Swallowtail Beverage Unit さん プロフィール

  •  
Swallowtail Beverage Unitさん: Swallowtail Beverage Unit Diary
ハンドル名Swallowtail Beverage Unit さん
ブログタイトルSwallowtail Beverage Unit Diary
ブログURLhttp://ameblo.jp/wine-cocktail/
サイト紹介文執事喫茶Swallowtailの使用人で構成された飲料のプロフェッショナルユニット。
自由文-- Beverage Unit Room --

http://www.butlers-cafe.jp/beverage/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供506回 / 365日(平均9.7回/週) - 参加 2014/10/31 14:42

Swallowtail Beverage Unit さんのブログ記事

  • 朝の一枚20170326
  • お嬢様、おぼっちゃま、おはようございます。豪徳寺でございます。冷たい雨の中、本邸裏庭の桜が開きました。本日は暖かくなされてお出かけくださいませ。お気をつけて。豪徳寺お嬢様、1日1回お散歩(下の漆黒のボタンもしくは MURA の文字をClick)していただけると嬉しゅうございます。MURA [続きを読む]
  • ティーサロンにて20170325
  • お嬢様、おぼっちゃま、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。本日もお早いお帰りに感謝申し上げます。11周年記念スコーンギフトBOX につきましてお知らせいたします。ご好評につきまして残り少なくなってまいりました。終了の際には何卒ご容赦のほどよろしくお願いいたします。今宵は久しぶりに赤ワインのデカンタージュをさせていただきましたが、閉じていたワインが一気に開いてゆく様子が伝わってまいりました。このたびのワ [続きを読む]
  • 執務室にて20170325
  • お嬢様、おぼっちゃま、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。今宵も更けて参りました。お休み前に恐縮でございます。ティーサロンは無事11周年を迎え、いよいよ12年目に入りました。お嬢様、おぼっちゃま、奥様、旦那様のご支援の下、本日が迎えられましたこと感謝申し上げます。本邸、ティーサロン、執事歌劇団、そして Beverage Unit 、それぞれが違うベクトルで進むべきか、できうる限りの融合・和合を模索し新たな形を成す [続きを読む]
  • 朝の一枚20170324
  • お嬢様、おぼっちゃま、おはようございます。豪徳寺でございます。言葉では表現いたしかねます。豪徳寺お嬢様、1日1回お散歩(下の漆黒のボタンもしくは MURA の文字をClick)していただけると嬉しゅうございます。MURA [続きを読む]
  • ティーサロンにて20170323
  • お嬢様、おぼっちゃま、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。本日は少々寒さが和らいだようでございますね。お元気でいらっしゃいますでしょうか。さて今宵は藤原君が何やらティーカップを持ち込んでまいりました。お嬢様のためのカップでございましょうか。明日確認してみることに致しましょう。昨夜新しいワインもカーヴに届いておりますが、お披露目できるのはまだ先になりそうでございます。まだまだワインも疲れております [続きを読む]
  • 執務室にて20170322
  • お嬢様、おぼっちゃま、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。冷え込んでまいりました。お元気でいらっしゃいますでしょうか。幼少の頃、寒い夜に日本酒ベースの玉子酒を祖母に作っていただいたことを思い出しました。もちろんアルコール分は半分くらい飛んでいるのですが、体の芯から暖まって子供ながらに幸せな気分になっておりました。懐かしい冬の思い出の一つでございます。実はカーヴの奥に獺祭が眠っております。玉子酒、 [続きを読む]
  • ティーサロンにて20170321
  • お嬢様、おぼっちゃま、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。あめふりやまずはるまだとおし。11周年記念スコーンBOXでございますが、赤のお箱が終了となったようでございます。青のお箱のみのご提供とはなりますが、すべてこの期間限定のスコーンでございますのでぜひご賞味くださいませ。このところ春にふさわしいワインを探しておりますが、フランスから少し離れても良いかもしれぬと思い始めております。イタリアの南部やポ [続きを読む]
  • 執務室にて20170320
  • お嬢様、おぼっちゃま、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。本日は春分でございました。終日ティーサロンに居りましたので外の気温はわかりませんでしたが、少し暖かかったようでございますね。そろそろブルゴーニュ地方の街道沿いの畑は一面黄色と緑に覆われます。ディジョンには有名なマイユというマスタードのメゾンがございます。さようでございます、黄色の正体はマスタードでございます。昨年、TGVから撮影した画像でご [続きを読む]
