かかし さん プロフィール

  •  
かかしさん: ひとりぼっちのかかし
ハンドル名かかし さん
ブログタイトルひとりぼっちのかかし
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/thelonesomescarecrow/
サイト紹介文30代・フリーター・ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供905回 / 365日(平均17.4回/週) - 参加 2014/10/31 08:39

かかし さんのブログ記事

  • オリエンテーションは17時から始まる。午後に出掛けるとなるとそれまで暇である。中途半端に時間があっても困るのだ。そもそも始まる時間が遅くはないだろうか。予定では三時間ほどかかると言う。明日は朝6時から最後の出勤で帰りが遅くなるとそれこそ仕事に影響が出てしまう。こんな遅い時間にオリエンテーションを実施するなんてレストランの仕事が始まる前からレストランの印象最悪である。用事が片付かないのはストレスだ。し [続きを読む]
  • キャスティングロード
  • 東京で職を探さねばと焦っていた時にウェブ版タウンワークで見つけたのが池袋でのコールセンターの職だった。寮付きの仕事だったから例えば引っ越し計画が無くなった時でもここで仕事を貰えれば東京に住むことは可能だと思って一応応募してみた。応募先はキャスティングロードだった。それ以来キャスティングロードから毎日鬼のようにメールが届く。キャスティングロードはその名の通り人材派遣の会社らしく都内各地で仕事を見つけ [続きを読む]
  • 工場:180日目
  • 朝の入室チェックの時に退職届を貰った。僕が帰る頃の受付はお昼時で混みあうから朝のうちに貰っておきたかったのだ。受付の男性は「退職届?」と驚いていた。デザート室にはこんなに必要?ってぐらいに人がいたけどゴミ捨てに行く人はいない。僕が二往復してゴミを処理しておいた。それから従販のスイーツを受付まで運んだ。あとは釜場で釜の裏の掃除をした。ブラシが見つからなかったからスポンジを使うしかなかった。ブラシと違っ [続きを読む]
  • Home
  • 夕食のたびに東京のアパートについて仕事について母の質問攻めにあう。僕だって分からないことだらけなのだ。仕事もアパートも何一つ決まってない。だからまだ何も確定してない状態で質問されても分からないし答えられない。先のことを考えれば不安だらけなのだ。まず無事に引っ越せるのかどうか引っ越した後でやっていけるのか。フリーターという不安定な雇用形態でいつまで一人暮らしを続けられるのか。フリーターが一人暮らしな [続きを読む]
  • 物件A vs 物件B
  • 内見に行ったアパートは無職になる予定の僕では借りられないから父を申込者にして保証会社を連帯保証人にして申し込んだ。その物件Aのアパートの審査にパスした。審査なんてぱっと終わると思っていたけど時季のせいか時間がかかったみたいだ。メールのやり取りだけで意思の疎通を図ろうとしたことが間違いだったのかここまでたどり着くのにCさんとの交流がうまく図れなかったことが印象的だ。僕:「父を申込者にしたら連帯保証人を [続きを読む]
  • レストランに採用された
  • 金曜日に受けたレストランの面接では今日の午後に連絡をすると言っていた。採用でも不採用でも連絡するという破格の扱いが良いのか悪いのか謎だ。社員食堂からの長旅を終えて家に帰ってきても電話は鳴らなかった。不採用だったのは面接での挙動が不審だったからか性格テストで大ボラを吹いたのがバレたからかそれとも算数の計算を5分で8問しか解けなかったからかと考えていた。そんな時にレストランの採用担当から電話がかかって来 [続きを読む]
  • 社員食堂の登録に行って来た
  • 雨だったから行きたくなかったのだけど(笑)約束してしまったからには行くしかない。四度目ともなると時間に余裕を持たなくても狙った時間に目的駅に着くことが出来る。目的の会社まではバスで近くまで行ってその後は時間調整しながら自分で歩いた。この間と同じように会社の入口受付で食堂の採用されたことを告げた。プラカードを首から下げて食堂まで歩く。食堂に着くと入口でTさんが待っていた。僕に採用の電話をくれた人だ。Tさ [続きを読む]
