訓読友の会 さん プロフィール

  •  
訓読友の会さん: 今日の訓読のみ言友の会
ハンドル名訓読友の会 さん
ブログタイトル今日の訓読のみ言友の会
ブログURLhttp://kundoku.blog-fps.com/
サイト紹介文正しい原理観、摂理観を訪ね求め、共に学び、助け合う「友の会」を結成しました。
自由文神様の創造理想実現に向かって、正しい原理観、摂理観を訪ね求め、共に学び、助け合う「友の会」を結成しました。食口、祝福家庭ら心ある皆様の参加をお待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供388回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2014/10/31 21:39

訓読友の会 さんのブログ記事

  • イエス様を通じた歴史的痛恨の心情を感じさせてください(3月27日)
  • Mar.27.2017 今日の訓読のみ言イエス様を通じた歴史的痛恨の心情を感じさせてください父の祈祷1959・5・17    侍ちに待った望みのひと日を迎えるために摂理してこられたお父様、不信した人間たちをお捨てになることができず、数多くの寂しい群れを抱かれるために、イスラエル選民を祝福しておき、歴史を導いてきて、約束していた一存在を送られたその日は、お父様の栄光が天に染み渡らなければならず、万民の歓喜の心情をもって [続きを読む]
  • 私が書いたことに手出ししてはならないというのです(3月26日)
  • Mar.26.2017 今日の訓読のみ言私が書いたことに手出ししてはならないというのです 文鮮明先生マルスム選集(557-309、2007.3.1)  皆さんは原理の本を中心としてその骨子を探し出し、骨子の話が分かると、それで分かったつもりになって自分の言葉にしてみ言を捨ててしまいました。私はそういうことが嫌いです。もう私は知っています。これがどれほど偽物であり、原本からどれほど遠いかということです。私はそういうことを嫌い [続きを読む]
  • 海を治める者は世界を掌握する(3月25日)
  • Mar.25.2017 今日の訓読のみ言海を治める者は世界を掌握する自叙伝302  海を掌握する国が世界の主役になるということは、歴史が証明しています。海洋時代を生きていく力を備えることです。太平洋は海です。海を治める力がなければ、太平洋文明圏の主役になることはできません。いくら天運が到来したとしても、自分がまるで準備ができていなければ、チャンスをつかむことはできないのです。海洋時代の主役になる準備をしなけ [続きを読む]
  • 神山威会長 追慕復興集会(愛知)のご案内
  • 神山威会長 追慕復興集会のご案内 「・・そしてその中心点と出会ったら、あまりに美しく圧倒される経験のゆえに、再び外に出ていくのです。神の心情に出会って、外に向かってはじき出される時、家族や、社会や、国家や、世界を抱き抱えたいほどの興奮を味わうのです。このようにして私たちは、あらゆる国内を通過しながら、地上天国実現へと向かうのです。」(再会の心 1977年9月11日 ベルベディア) 神山威会長聖和1 [続きを読む]
  • 神山威会長 追慕復興集会(in愛知)のご案内
  • 神山威会長 追慕復興集会のご案内 「・・そしてその中心点と出会ったら、あまりに美しく圧倒される経験のゆえに、再び外に出ていくのです。神の心情に出会って、外に向かってはじき出される時、家族や、社会や、国家や、世界を抱き抱えたいほどの興奮を味わうのです。このようにして私たちは、あらゆる国内を通過しながら、地上天国実現へと向かうのです。」(再会の心 1977年9月11日 ベルベディア) 神山威会長聖和1 [続きを読む]
  • 世界キリスト教統一神霊協会(統一教会)(3月24日)
  • Mar.24.2017 今日の訓読のみ言世界キリスト教統一神霊協会(統一教会)                                    1963年5月22日  統一教会という名称は、なぜ生じたのでしょうか? それは人間が、堕落したからです。この世に、複雑な数多くの宗教が生まれたのも、人間が堕落したからです。今日、皆さんの生活環境や感情の世界で、悲しい曲折が生まれたのも、人間が堕落したからです。この [続きを読む]
  • 良心が躊躇することをしてはならない(3月23日)
  • Mar.23.2017 今日の訓読のみ言良心が躊躇することをしてはならない自叙伝238  貴い一日一日を、私たちはどのように生きればよいのでしょうか。誰もが渡っていかなければならない死の境界を越える前に、必ず成し遂げておくべきことは何でしょうか。  最も大切なことは、罪を犯さず、影のない人生を生きることです。何が罪なのかという問題は、宗教的に、また哲学的に多くの論争の種になりますが、はっきりしていることは良 [続きを読む]