  • 執務室にて20170319
  • お嬢様、おぼっちゃま、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。夜も更けて参りました。夜分に失礼いたします。先ほどティーサロンを抜け、本邸裏庭の桜の木々を見ておりましたら蕾がずいぶん膨らんでおりました。ワインは職務上たくさんいただきますが、甘味は他のどの使用人よりも頂いているような気がいたします。明日のデザートは牡丹餅に致しましょう。日本酒とも相性が良さそうでございますね。それでは、お嬢様はお早めにお [続きを読む]
  • 日誌20170318
  • 少し前の話なってしまうのですが何かと話題のララランドを私も拝見致しました。結論から申し上げますと「すさまじかった」です。映画という観点では司馬執事や杉村、胡桃沢のほうが詳しいでしょうし、役者、ミュージカル、音楽に関しては歌劇団の者のほうが一日の長がございましょう。嘉島執事や藤堂執事も素晴らしい見識をもっております。私も内容に引き込まれつつも(これは私のために作られた映画ではないな、自分よりももっと [続きを読む]
  • お散歩20170317
  • お嬢様、おぼっちゃま、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。少し暖かい一日でございました。今月、散歩ができるのは最後かもしれませんのでリバーサイドへ足を運んでみました。こちらは時折寄らせていただいております。ゴルゴンゾーラチーズの風味豊かなペンネグラタンでございます。デザートにショコラとバナナのムースケーキを頂きました。見た目よりも複雑な味わいでございました。有名な場所でございますね。清らかな空気 [続きを読む]
  • 執務室にて20170316
  • お嬢様、おぼっちゃま、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。少し暖かさを感じる一日ではございましたが、夜はまだ冬の様相でございますね。先ほど本邸敷地内を散歩しておりましたら、桜の蕾が少し膨らみかけているのを発見いたしました。水瀬くん、本日はお疲れ様でした。執事歌劇団の日誌では紅茶の資格についてお話しされていましたが、ソムリエの資格試験につきましても出願が始まっております。受験する使用人は早めに申し [続きを読む]
  • 執務室にて20170315
  • お嬢様、おぼっちゃま、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。本日は寒い一日でございました。お風邪など召されてはおられませんでしょうか。雨が降りますとあの物質も飛散量は少々減るようでございます。先日お知らせいたしましたアニバーサリー期間のお手土産メニューの詳細を記載いたしましょう。Swallowtail 11周年記念スコーンBOXBOXの中のスコーンは下記の5種類が入っております。チョコチップ&チェリーチョコチップと爽 [続きを読む]
  • 夜の一枚20170314
  • 姫様、殿下、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。今宵もフットマンたちは練習に励んでおります。※藤原先生指導の下、緑川、黒崎、杉村、綾瀬、平山が特訓中でございます。今年は少しだけ原点回帰しておりますので、以前のお重を知らないフットマンにはしっかりと教えなければなりませんね。豪徳寺お嬢様、1日1回お散歩(下の漆黒のボタンもしくは MURA の文字をClick)していただけると嬉しゅうございます。MURA [続きを読む]
  • 執務室にて20170313
  • 姫様、殿下、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。今宵も少々冷えておりますね。お変わりございませんでしょうか。本日、大旦那様よりアニバーサリー期間におきまして Menu emporter もご用意させていただくお許しを頂きました。詳細は諏訪野執事よりご案内がございますので今しばらくお待ちくださいませ。イタリアワイン、ゲンメの次に何かを取り寄せるつもりでおりますが、人気のトスカーナよりもピエモンテワインに落ち着き [続きを読む]
  • ティーサロンにて20170312
  • 姫様、殿下、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。今宵も冷え込んでまいりました。お変わりございませんでしょうか。大旦那様、明朝次の一手を進めさせていただきますよ。さて、現在ご提供させていただいております Macon villages でございますが、お味はいかがでございましたでしょうか。私も久しぶりにバランスよくまとまったマコンのワインに出会えた気がいたしました。昔ながらのマコン・ワインのスタンダードスタイルは、 [続きを読む]
  • 執務室にて20170311