  • 雨の日はいつも憂鬱
  • 朝から雨で部屋の中ですら寒い。部屋の中から外を見ていたら一人暮らしをするよりもこのまま実家に引きこもっていた方が幸せなのかもしれないと思った。引っ越しを止めればまたこっちで仕事を見つけなくてはいけないけどお金と時間の節約にはなる。雨の日に外を眺めるのが好きだ。だけど雨が降る外の世界を眺めるといつだって憂鬱な気持ちになる。本当は雨の日は家にいたい。今日だけは上京しなくてはと気持ちを奮い立たせるしかな [続きを読む]
  • 家の匂い
  • 夕食を終えて階段を上る時にふと家の匂いが懐かしい香りだと気付く。ずっと昔に嗅いだ事がある匂いだ。それは母の実家の匂いだった。たぶん古い家の匂いなのだろうと思う。僕はあの家の匂いが怖かった。家の匂いというのはその家に暮らした家族の歴史ではないだろうか。僕が知らない母や伯父や祖父母の歴史が滲み込んだ匂いが怖かった。僕の家だって建ててからもう丸25年が経っているわけだから古い家の独特な匂いがしたっておかし [続きを読む]
  • 人生の転換期
  • 人生には転換期があると思う。普通の人の場合はそれが進学・就職とか分かりやすい形で表れるものだけど僕みたいな社会とずれた人間の場合だとそういう転換期にはなかなか出会えない。僕の人生に転換期があるとしたら高校中退以前の小学校・中学校卒業とかせいぜい引っ越しぐらいだろうか。高校中退以後は完全に浮草人生で流されるまま流されてきたからそういった出来事とは無縁だった。だけど人生の転換期っていうのは自分の中で感 [続きを読む]
  • 賃貸契約申込書送信
  • 父に仕事が見つかったことを告げてアパートの申込用紙を書いてもらった。「あとで書いとく」と言うから早々に辞去したのにすぐに「書いたぞー」とお呼びがかかって慌てて取りに行った。引っ越すことになって父とまともに話すようになったけど僕が中学の頃の父とは違う人みたいだと感じる。年を取って丸くなったのかもしれない。不動産屋に今から申し込み用紙をファックスすることをメールしてから近所のコンビニで人生初のファック [続きを読む]
  • 有給休暇+退職=新しい日々
  • 明後日月曜日には事務手続きのために社員食堂に行かなくてはいけない。だから今日は上がる前にPOS室に寄って製造部部長に有給休暇のお願いをしてきた。なんとなく頼めばOK貰えそうだと思って月曜と火曜の二日間休みたいと言ってみた。部長は「この間渡さなかったっけ?」と言った。僕が「あれとは別件で」と言うと「そっか」と用紙を取って来てくれた(・・・怒ってる?)。これで元々休みの日曜日と合わせて僕は明日から日・月・火と [続きを読む]
  • 社員食堂に採用された
  • 夕焼けの中を家に帰ると5時過ぎだった。メールを確認すると社員食堂から"採用のお知らせ"が届いていた(笑)。選考に一週間かかると言っていた割には24時間以内に結果を出す素早さは謎だ。メールは今日の午前中に送られてきていた。僕がちょうど電車に乗るぐらいの時刻だ。「電話を下さい」とのことだったから5時過ぎの遅い時間だったけど電話をした。まさか明日電話するわけにはいかない。メールをくれたTさんは「ああ繋がった」と [続きを読む]
  • レストランの面接に行って来た
  • 僕が四月から住むかもしれない街へ行くのも三度目ともなると慣れてくる。面接会場までだって方向音痴の僕にしては珍しく迷うことなく辿り着いた。市民センターが面接会場だ。入口脇の利用状況市民を確認すると二階が面接会場みたいだ。広い会議室には机と椅子が並んでいて二人の男性が離れて座っていた。入口近くにいた男性のウェルカムな態度でこの人が店長だと分かった。店長に促されて奥の男性の前に座る。若い髪形をしているけ [続きを読む]
  • 勝負ユニクロコーデ
  • 今日はレストランのOPスタッフの面接だ。社員食堂ほど重要だとは思ってないけど(失礼)一応面接だから上半身はユニクロのボーダーインナーに同じくユニクロのジャケットで落ち着いた感じにしてみた。ちなみに下はユニクロのズボンを穿いている。全身ユニクロコーデでお安く済んでいる。靴だって普段履いてるスニーカーだから昨日のスーツ+革靴のフル装備よりは気が楽だ。寄り道の予定はないから10時台の電車で遅刻しない程度にのん [続きを読む]