  • 先生が確立した復帰の公式は(3月22日)
  • Mar.22.2017 今日の訓読のみ言先生が確立した復帰の公式は御旨と世界 P.563  私たちは祝福を通して、堕落と逆の経路をたどることにより復帰されるのです。先生はこの秘密を解明することによって、サタンの妨害を退けて堕落人間が神に帰る復帰の道を開拓したのです。こうしたすべての路程を開拓するためには、誰かが、人一倍苦労して、道を切り開かなければなりませんでした。  先生はこの道を開拓して、復帰の公式を確立し [続きを読む]
  • メシヤとは何か(3月20日)
  • Mar.20.2017 今日の訓読のみ言メシヤとは何か御旨と世界852  宗教圏内には、再臨思想がある。再臨思想、つまりメシヤ思想が残っている。メシヤたる者はいったい何者なのか。神様の一番愛する者がメシヤだ。では、どういう立場が神の一番愛する立場か。神様から送られるメシヤを神様は愛するのに、いかなる位置において、いかなる立場において愛すべきか。神様の前に立つ者はいろいろいる。国を代表した者もいるだろう。あるいは社 [続きを読む]
  • 真の起源(3月19日)
  • Mar.19.2017 今日の訓読のみ言真の起源天聖経 P.169 「真」とは この天地間に真なる方がいるなら、その方は誰でしょうか? 絶対者です。この絶対者を、今日我々の韓国語で言うと「お一人しかいないご主人様」ということです。一人(韓国語でハナ)しかいないご主人様をもっと縮めて言うと、神様(ハナニム)になります。お一人しかいないご主人様が、神様だということです。  では、神様はどんな方か? 神様は、地上の [続きを読む]
  • 死に直面すれば(3月18日)
  • Mar.18.2017 今日の訓読のみ言死に直面すれば天地人真の父母定着実体み言宣布の御言より抜粋  皆様、死に直面すれば、人間は恐れおののくようになります。恐怖を感じるようになります。それは死が何を意味するのか分からないからです。不幸にも人類歴史が六千年期間を経てきながらも、誰一人として死に対する真実を明かし、教えてくれた人が一人もいませんでした。しかし今や歴史の終末期になり、人類の真の父母が初めてそ [続きを読む]
  • み言に対する私たちの姿勢(3月17日)
  • Mar.17.2017 今日の訓読のみ言み言に対する私たちの姿勢 御言訓読と霊界動員  み言で造られた人間が、み言を失ってしまったので、み言で再創造しなければならないのです。それは、神様の愛のみ言、神様の生命のみ言、神様の血筋のみ言です! (198−30、1990・1・20)  原理は何よりも貴いものです。皆さんは、このような原理を、御飯を食べることよりも、服を着ることよりも、寝ることよりも貴く思ってみましたか。 [続きを読む]
  • 神の祖国をあなた方の手で取り戻すには(3月15日)
  • Mar.16.2017 今日の訓読のみ言神の祖国をあなた方の手で取り戻すには   神の祖国をあなた方の手で取り戻すには、怨讐を愛さなければなりません。怨讐を愛するとは、個人の怨讐を愛し、家庭の怨讐を愛し、氏族の怨讐を愛し、国家、世界の怨讐を愛するということです。このような原則を通さずしては、理想の国は現れることができないということを知らなければなりません。 その道の途上において、敵対するものがあったとしても、 [続きを読む]
  • お知らせ(詳細)神山威会長聖和100日メモリアル 
  • 神山威会長 聖和100日メモリアルのご案内日時: 3月20日(月)春分の日 スケジュール受付   12:00〜 式典   13:00〜15:00 懇親会 15:00〜17:00 会場: NATULUCK神田駅前東京都千代田区鍛冶町2-3-2 神田センタービルディグ6Fアクセス今川橋交差点にある「高野理科硝子ビル」の左手が神田センタービルディング 入り口です*JR・東京メトロ銀座線「神田」駅 徒歩2分*JR新日本橋駅 徒歩4分*東京 [続きを読む]
  • 福地は真理と人格と心情で成される(3月15日)
  • Mar.15.2017 今日の訓読のみ言福地は真理と人格と心情で成される福地は呼んでいる 文鮮明先生み言選集第十六巻一九六六年三月十三日  皆さんはそのような理念で武装した真理を探し出さなければなりません。真理を探し出すために歴史上の数多くの民族が死んでいき、数多くの烈士たちが犠牲になりました。皆さんは真理を探し出すために死を覚悟してみたことがありますか。皆さんは、どれだけ苦役の路程を自ら進んで歩んでみました [続きを読む]
  • 世界的カナン復帰を目前にした40年荒野路程(3月14日)
