shingo さん プロフィール

  •  
shingoさん: マレーシアの今を見る! ソーシャルナビ 2017
ハンドル名shingo さん
ブログタイトルマレーシアの今を見る! ソーシャルナビ 2017
ブログURLhttp://i-socialdesign.com/
サイト紹介文マレーシアってどんな国? 生活習慣、学校、起業など現地から生の情報と調査データをお届けいたします。
自由文マレーシアってどんな国? ハラル、語学、生活習慣から起業まで、マレーシアに実際に暮らしてわかったマレーシアの今をお届けいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/10/31 10:26

shingo さんのブログ記事

  • 東京発?KL発? 出発地で変わるフライト料金
  • マレーシアではよく知られた話であるが、日本とクアラルンプール間の航空券を往復で購入する場合、クアラルンプールを出発地として購入するほうが日本を出発地とするよりも安く購入することができる。夏休みの繁忙期にはどのくらいの価格差があるのか調べてみた。同じ路線でもクアラルンプールを出発地とする方が断然安い同じ路線(東京−クアラルンプール間)のフライトではあるが、それぞれの出発地のマーケットの環境に合わせて [続きを読む]
  • GACKTさんも移住したマレーシア!移住してよかったことベスト5
  • 前々からクアラルンプールでGACKT(ガクト)さんの目撃情報はありましたが、今週の日本のテレビ番組でGACKTさんのクアラルンプールでの移住生活についてその詳細が放映されるそうです。そこで今回は番組に先立ってマレーシアに移住して特にここがよかったと思うベスト5をまとめてみました。1.住みやすい気候、花粉症にならないマレーシアに2年半住んでやっぱりその良さを感じるのは、一年中温暖な気候で過ごしやすいということ [続きを読む]
  • クアラルンプール伊勢丹で「第二回 愛媛フェア」開催中
  • 2017年2月24日からクアラルンプール伊勢丹(KLCC店)で「第二回 愛媛フェア」が開催されている。昨年の同時期、愛媛県知事やマハティール元首相などそうそうたる顔ぶれでテープカットされた愛媛フェアも今回で2回目となる。(第1回愛媛フェアの記事はこちら)マレーシアで愛媛の知名度が向上中昨年のフェア開催以降、マレーシアと愛媛のつながりは徐々に深まり、マレーシアで「EHIME」の知名度を上げてきた。たとえばマレーシア最 [続きを読む]
  • 1月〜3月のマレーシア、クアラルンプール旅行
  • 1月、つい先日までクリスマスのイルミネーションが輝いていたショッピングモールは急ピッチで旧正月の飾りつけに付け替えられて、クアラルンプールの街はまた違ったにぎわいを見せてくれる。旧正月の本番ともなれば、街の至るところで夜中に花火があがり、宿泊するホテルによってはかなり近くで花火があがり驚いたという方も多い。「Happy New Year!」マレーシアで「Happpy New Year!」と耳にするのは1月の年明けではなくて、旧正 [続きを読む]
  • [製品評価/評判] vivo、Oppo 押し寄せる中国スマホの波
  • 中国発のスマートフォンメーカーvivo(ビーボ)。聞きなれないブランドだったので、初めてクアラルンプールでvivoの広告を目にしたときは、ローカル企業が作っているコピー商品かと思ったくらいだ。しかし、いまクアラルンプールにはOppo(オッポ)など他の中国メーカーとともにvivoの広告があふれかえり、ショッピングモールなどで大量の実店舗が展開され、マレーシア市場で急速に存在感を増している。実際のところその評判はどう [続きを読む]
  • 2017年のマレーシア物価 スーパー価格の調査レポート
  • 毎年1月にクアラルンプール現地で観測している物価レポートも2017年で3回目となる。まずは2015年、2016年のブログと同じスーパーマーケットでほぼ同じ品物を購入して値段を比較してみた。多少の増減はあるものの、マレーシアなど現地で生産されている野菜や品物については昨年からあまり価格の変動がないことがわかる。2016年1月の為替レートが1リンギット=28円だったのに対し、2017年1月は1リンギット=26円で計算している [続きを読む]
  • カールスバーグ ビールのプルタブを見てわかること
  • マレーシアでは2種類のカールスバーグ(Carlsberg) ビールが流通しているようだ。一見すると違いが分からずそのまま消費してしまいそうだが、よく見るとプルタブのデザインと色が異なっている。左の缶のプルタブは緑に着色されていて、カールスバーグのロゴの一部のデザインが施されている。そして、バーコードの番号と、片方だけバーコードの下に「MDNP」という文字が書かれている。何が違うのだろうか。よく見るとプルタブのデザ [続きを読む]
  • ムスリム礼拝場所、礼拝室の作り方とイスラム礼拝用マット
  • マレーシアなどイスラム圏からムスリムのインバウンド、訪日数が急増している。しかし、ムスリムといってもなじみがない方も多く、どのように受け入れてよいのか戸惑う関係者も多いのではないだろうか。そこで、ムスリムおもなてなし術として「礼拝場所の作り方」をご紹介しておきたい。急増する訪日ムスリム インバウンド日本政府観光局(JNTO)が発表している統計データによると2016年のマレーシアからの訪日人数は約38万人で前 [続きを読む]
  • サイバージャヤで3か月間オフィス無料、MDECの新施策
  • マレーシアのICT分野で投資とビジネス進出を支援しているマレーシア・デジタル・エコノミー公社(通称:MDEC、地図)が新たな支援施策を打ち出している。それがサイバージャヤのビル一棟を丸ごとリノベーションして準備中のビジネスサポートセンターだ。2020年に向けて最終段階に踏み出すマレーシアICT産業2020年までに先進国入りを目指すマレーシアにとって、労働集約型産業から知識集約型産業へ産業構造を変革させることは国家的 [続きを読む]
