税理士(鈴木彬)のたわごと的オピニオン さん プロフィール

  •  
税理士(鈴木彬)のたわごと的オピニオンさん: 税理士(鈴木彬)のたわごと的オピニオン
ハンドル名税理士(鈴木彬)のたわごと的オピニオン さん
ブログタイトル税理士(鈴木彬)のたわごと的オピニオン
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/suzukiakirazeirishijimusyo
サイト紹介文個人的な感想・意見です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/10/30 10:36

税理士(鈴木彬)のたわごと的オピニオン さんのブログ記事

  • 劣化の道筋
  • どこにでも見かけられる花になったけど丈夫です。こちらも戸外で冬越ししました。今の時代は歴史の流れの中でどのように評価されるのだろうか。時の動向に論理的に批判する者は多数いた。それ以上に選挙投票率等で考えてみると無関心と言われても仕方がない者が多数いた。学識者の意見は軽んじられている。筋が通らない事を一見民主主義的と勘違いしそうな多数決という形で強引に多数の力で推し進めた。戦争を経て塗炭の思いを実経 [続きを読む]
  • 自転車漕げば汗ばむ
  • 続いてます、暑い日が。5月半ばを過ぎて夏になってしまった。もう一度くらい肌寒い日が来るのだろうかと考えても暑くて頭が回らない。サボテンはこの程度の暑さには平気だけど多肉植物的なのは一日中カンカン照りは好きではなさそう。「皐月」は半日陰の方が好きかも。「森友学園」も「加計学園」問題も国民の共有財産である国有地のまともでない処分が事実としてあったのだから徹底的に解明し国民へ事実提示をしなくては納得でき [続きを読む]
  • まだ5月なのに連続30度越え
  • 日が明けるとどんどん気温が上昇して暑いこと。「皐月」もこれじゃ暑かろうて。多肉植物はまだ大丈夫。選挙投票に行きました。でも、会場は空いていて投票率は期待薄ですね。新聞記事。国連特別報告者より、衆院委員会での現法案への強行採決関連で懸念を表明する書簡が送付されたとのこと。ちゃんと、世界は見ているのですね、今のこの国の状況が民主主義を否定する方向に走っていることを。同じく新聞記事。「・・・ナチスに協力 [続きを読む]
  • 陽射しが暑くて
  • 真夏と変わらない動けば汗が出る暑い日になりました。にごり酒は飲み安い。でも、翌朝若干ですが頭が重くなるのは飲みすぎのせいかしら。生姜に酢漬けは好物です。もちろん谷中生姜も好きですが。快晴。二日目も咲いてます。五月晴れなんて言いますが「皐月」の咲く頃は雨が多いのじゃなかったけななんて思いながら、五月晴れで尚且つ暑い日になった。私もそう思うのですが。説明が濁っていてさっぱりでしょう。民主主義がなし崩し [続きを読む]
  • いよいよ酷い
  • ドクダミは綺麗な花ですね。八重咲きや斑入り葉もあるようですがまだ画像以外では見てない。「皐月」もちらほらと。サボテン「般若」が今年はもう咲きました。やはり関東は温暖化が進んでいる感じです。宇宙で一番地球に近い星の月。それでも人間はそこにたどり着くのがやっとですから、宇宙の広さは無限と言っても間違いではないのでしょうね。宇宙の辺境はどうなって居るのか等思索するともう混沌。言論の府で審議を尽くさず数の [続きを読む]
  • 落語の中に
  • 変化しそうで不安定ながら平穏だったかな。「皐月」です。貧相ながらも咲いています。こちらは目一杯咲いています。年末に開催なのですが、とりあえず4枚ゲットしました。今回から「チケットぴあ」でも扱いますので早めに購入しました。昨年の博報堂会館での開催も満席でしたから。「落語」と同じじゃないですかね。「森友学園」問題もそうですがこの問題も徹底的に解明されなくてはこの国は疑惑だらけということでしょうね。こん [続きを読む]
  • たくさん歩いた日
  • 「ポーチュラカ」の苗を購入してあるのですが植える時間が取れずそのままに。昨日はお医者さんのはしごで歩いた歩いた。途中の「ヤマボウシ」、「エゴノキ」の緑に包まれて。「レウイシア」が咲き続けています。午前中は眼科までの約30分の歩行。そこで1時間以上待合室にいて終わってまた歩行。1時過ぎての昼食を「日高屋」さんで。これで610円です。ここの麺類等、どんどん美味しくなってきてます。きっと味や何やら改良努 [続きを読む]
  • 車を運転して
