そのままガーデン さん プロフィール

  •  
そのままガーデンさん: そのままガーデン
ハンドル名そのままガーデン さん
ブログタイトルそのままガーデン
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/skmrx243
サイト紹介文雑草を生かして、自然そのままの庭を作りたい。 工房WOOGA(うーが)の手作り椅子も紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/10/31 14:31

そのままガーデン さんのブログ記事

  • ジューンベリー
  • 4月27日 季語 種撒(たねまき)今年はジューンベリーの花がたくさん咲きました。実もたくさんなるかしら。清楚な花です。桜、まだ咲いています。葉が出て花との対比が美しいです。そろそろ見納めです。カエデの葉が開きました。シャクナゲが咲きました。 [続きを読む]
  • 若葉 2
  • 4月26日 季語 春愁(しゅんしゅう)「春愁」とはなんとなく気持ちがふさいで、物思いにふけることだそうです。ありますよね、そういうこと。なんだかやんなちゃうなぁと、どよ〜ん。理由ははっきりしない、どよ〜ん。どよ〜んとしてるように見えなくもない。カエデの若葉です。この時期を過ぎるとシャキッとします。幹から出てる若葉はミドリサクラ。カジ楓です。若葉は赤みを帯びています。梅の若葉です。これから実 [続きを読む]
  • 若葉
  • 4月25日 季語 花水木(はなみずき)穀雨 次候 霜止出苗(しもやんでなえいずる)地上の穀物に実りをもたらす雨が降り注ぐ雉が前庭の石の上に。番犬ではなく、番鳥です。お隣に巣があるらしく、たびたび姿を見ます。姿勢がよく、見張ってくれているようでしょう?稲作前の田に水が入りました。風で波がたちキラキラ。若葉が美しい季節になりました。これは、コナラの葉。蝋梅の葉。柿です。柿若葉は、俳句の季語です。春の恵 [続きを読む]
  • 部屋の模様替え
  • 4月24日 季語 鞦韆(しゅうせん)鞦韆は、ぶらんこのこと。ふらここともいうそうです。ふらここ、可愛らしい響きです。 一枚残った大谷石を暖炉の前に敷きました。暖炉に薪をくべるとき、火が飛んで床を傷めないように。リビングの模様替えをしました。掃除は好きではないけれど、模様替えは大好き。色々考えて動かしてみます。ハンガー椅子を置きました。新しい緑の葉を見る位置に椅子を置きました。ギター椅子はこ [続きを読む]
  • バーベキュースペース 完成
  • 4月23日 季語 亀鳴く今日は晴天。バーベキュースペース作りをしました。手前の棒のようなもので、水平を図り砂の高さを決めます。高さを調整したら、煉瓦で砂をおします。大谷石のブロックを敷いていきます。昨日決めた置き方とは変えました。自分でやるから自由自在に。長さが足りない所には、コンクリートを流して石やビー玉で飾りを入れます。←孫たちと一緒に。石を敷くのは終りました。砂を撒いて箒で石の間に入 [続きを読む]
  • バーベキュースペースを作る  その2
  • 4月22日 季語 春眠(しゅんみん)昨日下見に行き、今日は大谷石を買いに行きました。職人さんが説明してくれました。大谷石の黒い部分を「みそ」と呼ぶそうです。みそを嫌う人もいるけれど、天然物だからそれが味にもなる。壁面に使う建築家もいます。グリーンを帯びた色が素敵だと思いました。水分を含んでいるからグリーン色で、徐々に色が抜け白くなるそうです。予算は5000円と決めて家を出たけれど、こんなに買ってしま [続きを読む]
  • 光効果
  • 4月21日 季語 葱坊主(ねぎぼうず)光があたると景色が変わります。光のデザイン。築32年。光が当たって、米松の天井は変色しました。時が経つといい色になるから、と設計の方が言いました。夕日に照らされているウグイスカズラ。菫が敷石の間で咲いています。小さな菫。ナズナ。可愛らしく、はかなげで、守ってあげたい。 [続きを読む]
  • 今年も
  • 4月20日 季語 穀雨(こくう)穀雨(こくう)初候 葭始生(あしはじめてしょうず)地上の穀物に実りをもたらす雨が降り注ぐ今年も燕が巣に戻ってきました。山桜、葉が開くと花が咲きます。フッキソウが咲きました。ジューンベリー、花芽が出ました。今年も花が見られます。ガーデンテーブルを置く場所にレンガ風のブロックを置いてみました。砕石を敷いて高さを合わせるか、全て大谷石で敷いた方がいいような。大谷石のアウ [続きを読む]
  • この芽、何の芽  その2
  • 4月19日 季語 春日傘(はるひがさ)今日は風が強い日でした。そのままガーデンには、次々と新しい芽が。吾亦紅。今年も排水の水玉が見られます。スズランの目の中にあるのは、ナツメです。蘖(ひこばえ)です。怪しげな集団。シダです。陽当たりのいい場所のシダ。オルレアです。去年と違う場所に芽吹きました。連休には白い花が見られるかな。ヤマブキ、一番花。ヤシオツツジ、満開です。 [続きを読む]
  • この芽、何の芽?