  • マレーシアに抹茶(Matcha)ブーム到来!?
  • 世界各国での日本食レストランの増加、米国での健康ブーム、スターバックスで抹茶ラテの販売などにより、世界的に緑茶の取引量が増加している。ここマレーシアでも2012年以降、日本からの緑茶の輸出が年平均成長率約30%で増加しており、2015年には日本の緑茶の輸出国として世界第8位に躍り出た。マレーシアで抹茶味のキットカットが大人気キットカットはマレーシアでも大人気商品。日本限定で発売されていた抹茶味のキットカ [続きを読む]
  • 裏側から見る、ロングステイ希望国No1のマレーシア
  • 「ロングステイ希望国の第1位はマレーシア」。マレーシアを紹介される際によく使われるキャッチコピーだ。2016年4月に発表されたロングステイ財団調べ『ロングステイ希望国2015』でも1位となり、10年連続でマレーシアがトップとなった。10年もの間、連続して同じ国が選出されるとは、どのような調査なのだろうか。ロングステイ財団調べ『ロングステイ希望国2015』イベント参加者を対象としたアンケート『ロングステイ希望国2015 [続きを読む]
  • マレーシアで見つけた!変な日本語
  • 親日国、マレーシアでは日本食レストランや日本のお菓子、日本製の車などを街中で見かけます。今回はその中でもちょっと変な日本語をご紹介。まずは日本食レストランのメニューから。よく見ると色々とツッコミたくなって、メニューの内容が頭に入ってこなくなります。とりあえず「枝豆茹でたエダマメ」から「のが起動しましょう!」同じレストランのメニューです。どういうこと?もはや深みにはまってしまっています。このレストラ [続きを読む]
  • 群雄割拠のマレーシア!ECサイト市場の最前線
  • 2015年11月22日、クアラルンプールで開催されたASEAN首脳会議に東南アジア諸国連合(ASEAN)と日米中など18カ国が一堂に会し、ASEAN共同体(Asean Community)の年内発足を宣言する「クアラルンプール宣言」を採択した。そして、2015年の大みそかに宣言通りACEが発足され、域内総人口6億2000万人の市場をめぐる合戦の火ぶたが切られた。アセアンEC市場のプラットフォームを狙うトランス・コスモス「クアラルンプー [続きを読む]
  • 今年、25か所に新駅ができる街
  • アラルンプール市内から南西に15kmほどの距離にあるSHAH ALAM(シャーアラム)、Subang付近ではLRT (高架鉄道)の建設工事の最終段階となっている。マレーシアの公共輸送資産会社Prasaranaが2016年4月に発表した内容によると、延伸されるKelana Java線は2016年6月30日から開業されるということだ。このKelana Java線は同じく延伸されるAmpang線と接続される予定で、この地域だけで25か所に新駅が誕生することになる。上の写真に書か [続きを読む]
  • 2016年のマレーシア物価【クアラルンプール現地レポ】
  • 2015年の急激なリンギット安やGST(消費税)導入はマレーシア物価やクアラルンプールでの生活にどのような影響をもたらしたのだろうか。1年前の記事「物価3分の1は昔の話 2015年のマレーシア物価」で紹介した現地スーパーマーケットの現在の生鮮食品価格も交えながらクアラルンプールからレポートする。波乱のなか、歴史的なリンギット安に2015年のマレーシア通貨リンギットは波乱含みだった。原油価格の下落や米国金融政策の転換 [続きを読む]
  • 【ビジネス環境の世界番付】2015年のマレーシア世界ランキング
  • 国民1人当たりの名目GDPが1万1000ドルを超え、世界経済の影響を受けながらも堅調な経済成長を見せた2015年のマレーシア。世界の目線でマレーシアの経済環境はどのように評価されたのか、2015年中に発表された5つの経済レポートからマレーシアの今をみる。1.「Doing Business 2016 (ビジネス環境の現状)」マレーシア18位、日本34位2015年10月、世界銀行が発表した「ビジネス環境の現状2016:質と効率の評価(Doing Business 2016: [続きを読む]
  • マレーシアに進出している日系IT企業リスト
  • マレーシアに進出している日系のIT企業は、その進出時期によって大きく2つに分類することができる。1996年〜2005年の「マレーシアICT産業の幕開け期」、そして2012年〜現在までの「アプリ/Webサービス拡張期」に分けて日系のIT進出企業を取り上げてみたい。マレーシアICT産業の幕開け期1996年、クアラルンプールから車で30分ほどかかる広大な土地に造られた計画都市「サイバージャヤ」にMDeC(マルチメディア開発公社)が設立され [続きを読む]
  • マレーシアの首都「クアラルンプール」
  • ここはマレーシアの首都「クアラルンプール」マレーシアの首都クアラルンプールでランドマークでいえばペトロナス ツインタワー。約170万人の人口を抱えるクアラルンプールは今日も街の至る所で最先端の高層ビルや巨大ショッピングセンターが建築が続き、めまぐるしい進化を遂げる大都市だ。クアラルンプールの街はマレー系、中国系、インド系、そしてヨーロッパや日本など世界各地からあらゆる人種が集まり構成されている。クアラ [続きを読む]
  • マレーシアで立ち上がるプログラミング、ロボット教室
  • 2015年12月、マレーシアの サイバージャヤで開催された「ROBOT DAY 2015」。学研グループで福岡に本社をおく株式会社全教研が自社開発したプログラミング教育をマレーシアで本格的に展開するにあたり開催したイベントだった。マハティール元首相も駆けつけ、展示されたロボットやプログラミング教材を見学、オープニングセレモニーにも登壇され、ロボットやプログラムなどの技術教育を充実させていくことが将来に渡ってマレーシア [続きを読む]