hiroyuki-hayashi さん プロフィール

  •  
hiroyuki-hayashiさん: ラーンフォレスト〜教え方・コミュニケーション研修〜
ハンドル名hiroyuki-hayashi さん
ブログタイトルラーンフォレスト〜教え方・コミュニケーション研修〜
ブログURLhttp://learn-forest.com/
サイト紹介文非言語コミュニケーションやSPトランプコミュニケーション研修、大人相手の教え方研修を行っています。
自由文俳優時代の経験を活かし、企業研修講師として活動。また行政書士として「知的資産経営」を通じて中小企業の経営者へ寄り添う活動を展開。(企業価値を高める経営レポート作成支援等)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/10/31 06:36

hiroyuki-hayashi さんのブログ記事

  • 顔は口ほどに嘘をつく
  • 顔は口ほどに嘘をつく ポール・エクマン 序文  ・私の指導者であるシルバン・トムキンスは晩年、「感情はわたしたちの人生を動機付けるものである」と語った。わたしたちは肯定的な感情の体験を最大限増やし、否定的な感情の体験を最 ... [続きを読む]
  • 自分の強みを知る
  • 先日、2月に行く合宿の主催者の方とお会いする機会がありました。 いくつかの事前課題の中に、 「3分ほどの動画を撮影する」 というものがあり、その動画を見た上でお話をしたいと言ってくれた方です。 自分のビジネスについて簡単 ... [続きを読む]
  • 2016年下半期の近況報告
  • お世話になっている皆さまにお送りした、2016年下半期の近況報告メールを記しておきます。 ============= いつもお世話になっております。 ラーンフォレスト林です。 今年も残すところわずかとなりましたが、皆さま ... [続きを読む]
  • 表情分析入門
  • 表情分析入門 P.エクマン W.V.フリーセン 【2 顔にあらわれる感情表出を理解するとき、なぜまちがいが起こるのか】 <1.多重信号、多重通信システムとしての顔> ・顔は3タイプの信号を提供する。すなわち ... [続きを読む]
  • 教室における非言語的コミュニケーション
  • 教室における非言語的コミュニケーションシーン・ネイル【1章 教室の文脈】・非言語的シグナルの重要性については、二つの大きな理由があります。第一は、教室の複雑さです。(中略)25人から30人の人間をいちどきに扱わなければならないからです。・非言語的チャンネルは話し言葉よりもあいまいであり、これが非言語的シグナルの重要性の第二の理由です。(中略)非言語的コミュニケーションの曖昧さは、それ以外での方法では無 [続きを読む]
  • 採用学
  • 採用学服部泰宏【第1章 「良い採用」とは何か?】<なぜ新人が必要なのか?>・経営学の古典的研究では、集団は「緩んでいく」ことが報告されている。・組織や集団というのは、「異質な人よりも同質的な人」「価値観や考え方の違う人よりも似た人」、そして「目標の異なった人よりも共通の目標をもった人」を好む傾向があるため、時間とともにメンバーは少しづつ均質化し、当初あった良い意味での緊張感や活発なやりとりが、少し [続きを読む]
  • プロフェッショナルの条件
  • プロフェッショナルの条件P・F・ドラッカーあらためて読んでみました。勉強になります。非言語コミュニケーションの観点で、Part4「意思決定のための基礎知識」の2章「優れたコミュニケーションとは何か」を読んで気づいたことをメモしておきます。<四つの原理>・仏教の禅僧、イスラム教のスーフィ教徒、タルムードのラビの公案に、「無人の山中で木が倒れたとき、音はするか」との問いがある。(中略)誰かが音を耳にしないかぎ [続きを読む]