  • 4月17日 季語 木蓮(モクレン)木蓮は、恐竜が全盛期の白亜紀から存在していた地球で最古の花木といわれています。私が住む地域では今が満開です。やっと小さな葉が見られようになりました。山椒です。明日は咲くかな。山吹です。去年の暮れ、ばっさり剪定した紫陽花です。ブルーベリーです。幹から出ている葉。桂です。桜満開です。 [続きを読む]
  • バーベキュスペースを作る  その1
  • 4月16日 季語 蝌蚪(かと)清明 次候 虹始見(にじはじめてあらわる)雨上がりに綺麗な虹を見ることができるのもこの時期から昨日、庭にテーブルを作るための場所を決めました。今日は、15センチ土を掘りました。石が出てきました。どこかに利用したいなぁ。250×280です。砕石を敷きます。20キロを12袋、2376円。砕石を敷きました。この木を使って砕石を押しました。今日はここまで。夫が頑張ってくれました。私は職人さん( [続きを読む]
  • 部屋の模様替え
  • 4月15日 季語 百千鳥(ももちどり)今朝は、鳥のさえずりで目が覚めました。百千鳥とは、何十種類もの鳥がさえずり、春の到来を喜んでいるかのような様子のことだそうです。二階のリビングの模様替えをしました。ソファーの位置を変えポスターを飾りました。春夏はこの配置で過ごします。冬の間使わなかった庭の小さな部屋。荷物を移動して掃除しました。すっきり。暖かくなるとやる気が出ます。SARA TABLE の設置準 [続きを読む]
  • ミドリ桜
  • 4月14日 季語 春の宵(はるのよい)庭の桜二種が五部咲きになりました。ミドリ桜。白い花びらと薄緑のがくが美しい桜です。ソメイヨシノ。桜色と言えば、この色が浮かびます。ミドリ桜とソメイヨシノの後に、山桜と牡丹桜が咲きます。桜に似たこの花は、プラムの花。もうすぐ満開です。お隣のプラムの花が満開になると、工房の窓はプラム色に染まります。蕗の薹、花が咲きそうです。次々と花が咲いて、うきうきします [続きを読む]
  • 雪柳
  • 4月13日 季語 朧月(おぼろつき)雪柳が満開になりました。今日は冷たい風が吹きました。風で花びらが落ちていきます。愛犬の思い出に買った陶器の犬。雪柳の下にいます。カタクリ、ひっそりと咲いていました。白のカタクリは、今年は咲きません。大きな石に咲く、すみれ。石を梅の花びらが飾っています。 [続きを読む]
  • 榊の花
  • 4月12日 季語 遅日(ちじつ)遅日は、日暮れが遅くなったと感じることだそうです。明るい時間が増えて、部屋の模様替えが楽しい季節です。榊の花が満開です。花の下に立つと、蜜蜂の羽音が賑やかです。葉の下に咲くので、あまり目立ちません。この図面の実際の庭は。枯葉より緑が多くなりました。ヒメオドリコソウ、ナズナが咲いています。エイザンスミレも枯葉の中に咲いています。図面のこの場所は。神社があ [続きを読む]
  • 今までとこれから
  • 4月11日 季語 花衣(はなごろも)これからの庭の計画は、のんびりゆっくり。7年前は、若かったし収入もあったので体力が必要なこと、お金がかかることができました。次のスッテプは、気の向くままのんびりと。7年前にまずきれいにしたのは、この場所。Daisy gardenです。ディジーは、飼っていたゴールデンリトリバーの名前。この場所はディジーが好きだった場所です。私が通った高校への線路下に敷いてあった枕木を立て [続きを読む]
  • 設計図