  • サボテン「短毛丸」は冬のあいだ他の草に葉に隠れていましたがその草が枯れて顔をのぞかせています。その間じっとして成長できるときに一気に育って、確実に増えています。片道40分程度走って福祉施設で決算作業を進めました。といっても事務のMさんが実務上は一番詳しくて。私と、私から手伝い依頼したKさんとは理屈(理論)上の事でアドバイスするだけでしたが、まだ終了ではありません。とりあえず組織全体の貸借等はあって [続きを読む]
  • 母の日も過ぎて
  • 曇空で雨上がりで風もなく大気が柔らかく感じた日でした。一本の薔薇の木ですが今年の春はたくさん咲いて嬉しく愛でています。読了しました。良い作品でした。満州でのソ連軍との戦いで日本軍は完膚なきまでに破れ全滅、土の中から奇跡的にソ連軍に救出された赤子の生涯を軸に構成された作品です。ニーナと名付けられ時代に揺られ苦しみながらも生き抜いた女性の物語。作者は作品の中でいろいろなことを伝えたかったのだろうと思う [続きを読む]
  • 筋力の維持を心がけて
  • 雨上がりに咲くバラです。日中はほぼ曇りの日でしたが、それはそれで人にも花にも優しくて良い感じ。「紫陽花」も少し薄暗いほうが好きなのではと感じる。筋力がすぐに減退することを感じる日々です。だからとにかく歩くことを心がけていないと。三日もさほど歩かずに室内でばかりに居るともう筋力低下を感じてしまう年代です。買い物にわざと遠いスーパーへ歩いて行きました。道沿いに咲く花々を見ながらです。この色は素晴らし [続きを読む]
  • 雨に打たれて植物も
  • 終日の雨も植物にとっては、特に私的には椿の新梢が伸びるのに大事な雨と感じてました。「紫陽花」の鉢植えを外に出して直接雨に当てて。近年少し忘れられ傾向となっている「皐月」も静かに咲いていました。新聞投稿記事。わかるな−。わかっているのにいつまでも変わらないのがどうしてか。政治家にいろいろ弄られそうな憲法の条文を少し学んでみようかななんて思った。「第九十九条  天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判 [続きを読む]
  • 朝は暑くて午後から涼しく
  • 季節の蛇行で温度が急変するこのごろです。体調管理に留意しないと。午前中は汗ばむ暑さでしたが午後から夕方にかけては幾分下がってきたかも。緑が濃い季節です。居住地域の農家の細い道沿いには柿に木がたくさん残っています。この実は小さくてとっても渋くて食用には適しません。昔この渋柿から渋を絞っていたとのことです。和紙に塗って防水や防虫の効果があったようです。でも今はすっかり使われなくななりましたが、太い幹の [続きを読む]
  • 若くないのにフル活動
  • 夏日が戻ってというか復活してしまって体がやっとこついて行っている感じすら。緑が濃くなってきました。もう少しゆっくりなのが本来良いのだろうけどこう暑くなるのが早くては植物も必死に頑張っているのかな空き地にどんどん蔓延る外来植物。この植物、頑強にて近くの植物を枯らすそうです。午前中は福祉関係の月例会。ただ、時間がかかりますので最後に40分ほどは早引きでした。戻り急いでコンビニの「鱈子スパゲッティー」を [続きを読む]
  • 戻った肌寒さ
  • 雨、曇の肌寒い日でした。そんな気温の急変でなんとも気持ちも低調な。ご近所の生垣の薔薇が咲き出しています。良い香りを漂わせてます。勤務時代の先輩が自家農園で作った「スナップエンドウ」を届けてくれました。軽く茹でて、そのままないしはマヨネーズでつまみに、野菜の甘さが口内に広がります。「教育費の無償化」で撒き餌して「9条」を変えると。あまりに論理がなく策としても常識的には使えないのではって感じますが。堂 [続きを読む]
  • アイリス・あやめ
  • 陽射しも弱く、暑さも落ち着いて、伺う予定等も決めて、さーっと久しぶりの散歩日和という感じで。「テッセン」の花弁も散り出してきました。「シャクナゲ」、「栃の花」、「桐の花」。どこか共通項があるような。「ジャーマンアイリス」と「あやめ」が所々で見られます。「矢車草」もこの季節に。この花は大好きな花です。新聞記事です。同感です。なんなのだろう、こんなにも法体系の秩序がメタメタにされている時代とは、きっと [続きを読む]
  • ノーネクタイ
  • 業務にかかる月例会に出席するのにYシャツをきて、そうだ、5月からクールビズでネクタイはいらないと気がついて、ネクタイをつけず背広を羽織って出かけました。が、半袖でも良かったくらいに暑かった。昔は今では信じられないでしょうが夏でもネクタイをして、また、してないとだらしないとか文句を言う者もいたりで、考えてみれば、そんなこと個人の自由で良いのにって今考えるとこれも常識というものの持つ一つの弊害というか [続きを読む]
  • GWも終えて