  • 社員食堂の面接に行って来た
  • 僕が四月以降住むかもしれない街への電車の乗り継ぎも二度目となると慣れてくる。だけど面接開始時刻の2時間前に最寄り駅に着いてしまうという悲劇が起こる。バスで向かう予定を急遽キャンセルして街を散策しながら歩いて向かうことにした。のんびりしすぎたせいで面接会場には割と時間ぎりぎりに到着した。入口で首から下げる通行証を貰った。訪問理由その他を書く紙に記された僕の訪問時間は2時23分だった。メインの建物の脇に社 [続きを読む]
  • 勝負スーツ
  • バイトの面接は2時半からだけどその前に新宿に寄るから僕は前回と同じ時間に出掛ける。久しぶりにスーツを着てみたけどやっぱりスーツを着ると身が引き締まる思いだ。ネットのハウツー動画を見たり自分なりに頑張ってはみたけどネクタイは結べなかった(涙)。どうせ正面から見ればばれないだろうとホック付きのフェイクネクタイで行くことにした。勝負スーツでバイトの面接に行くのは初めてだ。スーツ効果で仕事をゲット出来るとい [続きを読む]
  • バイトの面接に何を着ていくか
  • 明日は社員食堂のバイトの面接がある。この面接が上手くいくかどうかで僕が東京へ引っ越せるかどうかが決まる。僕はバイトの面接にどんな格好で行ったらいいかいつも悩んでしまう。バイトの面接にスーツで行ったらちょっと仰々しすぎるかなと思うしだからと言ってカジュアルすぎる格好で行ったらそれはそれでダメだと思う。夏だったら半そでのポロシャツ+長ズボンでいいかなと妥協点はあるけど冬から春にかけては難しいのだ。ダウ [続きを読む]
  • ユニクロのジャケット
  • 母がユニクロのジャケットを買ってきてくれた。最初はジジくさいと思ったけど着てみると襟元がスーツっぽく割とかっこいい。ニット素材だから伸びるけど体にぴちっとフィットして体のラインが出る。もうワンサイズ上を買ってきてほしかった。母はバイトの面接はこれで行けと言っている。操られてるなあと感じる今日この頃だ。 [続きを読む]
  • リバース by 湊かなえ
  • 湊かなえの「リバース」を読んだ。【ゲスリアリティー】周りに合わせよう合わせようととして掴みどころのない広沢のキャラクターもあおいの学級委員長的性格も深瀬や古川が感じている底辺の劣等感も学生時代の階級制度あるあるである。学生時代こういう人いたよねという人間臭いキャラクターたちがいい。【ゲス推理ミス】広沢が外国に行きたがっていたという新情報によりミステリーファンの僕は現在進行形で外国に行ってるマスター [続きを読む]
  • 二連休の必要
  • 労働契約書をまだ提出していない。提出しないと四月以降工場で働けない。なんとなく三月で辞める気でいるのだ。それが僕の今の気持ちなのだ。三月いっぱいで工場を辞めるとしたらもう有給休暇を取る暇はないわけでこんなことならもっと前に有給を取っておけば良かったと後悔した。この間の内見のときだって前日に休みを貰えばあんなに疲れた状態で上京しなくて済んだのだし翌日に休みを貰えばあんなに疲れた状態で出勤しなくて済ん [続きを読む]
  • 工場:178日目
  • もう辞める気でいる仕事に行くのは普段以上に憂鬱である。入室チェックの時に受付の人から「労働契約書出してないですよね?」と聞かれて朝からびびった。そんなもの出すつもりはないのだ。デザート室に行くと割と人がいた。ゴミ捨てをやってくれるフィリピン妻や廃棄作業をしている新人のMさんや床掃除をするヨーダさんもいる。"廃棄作業をしている人がいる=やることがない"ということだ。釜場で釜の裏の掃除を始めた。気分は乗ら [続きを読む]
  • あと6日(?)
  • 今日は仕事を上がる前にPOS室で有給休暇の届けを出してきた。仕事の面接は木曜・金曜だから金曜だけ有給を貰えばいいのだけど調子に乗って水曜と金曜の二日間有給休暇を貰ってしまった。これで水・木・金と三連休なのだ。水曜日は体を休める一日にする。しっかり休んだところで木・金の面接だ。この面接が上手くいけば僕は東京へ引っ越すことが出来るのだろうか。引っ越す前に仕事を見つけろと言うから見つけたのだからこの期に及 [続きを読む]