  • 姫様、殿下、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。夜も更けて参りました。お休み前に恐縮でございますが、青木シェフより言付かっておりますのでお知らせいたします。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【 アニバーサリー期間のアレルギー等のご対応につきまして 】「お召し上がりいただくすべてのお嬢様にできる限りのご対応はさせていただきたい。」というところが大前提ではございますが、この期間はご用意させていただいている食材にも [続きを読む]
  • 朝の一枚20170311
  • 姫様、殿下、おはようございます。豪徳寺でございます。本日も良い日和でございますね。この子たちも元気でございます。échecs次の一手が中々思いつかず、諏訪野執事に伺っても手詰まり。大旦那様はさすがに想像以上でございます。さて、これだけ良い日和でございますとあの物質もたくさん舞っております。私もマスク着用で出かけることにいたします。姫様も十分にお気を付けくださいませ。お早いご帰宅、お待ち申し上げておりま [続きを読む]
  • お嬢様へ
  • 御機嫌麗しゅう御座います。天河で御座います。さて、本日はお嬢様に捧げたいカクテルが御座います。オリジナルでカクテルをご用意させて頂くのは暫く難しそうで御座いますから。恥ずかしながらお嬢様への想いを込めたもので御座います。これを飲んでお嬢様が笑顔になってくださいますように。実際お飲み頂けるのは先になりますが、約束致しましょう。いつの日か必ず、お嬢様にこのカクテルをご用意致します。私とお嬢様との、約束 [続きを読む]
  • お散歩20170309
  • 姫様、殿下、おはようございます。豪徳寺でございます。本日も良き日和でございますね。お変わりございませんでしょうか。少々遠出をしております。今回もこの同じ日誌ページにて更新致します。時折 もしくは F5 を押していただくと追加される場合がございます。お手数ですがよろしくお願い致します。10:00夢の国には入国致しません。11:00目的地に到着致しました。無性に海を見たくなりまして。やはりまだ冷たいですね。貝合わせ [続きを読む]
  • ティーサロンにて20170308
  • 姫様、殿下、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。良い日和でございます。ではございますが、何かが飛散しております。マスクはお忘れなくお出かけくださいませ。本日もティーサロンでは若手フットマンたちを育成中でございます。いつまでもこの緊張感を持ってお給仕していただきたいものでございます。「徹底的に厳しく地の底まで自身を追い詰めろ」と私は師匠より教わりましたが、ソムリエとして職務上では非常に大切で有効な [続きを読む]
  • おすすめワインにつきまして2017年3月(2)
  • 姫様、殿下、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。おすすめワインにつきましてお知らせいたします。おすすめ白ワイン・マコン シャルドネ 2015レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォンフランス・ブルゴーニュ 辛口※ブルゴーニュ地方マコネ地区で造られるヴィラージュクラスの白ワインでございます。マコンらしいふくよかさとしっかりとした高級感もある辛口白ワインでございます。・グラーハー ドムプロプスト シュペ [続きを読む]
  • 日誌20170306
  • 風が強い日が続いておりますね。三寒四温とは申しましてもまだまだ寒さのほうが優勢のようです。ただ、そのようななかでも外を歩くたびに春の花々がみられ息吹が感じられるようになってまいりました。お酒に関しましてもウィスキーやブランデーをゆっくりとではなく軽めのワインでしたり泡が欲しくなってまいりました。BLUE MOONのお品も季節に合わせて徐々にかえております。少々気が早いかもしれませんが春のお酒も楽しみにお待 [続きを読む]
  • おすすめワインにつきまして2017年3月
  • 姫様、殿下、お帰りなさいませ。豪徳寺でございます。おすすめワインにつきましてお知らせいたします。おすすめ白ワイン・ブルゴーニュ シャルドネ 2014フランソワ・ミクルスキーフランス・ブルゴーニュ 辛口※ブルゴーニュ地方ボーヌで造られるランク以上のクオリティが感じられる白ワインでございます。高級白ワイン「ムルソー」を彷彿とさせる厚みと余韻のある辛口でございます。※残りわずかとなっております。・マコン シ [続きを読む]
  • アニバーサリー期間ご予約のお席とお時間につきまして201703
  • アニバーサリー期間(2017年3月18日〜2017年3月30日)ご予約のお席とお時間につきましてご案内致します。それぞれのお席とご予約時間につきましては下記の通りとなっております。通常期間のカトリーヌご提供のお時間帯は80分のご滞在時間に変更となり、終日「マダムバタフライ」のみのお品書きとなりますのでご注意くださいませ。また食材のアレルギーに関しましては、諏訪野執事宛に事前にお知らせいただきましたもののみご対応さ [続きを読む]