cancan さん プロフィール

  •  
cancanさん: CanCanの気楽な一日
ハンドル名cancan さん
ブログタイトルCanCanの気楽な一日
ブログURLhttp://canpal.xsrv.jp/wp/
サイト紹介文非体育会系、基本的にツーリスト、還暦を過ぎてもなお「走」「工」「趣」三拍子揃って三流のサイクリスト。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/10/31 11:20

cancan さんのブログ記事

  • 思いつくままに「自撮りポタ」
  •  宇陀市大宇陀五津 宇陀川河畔にて 今日は「自撮り」の準備を整えて目的地も何も決めずにスタート、まずは明日香村へ。平日にも拘わらず、「かかしコンテスト」の会場となっている稲渕界隈は、観光客やアマチュアカメラマンと路上駐車の車で一杯、そろそろ彼岸花も咲き始めているのですが、そんなこんなで今日はパスして栢森へ。芋ヶ峠への入り口にはアスファルトフィニッシャが置いてありましたので、工事中の高取山林道、舗装 [続きを読む]
  • 今年の「鉄道の日記念・JR西日本乗り放題きっぷ」は
  •  秋には「青春18きっぷ」の発売はないのですが、10月14日の鉄道の日(1993年までは鉄道記念日と云われてました)を挟んだ約2週間利用できる「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」と云うのが2011年まで発売されていました、まあ秋版の「青春18きっぷ」みたいものだったのですが、2012年からは「秋の乗り放題パス」と名前を変え、価格は下がったものの1人で連続する3日間の利用と云う事になり、乗り鉄でもない限り、特に輪行サイク [続きを読む]
  • タリム侵攻に出撃中止、武装解除の巻
  • 桜井町道路元標前にて この連休は気のおけない友人たちとキャンプツーリングに出掛ける計画を愉しみにしたのですが、台風18号「タリム」が本州直撃の予報に、数日前から宮古島付近でクダを巻いていたのですが、昨晩北東に転進したのを確認して、出撃中止命令を。素晴らしいコースと愉しいメンバーに、月初の「弓削島キャンプ」の計画も中止して、予定を繰り合わせて準備に勤しんでいたのですがネェ。 asuka号に準備した装備、武 [続きを読む]
  • 二つの丹生川を遡る ②
  •  奈良県吉野郡下市町谷(旧丹生村) 丹生川河畔 県道赤滝五條線 県境の無名の峠を下ると元の西吉野村永谷、ここでは道路沿いに何段にも組まれた「はぜ場」に「はせ掛け」が行なわれています、狭い谷あいの田圃ゆえの風景です。始まったばかりですが、全てに掛かると壮観でしょうね。 R168に出て少し五條側に下り、西野トンネルの手前で旧道へ入り、先月も立ち寄った西吉野大滝へ。いつも往路ですが、今日は時間の余裕もあるので「 [続きを読む]
  • 二つの丹生川を遡る ①
  •  和歌山県橋本市北宿 丹生川河畔 国道371号線 今日は奈良県と和歌山県それぞれにある丹生(にゅう)川沿いの道を遡るサイクリングに出掛けました。「丹生川」と云う名の河川は全国に十以上もあって、「丹生」と云う地名も数多く存在しています。近畿では奈良、和歌山、滋賀、三重県に丹生川が流れていて和歌山県と滋賀県には二つの丹生川があります(厳密には和歌山県の日高川水系の丹生川(丹生ノ川)は上流域が奈良県に入っている) [続きを読む]
  • 「Selfy Photo」を更新しました。