  • ゴールデンウィークがおわりました。が、勤務時代と異なって別に!って感じですが。曇勝ちでややしっとりした日でしたので旅行等で疲れた方が安息の日としてたなら良い日であったかも。我が家の「テッセン」も散り始めです。椿の毎年恒例の剪定もほぼ終わって、あとは伸びてきた新梢を上手くコントロールすることかな。新梢を見ていろいろ思いが浮かぶのです。これは多分「卜半」の実生です。来年あたりは蕾を期待してますが、実生 [続きを読む]
  • 今季2度目の剪定でクタクタ
  • バラが咲いた〜、バラが咲いた〜なんて感じで春。暑い日になりました。が午前中から2時ぐらいまでの剪定で疲れました。もう、今季はこれでほぼ終了かな。季節がジグザグで前回より新梢が10センチも伸びてしまい、その分廃棄の為のビニール袋が膨れてしまうという。植え替えはその時期を逸してしまい、こうなったら新梢がある程度固まるまではできません。もう名残の椿です。こちらも終盤へ。そうですよね。国民が提起したのでな [続きを読む]
  • 季節が一と月早いのでは
  • 暑い日になりました。図書館に行ってからまた少し剪定をしようなんて考えてましたが少し歩いただけで汗ばみ、これは無理と剪定は順延に。梅雨入り前の暑さのようでTシャツ一枚でで充分でした。図書館で借りてきた本3冊。宮本輝作品は久しぶり。以前は随分と読んだのですがその後何かフットしなくて読んでなかったのですが。「錦繍」、「花の降る午後」あたりは好きでしたが。「ツツジ」の季節です。道々で咲いている花が見られま [続きを読む]
  • ヨーグルト
  • 齢を重ねるとどうしてもそれなりに消化吸収器官も弱ってくるのでしょう。よって、補う意味で最近ヨーグルトを良く食べます。甘く調整されていないヨーグルトにブルーベリージャムを入れて良くかき混ぜて、で、結局甘いのですが。翌日の内臓の具合は良い気がします。生き物って外部から栄養となるものを取り入れて不要なものは排出する繰り返しで生命を維持しているのですね。家にいました。家族が所要で出かけると母をそのままにで [続きを読む]
  • たんぽぽに宇宙を
  • たんぽぽの綿毛の妙。自然はなんとも素晴らしいです。午後から咲き出すほったらかしの多肉植物の花。これも自然が作り出した有り様。5月3日は憲法記念日です。『「NHKスペシャル」憲法70年平和国家はこうして生まれた』をWEBでみました。敗戦後の日本の再生に平和を求める人々、その代表者の方々は検討を重ね、戦争に突き進んでいった軍国主義への猛反省から平和国家を党派を超えて希求して生まれた事が映像等を駆使して伝え [続きを読む]
  • 晴れた5月の青空に
  • 晴れの5月です。5月の花は我が家では青色のイメージに。「違いと対立を認め、それでも排除しない」との考えが好きだ。だからヘイトスピーチは嫌いです。それぞれの個性が生かされて調和する事を可能にする状況が良いのだと思うのです。圧倒的第一党と言っていますが、党内は意見が同一なのですか。もっと懐が大きかった様な気がしてましたが。夜は会合にといっても飲み会でしが、街まで歩きました。約50分ほど、汗ばむ感じでし [続きを読む]
  • 旅行会社へ
  • 天気予報では上空に寒気があり雷・突風を伴う天候の急変が予測されてました。だから良い塩梅と剪定は順延です、というか疲れたのでというところですが。ご近所の空き住宅の壁を占領した蔦にも季節の変化が伺えます。春になったと。新都心コクーン内のJTBに6月に軽井沢で結婚式を挙げる姪の祝宴に参加する為、新幹線切符やその日は現地で泊まり翌日は久しぶりに軽井沢周辺を観光予定で宿を探しに行きました。担当に当たった社 [続きを読む]
  • 剪定で疲れた
  • 「シャクナゲ」が咲き頃、見頃です。もう35年以上前に購入した鉢植えでしたが、その後植え変えたりしながら大して大きな樹にもなりませんが毎年咲いてくれます。そう、父の年回忌法事の前に購入したのだったっけ。恵まれた天候の基、椿の選定をしました。とは言っても予定分までは達成できず半分より少なめですが、それでも頑張ったのです。よって今、腰痛と右手が腱鞘炎状態と左手が攣りそう。全く軟弱ですね。切るのはそんな [続きを読む]
  • 夕方から荒れた天候に
  • ツツジ等が咲いています。明けてからは天候に恵まれた日だと思っていて、でも剪定は腰に来るからもっと体調の良い日何て言い訳して、出来る事として入力作業とかして午後は、日頃、忙しさにかまけてあまり参加できてませんがとにかく総会はという事で自治会の総会へ出かけました。「テッセン」が次々と咲いてきてます。すると急に風が吹き大粒の雨も降りすっかり荒れた天候になってしまった。自治会館の建設資金を何年か前より特別 [続きを読む]