  • Mar.14.2017 今日の訓読のみ言世界的カナン復帰を目前にした40年荒野路程絶対信仰と絶対愛  1994年10月9日韓国・中央修練院にて (抜粋のみ言) モーセを見なさい。エジプトから出てきてペリシテに行けば21日路程です。実際、そうだというのです。直行すれば、短い日数で行けるのに、全部ペリシテを恐れたので、躊躇することによって、紅海を割って、シナイ半島を通じて帰らなければならなかったのです。反対に行くので [続きを読む]
  • 侍る生活(3月13日)
  • Mar.13.2017 今日の訓読のみ言侍る生活                      文鮮明先生み言選集第78巻 1975年5月1日  今後、皆さんが考えるべきことは、侍る生活を実践しなければならない時に入っていくということです。  それでは侍る生活をしようとするなら、一番最初に誰に侍らなければならないでしょうか。神様に侍らなければならないのです。神様に侍る目的は、結局私が良くなるためのものです [続きを読む]
  • 人間はなぜ生まれたのか(3月12日)
  • Mar.12.2017 今日の訓読のみ言人間はなぜ生まれたのか 天国を開く門 第二章 愛を中心とした人生行路  「生命が先か、愛が先か」というとき、互いに「先だ」と言うことができますが、果たしてどちらが先でしょうか。愛が先です。宇宙の根本は、存在の起源に先立って愛の流通がなくては、存在価値が生じません。  私たちの生命の起源がどこなのかを考えるとき、生命が先か愛が先かということが問題です。今までこれ [続きを読む]
  • イエスの新婦とイエスの怨讐(3月11日)
  • Mar.11.2017 今日の訓読のみ言イエスの新婦とイエスの怨讐 文鮮明先生み言選集 No.3御国とその義を捜し立てよ1957年10月13日  その当時、イエス様の心情を知り、神の真の息子・娘として、民族のまえに追われ、排斥されたイエス様を見て悲しんだ人間があったでしょうか? 一人としていなかったのです。もしもこのような人間が一人でもいたなら、彼は4000年歴史を代身して、驚くべき証しの使命を果たしたのです。与えること [続きを読む]
  • 使徒行伝 5章38〜39節(3月10日)
  • Mar.10.2017 今日の訓読のみ言使徒行伝 5章38〜39節 38 そこで、この際、諸君に申し上げる。あの人たちから手を引いて、そのなすままにしておきなさい。その企てや、しわざが、人間から出たものなら、自滅するだろう。 39 しかし、もし神から出たものなら、あの人たちを滅ぼすことはできまい。まかり違えば、諸君は神を敵にまわすことになるかも知れない」。 神山威会長聖和100日メモリアルセレモニーのお知らせ 日時  [続きを読む]
  • 伝統はただ一つ!(3月9日)
  • Mar.9.2017 今日の訓読のみ言伝統はただ一つ!(祝福85号 P68 「祝福二世の行くべき道」より抜粋) 「伝統はただ一つ! 真のお父様を中心として! 他の誰かの、どんな話にも影響されてはいけません。先生が教えた御言と先生の原理の御言以外には、どんな話にも従ってはならないのです。今、先生を中心として、お母様を立てました。先生が霊界に行ったならば、お母様を絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりませ [続きを読む]
  • 神山威会長聖和100日メモリアルセレモニーのお知らせ
  • 昨年12月12日、生涯をみ旨の為に捧げられた神山会長が聖和されてから早いもので三ヶ月が過ぎようとしております。アメリカでは40日の追悼集会が1月21日に持たれましたが、日本でも追慕の集まりを待ち望む沢山の食口の皆様の声をいただいており、このたび急ではございますが、聖和100日のメモリアルセレモニーを執り行う運びとなりました。詳細は追ってお知らせいたしますが、まずは簡単なお知らせをさせていただきま [続きを読む]
  • 核戦争よりももっと恐ろしい戦争(3月8日)
  • Mar.8.2017 今日の訓読のみ言核戦争よりももっと恐ろしい戦争「宇宙主管を願う前に自己主管完成せよ」1997年3月25日 初版 発行  心と体の戦いは、大東亜戦争よりもっと危急(ききゅう)であり、核戦争よりももっと恐ろしい戦争です。その戦争は、休戦もありますが、ここには休戦もなく、終戦もありません。我々の人生がこの地上に存続し始めたその日から、終わるときまで、我々の心の根本には休戦もなく戦争が統いているの [続きを読む]
  • 霊界協助と私たち 3(3月7日)
  • Mar.7.2017 今日の訓読のみ言霊界協助と私たち (3)『真の父母様天宙勝利祝賀宣布』P72〜79より)  皆さんは霊界を動員して活動することのできる能力を持った人にならなければなりません。さて、ところが一つ困難なことがあるのです。霊的にそうなれば、皆さんがコントロールしづらいことが生じます。そのようなときは、神様の代わりに現れるのだという心を持たなければなりません。 今まで皆さんは一人だけで動きまし [続きを読む]