  •  久しぶりに「Selfy Photo」(自撮り)写真集を更新しました。今年の夏はロードで走る機会が多くてなかなか三脚を持ち出す機会もなかったのですが、実際のところ真夏の炎天下に行ったり来たりするのは大変ですし、虫も多いですからねぇ。と云う訳で5月以来の更新と云う事で8月、9月の新作5枚を追加しました。 潮岬「望楼の芝」にて。 和歌山県伊都郡高野町下筒香にて、左の写真はお盆の「野迫川キャンプ」の帰途に撮影したもので [続きを読む]
  • 「かかしコンテスト 2017」其の弐
  •  昨日に続いて、今日は朝から覗いてきました。  歴代の巨大案山子、昨年は真田幸村でしたね。ところで「案山子コンテスト」の季節と云えば彼岸花ですが、何処もまだまだこれから、例年ですと来週以降になりますね、稲渕の棚田では黄色いのが一足先に。桜井への帰途、親子のローディが、しっかりハンドサインも出してくれます、大福を過ぎるまで前後を走っていましたが、これから何処へ行くのでしょうね。 過去の「かかしコンテ [続きを読む]
  • 今年の明日香村かかしコンテスト
  •  毎年恒例、明日香村稲渕の棚田で行われる「かかしコンテスト」既に展示が始まっていますので、午後から少し覗いてきました。今年で22回目を迎えるそうですが、今年のテーマは「案山子」、「かかしコンテスト」のテーマが「案山子」とは妙な話ですが、原点に立ち返ってと云う事なんでしょうか。昨年辺りから豪華と云うか手間暇を掛けた組作品が少なくなった様な気がするのですが、何かあったんでしょうかね。 と云う訳でテーマに [続きを読む]
  • 東西南北の海へ(まとめ)
  •  鉄人児玉さんの向こうは張って今年挑戦した、海の無い奈良県から東西南北の海を目指すライド、まとめです。 5月15日「東の海へ」、高見越で伊勢志摩へは毎年何度か走ってはいるのですが、今年は紀伊半島最東端となる鳥羽市国崎町の鎧崎灯台を目指しました。走行183.7キロ。 6月13日「西の海へ」、距離的には一番近い西の海ですが、紀の川沿いに西進し淡輪のローディ御用達のカフェ「ゆる風」経由で和歌山市加太の田倉崎を目 [続きを読む]
  • 津風呂湖畔から東吉野へ
  • 津風呂湖畔木の子広場 弓削島行きを中止したのでスケジュールがぽっかり空いてしまった週末。近場で走ろうと思い付くのはやはり「月例」「定番」の東吉野、T御大に声を掛け、Facebookで告知したら4040のYさんが釣れてしまいました。明日香村セブイレ9時と遅めのスタートですが、T御大から出るなりパンク、「遅れる」との報。 とにかく面子が揃った処で出発し芋へ、明日香村のチネリ怪人vivvaさんは家の前で草むしりしてはります [続きを読む]
  • 2017年9月の実績
  • 津風呂湖畔木の子広場 弓削島行きを中止したのでスケジュールがぽっかり空いてしまった週末。近場で走ろうと思い付くのはやはり「月例」「定番」の東吉野、T御大に声を掛け、Facebookで告知したら4040のYさんが釣れてしまいました。明日香村セブイレ9時と遅めのスタートですが、T御大から出るなりパンク、「遅れる」との報。 とにかく面子が揃った処で出発し芋へ、明日香村のチネリ怪人vivvaさんは家の前で草むしりしてはります [続きを読む]
  • 「南の海へ」205.3キロ ②
  • 和歌山県東牟婁郡串本町 橋杭岩にて 予定通りと云うか12時過ぎには熊野本宮に到着。七色高架橋を下り本宮道路を始めて走りましたが、従来熊野川が蛇行していた部分を3つのトンネルと2つの橋で一気に貫いてしまいますから、楽には楽ですが味も素っ気もありません、一昨年10月同様、北向きに走る時はやはり旧道かな。なお本宮道路を走ると道の駅「奥熊野古道ほんぐう」はパスしてしまいます。本宮の鳥居の前で十津川で買った「めは [続きを読む]
