brennnessel.dem さん プロフィール

  •  
brennnessel.demさん: auf der Erde
ハンドル名brennnessel.dem さん
ブログタイトルauf der Erde
ブログURLhttp://brennnessel-dem.blogspot.com/
サイト紹介文フィリピンで農業を始めました。ルソン島の真ん中で稲作をやっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/11/01 08:17

brennnessel.dem さんのブログ記事

  • どんな農業が良いのかな。
  • なぜトマトより米は安く売られているのか 農業から見える経済のフシギ | JBpress(日本ビジネスプレス): 面白い記事と出会った。 記事の通り、主食のコメに比べてトマトはめっちゃ高い。なんでか。 という記事である。 … kg換算するとトマトの価格はコメの約5倍らしい。 カロリー換算すると100倍近くなるという。 アダム・スミスは命にかかわる商品は価格形成が非常に極端になると言って [続きを読む]
  • Young grains
  • 雨季に入ったような入っていないような田植え時期には大変な日々を過ごしたいましたがやっと目処が立ちそうでもあります。まだ追肥をしなければならないのでまとまった雨が欲しいところではあります。そんな中、最初に作付けしたところは出穂が始まりました。田植えで苦しんでいた圃場がある一方で出穂が始まり、作付け終盤の圃場もある。日本ではなかなか経験できないことがフィリピンという熱帯では可能なのです。年に2回も主 [続きを読む]
  • how to reduce cost
  • フィリピンで稲作をやっていますが、私が栽培している地域は未だ灌漑施設が整っておりません。工事は徐々にですが進められていますが、水路のみで水はまだやってきません。皆、来年くらいかなぁと言っているので、3-5年後かもしれません。なので、水田への灌水はディーゼルエンジンとポンプを使ってくみ上げています。今季のように雨が降らず、地下水を皆で各々にくみ上げている場合、なかなか灌水が困難です。皆がくみ上げると出 [続きを読む]
  • Maslow's hierarchy of needs
  • マズローの欲求段階について機会があったので考えてみた。この図を見ると、いろいろ勉強になる。長い間、フィリピンの農業と関わってきているが、日本人が支援してもなかなか思ったように発展しない。一つに生産技術、一つに付加価値がマーケット側にあるのかどうか。というか、生産から消費者までの農業生産物に対する水準が日本に比べて圧倒的に低い。消費者側からいうと、野菜を食べない。米や肉がほとんどの食卓に並んでいる。 [続きを読む]
  • Rainy Season but Not rainy season
  • 雨季なのに、雨季じゃない。 雨が降りません。 私の圃場は良い条件のところではないので、基本的には灌水を頼りに計画しています。 しかし、この時期は皆、田植えの時期なのです。どこも水がほしいのですが、雨が降らないのでみんな地下水に頼ってしまいますう。そうすると、地下水の出が悪くなってしまい、結果田植えが遅れてしまいます。 私の圃場は2か所、周りと同じような計画で行なっています。以前、スズメにやられたためで [続きを読む]
  • Farming machine in the Philippines
  • とうとう農業機械を手に入れました。 ポクポクと言われる手押しの機械です。ここら辺の農業ではまだまだ現役です。そろそろ時代遅れになりそうな予感ですが。 私の規模ではそろそろ自分で持った方が良い面積になってきたということもあり、中古ですが手に入れました。 ディスクプラウと白垣、それと運搬用です。単純な構造のため修理も簡単です。 これは実用を兼ねた試験段階です。将来的にはやはりトラクターを自分で持って使いた [続きを読む]
  • Transplanting Rice
  • 毎度同じ位置からの写真ですが…。 ここから撮るのが癖になっているのかもしれません。 最初の圃場、田植えが完了しました。 天候もだんだん黒い雲が漂うようになって雨季の足音が近づいてきています。 今季のこの圃場の試験はミネラルです。 私が一番最初に稲作を始めたのは無農薬無化学肥料生産でした。 めちゃくちゃ大変でした。除草が…。 逆に言うと、ただ生産するだけなら除草を頑張ればなんとかなるということです。 それで [続きを読む]
  • 中国の発展度は思った以上でした。
  • 機会があって、中国に行かせてもらったのですが、中国の発展具合に驚きました。 フィリピンに住んでいるのですが、基本的には日本人なのでそんじょそこらの発展具合ならば日本と比較します。 それでも、中国はやはり活気があって経済発展している先進国だなと感じました。 そもそも、もう中国は途上国ではないのです。改めて感じさせられました。 その中で一つ日本にはないものを見つけました。 QRコードでのお金のやり取りです。 [続きを読む]
  • Nutrition of Chives -2-
