naoka19 さん プロフィール

  •  
naoka19さん: 歌のつばさ「Als die alte Mutter」
ハンドル名naoka19 さん
ブログタイトル歌のつばさ「Als die alte Mutter」
ブログURLhttp://gaku-nao.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文クラシック歌曲、合唱について、「みなとみらい昼どき合唱団」についてのつれづれ日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/10/29 18:25

naoka19 さんのブログ記事

  • 反省
  • (みなとみらいホール夜景)こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。17日に練習があった。 練習前に役員会がありゴールデンウエーブの反省会を行った。ゴールデンウエーブのCDを聴く。 歌っていた時には気が付かない細かい欠点が目立つ。特に、曲の歌いだし、 先走るを恐れるからか、パッと(あ〜)と出ない。 「ぁ〜」か、「ぁあ〜」になる。これは全員が一緒に歌いださなければだめだ。 一人でも出れない人がいれば音がバラバ [続きを読む]
  • 「ゴールデンウエーブ終了」そして前進
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。ゴールデンウエーブは無事終了した。グループトップの演奏だったが、緊張することもなく、気持ちよく歌い切った。でも、こっそりいうと細かいミスも・・・、全部を完璧になど理想にすぎないのかな〜。尾花先生は音程よし、リズム良し、全員が一つの声に近く120%の出来だったという、素直に喜びたい。山田先生は、一番厳しい条件、2階席の後方に聞いておられたという。確かにかに声 [続きを読む]
  • ゴールデンウエーブ」本番、最終練習
  • こんにちは。 10日、ゲネプロを兼ねた特別練習を行った。 17時から。 山田先生、尾花先生ご出席。通し練習と不安箇所を何回も練習する。 尾花先生はバイオリンのプロだが、演奏日の前は一日一曲50曲反復練習したという。わたしなら、10曲も浚ったら力が尽きる。 凄い集中力と思う。もっともそのまえに喉が持たないね。練習でも集中力はとても大事。ダラダラ練習しても身につかないのは事実。 暗譜条件でなくても、暗譜す [続きを読む]
  • 田谷の洞窟とお花見
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。今日は暖かくて、快晴。ついている。少し風が強いが・・・だが桜の開花はまったく期待できない。大船駅ルミネ前で待ち合わせ。団員の七割が参加した。今回は山田先生ご夫妻も参加された。尾花先生も参加されたのでこれは昼どき合唱団にとっては一大イベントだね。洞窟のある定泉寺はバスで移動。歩けば30分はかかるようだ。定泉寺は、正式名は「真言宗大覚寺派 田谷山 定泉寺」ご本 [続きを読む]
  • ゴールデンウエーブ、音合わせ
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。ゴールデンウエーブ出演は12日、ゴールデンウこんにちはエーブまであと9日。3日は15時からバイオリン、チェロ、ピアノと合唱との音合わせだった。「夜明け」は歌詞のない曲。「翼をください」つばさは当初ピアノ伴奏のみだつたが器楽者の先生方の退出時間がとれず伴奏に加えることに。だからバイオリニストとチェリストは初見、先生は編曲は器楽者と相談しながら編曲をまとめていく [続きを読む]
  • 4月初日、桜満開未だ。寒くて忙しい一日
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。真冬のような寒さの雨模様の一日だった。桜の名所の大岡川の桜、桜まつりが始まっているのに一分咲き?開花が遅れているのだ。14時から、山田先生宅にお邪魔してソロレッスン。夕方からは洋混の定期練習だった。ソロの練習は、発声練習30分。歌唱練習30分、合計1時間。発声練習では口内の動き、特に舌の動きを先生がピアノを弾きながら厳しくチェックする。毎回、同じ指摘が出る。 [続きを読む]
  • 「音楽散歩」第九の日 知っていますか?