  • 南紀 滝の拝から小匠ダム
  • 和歌山県東牟婁郡串本町潮岬「望楼の芝」 少々蒸せたのものの風があったので快適に過ごせました。インナーがオールメッシュのこのテント、夏期平地限定の快適ギアです、まだ風雨に曝されていないので、その辺りの性能はまだ判りませんが。 クロネコヤマトの荷受開始が8時からなので、日頃早くから走り出しているので、しまったなと思ったのですが、コーヒーを沸かしテントを撤収し、せっかくですので「望楼の芝」で「自撮り」と [続きを読む]
  • 「南の海へ」205.3キロ ①
  • 和歌山県東牟婁郡串本町 潮岬 東西南北の海を目指すツーリング、asuka号にするか、東西北と走ったErbaロードにするか二転三転、悩んだ挙句に結局はasuka号で行く事にしたのですが、フロントサイドはやめて、テントにマットと最小限のキャンプ道具だけをリュックに詰めて、串本のクロネコヤマトに営業所留めで送っておきました。帰りの時間を気にしながら走り、トンボ帰りの輪行をしなくても良いとは云え、200キロ余りを走り営業所 [続きを読む]
  • 「南の海へ」さて、どうしたものか
  •  海のない奈良から東西南北の海を目指すライド、残るは「南の海」行き先は和歌山県串本町の潮岬、本州最南端でもある訳です。さて今週末の27日(日)に行く事に決めたのですが、潮岬へは過去何度も行っているものの、一日で潮岬まで走った事はありません。新宮までは同様に何度も行っているのですが、その先潮岬までの約50キロは、海岸沿いに交通量の多いR42を走らなけらばならない事、桜井まで日帰りとなると串本駅が1843発のくろ [続きを読む]
  • 北の海へ Part.Ⅱ
  • 福井県小浜市 小浜公園にて 東の海へ「鳥羽市鎧崎」、西の海へ「和歌山市加太」、北の海へ「宮津市由良海岸」に続いて南の海へとなる処なんですが、5月にNちゃんと行った「北陸本線廃線跡と河野しおかぜライン」の時に話題になった京都市街を車と信号に煩わされずに通過するルート。元より京都市内に土地勘のない私は、自転車道を嵐山まで走り、そこから北上する事はあっても、車の多い京都市街を走り抜けて鞍馬や大原方面に向か [続きを読む]
  • 野迫川キャンプ(1日目)
  • 奈良県吉野郡野迫川村 高野辻にて 昨年は「十津川〜龍神キャンプツーリング」で盛り上がったお盆のキャンプですが、今年は話しがまとまらないまま8月に、一人で出掛けても構わないのですが、格段のお盆休みがある訳でもなし人出が多くクソ暑いだけの何もこの時期にね、とか考えていた処にH夫妻が13〜14日に1泊2日で野迫川に行くとの事、そこへD女史が高野山と野迫川へ宿坊や立里荒神の参籠所を利用して行くとの事で、13〜14日だけ [続きを読む]
  • 野迫川キャンプ(2日目)
  • 和歌山県伊都郡高野町下筒香にて キャンプの朝は早いです、昨夜は寝不足とあって早々にダウンしてしまったのですが。Dさん達は結構遅くまで盛り上がってた様でして、何やら肴にされてた様な、テント越しに聴こえてきた会話の断片が記憶に…. 野迫川村は人が暮らしている処はすべて標高600m以上ありますし、この「アドベンチャーランド」も647mの標高点が記されています。昨夏手に入れたインナーがオールメッシュのこのテントでは [続きを読む]
  • ちょっと芋まで