  • Chives has various nutrition to maintain our health.Last time, I introduced Diallyl sulfide.aside from the Diallyl sulfide, chives
    also has Vitamins, minerals, and folic acid, etc.1) Vitamin A --- anti-oxidant2) Vitamin E --- anti-oxidant3) Potassium --- accel
    erate discharge sodium from our body.4) Calcium --- the most mineral in body. substance of bones and teeth.5) Iron --- substance o
    f blood. 6 [続きを読む]
  • Nutrition of Chives - Diallyl sulfide-
  • Chives has many nutrition for keeping our health.This time, I write about Diallyl sulfide.It is cause of smell of chives. this sme
    ll is also contained onions and garlic.This substance name is Diallyl sulfide.This Diallyl sulfide combines with Vitamin B1. And I
    t enhances Vitamin B1absorption in our body.Also It works for making longer of Vitamin B1 effect. Because the Diallyl sulfide comb
    ines with [続きを読む]
  • Rainy Season Coming
  • フィリピンにもようやく雨季の兆しがやってきました。圃場のある所はまだ雨がありません。しかもめちゃくちゃ暑く35度を連日超えています。しかし、山奥は雨の頻度が増えてきています。雨の降り方も雨季のような感じになってきました。こうなると、圃場のある地域にも雨がぼちぼち降ってくるのではないかと思います。昨年は山地域の雨の後、1か月くらいしてから圃場に雨が来たような気がします。今月後半くらいから雨が始まるので [続きを読む]
  • 熱帯での日本米生産が難しい訳
  • 過去に何度か縁があって日本米の生産をトライしたことがあります。なかなか思ったようにはいかないのが実際です。田植え後、2週間もすると出穂が始まる株があります。分げつが非常に少ない。大きくならない。結果、単位面積当たりの収量が非常に少なくなり、利益が出ず、続けられなくなってしまいました。原因として、出穂までの積算温度。出穂に関係する日長。が大きな要因となっています。…積算温度が関係するならば、暑くない [続きを読む]
  • ○○特化型八百屋さん
  • 現在、おコメ、ニラをメインに小規模ながらいろいろな野菜の栽培を挑戦しています。ほとんど趣味なのですが、それが商売になるなら面白いと思い、やっています。なかなか難しいのは、技術が足らない部分はもちろんありますが、気候の問題もあります。それと、 上手くできたとしてもその販売先がないというのがあります。販売できる状態にして生産するのが一番なのですが、できるかできないか不安定な状況では販売先を先に作ること [続きを読む]
  • 今年も始まりました。
  • 今年もわが圃場では稲作が始まりました。今年はどうなるか。毎作毎作いろいろなことが起こるフィリピンです。なんとか安定的に予測のできる生産体制を作っていきたいものです。今年の雨季はどうなるか。雨が少ないような感覚があります。なんとなくですが。どうなることやら。この苗は5月15日ごろに田植えをして8月中旬ごろの収穫を予定しています。今年の雨季は4圃場、順次作付を開始していきます。…今季の目標は、計画したもの [続きを読む]
  • Strawberry in China
  • I have chance to see farm in China. since march, there are so many strawberry fruits. and I feel these strawberry is big and sweet
    , it's good quality. ... I have known agriculture in the Philippines, also Japanese agriculture. I also feel big advantage of
    Japanese agricultural infrastructure and situations compare to Philippines agriculture. So, I feel it is so difficult to manage
    farming in the [続きを読む]
  • Strawberry in China
