たまころん さん プロフィール

  •  
たまころんさん: 音楽ブログ
ハンドル名たまころん さん
ブログタイトル音楽ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/joyjoy1003/
サイト紹介文クラシックと現代音楽を中心に音楽情報の紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/10/30 14:08

たまころん さんのブログ記事

  • 第2回国際芸術連盟朗読オーディションin OSAKA〜主催:国際芸術連盟
  • 2017年12月6日(水)に大阪の豊中市で「第2回国際芸術連盟朗読オーディションin OSAKA」が開かれます。東京に比べて関西では朗読会や朗読と音楽のコラボ、朗読劇などの広がりがもう一つというところなので、このオーディションを始めました。 昨年第1回が開かれましたが、最優秀新人賞受賞者が2名、漱石夢十夜賞受賞者が1名でました。今年はどのような方が応募してくるのか、とても楽しみです。 応募要項は国際芸術連盟のホームペ [続きを読む]
  • 第2回国際芸術連盟朗読オーディションin OSAKA〜主催:国際芸術連盟
  • 2017年12月6日(水)に大阪の豊中市で「第2回国際芸術連盟朗読オーディションin OSAKA」が開かれます。東京に比べて関西では朗読会や朗読と音楽のコラボ、朗読劇などの広がりがもう一つというところなので、このオーディションを始めました。 昨年第1回が開かれましたが、最優秀新人賞受賞者が2名、漱石夢十夜賞受賞者が1名でました。今年はどのような方が応募してくるのか、とても楽しみです。 応募要項は国際芸術連盟のホームペ [続きを読む]
  • 「際芸術連盟朗読オーディション in OSAKA」〜主催:国際芸術連盟
  • 2017年12月6日(水)に大阪の豊中市で「第2回国際芸術連盟朗読オーディションin OSAKA」が開かれます。東京に比べて関西では朗読会や朗読と音楽のコラボ、朗読劇などの広がりがもう一つというところなので、このオーディションを始めました。 昨年第1回が開かれましたが、最優秀新人賞受賞者が2名、漱石夢十夜賞受賞者が1名でました。今年はどのような方が応募してくるのか、とても楽しみです。 応募要項は国際芸術連盟のホームペ [続きを読む]
  • 第6回 大阪音楽コンクール〜主催:国際芸術連盟
  • 【コンクールのお知らせ】「第6回 大阪音楽コンクール」を開催いたします。応募部門:ピアノ、管楽器、弦楽器、声楽、室内楽(二重〜四重奏)、マリンバ、ジュニア(対象年齢17歳以下)...申込受付:2017/7/20(木)〜11/7(火)本選日程:2017/12/6(水)詳細は、music@jila.co.jpまでお問い合わせください。 【要項および申込書DL】http://www.jila.co.jp/contest/the6th_jila_osaka.pdf#国際芸術連盟 #JILA #コンクール #大阪 [続きを読む]
  • 国際芸術連盟朗読オーディションin OSAKA
  • 2017年12月6日(水)に大阪の豊中市で「第2回国際芸術連盟朗読オーディションin OSAKA」が開かれます。東京に比べて関西では朗読会や朗読と音楽のコラボ、朗読劇などの広がりがもう一つというところなので、このオーディションを始めました。昨年第1回が開かれましたが、最優秀新人賞受賞者が2名、漱石夢十夜賞受賞者が1名でました。今年はどのような方が応募してくるのか、とても楽しみです。応募要項は国際芸術連盟のホームペー [続きを読む]
  • 「国際芸術連盟音楽賞」受賞記念コンサート
  • 2017年7月18日(火)に渋谷の伝承ホールにて、「国際芸術連盟音楽賞」受賞記念コンサートと授賞式がありました。今回受賞されたのは星由佳子さん(メゾソプラノ)、栗原ひろみさん(ピアノ)のお二人です。お二人とも受賞にふさわしい、難易度の高い曲を見事に披露してくださいました。 映像はシューマンのクライスレリアーナを演奏する栗原ひろみさんです(下手から撮影したので、背中しか移せませんでした)。 主催・コンサートマネジ [続きを読む]
  • 「国際芸術連盟音楽賞」受賞記念コンサート
  • 2017年7月18日(火)に渋谷の伝承ホールにて、「国際芸術連盟音楽賞」受賞記念コンサートと授賞式がありました。今回受賞されたのは星由佳子さん(メゾソプラノ)、栗原ひろみさん(ピアノ)のお二人です。お二人とも受賞にふさわしい、難易度の高い曲を見事に披露してくださいました。映像はワグナーの歌曲「天使」を唄う星由佳子さんです。主催・コンサートマネジメント:国際芸術連盟 03-3356-4033www.jila.co.jp  music@jila.co. [続きを読む]