  • (ベートーベン直筆譜)こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。第九は年末の12月に演奏されるものと思ってないだろうか。でも最近では夏でも歌われるようになっていてプロアマ関係なく歌われる。クラシックでこんなに愛されている交響曲は日本のみという。本場ドイツでも日本ほどではないという。アマチュアでも演奏できる合唱(声楽)つき交響曲は少なく他にメンデルスゾーンかマーラー(復活など)ぐらいか。オケ伴奏つきはレ [続きを読む]
  • 「アンデイムジークコンサート」」練習中
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。アンデイムジークコンサートが迫っている。 本番まで2か月を切った。25日は、土居先生の順番だった。 念入りな発声練習のあと、出来ても出来なくても ほぼ全曲を暗譜で歌う。★組曲:「ありがとう」から4曲(石若雅弥曲、谷川俊太郎詞)★こんにちは!僕らのふるさと★横浜は バラの街後ろの2曲は、洋混を長年指導された、 吉田孝古磨先生の作曲の曲。2月のコーラルフェストで暗譜 [続きを読む]
  • 「厳しい練習、自己反省しきり」
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。2年も練習しているのになにをしている、怒りを抑えられない先生。矛先はテノールと感じる。公式練習に先立ち、行われた男声だけの強化練習で上手く歌えなかったからか。歌える人を外しその他の人間で歌わせる。先生は不安だとそういう方法をとる。もろに嵌る、ピアノ伴奏についていけない。我々の実力は素人に毛が生えた程度。努力が足りないのは認めるが、何より楽しくないもんね。自信が [続きを読む]
  • ゴールデンウエーブ「音合わせ」
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。昨日は結構忙しい一日だった。15時に「夜明け」の音合わせ練習。17時30分から総会。18時過ぎから6月3日のジョイントコンサートの練習。音合わせはピアノ+合唱にチェロ、バイオリンを合わせる。というか、チェロの独奏にほかのパートが絡む感じ。合唱は歌詞がなくAの母音唱のみ、ハーモニーがポイントとなる。しかも伴奏のない合唱のアカペラ部分もある。要は完璧なハーモニ [続きを読む]
  • シニア合唱祭「ゴールデンウエーブ」あと1か月
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。3月10日は、昼どき合唱団の練習日だった。4月12日本番のゴールデンウエーブの練習をした。曲は「夜明け」「翼をください」「翼をください」は昨年の定期演奏会の演奏曲、歌いこんでいて自信がある。暗譜も大丈夫。まず心配はないと思う。油断は禁物だが・・・やはり、重点は「夜明け」。この曲は指揮者尾花先生の作詞?作曲のオリジナル曲。このゴールデンウエーブで「初めて」演 [続きを読む]
  • 「アンデイムジーク・コンサート」5月本番、練習強化
  • こんにちは。3月4日は、15時から17時にかけ5月の本番の「アンデイムジークコンサート」の演奏曲の通し練習を行った。続いて、18時半から場所を移動し川上先生の指導を受けた。シューベルトミサ曲全曲とアベマリア2曲をさらった。アヴェマリアはグノーとカッチーニ。まだまだ歌いこまねばね。明らかに練習が足りない。最近、先生は暗譜を強く言わない。ただ、肝心どころは指揮を見るようそれとなく誘いこむ。先生の指揮 [続きを読む]
  • 大中恩「秋の女よ(あきのおみなよ)」ソロ・レッスン
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。3月2日は月1回のソロレッスン日だった。山田先生のお宅にお邪魔した。前半は発声練習から。いつもの口の中の狭さと舌の動きを指摘される。問題点はわかっているのだが、改善に時間がかかっている。母音唱、スタカート唱、レガート唱、30分ばかり。スタッカートがやばい。高音で早々と声が裏返る。その度にレガートから、そのフィーリングでスタッカート唱に移行。それでも、音域は確 [続きを読む]
  • コーラルフェスト終了・ゴールデンウエーブを目指す
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。youtubeにヨコハマ・コーラルフェストでの「洋光台混声合唱団」の演奏動画をアップしたので是非聞いてください。2曲共とてもロマンチックな曲です。上手く歌えたつもりでいたが残念ながら動画を聴くと一部乱れたとこがある。みなとみらい大ホールは魔物でも住んでいるのかな。油断すると足元を掬われる。5月の本番前だからとは言い訳にしかならない。本番は5月21日「県立音楽堂」での [続きを読む]
  • 横浜市音楽祭。「コーラルフェスト」出演
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。19日日曜日、洋混の一員として音楽祭「コーラルフェスト」で歌った。コーラルフェストは横浜市で活動する合唱団のための音楽祭だ。みなとみらいホールで行われた。17,18日は小ホール、19日は大ホールの3日間。我が団の指揮は土居先生、当日は磯子で事前練習、みなとみらいに向かった。歌う曲は2曲、 ●こんにちは、●横浜はバラの街。この歌は5月の本番でも歌うので、疎かには出 [続きを読む]
  • 「夜明け」(シニア合唱祭ゴールデンウエーブ演奏曲)
  • こんにちは。ボォーカリーズって知ってますか。ウイキペデイヤによると、「ヴォカリーズ(フランス語: vocalise、ドイツ語: Vokalise)は、歌詞を伴わずに母音のみによって歌う歌唱法を指す。母音唱法とも呼ばれる。主に発声練習の際に用いられるが、ヴォカリーズによって歌うことを指定した声楽作品も存在する。」わが、昼どき合唱団は4月のゴールデンウエーブに歌う1曲目に、「夜明け」を歌う。母音唱法のボォカリーズで歌う [続きを読む]