  • I have chance to see farm in China.since march, there are so many strawberry fruits.and I feel these strawberry is big and sweet,
    it's good quality....I have known agriculture in the Philippines, also Japanese agriculture.I also feel big advantage of Japa
    nese agricultural infrastructure and situations compare to Philippines agriculture.So, I feel it is so difficult to manage farming
    in the Philipp [続きを読む]
  • 家に帰ってきてホッとする瞬間
  • 先月から出張や帰省などが続き長く家を離れていました。家に帰る前に圃場の確認をするために農場を寄りましたが、帰ってきたという感覚ではなくてやって来たという感覚に近かったのです。稲がないというのもありますし、1日くらいしか滞在しなかったというのもあるかもしれません。…田植えが始まる時が一番懐かしさを覚えるときかもしれません。…その後、家に帰りました。家族は一足先に家に帰っていました。家に着いて休んで翌 [続きを読む]
  • 初めての中国、見たところ
  • 今の季節だからかもしれないが、お茶をめちゃくちゃ飲む。電動バイクが主。車は中国車が多いが、外車はどこの会社のものもよく見る。ヒュンダイがある。ここだけかもしれないが、もち米を食す。野菜炒めが多く、葉物をよく食べる。香辛料をいろいろ使う。googleが検閲に引っかかるのにアンドロイドが多い。アプリはどうするのかと思うが、何とかストアなるものがある。思いのほかiPhoneを使っている人が多い。インターネットが普及 [続きを読む]
  • 久しぶりのドキドキ感
  • 縁があって上海に降り立つことができました。夜に空港到着、運転手さんと落ち合ってホテルへ行くという予定でした。そもそも、私は直接面識がない人たちとのやり取りでこの予定が決まったわけですが、傍から見るとなんと怪しいことをしたのでしょう。というものです。面識ない人とのチャットで上海行き決定。空港に真夜中到着。中国人運転手の顔写真だけが頼り。どこに行くかもわからない。そもそも中国語なんて勉強したこともなく [続きを読む]
  • フィリピンで仕事をするということ
  • フィリピンで仕事をしていると話すと、フィリピン人のほとんどの人は言います。フィリピン人は日本へ仕事をしに行って日本人はフィリピンに仕事に来る。と。なんでだ。ということなのですが、簡単に言ってしまうとフィリピンのほうがおもしろいし、日本のほうが大変。ということになってしまいます。フィリピンのほうがおもしろい。という理由を考えています。結構自由。型にはまらないものに対してもおおらか。発展する部分が素人 [続きを読む]
  • Last area ready to harvest
  • 今年は始まったばかりですが、圃場の一年はそろそろひと段落です。この圃場の収穫が終われば、雨季まで一息つくことができます。それでも緑豆やニラなどまだありますが。それとこれからの時期は暑くて暑くて大変な時期です、私にとっては…。こっちの人なら大丈夫なのかもしれません。避暑にどこか行きたいなと思いつつ、家で家族と過ごすのかもしれません。それでも圃場へ顔を出さないわけにはいきません。やっぱり心配なので。そ [続きを読む]
  • The coldest beer in town
  • たまに行くレストランで町で一番冷たいビールというものができました。Beer below zeroとも書いてあります。この町も発展しているなと感慨にふけながら注文してみました。1本目。凍っていました。確かにbelow zero.2本目。最初の一口だけ飲めました。カウンターの裏を見ると水につけて溶かしていました…。ビールはフリーザーに入っていました。そりゃ凍る。というか確かにbelow zero.溶けているやつも冷たくて良いのですが、普通 [続きを読む]
  • 農業生産者はどれくらい必要なのか
  • フィリピンで町を歩いているとたくさんの店があります。サリサリストアというものがあってそこではお菓子から洗剤、ジュースなどいろんなものが売っています。しかも全部小袋になっていて使い切れるような商品ばかり置いてあります。食堂というほど立派なものではありませんが、食事ができるところもたくさんあります。そこで食べられますし、そこも小分けして袋に入れてテイクアウトできるような仕組みがあります。その二つがあれ [続きを読む]
  • とりあえず窒素
  • 今季もそろそろ終盤です。今季も色々と発見がありました。一つには窒素施肥についてです。今までは病虫害や栄養のバランスなど考えて周りより少なめにしていました。ただ、考え改める要素が増えてきました。イネで言えば、日本より生育期間が短いため出来るだけ早くに大きくさせないといけないのです。ゆっくり大きくさせると出穂に間に合わなくなってしまいます。また、日射が強く温度が高いので分解される量も多いのかもしれませ [続きを読む]