する映画の舞台を巡る旅Ⅰ 〜コペンハーゲン(デンマーク)〜その③につづき コペンハーゲン中央駅発11:12のEC34に乗車。ハンブルク乗り換えで、ベルリンへ向かいます。コペン〜ベルリンのルート。赤い部分がフェリー区間(画像はICE公式HPから拝借しました) 旅に出る直前に初めて知った情報。それは、この路線は“渡り鳥ルート(コ [続きを読む]
  • ピュア 純潔(2009年)
  • 作品情報⇒http://eiga.com/movie/86222/以下、WOWOWのサイトよりストーリーのコピペです。=====ここから。 スウェーデンのヨーテボリ。20歳のカタリナは母親ブリジッタが飲んだくれであるなど家庭環境に問題が多く、けんかっ早かったり売春をしたりと、恵まれない少女時代を過ごした。 現在はマチアスという恋人がいてやや落ち着いたが、モーツァルトの音楽を好きになったカタリナはコンサートホールで受付係として働きだ [続きを読む]
  • 静かなる情熱 エミリ・ディキンスン(2016年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv62187/以下、公式HPよりストーリーのコピペです。=====ここから。 19世紀半ばのマサチューセッツ州。家族と離れ、マウント・ホリヨーク女子専門学校に通っていたエミリ・ディキンスンは、学校での福音主義的な教え方に神経質になっていた。そんなエミリを家族が迎えにやってくる。弁護士の父親エドワードは彼女をアマストの家に連れ帰り、エミリは両親、兄オースティン、妹ラヴィニア [続きを読む]
  • 永い言い訳(2016年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv58841/以下、上記リンクよりストーリーのコピペです。=====ここから。 “津村啓”というペンネームでテレビのバラエティなどでも活躍する人気小説家の衣笠幸夫(本木雅弘)は、ある日、長年連れ添った妻・夏子(深津絵里)が旅先で突然のバス事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。 だが夏子とは既に冷え切った関係であった幸夫は、その時不倫相手と密会中。世間に対し [続きを読む]
  • 湯を沸かすほどの熱い愛(2016年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv60480/以下、公式サイトよりストーリーのコピペです(青字は筆者が加筆)。=====ここから。 銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父・一浩(オダギリジョー)が1年前にふらっと 出奔し銭湯は休業状態。母・双葉(宮沢りえ)は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘・安澄(杉咲花)を育てていた。 そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼 [続きを読む]
  • イーダ(2013年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv55849/以下、Movie Walkerよりストーリーのコピペです。=====ここから。 1960年代初頭のポーランド。孤児として修道院で育てられた少女アンナ(アガタ・チュシェブホフスカ)は、ある日院長から叔母の存在を知らされる。興味を持ったアンナは、一度も面会に来たことのない叔母のヴァンダ(アガタ・クレシャ)を訪ねるが、そこで彼女の口から出た言葉に衝撃を受ける。 「あなたの名 [続きを読む]
  • 残像(2016年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv61713/ 1949年、ポーランドのウッチ造形大学の教授で前衛画家のヴワディスワフ・ストゥシェミンスキは、野外の授業で学生たちと談笑を交えながら、熱く自らの理論を説く。「残像は、ものを見たときに目の中に残る色なのだ。人は認識したものしか見ていない」 ある日、アパートで真っ白なキャンバスに向かって絵筆を走らせようとした瞬間、窓の外に真っ赤な垂れ幕が掛かったため、キャン [続きを読む]
  • 罪物語(1976年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv11296/ 19世紀末のポーランド・ワルシャワ。おぼこ娘エヴァが、テキトー男ウカシュに惚れたことに始まる転落の人生の顛末を描く。 監督のヴァレリアン・ボロフチックは、アニメや短編映画で腕を磨いてポルノなんかも結構撮っていた方らしい。本作はカンヌにも出品されたとか。へぇー。    ☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。. [続きを読む]
  • イレブン・ミニッツ(2015年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv60347/ ポーランド・ワルシャワでの、ある日の午後5時からの11分間に起きた出来事を、時系列で多焦点から描き、最後の最後でそれらが1つの焦点で結ばれる。 多焦点の主たちは……映画監督、女優、女優の夫、屋台のホットドッグ屋、その息子でバイクの宅配人、救急士、医師、、、他にもいたかも。ラストでパズルが完成します。    ☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆ [続きを読む]
  • 愛に関する短いフィルム(1988年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv15817/以下、Movie Walkerよりストーリーのコピペです。=====ここから。 19歳の郵便局員トメク(オラフ・ルバシェンク)は、毎晩8時半に、盗品の望遠鏡で向いのアパートに住む女流画家マグダ(グラジーナ・ジャポロフスカ)の部屋を覗き見ていた。次々と違う男を部屋に連れこむマグダに、トメクは執拗に無言電話をかけ続ける。それは、出征中の友人の母親(ステファニア・イヴァン [続きを読む]
  • カティンの森(2007年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv45221/ 夫はソ連軍の捕虜となり連れ去られた。それっきり妻(アンナ)の下へは帰ってこなかった。帰ってきたのは、夫が最期の日々を書き記したメモ帳。ある日を境に空白が続くそのメモ帳が訴えるものとは、、、。 アンジェイ・ワイダ渾身の告発映画。   ☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜ 7月 [続きを読む]
  • 恋に落ちる確率(2003年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv34058/ カメラマンのアレックス(ニコライ・リー・カース)は、自分の父親と、恋人シモーネ(マリア・ボネヴィー)の3人で食事を共にした。しかし、店を出る際に、父親が苦手なアレックスは用があるから先に帰ったことにしてくれと言って、シモーネとは駅で会う約束をし、父親が店から出てくる前に立ち去った。 駅でシモーネに会う前に、アレックスは美しい女性に一目惚れする。その女 [続きを読む]
  • 霜花店−運命、その愛(2008年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv45915/ 高麗王朝末期。男しか愛せない王様の超身勝手な振る舞いに、宮廷が大悲惨に見舞われる、エログロ歴史絵巻。 当の韓国では、18禁ながら400万人を動員し、大ヒットしたんだとか。  ☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜ 今、「本当は怖ろしい韓国の歴史」(豊田隆雄著、彩図社)という本を [続きを読む]
  • ショパン 愛と哀しみの旋律(2002年)
  • 作品情報⇒http://movie.walkerplus.com/mv47125/ 泣く子も黙る、あのショパンの伝記映画。リストとの出会いから死に至るまで、ジョルジュ・サンドとの恋愛を軸に、ショパンの名ピアノ曲をバックに描く。  ☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。。.:*:・'☆゜'・:*:.。。.:*:・'゜ 公開時から評判が酷かった本作。確かに、ポスターの絵柄がゼンゼン魅力的でなく(サンドの方が [続きを読む]