  • 4月10日 季語 花筵(はなむしろ)≪清明≫次候 鴻鴈化(こうがんかえる)冬を過ごした鴈が北国へと去っていきます。7年前敷地内をきれいにしようと思ったとき、夫に敷地の図面を鉛筆で書いてもらいました。2016年末までの計画を二人で立てました。計画は終りました。次のスッテプへ。色を付けてもらいました。我が家の敷地の鳥瞰図。奥に長い敷地です。この図面をもとに、これからどうするか考えます。それぞれの場所に名前を付 [続きを読む]
  • お昼の献立は
  • 4月9日 季語 花冷え(はなびえ)雨の日曜日、何をしましたか?孫娘たちからのプレゼントを使いたくてお昼の献立を決めました。お手紙付きのプレゼント。中身は....スプーンとフォークのセットでした。冷蔵庫にある物でキーマカレー作りました。カレールーが足りなくて、ビーフシチューとハヤシライスのルーを投入。カレー粉とナンプラーを入れました。おいしい。まごたちの顔が浮かぶもの大好きなエイザンスミレが咲きま [続きを読む]
  • ウグイスカズラ
  • 4月8日 季語 仏生会(ぶっしょうえ)間違っていました。初夏に赤く熟した実をつけるから、茱萸(ぐみ)だと思っていました。正しくは、ウグイスカグラ。鶯の鳴くころに咲くからだそうです。この花が咲き始めたころ、鶯も鳴き始めました。モンキチョウが水仙の蜜を吸っています。雨だからなのか、蜜を吸うのに真剣だからか、近づいても飛び立ちませんでした。雪柳が咲きました。タネツケバナ、茎が伸びて風に揺れます。 [続きを読む]
  • 四月の買い物
  • 4月7日 季語 花曇(はなぐもり)今日は雨。雨の日、DVDで映画を観るのが好きです。TSUTAYAディスカスを利用しています。先日ディスクを入れると、読み取れないとメッセージ。DVDが悪いとTSUTAYAさんに再送をお願いしました。ところが、壊れていたのはDVDプレイヤー。TSUTAYAさん、ごめんなさい。二十一年お世話になったソニーの機種に、さようなら。パイオニア製ブルーレイレコーダーを買いました。ヨドバシドットコムでお手 [続きを読む]
  • 朝露に遊ぶ
  • 4月6日 季語 麗らか(うららか)麗らかはすべてのものが春光に包まれ、明るくのどかな様子だそう。麗らかな一日、どんな一日でしたか?私の一日は、朝露に遊ぶ雑草を撮ることから始まりました。わぁ。きれい。五時半、外は明るいです。お見事な丸模様。草間彌生さんのアートのよう。枯葉を見ていると、竹を揺らす音が。風ではなく、竹を踏んでいるような気配です。この中にタヌキがいました。遠くから見ていると、く [続きを読む]
  • バナナムシ
  • 4月5日 季語 清明(せいめい)この春初めて、ウグイスの鳴き声を聞きました。今年は最初から上手く鳴きました。蝶も飛んでいます。春ですね。バナナムシも飛び出しました。カタクリの花、満開です。椿も咲いています。落ちた場所には、枯葉があります。 [続きを読む]
  • まご旅
  • 4月4日 季語 長閑(のどか)≪清明≫初候 玄鳥至(つばめきたる)春の暖かな日差しの中、天地万物が清らかな明るさに輝く。青春18切符を使って、孫と旅行しました。行先は伊豆熱川。パパとママから離れて泊りの旅は二回目です。グリーン車に乗りました。ホテルに荷物を預けて、お昼は、海老と野菜の天丼。歩いて、ワクワク体験へ。キャンドル作りです。好きな色の砂を入れて、貝や魚を飾ります。今度小学一年生と四年生になる [続きを読む]
  • 三月の俳句
  • 4月3日 季語 菜種梅雨(なたねづゆ)今日、三月の句報が届きました。今月は三句とも選んでいただけました。嬉しいです。蘖や光に遊ぶ枝ひとつ        特選句 1点初蝶やためらうように飛び立てリ   特選句 1点、2点春の雨青い表紙の本届く       特選句 1点植物園の壁一面に咲いていた花です。多肉植物だと思うのですが、名前は分かりません。 [続きを読む]