  • 1月31日、ソロレッスン「秋の女よ」
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。山田先生のお宅にお邪魔して月1回のレッスンを受けた。レッスンの半分は発声練習。母音唱、スタッカート、レガート唱・・・いつも同じ注意を受ける、情けないな〜。私の場合は、舌の奥が盛り上がる、顎が動く。マイク向きの発声と言われる。(カラオケに行きすぎをさりげなく注意された!?)マイクなしで遠くに届けるのは口内を後3センチ開ける感覚が必要なのだが。自分でもいろいろ努力 [続きを読む]
  • アンデイムジークコンサート,後4か月
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。洋混の定期演奏会、アンデイムジークコンサートがあと4ケ月後に迫ってきた。21日は洋混の練習日だった。いつもより1時間早く、男声の練習を行いそれからアンサンブル練習。男声の信頼性が足りないようで少し悲しい。パートごとに丸く座って、同じパートメンバーの声を聴きながら歌う。自分の間違いに気づきやすい利点もある。昔のパート練習を思い出す。ただ、今はピアノという強力 [続きを読む]
  • シューベルトミサ曲、歌い初め
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。昨日は、洋混の年初初練習日だった。「シューベルトミサ曲第2番」を全6曲通し、残り時間でカッチーニとグノーの「アヴェマリア」そしてシューベルトの「アンデイムジーク」を歌った。アンデイムジークは洋光台混声合唱団の第2団歌で洋混限定編曲の愛唱歌です。5月の2年に一度のコンサートは冠して「アンデイムジーク」2週間ぶり、2時間の練習時間だが、疲れ果てているかと思いき [続きを読む]
  • マーラが与えた人生と100万本のバラ、共通のテーマは愛
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。あけましておめでとうございます。ことしもよろしくお願いします。2017年初ブログ、音楽散歩と行きましょう。突然ですが「ラトビア共和国の国民的な歌」ご存知ですか。こう聞かれたら答えるられる人は多くないでしょう。でもこの歌、たぶんほとんどの人が知っています。この歌の名は「マーラに与えた人生」。まだわかりませんよね。それでは、「100万本のバラ」は知っていま [続きを読む]
  • 年末はクラシック(カッチーニのアヴェマリア)
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。楽譜を整理していたら、アヴェ・マリアの合唱譜が出てきた。2年前「アヴェマリア」2曲を混声合唱で歌ったもの。一つは聴き慣れたシューベルト、もう一つはカッチーニ。シューベルトはいわずもがな私が魅了されたのはカッチーニ・・・滑らかな美しい旋律、合唱でもきれいにハモると、満足感に満たされ、とても癒される。カッチーニをきれいなソプラノで聴きたいと探し回り、あるサイトで [続きを読む]
  • 真珠とりの歌(ベルフラワー合唱団、年内最後の練習)
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。今日は大船の社会教育センター玉縄支所で練習があった。10時開始、早い時間なので少し戸惑う。終わりは12時、ちょうどお昼、程よく空腹での昼食は健康に良いだろうね。2月2日、鎌倉市点訳赤十字奉仕団の人たちの新年会で歌う。ベルフラワーのメンバーである視覚障害の人たちが日ごろ大変お世話になっている人たちの前で歌うのだ。あと練習は1月26日一回のみ。ベルフラワー合唱団は [続きを読む]
  • さらば2016年、今年最後のソロレッスン
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。昨日は月一のソロレッスン日だった。3週間前に引いたカゼと、14日のドイツレクィエムを歌った影響で喉はあまり調子は???発声練習、毎回指摘される舌の動きを今回も指摘された。レッスンを開始して、もう2年近くになるがいまだ舌の奥が盛り上がるクセが改善できない。何とかしたいものだ。だから、高音域になると声が裏返る、怖くて思いきり出せないのだ。裏声で逃げてるわけ。合唱 [続きを読む]
  • 2016年総括
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。14日に後輩のコールメロディオン記念演奏会で歌った余韻の残る中、私の今年の音楽活動はまだまだ続く。16日 昼どき合唱団年内最後の練習(I wil sing with the sprit)17日 洋光台混声合唱団練習(カッチーニのアベマリア,5月発表会)19日 山田先生ソロレッスン(アルディラ、8月発表会)22日 ベルフラワーとの合同練習(混声合唱、2月2日発表会)24日 洋光台混声合 [続きを読む]
  • ドイツレクイエムを歌う(コルメロ記念演奏会)
  • こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。12月14日は文京のシビック大ホールで開催のコルメロの55回記念定期演奏会に参加した。コルメロの正式名称は「慶応義塾大学・日本女子大学コールメロディオン」です。長いですね〜、でも省略するわけにいかない。だから「コルメロ」という可愛い?愛称で呼ばれる。私にとっては可愛い孫たちみたいなもの一生懸命な姿が清々しくていいね!。最初に言うが、現役諸君、レセプシォンでの [続きを読む]