元気いっぱいの前期高齢者の ツッパリ発言 さん プロフィール

  •  
元気いっぱいの前期高齢者の ツッパリ発言さん: 元気いっぱいの前期高齢者の ツッパリ発言
ハンドル名元気いっぱいの前期高齢者の ツッパリ発言 さん
ブログタイトル元気いっぱいの前期高齢者の ツッパリ発言
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kojioh21
サイト紹介文団塊の世代のちょっと先輩。70歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/10/30 01:47

元気いっぱいの前期高齢者の ツッパリ発言 さんのブログ記事

  • 混沌さが消えない世界。 英知ある政治家が現れないものなのか。
  •  まだ関東地区は曇り空が続いているが、少しは夏の気候に戻りそうで、今週は30Cを超える日が続きそうだ。 20日以上続いた不順な天候で、青物野菜の生育状況も悪く、スーパーの青果物価格が値上がりしている様子だ。 最近の日本各地の大雨の被害は、明らかな地球規模の気象変動の影響だろう。単なる化石燃料の使い過ぎによる温暖化現象と、簡単には結論付けはできないかもしれない。 一方、世界の政治状況はどうだろう。 米韓 [続きを読む]
  • 疑問が深まるばかりの、加計学園の獣医学部認可。
  •  加計学園の獣医学部新設で、今治市から市有地の無償譲渡や、建設費に対する今治市からの大幅な補助金など、不明朗な点を指摘していたのは田中龍作氏だった。 世の中が森友問題で大騒ぎをする頃から、3月3日発行の田中龍作ジャーナル上で問題視されていたように、筆者は記憶している。 当初、これは森友以上に、安倍政権が抱える不透明な大スキャンダルになると感じたほどだ。 つい最近も、田中龍作氏は獣医学部建設の詳細な [続きを読む]
  • 731部隊での人体実験が行われた、戦争がもたらした狂気。
  •  筆者は、NHKスペッシャルで放映された、「731部隊の真実 〜エリート医師と人体実験〜」を、見逃してしまった。 旧日本軍が731部隊という秘密組織を作って、各種の人体実験を行っていたという話は聞いていた。 しかし、米軍の進駐で実態を暴かれることを恐れて、徹底的に資料を破壊隠滅したと聞いていた。 田中弥生氏は、この事件でナチスドイツで行われた、T4作戦を併記する。 ナチスの優生学思想のもとに、ドイツのエ [続きを読む]
  • 内閣改造などしても、次々と隠れた内容が明るみに出る森友、加計問題。
  •  森友学園の、国有地大幅格安払い下げの交渉音声データが出てきている。 国税庁長官におめでたくご昇格された、佐川前理財局長は、「やりとりの記録は残っていないのか」と追及を受け「個別の面会のやりとり控えについては残ってございません」と返答している。 安倍政権に対するひたすら忖度を行う、卑屈な官僚を生み出した見本のような実態だが、高級官僚の人事権を官邸が握るようになってしまった悪癖の結果だろう。 交渉内 [続きを読む]
  • 福田康夫元総理の、安倍政権批判はまさに正鵠を射ている。
  •  福田康夫元首相が、安倍政権の内閣改造直前に、共同通信のインタビューに答えた。 安倍政権の一番の問題点は、上級官僚の人事権を掌握できる内閣人事局を作ったことと批判した。「政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。 恥ずかしく、国家の破滅に近づいている」「官邸の言うことを聞こうと、忖度以上のことをしようとして、すり寄る人も [続きを読む]
  • 内閣改造でも、支持率など上がるはずがない。
  •  安倍政権の内閣改造劇は終了した。 まあ張本人が、中心にいるのだから、代わり映えはしない内閣改造ではあるが。 野田聖子氏とか河野太郎議員とか、仕方なしに爆弾を抱えたような内閣になるかも。 まあ支持率の低下防止など、ごく一時的にはあるだろうが、再び下がる一方だろう。 どちらにしても、我々が知りたいのは、森友や加計の権力の私物化の典型的な、悪辣なやり方の追求なのだから。 安倍首相も関係官僚も平気で明ら [続きを読む]
  • 北朝鮮のICBM発射実験は、エスカレートするばかりなのか?
  •  北朝鮮が、戦勝記念日より数日遅れで、再びICBMの発射実験を行った。 度重なるミサイル発射実験で、飛行距離も着実に伸ばしているし、ミサイルの発射場所や時間も選ぶことなく、軍事的な精度も上がっているように思える。 韓国側から北朝鮮との融和策も盛んに意思表示されていながらも、北朝鮮は聞く耳を持たずミサイルの進歩に力を注いでいるようだ。 ICBMの飛行距離が延びれば、米本土も射程範囲に入るようになり、米国も本 [続きを読む]
  • 森友問題も、激安で国有地を売却した財務省疑惑の解明が進みそうだ。
  •  加計問題の報道が多い中で、根本的には何も進展していない森友学園問題で、籠池前理事長が検察に逮捕されるのではないかと、報道されていた。 筆者は笑ったのだが、籠池氏はすごい役者だ。TVカメラを事情聴取される日の朝食風景など、すべて撮らせている。 アハハ完全な情報公開だ。 安倍首相も嫌な相手を敵に回したものだ。 しかし、庶民には籠池氏が、正しく見えてしまうのだなあ。 そして、検察の事情聴取後、籠池氏は逮 [続きを読む]
  • 安倍政権の次に来る、日本の政治の混迷。
  •  今日も加計学園問題や自衛隊の日報問題で、参議院で委員会が開かれている。 筆者は今日はTVを見る都合がつかないため、内容に関しては論評できない。 ただ、防戦一方になっている安倍政権。数か月前では考えられないくらい、安倍政権の支持率は低下し、安倍首相が信用できないという評価が圧倒的に多くなっている。 いつ退陣を迫られてもおかしくない状況になりつつある。 今日のロイターのコラムは、こういう安倍政権になっ [続きを読む]
  • 安倍政権の側近大臣のしどろもどろ答弁が見苦しい。
  •  加計学園問題は、次々と新事実の文書がメディアに流れ、山本地方創生相が苦しい言い訳をしている。 一方では、稲田防衛相のスーダンPKO文書が、表ざたになって、しどろもどろの会見だ。。 安倍政権の支持率低下が急速に進み、安倍政権の政権運営能力が衰えたとみた官僚や関係者の造反の動きの結果、あちらこちらで隠されていた文書が表に噴出しているのだろう。 菅官房長官が高級官僚達の人事権を握っていて、物言えぬ状況で [続きを読む]