  • 奈良県道15号桜井明日香吉野線 週末の野迫川キャンプに備えてasuka号のチェーンとスプロケットを交換、試運転がてら芋ヶ峠まで往復してきました。実はasuka号にはCS-HG400 9S 11-28T(11,12,13,14,16,18,21,24,28)のスプロケットを付けてあったのですが、先月の「猪名川キャンプツーリング」の折りに最後の登りに恐れをなしてお蔵入りしていた11〜34Tに換装したのですが、調子が悪くロー側2枚が使えず仕舞い、11-28Tに戻したものの [続きを読む]
  • RRCB 大和高原早朝ラン
  •  RRCB(Restoring and Riding Classic Bicycles)の夏の恒例行事「大和高原早朝ラン」に参加してきました。と云っても仕事の都合で針テラス(名阪国道針I.C.)7時の集合にはとても間に合わないのですが、先々週の「ヴィンテージレーサー観賞会」、先週の「奥千丈林道」とRRCBの行事に参加できなかったので、頑張ってコースを逆回りして迎撃、合流する事にしました。ところで「大和高原早朝ラン」いつごろから始まったのでしょうね、真 [続きを読む]
  • 2017年8月の実績
  •  今月の走行1,033.7キロ、2017年累計5,960.2キロ、延陽伯号(片倉シルク グロワール24)の出番は無かったです、この季節小径車でポタリングなんて気分にもなれませんよね、ロードで爽快に走るしか… 高野山と倉敷→弓削島、桜井→丹後由良で100キロ超えが3回。 何か周期的に上下している様なんですが、体脂肪率が10%台に。 ←「日本ブログ村」ブログランキングの参加しています、応援の をお願い致します。 [続きを読む]
  • 北の海へセンチュリーラン
  • 京都府宮津市 丹後由良海水浴場 6月の東の海(鳥羽市鎧崎)、西の海(和歌山市加太)に続いて北の海を目指します。関西から北の海へのライドと云うとコースは様々ですが若狭小浜辺りを目指す人が多い中、そこはその天の邪鬼な私の事ですから、狙ったのは天橋立、あわよくば近畿最北端の経ヶ岬も狙えるのではと線を引いてみたのですが、さすがにこれには無理がありそうな。さてコースは上街道から奈良阪を経て嵐山八幡木津自転車道を走 [続きを読む]
  • 今月の東吉野サイク
  • 奈良県道221号小村木津(おむらこつ)線 ここ何年か毎月の様に走っている東吉野村ですが、GWの「11th月うさぎキャンプ」以来間が開いてしまったので、格段の予定もなかった今日、芋ヶ峠〜吉野川〜高見川河畔〜一谷峠といつものコースで走る事に。LINEでつっちーさんが芋ヶ峠〜三茶屋(みちゃや)〜大峠と走ると云う事ですので、少しだけでもご一緒して貰おうと芋ヶ峠へ急ぎます。 栢森(かやのもり)から25分弱で芋ヶ峠へ、待って貰っ [続きを読む]
  • 「しまなみキャンプライド」3日目
  • 弓削島 松原海水浴場 「シクロツーリズムしまなみ」主催の「しまなみキャンプライド」は1泊2日で昨日終了、今治の「シクロの家」に向かった一行は無事に到着したとの事。3日目の今日は我々二人の番外編と云う事になります、と云っても弓削島を撤収して帰途に就くだけなのです、K氏は今夜は尾道のゲストハウス泊と云う事で尾道へ、私も今日尾道から輪行で帰途に就くのですが、当初2泊目は見近島でキャンプの予定でしたので、荷物を [続きを読む]
  • 「しまなみキャンプライド」2日目
  • 「ゆめしま海道」弓削島大橋 弓削島の朝。例によって明るくなりだす頃には自然に眼が醒めます、風がなかったので少々蒸せましたが、昨夏の「龍神〜十津川キャンプツーリング」の折に用意した中華ブランドの安テント、インナーが全てメッシュになっているお陰で快適に過ごせました。まだ風雨に晒された事がないので判りませんが、重いMOSSの事を考えると夏の低地キャンプはこれで充分です。用を足しがてらカメラを持って海岸へ。  [続きを読む]